<   2015年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

DAISHIN!

c0210640_20243594.jpg

カレーを完食!!

本日は大森ダイシン百貨店内のフードコート的なとこで昼食を頂きました。

「近い」「安い」と常連になりそうな予感が致します。

昼間っからビール飲んでるオッサンとか居て、

雰囲気良いです(笑)




c0210640_20243667.jpg

からの、安心してください。ラーメンもありますよ。

こういうところで食べますと、

その昔行ったスキー場の食堂みたいな感じを思い出します。

なんだか美味しいんですよね。




c0210640_20243660.jpg

さあまたまた棚づくり。

奥の部屋は部品庫にするのだとボスと一緒に決めまして、

それなら棚が要るな、となりました(笑)

棚、発明した人天才ですよ。

この棚、超頑丈!

エンジンまるごと載せても大丈夫!






c0210640_20243657.jpg

素晴らしい収納力。

しかもなんかカッコイイ。

ボスとのペアで棚を組ませて頂ければ、

TVチャンピオン行けそうなくらいのスピードになりました。

なんだろなぁ、アメリカの棚はカッコイイなぁ。

あとはモノを、載せるだけ~!






c0210640_20243602.jpg

クッ、モノが多い!!

んだよこれメインシャフトいっぱい!(笑)

お客様のミッションとかもオーバーホールするじゃないですか。

すると欠けて使えないギヤとかは交換するじゃないですか。

お客様に、「使えないし使いたくないから交換したんですけど、この部品どーします?トイレにでも飾ります?」と聞きますと、よっぽどのマニアじゃない限り「要らないです。あげます。好きにしてください。」と言われるワケですよ。






c0210640_20243798.jpg

んでもうこんなに集まっちゃった・・・。

昔はこんなんでもスワップミートに持っていけば、

「これまだ使えそうな感じがする!」と500円とかで買って行かれる方がいたりしたんですよ。

「そんだけ減ってたらもうダメですよ」と意見させて頂いても、

「今付いてるのよりマシです」とか何とか言いながら、純正ギヤだけ持って行くマニアックな人。

オートバイの部品で、ギヤが1番高いですからね。

でも、もうそんな人居ないから・・・(泣)

すげえ時間あれば、盛って直してとか、焼入れしてみる?とかチャレンジも出来るのですが・・

だって、Andrewsのギヤ買っちゃった方が直すより安くて早いもんなぁ・・・

よし!!すっ、捨てるぞお!!





でもコレはちょっと・・残しとこうかな・・。


つづく・・・。



[PR]
by lwe31x | 2015-09-10 20:53 | Information

We Are Getting Ready.

c0210640_20174526.jpg

リトルウイングエンジニアリングお引っ越しします。

詳しくはホームページも御覧下さい。



で、C10いける?いける?(笑)

ドロッドロッドロッ・・・ザブブブ・・

入った!入った!(笑)




c0210640_20174607.jpg

もうすぐ運び込み可能な状態です。

ドンガラなんてかなりレアな状態ですので(笑)

ここにこれからどんだけの荷物や機械が入るのか・・・

えっ?もちろんですよ!

お手伝い要員募集中!(笑)

まぁ修理メインの工場ですから、

あまり洒落っ気出てないかも知れませんがよろしくお願い致します・・・






c0210640_20174750.jpg


地下には棚買ってきまして、設置&設置です。

棚本体が超重いんですけど。

かなりの耐荷重と思われますので、重たいパーツも整理して格納することが出来ます。

弊社のようにバイク丸ごとお預かりして、エンジン&ミッション、更には足回りまで修理して納車というようなスタイルでは、

お客様の車両とパーツの管理が大事になって参ります。

そういうスペースが必要なんですね。




c0210640_20174767.jpg

もう既になんかカオスなんですけど(笑)

「ボクの好きなものだけ集めました」的な地下工場。

今回は1Fの作業スペースに加え、地下の加工スペースもあります。

エレベーターにて1F~地下へと車両の移動が出来るという夢の工場。

ぬううう!!

めっちゃ仕事したい!!

