<   2015年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

1967 Early Shovel.

c0210640_205024.jpg
点滴仕様。

ロッカーのナットやらエンジンマウントやら、増し締めするのにもタンクが乗ってちゃやり辛いということで、

ガソリンタンクは搭載せずに点滴で始動。

エンジン掛けて、すぐ熱くなるので止めて、自然に冷やしてまた掛ける。

過去にこの状態で試乗したりしたこともあるのは秘密(笑)





c0210640_205192.jpg
エンジン掛けて慣らしするときは、扇風機当ててやりますです。

走行風も来ないアイドリングちょい高めの状態では、ヘッドの温度がグングン上がってゆきます・・・

組んだばかりのエンジンは各部キツイので、発熱量もすごいです。




c0210640_205130.jpg

各部キツイってことで、

燃費も半端無く悪いです・・・

グングンとガソリンが減ってゆきます・・・

あ、最近ガソリン安くなりましたね。




c0210640_205265.jpg
本日は明日作業予定のE様が、前乗りで大福の差し入れを・・・。

もう本当にありがとうございます。

嬉しいなぁ、和菓子(笑)




c0210640_205344.jpg
んで、

見てくださいこの感無量な表情を。

バラバラのアーリーシャベルが息を吹き返した瞬間。

遥々、滋賀県より何度も足繁く通って頂き、本日やっと納車となりました。

すでに車体周りはご自分でカスタムされており、調子の良いエンジンを心待ちにされていたことでしょう。

今後とも末永くよろしくお願い致します。




c0210640_205352.jpg
レンタカーに積んで、また滋賀まで・・・。

琵琶湖の周遊道路は延べ300kmほどあるらしく、走るところがたくさんあって羨ましいです。

次回は是非自走でお待ちしてます!

良い飲み屋用意しときますので。

バームクーヘン、ありがとうございました!(笑)

あとYさん、お腹お大事に!

次回は中華弁当で(笑)





[PR]
by lwe31x | 2015-01-31 22:05 | Information

It Snows In The Tokyo.

c0210640_20452063.jpg
行ってきます~~うおっ、寒っ。

最近、寒いのが嫌だ。苦手とかキライとかじゃなく、ただただイヤだ・・・。

僕の体が昔より、大人になったからなのか。




c0210640_20452180.jpg
到着・・・って

何故リトルウイングの前だけ積もるのか。

雪国の方、恐れ入ります。




c0210640_20451934.jpg

先日バラさせて頂きました、ストップライト・高山さん号。

スターターを回そうとボタンを押すと、「ギャギャァア」という音がする。

リングギヤにスタータードライブが上手く噛まない様子。

症状はゆっくりと頻度を上げてゆき、最近ではスターターボタンを押すのがちょっと怖いとのこと。

結論、純正のリングギヤにスタータードライブのギヤが合ってないという事になりまして、

スタータードライブの交換で完治致しましたが、どうやらこの部品の出来が最近良くないです。

比べると歯の立ちが全然違う・・・

同じような症状の方、いらっしゃいましたらご相談下さい。




c0210640_2045187.jpg

そんで何年も締めたり緩めたりを繰り返した結果、

バッテリーのアース端子がクワガタみたいに。

アース端子の接触不良でスターターの不具合が起こることもありますので、

バッテリーの端子及びフレームへのアースケーブルは、ガッチリと締め付けましょう!

もちろん、端子交換してこちらもバッチリ。

毎日乗られるので、汚れたクラッチと共に洗浄&チェックさせて頂きました。




c0210640_20452198.jpg
寒いから担々麺!

最近気付いたんですが、意外と辛いの平気みたいです。


c0210640_211244.jpg
マーライオン事件の再発を防ぐため、ちょっとだけ自粛中(笑)

さて、あっという間に週末がやって参りました。

お天気も良さそうですので、是非リトルウイングへ。








[PR]
by lwe31x | 2015-01-30 22:44 | Information

Long Way Round.

c0210640_0144293.jpg
お疲れ様でーす。

雪、降りますかね??

