Honing Stone.

c0210640_20222459.jpg

左サイドバルブ、右3-5/8ビッグボアのS&Sシリンダー。

新旧問わず本日も掘ってます!


※リトルウイングエンジニアリングは店舗移転に伴う業務のため、

2015年9月22日(火曜)~9月30日(水曜)までを休業とさせて頂きます。

また、2015年10月1日のリニューアルオープンより、

営業時間を9:00~18:00、

定休日を毎週日曜&第2月曜へと変更させて頂きますのでご了承くださいませ。

新店舗の住所、電話番号につきましては追ってお知らせさせて頂きますのでよろしくお願い致します。


c0210640_20222592.jpg

で、測ります。

チョコビッツみたいなベアリングは、一番大事なクランク大腿部、ビッグエンドのニードルローラーです。

オーバーサイズは10,000分の2インチ刻みで取り寄せ可能。

パッケージされてるのですが・・・

一応測っておかないと怖いです。

ちょっと違うサイズが万が一にも混ざってたらと思うと気が気じゃないです。

いいんです。病気ぐらいが丁度いいんです(笑)



c0210640_20222524.jpg

新品のクランクピンに新品のベアリングをセットします。

爆発を受け止めて高速で回転する過酷な状況下に晒される部分です。

ここをしっかりやっておかないとオーバーホールとは呼べません。

現在ベアリングを使っている車両は希薄ですが、

オーバーサイズで修理して新車に戻るのがハーレー&インディアンの良い所ですね。

これがエコってやつです。



c0210640_20222685.jpg

入らない・・・

のは当たり前、オーバーサイズですから。

これが入るようになるまでレースをホーニングして、

今までお疲れ様でした的な傷を取り去るのが目的です。

更に不規則に摩耗したレース&ベアリングを真っ直ぐにしてやるワケですね。

ラッピングコンパウンドで気の遠くなるような時間削り続ける手法は、もうやりません。

シリンダーと同じように、ホーニングストーンで切削します。

あっという間にスパーンと真っ直ぐ。

アナタにも新車の輝きを!(笑)





[PR]
# by lwe31x | 2015-09-04 21:03 | Information

Docking System.

c0210640_22460473.jpg

店舗移転のため絶賛引っ越し準備中のリトルウイングエンジニアリングであるが・・・。

内燃機加工に欠かせない旋盤とフライス盤の移動を試みるも、新店舗の設置スペースにはフライス盤がそのまま入らない事が発覚。

約1.5トンの工作機械を寝かすわけにも行かず、いったい如何にして搬入するのか・・・?

第2話「ドッキング」


※リトルウイングエンジニアリングは店舗移転に伴う業務のため、2015年9月22日(火曜)~9月30日(水曜)までを休業とさせて頂きます。

また、2015年10月1日のリニューアルオープンより、

営業時間を9:00~18:00、

定休日を毎週日曜&第2月曜へと変更させて頂きますのでご了承くださいませ。

新店舗の住所、電話番号につきましては追ってお知らせさせて頂きますのでよろしくお願い致します。








c0210640_22460495.jpg
そのままじゃ入らないので、バラして運びます。

これ、アタマが取れてる状態です。

アタマ取れてても相当な重さです。

旋盤と異なり「モアイ像」的な佇まいですので、

やべー倒れちゃったぜというのはホントに避けねばなりません・・・。

マキノのフライス、結構倒れるという怖い噂を聞きました(笑)




c0210640_22460448.jpg

マキノ行きまーす!!



こっからカタパルトで射出された日には、かなり甚大な被害です。

このスロープを慎重に降りて、地下に格納せねばなりません・・・

結構、勾配キツいんですよ・・・




c0210640_23133242.jpg

転がるようにローラースケート履かせまして、

行くぞー!!

発射オーライ!!

※プロの搬入業者さまの管理の元、徹底した安全対策を講じた上で作業しております。


こんなガンタンクみたいの滑り出したら止まらないです。

超危険!!

c0210640_22460458.jpg

搬入完了!!