というワケで、


リトルウイングエンジニアリングでは一緒に働く仲間を募集しております。

経験・未経験問わず。

寝ても覚めてもハーレー&インディアンに囲まれて、

大好きなオートバイ直して飯を食う、

そんな男になりたい方。

とりあえずお電話お待ちしてます!














いやぁ、本当に募集してるんですよ、従業員。

そんで最近思うんです。

メカニックになりたい!という若者が減っている。これはもう確実に減っている。

もっと言うならオートバイに乗る若者が減っている。最早、絶滅しそうな勢いではないか。


たぶん。バイクカッコイイなぁ・・という感情を持たぬままオトナになってしまったからだと思うのだが、どうだろう。

仮にそうだとすると、自分に責任があるのではないかと感じてしまう自意識の過剰だ。

しかしながら、自分がバイクに憧れた経緯のことを思うと、それは若干の真実味を帯びてくるのである。

だって、先輩たちカッコ良かったもん。

今思えばいきなりハーレーで登場する先輩とか、軽く引くどころかすごいカッコ良かったもん。

何故かSUキャブを付けたEvoのスプリンガーソフテイルとかで現れても、

「EvoにSUか・・」とか思わないで素直に「超カッケェエ!」と思いましたもん。

え?当時はSUちょっとカッコイイ、「ROLLERに載ってるバイク」みたいな人気があったんですよ?

もうなんかみーーーーんなSUキャブ付けてたんですから。



SUはどーでもいいんです。

お手本、というには本人たちに全くそんな自覚は無いのだろうが、そういう状態にあるカッコイイ先輩が減った、からでは無いか?

すると、今の若者的に、先輩的な年齢層、オイ、オレだよ。

30代後半のひとー。

もっと頑張らないとダメみたいッス。

30代後半つったらもうオッサンですよ?

オッサンなのに先輩たちが集まってんの見て、なんかスゲエ、カッコイイ・・・とか思うんですから。

そんなオッサンたちが、カッコイイ・・・と思われなければ、今の若者はメカニックになりたいとも思わず、

バイクに乗りたいなーとかも思わず、

草食男子よりも更に上、全く性欲がない絶食男子とかいうオマエ本能とかねぇのかよみたいな生き物に成り下がるんですよ。

オレのせいだ!!

最近、なんかお姉さんたちの欲求不満が溜まっているのは、オレのせいだ!!

まずはそういう部分を解消してゆく志を共に生きられる方、

安心して下さい、

向いてますよ。

リトルウイングエンジニアリングで、僕たちとメカニック、やらないか?








[PR]
by lwe31x | 2015-09-09 21:41 | Information

She Looks As If Nothing Had Happened To Her.

c0210640_20325416.jpg


リトルウイングエンジニアリングは店舗移転に伴う業務のため、

2015年9月22日(火曜)~9月30日(水曜)までを休業とさせて頂きます。

また、2015年10月1日のリニューアルオープンより、営業時間を9:00~18:00、定休日を毎週日曜&第2月曜へと変更させて頂きますのでご了承くださいませ。

新店舗の住所、電話番号につきましては追ってお知らせさせて頂きますのでよろしくお願い致します。




c0210640_20325551.jpg

雨だとお引っ越しが進みづらいのであります。

だってC10、荷台に屋根付いてないもんね。

はやく晴れないかなーと天気予報を見るも、

台風来てんじゃん・・・

新しい職場で、それはもうガツガツと仕事したいのであります!

きっと快適なんだろうなぁ・・

期待に胸が膨らみますが、

現店舗の荷物の量を見ますと萎みます(笑)

じゅっ、従業員募集中!!




c0210640_20325504.jpg

さて、フィン欠け直して欲しいとのご依頼です。

シャベルのヘッドは材料が良いので、パンとかに比べて溶接しやすいとのこと。

折れちゃった所は潔く取り払いまして、

交流TIGのアルミ溶接にてバリバリと盛ります。

しかしこのように盛るの、言うのは簡単ですけどもレベル高いっすよね。

持てないくらいアツアツに温めてから作業するのも、アルミ溶接の基本パターンです。






c0210640_20325577.jpg

気合入った合コンのお姉ちゃんばりに盛られています。

こういう芸当が出来るのは職人と呼ばれて然りですね。

巣穴なんか無いんでございますよ。

ボスの溶接テクニックを盗もうとチラ見するんですが、


c0210640_21122782.jpg




目が!目がァァァァ!!