オラぁ雪かきしたくねえ!

という事で、走馬灯のようにシリーズ。



ピニオン側、ケースレース交換。





c0210640_014489.jpg


仮組みして~

ラインで通してぇ~

この作業重要っす。

少々のクリアランスではケースレースがどうのこうの言わないんですが、

虫食いすごくてレース交換しました次第です。







c0210640_0144440.jpg

ビッグエンドのホーニングです。

ボスの作業は何だか異様に速い。

ラッピングアーバーでやってた頃、Noriのパンのもお願いしたんですが、

もう夜中なのにこれ何時まで掛かるの?的な大変さはどこへやら(笑)

道具ってすごいなぁ・・




c0210640_0144445.jpg
ロッド磨いて装着。

最近流行りのロッドバフがけ(笑)

バリだらけのコンロッドなんて、そのまま組みたくないです・・・

リトルウイングエンジニアリングにお願いして良かった~の図。




c0210640_015492.jpg

芯出し芯出し。

これもボス超速い・・・

負けずに数こなして、スピード上げたいです・・・

みんなパン前期以前のケースのレースとか、ベアリングオーバーサイズにしてビッシビシに仕上げたがるのですが、

クランクの芯ブレは、当然「ゼロ・ゼロ」なんですよね?


5/100mmとかを許容としてるのに、そんなビシビシでいいの?と思うのですが・・・




c0210640_014461.jpg

そんでまた仮組み。

仮組みしてはバラして仮組みしてはチェックして・・・




c0210640_0144741.jpg
ってやってると、

ここんとこが当たって、締めるとクランク回らない事件勃発(笑)

こういうのが本番前に発覚すると辛いのです。

まっ、またバラすのかよ!とキレないためにも(笑)




c0210640_01564.jpg

ガイドは新品そのまま突っ込めません。

ステムシールの有無により異なるのですが、

使用しない場合はテーパーに加工。

角度はお店に来て頂いたらお話します(笑)




c0210640_015612.jpg

んで、カーンカーン!

温めて膨張させて、叩き込むワケです。

緩くてもキツくてもダメ。

これは通常内燃機屋さんの仕事なので、ハーレー屋さんはやりません。




c0210640_015742.jpg

光ってないと気が済まないのかと(笑)

強度アップ、カーボン付きづらいし、ちょっとは軽くなるし、

何より愛情込めてフロントとリヤの重量を合わせてやったりすると、

それは走りに表れます。






c0210640_01559.jpg

最後まで苦しめられたカムカバー・・・

カムカバーって、超大事なパーツなんです。

「ボクのは4本リブだから、前期のに換えたくてオークションで落としちゃった」という方、

そのままポン付けは絶対ダメっすよ!




c0210640_0144792.jpg

もうしつこいくらいリハーサルを重ね、

本番はリラックスして行ける自信を身に付けるワケですね。

バラバラの部品だったアーリーシャベルも、

こうして元気に走り出すのでした・・・

エンジン掛かった時の感動は、オーナー様と同じくらいあるのです(笑)

さあ、みなさんも一緒に感動しましょう。


では、雪で怪我しないよう、明日もがんばりましょう!




大平さん、こはねちゃん、お誕生日おめでとうございます(*´∀`*)





[PR]
by lwe31x | 2015-01-29 23:14 | Information

Trio.

c0210640_2282916.jpg
お疲れ様です!