エレベーターを使いドッキング作戦を開始。

車両の乗降を目的として設置されたエレベーターですが、

思わぬ所で効果を発揮しました。

まっすぐに降ろさなければ穴位置もドッキングのためのボス(でっぱり)も合わず、なんか大変なことになっちゃう感じです。

基本、上が固定なので下をちょっとずつ動かして真ん中に持ってきます・・・

書くと簡単ですが・・・

これはウルトラCです。







c0210640_22460535.jpg

上から見るとこんな感じ。

まっすぐ釣るのも一苦労な印象。

ボスの提案でこのようなカタチを取りましたが、

これエレベーター無かったら無理でした。

ドッキング後のクリアランスときたら、もうギリもギリです。




c0210640_22460534.jpg

マジ奇跡。




ドッキング完了。




c0210640_22460651.jpg

アタマが梁に隠れちゃってるくらいジャストサイズ。

旋盤とフライス盤の設置が完了。

超快適そうじゃないっすか!

なんかすごい機械が搬入されて行くので、

ご近所様からは「何の工場なのか」とのお問い合わせが殺到しているとかしていないとか。

安心してください。

バイク屋ですよ(笑)



この2台無いと仕事になんないんだもの。

さて、まだまだあるよ~!!


※リトルウイングエンジニアリングでは従業員を募集しております。

どうせなら引っ越しから一緒にやろうぜ!(笑)


[PR]
# by lwe31x | 2015-09-03 23:40 | Information

Don't Push Me Very Hard.

c0210640_20133107.jpg

むらもと!!

むらもと!!

大盛りは2.5玉!!

化学調味料は使用しておりません。

自己最高はつけ麺の5玉です(笑)




c0210640_20133225.jpg

ケースレースでも入れ替えてみましょうか・・・

1955年のパンヘッド以降、左側の軸受けにはテーパーローラーベアリングを使用しているハーレーダビッドソンですが・・・

オーバーホール時にブッ壊すという悲しい事態が起きているのも事実。

ココの鋳込んであるレースが動いちゃうと、実質修理不可能です。

なんとか直すやり方もありますが、耐久性考えたらオススメしません・・・。






c0210640_20133281.jpg

ベアリングはこんな感じで組まれております。

真ん中のストッパーが重要で、

ここでレースが止まる事によってベアリングの最適な動きを引き出しつつ、締め込んでも渋くならない仕組みです。

モータースプロケットナットをインパクトレンチで締めるなとのマニュアル記載がありますが、

ここちゃんとしてればプロのトルク管理においては問題無いと考えております。

しかーし!!

年式違いのレースがぶっ込まれている場合もあり、インパクトで締めたらエンジン焼き付いたとかいう最悪な事態も起こり得るワケですので注意が必要です。






c0210640_20133367.jpg

これが鋳込んであるレースの受けです。

クランクケースを製造する過程で、鉄のレース受けの周りに融けたアルミを流し込んでます。

「ド真っ直ぐの芯」が出てる箇所なので、これが動いちゃうともう終了です。

原則修理不可能です。何回も言いますけど(笑)




c0210640_20133348.jpg

レース抜く場合には、このような「当て」を使います。

これはボスが作った1品ものですが、

とにかく鋳込んである部分にダメージが行かないように。

何トンものチカラを掛けられる油圧のプレスで抜くワケですので、ホントにホントに注意が必要なんであります。




c0210640_20133438.jpg

真ん中のCのクリップ、つまりはレースのストッパーは、こんな感じで抜きます。

ポンチが入ってる穴はオイル経路ですので、本当は「C」の開いてるところが来てないとダメです。

それをコンコンと叩いて回し、穴にポンチ突っ込んで叩きます。

穴にポンチ突っ込んで、叩きます。

穴に。




c0210640_20133442.jpg

ベアリングにオイルが来る大事なところですので、

通常はこの向きです。

たまーーーに、バラすと塞がっちゃってるモノがあったりして・・・。

知らないと怖いですよぉ~。


あとは真っ直ぐレースを圧入してオッケー!

ベアリングもセットで新品に交換して、快適な回転を。

腰下のオーバーホールもリトルウイングエンジニアリングにお任せ下さい!