※溶接面を付けましょう。





c0210640_20325690.jpg

ホラ、もう直ってる(笑)

さっきのを削って、なんか何事も無かったかのようにします。

これはアレですね、面出すとこは出して、アール付けるとこは付けて・・・

鋳型から抜きっ放しの部分もありますし、

そっからグラインダーかけてる部分もあるので、

質感とか角度とか、折れてない同年式のお手本を見ながらやるのが吉と出ております。




c0210640_20325698.jpg

素晴らしい・・・。

落としたりプラグレンチを間違った感じで使ったり、

意外とフィンが折れてるやつ多いですね。

シリンダーは鋳物の鉄になるので若干難易度が増すらしいんですが、

あんまり分からないように直すことは可能です。

まずはご相談下さい。

インディアンのヘッドは薄いので、更に難易度上がります(笑)








[PR]
by lwe31x | 2015-09-08 21:24 | Information

Japanese Summer Festival.

c0210640_19461675.jpg


※リトルウイングエンジニアリングは店舗移転に伴う業務のため、

2015年9月22日(火曜)~9月30日(水曜)までを休業とさせて頂きます。

また、2015年10月1日のリニューアルオープンより、

営業時間を9:00~18:00、

定休日を毎週日曜&第2月曜へと変更させて頂きますのでご了承くださいませ。

新店舗の住所、電話番号につきましては追ってお知らせさせて頂きますのでよろしくお願い致します。




c0210640_19461616.jpg

引っ越し作業は続いておりますが・・・

未だ機械を運び込めない日々が続いております。

しかし!!

来週からは行きますよ!

ガンガンぶっ込んでくんで、

お手伝いよろしくお願い致します。(笑)

それにしてもすごいモノの多さですよね・・・




c0210640_19461722.jpg

ホーニングマシーンもお疲れ様でした。

この場所で一体何機のシリンダーを掘りまくったのでしょうか。

そういえばトラとかノートンとかもやった気がします(笑)

ニューリトルウイングでも更なるご活躍をお祈り申し上げます。

自分でバラして送って頂いてもOKっすよ。

細かいことはお問い合わせください。




c0210640_19461771.jpg

ボーリングマシーンもお疲れ様です。

・・・なんか増えてない?(笑)

例えばスポーツスターの883を1200にしたいとか、

そんな感じのご依頼もお待ちしております。

このパターンはホーニングで追っかけると腕と腰が死にますので、

すぐボーリングさせて頂きます。


奥にはシリンダー以外のホーニング箇所、例えばビッグエンドとか、ロッカーとか、もうクランクケースのピニオンレースとか何でもやっちゃうホーニングマシンも鎮座しております。

広くなった新工場では、お客様のご要望に迅速にお答え出来ますよう、がんばります!







c0210640_19461850.jpg

で、今日は洗足池のお祭りでした。

今年も神輿出ております。

雨なので袋被ってますけども・・・。

お客様のFさんが神輿に乗っている姿を昨年拝見しまして、

地域に密着ってのは素晴らしいと感じた次第であります。

お祭り大好きです。




c0210640_19461863.jpg

リトルウイングの提灯発見!

地域密着型ですから。

しかし。

今年でこのお祭りに提灯を出すのも最後になってしまいました・・・。

なんだか寂しいなぁ・・・

ちなみに隣の横向いちゃってるのはスリーエフさんです・・・

だれか、ちょっと直してあげて!(笑)

[PR]
by lwe31x | 2015-09-06 20:11 | Information

CHEVROLET.

c0210640_20520495.jpg

懐かしの車両ですね。

ご近所様からも、「あのボロボロのトラックはどこに行ったの?」と良く聞かれます(笑)






c0210640_20520430.jpg

おっ、おおう・・・

後ろが。

ある日バイクを積みましたところ、腐った荷台にサイドスタンドで穴が開きまして。

その昔タクシーに突っ込まれて荷台がグッチャリといってた事もあり、今回修理となったワケであります。





c0210640_20520584.jpg

ぐああ!

ラジエーターからの液漏れ?