今日はキレイなチーフで目の保養。

最初に言っておきます。今日は作業風景無しです(笑)

たまにはいいじゃないっすか・・・

ホーニングの事を書こうと思ってたんですが、

これまた超長くなる予感がしたのでまたじっくり書きます・・・






c0210640_2283088.jpg
これが日本に輸入されてから3年ということで、

最初の車検を取らせて頂いたんですが・・・

キレイ過ぎる(笑)

オイル漏れのオの字もない・・・

それを実現するために、隠された超絶テクニックの数々があるのですが・・・

そのうち公開致しましょう・・・。(なんだよ)






c0210640_2283124.jpg
今日もイイ天気ですが、寒い。

夜とか超寒くなっちゃって。

金曜の雪予報が現実的になって参りました・・・。

コンプレッサーのオイル交換しようと思ってたんですが、なんだかバタバタしちゃったのでまた明日、です。



c0210640_22831100.jpg
そして本日もありがとうございます(笑)

これね、

なんだろう、すげえウマイ。

マーライオンの事とか忘れるくらいウマイです。






c0210640_2283257.jpg
フラリと現れて、

激ウマの和菓子を提供してくださるS様。

スーツの上にプロテクターですが、

パンヘッドをバリバリ飛ばしてのご来店です。

今度林道行きましょう(笑)






c0210640_2283370.jpg
人間も来ればイヌも来る。

犬種は忘れましたが賢そうな顔立ちのワンちゃんは、

ここ数ヶ月で猛烈な育ちを見せております。

立ったら相当デカいです。

ん~~~イヌ欲しい・・





c0210640_2283477.jpg
一緒にダブルで見つめておられますのは、

同じくI様の家のワンちゃん。

Noriと1日交代してくれないか。

明日はシャベルのスターターとクラッチをよろしく頼む。

あと多分V-Twinからパーツが届くので、検品しておいてください。

なんだか華やかになったリトルウイングエンジニアリングと、

たまに濡れたイヌの臭いがするNoriなのでした。

すいません、また明日(笑)






あと数時間、1月29日はボスとボスの娘さんの誕生日であります。

娘と誕生日が同じなんて、ちょっと羨ましいです。

つい最近、ボス宅で「39歳おめでとうございます!」とか言ってた気がするんですが、なんか自分の39歳が猛烈に近づいて来ました・・・。

えっ、もう10年近く経つの?みたいな感覚。

う~ん、加速してます。

人生はジェットコースター。カタカタとゆっくり登る20代までを抜ければ、あとは猛烈な加速で駆け抜けるワケらしいのですが。

えっ?もう終わり?もっともっと!

もう一回同じのに乗れるワケなんてないけど、速すぎて景色なんか見てもいなかったけど、

Life is fast but I don't wanna live past you, cause you are my only roots.

絶叫して気付いたら大切なものを握ってるんスかね、と思う今日此の頃。

それにいつ気付けるのかが重要な気がして。

見てないようで、ちょっと見てる大人になりたいと思いました。

ではまた。
[PR]
by lwe31x | 2015-01-28 23:09 | Information

Merlion.

c0210640_19575237.jpg
結構放置しちゃったなー・・・

仕事忙しくて。寒いし。休みは雨多いし・・・。

あ、そろそろ車検が。

バッテリー上がってない?コレ。

タイヤ空気抜けてんですけども・・・。

たっ、助けてバイク屋さんーーー!!

はーーーい。

ちょっと放置しちゃったハーレー、動かすの意外とお金掛かったりします・・・

乗ってるバイクは、調子良い!!ここ、テストに出ます。




c0210640_19575111.jpg
マジで放置しちゃったり、

例えばアメリカから送ってきたり、とにかくいつエンジン掛けたか分からない車両は、まずエンジンオイルをチェック!

そんでいきなりキック踏むのはダメーー!