[PR]
# by lwe31x | 2015-09-02 21:14 | Information

There Are Many Things You Wanna Ask LWE.

c0210640_21432248.jpg

本日、9月1日という事で、防災の日です。

首都直下型地震を想定した大規模な規制訓練がありました。

朝9時より10分間、環七通りへ入る22箇所の信号機を赤にして、都心部への一般車両の流入を禁止したようです。

訓練ってことですが・・・

メチャでかい災害時の緊急車両等の通行を確保・・・出来るかどうかの試験なんではないかと。

ん~。でもすぐクルマで溢れちゃって、これ平日の朝とかに直下型が来たらと思うとおっかないです。






c0210640_21432377.jpg

というワケで、地震にビビってても仕方ないので、ホーニングします(笑)

特にパンヘッド以前はダミープレートを規定トルクで取り付けて、「エンジン組まれた状態」にした方がいいですね。

業者様によっては、こんな感じで既に取り付けて送って頂けるところもあり・・・

至れり尽くせり、ありがとうございます。

締めると結構歪むんですよ・・・。




c0210640_21432395.jpg

クロスハッチの加減やら、仕上げの番手、つまりは粗さも、ハーレー&インディアンに特化しているリトルウイングエンジニアリングがしっかりと管理します。

内燃機屋さんはハーレーばっかりやってるワケではないですので、5/100なら5/100といった数字に重きをおいております。

それは外注先としては至極当然のことで、

「サイドバルブは熱を持ちやすいから少し多めのクリアランスで・・・」とかいうのは指定しない限りやってはもらえません。

「これじゃ狭すぎるんじゃないの?」というようなお言葉は頂けるかも知れませんが、自分でバラして自分で掘って、自分で組んで自分で慣らすお店に出せるなら・・・

ボスもNoriもこの作業を行いますので、安心してください、掘ってますよ。


c0210640_21432444.jpg

画像は四角いのが付いてましたが、Evoとシャベル両方に対応した、こんなんも売っております。    

ピストンクリアランスの重要性をキチンと理解して、年式や使うピストンに応じた選択をしましょう。

とりあえず、「おまかせで!」というのがOKなのがリトルウイングエンジニアリングに出すメリットでもありますよ(笑)

どこのメーカーのピストンで、クリアランスはいくつで、圧縮比は??ピストンの重さって前後合わせた方がいいの?えっ?組む前にピストンのバリとか取らないといけないの?

ピストンリングの合いクチ、これ何ミリならいいの?マジ?リングもバリ取るの??クロスハッチ?角度と深さで何か変わるの?

1200ccの6番って1340ccのスタンダードと同じなの?じゃあ1340ccのピストンも使えるの?排気量はいくつになるの?1340ccの5番ってダメなの??

もう聞きたいことがいっぱいです(笑)

全部お答えしますのでお仕事待ってまーす!!  




[PR]
# by lwe31x | 2015-09-01 22:23 | Information

Have A Nice Evening.

c0210640_20315527.jpg

安心して下さい、やってますよ(笑)

ミッション組みあがりました。

時にはレースの入れ替え等、

簡単なパーツ交換で行けないヤツもありますので注意が必要です。

魔法の数字、0.3mmってのが適所に適用されてまして、

マニュアル見ますとスラストやエンドプレイは0.012インチまでみたいなのをよく見かけます。

直す人の心理として、いろんなところをビッシリとやりたい気持ちは分かるのですが・・・

トータルバランス&欲張り過ぎないってのが鉄則になって参ります。







c0210640_20315683.jpg

よいしょ、よいしょ、

助っ人登場、よろしくお願いします!

目前に迫った移転に、「手伝います!」とツナギで来てくれるお客様に感謝です。

ホントに助かります・・・



c0210640_20315778.jpg

エンジンを棚に載せてディスプレイ(?)してたんですけども、

棚持って行かないと荷物の整理が付かないので・・・

とにかくイケるモノから持っていかないと・・・


物が多いので大変です。





c0210640_20315768.jpg

みんなリトルウイングT着てやる気満々ですね。

動きが良すぎる3人組に感謝感激。

リトルウイングはお客様にて成り立っております。





c0210640_20315758.jpg

お疲れ様です・・・

椅子の並びが新幹線っぽいですけども(笑)



リトルウイングエンジニアリングは

10月1日より、新店舗にて営業を開始させて頂きます。

詳細は追って告知させて頂きますのでよろしくお願い致します。

ボランティア隊員の皆様には感謝の言葉もございません・・・。

本当にありがとうございます!






[PR]
# by lwe31x | 2015-08-30 21:06 | Information