ドレンが緩んでました・・・

ちょっと整備した方が良さそうです。




c0210640_20520535.jpg

まずはせっせと荷台を直しますです。

床も貼り替えて頂き、

曲がった部分も板金です。




c0210640_20520561.jpg

と作業してると、マクラーレンが遊びに来る(笑)

なんかここ何屋なんでしょうか。

しかし凄いクルマ・・・




c0210640_20520699.jpg

見てこれ、ローターがカーボンですぜ!

径もバカでかい・・・

650Sって書いてありますけども、

650馬力ってホントですか・・・?

ロケットスタートで帰って行きました(笑)




c0210640_20520658.jpg

できてきた・・・!

アオリが付いてる!

ここ、ひん曲がっちゃってて仕方なくベニヤ挿してた頃が懐かしいです。

CHEVROLETとボスの手書きで(笑)

サウスダコタのなーーんにもない草むらに放置されてたC10は、床からも草生えちゃって子供の遊び場になっておりました。

いいトラックがあるよ!とゴローさんに言われ、

現状に軽く引きつつも気合で修理してボスの相棒に。

こんなんですがアメリカ2往復プラスアルファ、日本にやって来てからも走りまくり、

プロペラシャフトが落ちようがタイヤが外れようが、元気いっぱい走ってます。

ゴローさんも大好きだったこのクルマは、みんなを笑顔にしてくれます。


この風景ともさよならだと思うと、なんだかちょっと寂しいです。







[PR]
by lwe31x | 2015-09-05 21:40 | Information

Honing Stone.

c0210640_20222459.jpg

左サイドバルブ、右3-5/8ビッグボアのS&Sシリンダー。

新旧問わず本日も掘ってます!


※リトルウイングエンジニアリングは店舗移転に伴う業務のため、

2015年9月22日(火曜)~9月30日(水曜)までを休業とさせて頂きます。

また、2015年10月1日のリニューアルオープンより、

営業時間を9:00~18:00、

定休日を毎週日曜&第2月曜へと変更させて頂きますのでご了承くださいませ。

新店舗の住所、電話番号につきましては追ってお知らせさせて頂きますのでよろしくお願い致します。


c0210640_20222592.jpg

で、測ります。

チョコビッツみたいなベアリングは、一番大事なクランク大腿部、ビッグエンドのニードルローラーです。

オーバーサイズは10,000分の2インチ刻みで取り寄せ可能。

パッケージされてるのですが・・・

一応測っておかないと怖いです。

ちょっと違うサイズが万が一にも混ざってたらと思うと気が気じゃないです。

いいんです。病気ぐらいが丁度いいんです(笑)



c0210640_20222524.jpg

新品のクランクピンに新品のベアリングをセットします。

爆発を受け止めて高速で回転する過酷な状況下に晒される部分です。

ここをしっかりやっておかないとオーバーホールとは呼べません。

現在ベアリングを使っている車両は希薄ですが、

オーバーサイズで修理して新車に戻るのがハーレー&インディアンの良い所ですね。

これがエコってやつです。



c0210640_20222685.jpg

入らない・・・

のは当たり前、オーバーサイズですから。

これが入るようになるまでレースをホーニングして、

今までお疲れ様でした的な傷を取り去るのが目的です。

更に不規則に摩耗したレース&ベアリングを真っ直ぐにしてやるワケですね。

ラッピングコンパウンドで気の遠くなるような時間削り続ける手法は、もうやりません。

シリンダーと同じように、ホーニングストーンで切削します。

あっという間にスパーンと真っ直ぐ。

アナタにも新車の輝きを!(笑)





[PR]
by lwe31x | 2015-09-04 21:03 | Information

Docking System.

c0210640_22460473.jpg

店舗移転のため絶賛引っ越し準備中のリトルウイングエンジニアリングであるが・・・。

内燃機加工に欠かせない旋盤とフライス盤の移動を試みるも、新店舗の設置スペースにはフライス盤がそのまま入らない事が発覚。

約1.5トンの工作機械を寝かすわけにも行かず、いったい如何にして搬入するのか・・・?