もしもピストンリングが固着してたら・・・パリって言って煙モクモクなんて事も。無いわけではありません。

WD40などの潤滑油をプラグホールから注入し、しばらくの間DVDでも観賞しましょう。。

格さんが陰嚢じゃないや、印籠を出すくらいのタイミングでクランキングするのが良いと思われます。

怖がらせてもナンなんですけど、放置するとシリンダーにピストンリングの跡が付きます。

段付きになってボーリングしないと直らない、なんて事にも・・・。




c0210640_19575334.jpg
当然クラッチも張り付くのであります。

乾式多板のクラッチには、エンジンオイルやミッションオイルが程良く染みこむ仕様になっておりますので、

定期的な清掃をメーカーは推奨しており、これは放置することによって、「バラして洗浄」しないと

「クラッチが切れない」という症状を引き起こすのです。

エンジン掛けて、クラッチ握って、ギヤをローに入れたと同時にガッと前に出たり、エンストしたり。

無理矢理剥がそうとしてガッコンガッコンやって、シフターフォークを曲げたことのある人間が言うのですから、

それはもう間違いありません。





c0210640_19575387.jpg
しかし・・・

インナープライマリーのガスケット面がキレイだと気持ちがいいです。

あまり男性経験の無い女性に接しているようで、

こちらも紳士な振る舞いをせねばと、胸踊ります。

定期的な洗浄及びガスケット交換、メカニックの腕によって、アメリカの文化遺産は素晴らしいコンディションを保たれるのです。

責任重大ですね。





c0210640_19575459.jpg
「スターターが回らない」という症状で意外と多いのは、

バッテリーの劣化に次いで、実はこういう端子と配線のトラブルです。

端子が中折れ中で折れていたり、ナットが緩んでいたり。

リレー交換しようとすれば気づくのですが、こういう細かな部分を見落とすと、壊れてもいない部品を交換するハメになり、出費がかさみます。

「予防交換」という、意図がハッキリしている場合は前向きですが、「なんか良く分からんけど交換したら直ったっぽい。でも前のも壊れてないっぽい」という経験はありませんか?





c0210640_19575413.jpg
ちなみにこちらのアース端子は折れてました。

シャベルとは言え、リトルウイングのNoriと同じくらいの年齢です。

結構気を使ってメンテナンスしてやらないと、良い状態は保てません。

という事で、寒いけどガンガン乗って調子の良い状態をキープしましょう!

忙しくて放置しちゃった場合はお電話お待ちしてます・・・。




c0210640_22223585.jpg

ところで。

お気づきの方もいらっしゃるかと存じますが、私、恥ずかしながらウイルス性胃腸炎みたいのに感染しまして。

日曜の夜からマーライオンみたいになってたNoriであります・・・。

ご迷惑お掛けしまして申し訳ございません。

復活致しました。みなさん、手洗いうがいを忘れずに。

ではまた明日・・・。
[PR]
by lwe31x | 2015-01-27 22:29 | Information

Have a good one

c0210640_747596.jpg

c0210640_748170.jpg

c0210640_748327.jpg

c0210640_748476.jpg

See you soon!!!
[PR]
by lwe31x | 2015-01-26 07:45

Thank You.

c0210640_2020684.jpg
ざす!!

あざーーーーす!!!

昨日、長々とブログで書いたらば、タペット調整のご新規さん来ました。

本当にありがとうございます。

こういうレスポンスが一番嬉しいです。





c0210640_2020643.jpg


これが・・・





c0210640_2020571.jpg


こうなりまして・・・


オッ、すげえ!!





c0210640_202041.jpg
ってすいません。ウソつきました。

巷じゃインディアンが大流行の兆し。

人気が高いのは1930年代の板バネのフォークを装着したモデル。

こんなのサラッと乗ってたら・・・

カッコイイっすねぇ・・・





c0210640_2020445.jpg
こっちは似たヤレ方の(笑)1940年式チーフ。

18インチのホイールは初期のナックルのように、何故だか崇高なイメージ。

これぞ旧車。

こんなのサラッと乗ってたら・・・

カッコイイっすねぇ・・・





c0210640_2020260.jpg
エキサイトブログ、自転車・バイクカテゴリの中で、

Noriブログはアクセス数、第6位に浮上しております(笑)

これも全ては皆様のお陰であります。

これからもリトルウイングエンジニアリング及びNoriブログをよろしくお願いします。

というワケで明日は日曜日。

たくさんのご来店、心よりお待ち申し上げております。


[PR]
by lwe31x | 2015-01-24 22:19 | Information

Camshaft.

c0210640_20452758.jpg
本日は諸事情により、

カムとソリッドタペット調整の話をしようと思う。

皆のモビルスーツを快適に動かすためのメンテナンスだが、

少しばかり専門的な話になるので興味の無い者は退席しても構わないものとする。





c0210640_20452887.jpg




Noriさんのブログを読まないなんて軟弱者!




c0210640_20452288.jpg
まずはこちらを見て欲しい。

右がソリッド、左が油圧となっており、自分のモビルスーツにはどちらが使われているのかを知る必要がある。

それぞれ調整方法が異なるからだ。

油圧は熱膨張率の異なる様々な材質で構成された部品を、温まろうが冷えようが、自動で調整してくれる機構である。

例えるなら、リジットフレームはソリッド、スイングアームにサスペンション付きが油圧と思って差し支え無いだろう。

サス付きの方が乗り心地が良いように、油圧リフターはタペット音を発生させない。

ではそもそも、タペット調整とは何であるのか。




c0210640_20452266.jpg
基本的には油圧もソリッドも、このようなローラー付きのユニットに収まる仕組みである。

ローラーは、カム山に乗る。

プッシュロッドごと押し上げられ、ロッカーアームを介してバルブを押し下げると、吸気、排気を行うためのポートが開くという流れだ。






c0210640_20452310.jpg
これがハーレー、ビッグツインのカムシャフトである。

バルブは強力なスプリングで押さえられているので、カムの山に追従するように開閉する。

よく聞く「ハイカム」というのは、この押し上げる量や、押し上げている時間を変更し、エンジンの特性を変えるためのパーツといえよう。






c0210640_21581951.jpg
つまりカム、タペットローラー、プッシュロッド、ロッカーアーム、バルブステムまでの一連のシステムにおいて、

その連結部の隙間を限りなくゼロに近づけるのがタペット調整だ!!




c0210640_20452143.jpg
ローラーが付いたリフターは、「タペットブロック」というガイドに収まり、このような形で組み付けられている。

カムシャフトのカムギヤは、クランク直通のピニオンギヤを介して回されるので、反時計回りとなる事も付け加えておこう。

タペットブロックとユニットのクリアランス過多、ローラーのベアリングの摩耗による縦ガタ、カムシャフトの軸を受けるケース側のベアリングとカムカバー側のブッシュの芯が出ていない等、タペット調整を正しく行ったとしても、これらが原因でタペット音が消えない場合があるので注意してほしい。