第2話「ドッキング」


※リトルウイングエンジニアリングは店舗移転に伴う業務のため、2015年9月22日(火曜)~9月30日(水曜)までを休業とさせて頂きます。

また、2015年10月1日のリニューアルオープンより、

営業時間を9:00~18:00、

定休日を毎週日曜&第2月曜へと変更させて頂きますのでご了承くださいませ。

新店舗の住所、電話番号につきましては追ってお知らせさせて頂きますのでよろしくお願い致します。








c0210640_22460495.jpg
そのままじゃ入らないので、バラして運びます。

これ、アタマが取れてる状態です。

アタマ取れてても相当な重さです。

旋盤と異なり「モアイ像」的な佇まいですので、

やべー倒れちゃったぜというのはホントに避けねばなりません・・・。

マキノのフライス、結構倒れるという怖い噂を聞きました(笑)




c0210640_22460448.jpg

マキノ行きまーす!!



こっからカタパルトで射出された日には、かなり甚大な被害です。

このスロープを慎重に降りて、地下に格納せねばなりません・・・

結構、勾配キツいんですよ・・・




c0210640_23133242.jpg

転がるようにローラースケート履かせまして、

行くぞー!!

発射オーライ!!

※プロの搬入業者さまの管理の元、徹底した安全対策を講じた上で作業しております。


こんなガンタンクみたいの滑り出したら止まらないです。

超危険!!

c0210640_22460458.jpg

搬入完了!!

エレベーターを使いドッキング作戦を開始。

車両の乗降を目的として設置されたエレベーターですが、

思わぬ所で効果を発揮しました。

まっすぐに降ろさなければ穴位置もドッキングのためのボス(でっぱり)も合わず、なんか大変なことになっちゃう感じです。

基本、上が固定なので下をちょっとずつ動かして真ん中に持ってきます・・・

書くと簡単ですが・・・

これはウルトラCです。







c0210640_22460535.jpg

上から見るとこんな感じ。

まっすぐ釣るのも一苦労な印象。

ボスの提案でこのようなカタチを取りましたが、

これエレベーター無かったら無理でした。

ドッキング後のクリアランスときたら、もうギリもギリです。




c0210640_22460534.jpg

マジ奇跡。




ドッキング完了。




c0210640_22460651.jpg

アタマが梁に隠れちゃってるくらいジャストサイズ。

旋盤とフライス盤の設置が完了。

超快適そうじゃないっすか!

なんかすごい機械が搬入されて行くので、

ご近所様からは「何の工場なのか」とのお問い合わせが殺到しているとかしていないとか。

安心してください。

バイク屋ですよ(笑)



この2台無いと仕事になんないんだもの。

さて、まだまだあるよ~!!


※リトルウイングエンジニアリングでは従業員を募集しております。

どうせなら引っ越しから一緒にやろうぜ!(笑)


[PR]
by lwe31x | 2015-09-03 23:40 | Information

Don't Push Me Very Hard.

c0210640_20133107.jpg

むらもと!!

むらもと!!

大盛りは2.5玉!!

化学調味料は使用しておりません。

自己最高はつけ麺の5玉です(笑)




c0210640_20133225.jpg

ケースレースでも入れ替えてみましょうか・・・

1955年のパンヘッド以降、左側の軸受けにはテーパーローラーベアリングを使用しているハーレーダビッドソンですが・・・

オーバーホール時にブッ壊すという悲しい事態が起きているのも事実。

ココの鋳込んであるレースが動いちゃうと、実質修理不可能です。

なんとか直すやり方もありますが、耐久性考えたらオススメしません・・・。






c0210640_20133281.jpg

ベアリングはこんな感じで組まれております。

真ん中のストッパーが重要で、

ここでレースが止まる事によってベアリングの最適な動きを引き出しつつ、締め込んでも渋くならない仕組みです。

モータースプロケットナットをインパクトレンチで締めるなとのマニュアル記載がありますが、

ここちゃんとしてればプロのトルク管理においては問題無いと考えております。

しかーし!!