稀にピニオンシャフトを受けるベアリングレースが動いてしまい、つまりはピニオンギヤが踊るトラブルもあるので覚えておきたい。

ピニオンギヤのカラーチャートについては後日扱うのもとする。

一気にやると、ちょっと勿体ないからだ。







c0210640_22225580.jpg

こちらをご覧いただこう。

このような配置で、それぞれのカム山が設置されている。

カムシャフトが1本であるためにこのような配置になっているのだが、

奥のリヤ側インテークから外のフロント側エキゾーストへと移るにつれ、プッシュロッドの長さが増す。

外にせり出す構造上、フロントのエキゾーストが1番長い事になるのだが、距離があるのと同時に角度もキツくなり、つまりは音が出やすいという事を覚えておくといいだろう。





c0210640_20452037.jpg
こちらはリヤ側のタペットブロックを外して撮影したものであるが、

このようにローラーが乗ってくるというわけだ。

ネットで検索すると実に様々な調整方法が載っていて迷うわけだが、そこはさすがNoriブログ。

動きと仕組みを理解せず、暗記一夜漬けのテストのような調整方法では戦えまい。

なぜそうするのか。

機械であるがゆえに、オカルトは存在しない。

「今日は機嫌が悪い」ではなく、「今しがた壊れた」や、「摩耗により調整が崩れた」が正解である。

では、いよいよソリッドタペット機構のプッシュロッドの取り付け、調整をしてみよう。




c0210640_22333083.jpg

まず、プラグを外し、プッシュロッドカバーを外したらクランキングする。

キックが付いていないFLHなどは、リヤをジャッキアップしてギヤをトップに入れ、リヤタイヤを進行方向に回す。

フロントのインテークのプッシュロッドが持ち上がり、下がり始め、完全に下がったところが

上の矢印である。

※(もっとクランキングさせるとフロントインテークのプッシュロッドはしばらく動かず、やがて持ち上がる。カムの形と、これが反時計回りであることを考慮すれば、その動きが理解可能であろう。)

この時、下の矢印、フロントのエキゾースト側のカム山を見て欲しい。

ここもまた、プッシュロッドが押し上げられていない、つまり「エキゾーストのバルブも閉じている時」なのである。

まずはここを基準にフロントのプッシュロッドを調整し、更にクランキングさせて必ず1本ずつ微調整する。

カムの山からローラーが完全に降りた時、縦ガタがなく、指でつまんだプッシュロッドが少しテンションを感じながらクルクルと回る状態が正解だ。

回して固いところと緩いところがある場合、プッシュロッドの曲がりを疑うこと。








c0210640_2156478.jpg
・・・リヤもインテークが下がり切ったところでエキゾーストもセットし、1本ずつ確認して微調整すればいいんですよ。

最初に変なところ(バルブが開いているべきところ)でセットしてしまうと、インテークとエキゾーストのバルブが接触してバルブ曲げたり、持ち上がり過ぎてプッシュロッド曲げたりしてしまうわけです。

カムには吸気の効率を増す為の、オーバーラップと言うインテークとエキゾーストの両方が開いている時間が少しあるので、

変な所で調整するとバルブが閉まりきらずにエンジンが掛からないなんてこともあり得ます。

偉い人っていうか、カムとリフターがどういう動きをしてるかを見たことのない人には、それがわからんのですよ。







c0210640_20452758.jpg
なんか超長くなって、途中で書くのをやめたい衝動に駆られたことは秘密にしてほしい。

では、各自タペット調整を行った後、「やよい食堂」に集合!

タッパーなど持って行くのは遠慮してもらいたい。

[PR]
by lwe31x | 2015-01-23 23:10 | Tech

Pneuma Blaster.

c0210640_2048422.jpg
えーーー、

3月1日の日曜日、群馬県の高崎にてイベントあり、です。

参加するベンダーの数々をご覧頂ければお分かりかと思いますが、

「いつもの面子」です(笑)

カスタムショーにリトルウイング?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

どうなるんでしょうか、これ(笑)

みんなで盛り上げよう!






c0210640_20484368.jpg
本日はというか、またシャベル・・・

もうシャベルに追いかけられる夢を見そうな感じです。

しかし待ってるお客様のためにも頑張りますですよ。

オーバーホールについてのメニューやら金額等々、お気軽にお問い合わせ下さい。

各種チューンナップも承っております。






c0210640_204844100.jpg
カーボン付着で真っ黒。

オーバーホールってことで、まずはカーボン落とします。

これはバルブガイドも交換しますので、

そのままブラスト当てちゃってOKですね。





c0210640_20484561.jpg
かなりこう、汚い・・・というか年季の入った・・・(笑)

これは洗ってもコスっても叩いても、キレイにはなりません・・・悲しいけれど。

そんな時には燃焼室同様、サンドブラスターの出番です。

ガーッと。






c0210640_20484615.jpg
おお、超キレイじゃないっすか・・・

こうしてまた、新品の輝きを取り戻すのでした。

しかし近年、「キレイにしないでください」というご用命があるのも事実。

せっかく堆積したアルミの錆を落とさないでくれという事なんでしょうが、

ブラスト当てないと分からない種類のクラックが入ってたりすることもあります。

怪しいとこは容赦なくキレイにしますのですみません・・・

最低限、ってことで(笑)