年式違いのレースがぶっ込まれている場合もあり、インパクトで締めたらエンジン焼き付いたとかいう最悪な事態も起こり得るワケですので注意が必要です。






c0210640_20133367.jpg

これが鋳込んであるレースの受けです。

クランクケースを製造する過程で、鉄のレース受けの周りに融けたアルミを流し込んでます。

「ド真っ直ぐの芯」が出てる箇所なので、これが動いちゃうともう終了です。

原則修理不可能です。何回も言いますけど(笑)




c0210640_20133348.jpg

レース抜く場合には、このような「当て」を使います。

これはボスが作った1品ものですが、

とにかく鋳込んである部分にダメージが行かないように。

何トンものチカラを掛けられる油圧のプレスで抜くワケですので、ホントにホントに注意が必要なんであります。




c0210640_20133438.jpg

真ん中のCのクリップ、つまりはレースのストッパーは、こんな感じで抜きます。

ポンチが入ってる穴はオイル経路ですので、本当は「C」の開いてるところが来てないとダメです。

それをコンコンと叩いて回し、穴にポンチ突っ込んで叩きます。

穴にポンチ突っ込んで、叩きます。

穴に。




c0210640_20133442.jpg

ベアリングにオイルが来る大事なところですので、

通常はこの向きです。

たまーーーに、バラすと塞がっちゃってるモノがあったりして・・・。

知らないと怖いですよぉ~。


あとは真っ直ぐレースを圧入してオッケー!

ベアリングもセットで新品に交換して、快適な回転を。

腰下のオーバーホールもリトルウイングエンジニアリングにお任せ下さい!






[PR]
by lwe31x | 2015-09-02 21:14 | Information

There Are Many Things You Wanna Ask LWE.

c0210640_21432248.jpg

本日、9月1日という事で、防災の日です。

首都直下型地震を想定した大規模な規制訓練がありました。

朝9時より10分間、環七通りへ入る22箇所の信号機を赤にして、都心部への一般車両の流入を禁止したようです。

訓練ってことですが・・・

メチャでかい災害時の緊急車両等の通行を確保・・・出来るかどうかの試験なんではないかと。

ん~。でもすぐクルマで溢れちゃって、これ平日の朝とかに直下型が来たらと思うとおっかないです。






c0210640_21432377.jpg

というワケで、地震にビビってても仕方ないので、ホーニングします(笑)

特にパンヘッド以前はダミープレートを規定トルクで取り付けて、「エンジン組まれた状態」にした方がいいですね。

業者様によっては、こんな感じで既に取り付けて送って頂けるところもあり・・・

至れり尽くせり、ありがとうございます。

締めると結構歪むんですよ・・・。




c0210640_21432395.jpg

クロスハッチの加減やら、仕上げの番手、つまりは粗さも、ハーレー&インディアンに特化しているリトルウイングエンジニアリングがしっかりと管理します。

内燃機屋さんはハーレーばっかりやってるワケではないですので、5/100なら5/100といった数字に重きをおいております。

それは外注先としては至極当然のことで、

「サイドバルブは熱を持ちやすいから少し多めのクリアランスで・・・」とかいうのは指定しない限りやってはもらえません。

「これじゃ狭すぎるんじゃないの?」というようなお言葉は頂けるかも知れませんが、自分でバラして自分で掘って、自分で組んで自分で慣らすお店に出せるなら・・・

ボスもNoriもこの作業を行いますので、安心してください、掘ってますよ。


c0210640_21432444.jpg

画像は四角いのが付いてましたが、Evoとシャベル両方に対応した、こんなんも売っております。    

ピストンクリアランスの重要性をキチンと理解して、年式や使うピストンに応じた選択をしましょう。

とりあえず、「おまかせで!」というのがOKなのがリトルウイングエンジニアリングに出すメリットでもありますよ(笑)

どこのメーカーのピストンで、クリアランスはいくつで、圧縮比は??ピストンの重さって前後合わせた方がいいの?えっ?組む前にピストンのバリとか取らないといけないの?

ピストンリングの合いクチ、これ何ミリならいいの?マジ?リングもバリ取るの??クロスハッチ?角度と深さで何か変わるの?

1200ccの6番って1340ccのスタンダードと同じなの?じゃあ1340ccのピストンも使えるの?排気量はいくつになるの?1340ccの5番ってダメなの??

もう聞きたいことがいっぱいです(笑)

全部お答えしますのでお仕事待ってまーす!!  




[PR]
by lwe31x | 2015-09-01 22:23 | Information