c0210640_20484696.jpg
燃焼室もこの通り。

オイルが上がったり下がったりして燃えている場合、カーボンもかなりしつこく堆積してるので・・・

正直、薬品やらワイヤーブラシやら使って落とすのは時間が掛かり過ぎるんですね。

そのカーボンがバルブに噛んで、バルブのフェイスもガタガタ。

圧縮も抜けてピストンクリアランスもデカくなり、リングも削れて・・・

そうやってオーバーホールの季節がやってまいります。

オーバーホールは自社工場にて一貫した体制を取っておりますリトルウイングエンジニアリングで!







c0210640_2048476.jpg
んで、ブラスターの調子が悪くなったので、いろんなとこチェックして掃除します。

最近メンテしてなかったので・・・

粉塵まみれになりながらも、調子が復活して晴れやかな気持ちに。

リトルウイングで初めて使わせてもらったサンドブラスター。

それは不二製作所のもので、私は29歳でした。

そのパワーは力強く、私はきっと特別な存在なのだと感じました。

今では私がおじいさん。

孫にあげるのはもちろん、不二製作所のニューマ・ブラスター。

なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。





c0210640_20484891.jpg

あとこれ、載ったどーーー!!

もうすぐです。

もうちょこっと待っててくださいね~!





PS.滋賀のSさん、無事に着きましたでしょうか?

またお待ちしてます!

[PR]
by lwe31x | 2015-01-22 21:30 | Information

Snow Has Been Falling.

c0210640_2353688.jpg
あーーー

なんか雪降ってきたわ・・・

どうりで寒いと思った。

すぐに止みましたが、明日も降るそうなので皆さん気をつけて!




c0210640_2353746.jpg
ビーーーンっと削っております。

昨日今日と、遠方よりお越し頂いたお客様のバイクを仕上げておりまして。

いろんな「急遽」が飛び出しまして、しかし前向いて頑張っております。

熱が加わると強度が落ちますので、冷やしながら(笑)





c0210640_2353799.jpg
今川焼き、昨日全部食べちゃったと思ってたら、2つ残ってました(笑)

あまりの寒さに急遽引っ張り出してきた、封印されしストーブの上で温めます。

もちろん、クランクケースやヘッドも載せるストーブです。

燃費が悪すぎるので封印されていたのですが、背に腹は変えられません・・・

昼頃出してきまして、夜には燃料計が約半分。

満タンで18㍑くらい入るのですが・・・

改めまして、T様、今川焼きありがとうございます。

上品なお味に感動です。





c0210640_2353825.jpg
いろんな最終チェックがありまして。

バラさせて頂いた次第です。

快調に琵琶湖の周遊道路を走れることを願っております。





c0210640_2353972.jpg
ちなみに。

純正”H"カムと、Andrewsの”B”だとこんなにも違います。

フランダースのハンドルを取り付けた時よりも遥かに、

ハイカムブッ込んだ時の感動があるのはボクだけでしょうか。

いいよぉ~ハイカム。

って言ってる自分のハンドルは、15年間ノーマルです(笑)





c0210640_2353966.jpg
そんで、今日もカキフライ(笑)

ツマミだろーが、あると注文してしまう病気です。

毎日カキフライでも全然OKなんですが、ちょっと体のことを考えて毎日はやめときます(笑)

でも牡蠣最高。最初にトライした人類の先輩に尊敬の念を。

遠方よりお越し頂きましたお客様、本日も宿泊されるとのことで、夕飯を一緒に食べました。

お客様と一緒に飯食うのは、いろんなお話が聞けて嬉しいです。








本日作業のほうに没頭しておりまして、なんだかグダグダなブログですみません・・・

毎日読んで頂いている方、本当にありがとうございます。

たまに頂けるご感想がエネルギーです。

明日もよろしくお願い致します。

[PR]
by lwe31x | 2015-01-21 23:53 | Information