<   2014年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

Head Gasket.

c0210640_0473789.jpg

アセチレンと酸素を混ぜた気体に火を点けまして、

両気体の混合比を変えることで、金属を溶かすほどの熱量を得ることができます。

建築現場なんかでも使われてますし、カスタム屋さんなんかでは必須アイテムの1つ。


しかし今回炙っておりますのはヘッドガスケット。

銅で出来ております。






c0210640_0473646.jpg

ゴーーっと音を立てて炎が上がります。

店の照明を落として作業してるのは、

炙りの加減が良く見えるように。

特にサイドバルブのヘッドガスケットは銅板で作られたモノが多いのですが・・・

この焼きなましをせずに組まれているものが殆ど。

一度金属を真っ赤になるまで熱して冷ますと、柔らかくなるんであります。






c0210640_0473810.jpg

このように発光するまで、つまりは熔解の一歩手前まで熱するのがコツ。

コレ以上炙ると、本当に溶けちゃいます。

こうして冷ました銅板は適度な柔らかさになり、ガスケットとしての密閉性を高めるのであります。

漏れないエンジンづくりには欠かせない作業です。






c0210640_0473832.jpg

新品ピカピカの状態からは一転して、何やら汚い感じになりましたが・・

こんな感じになって初めて使える代物へと変わるのです。

もちろん脱脂して、均等な圧を掛けてヘッドボルトを閉めて行きます。





c0210640_0473923.jpg

おっと、

ヘッド載せる前に、バルブのリフト量を計っておきましょう。

組んでからバルブがヘッドに当たるとか、そーいうのはシャレになりませんです・・

本当に軽~~くヒットしても、カンカンという音が鳴り響きますので気をつけて下さい。

さて、そろそろ火が入りますかね・・・


大きめの台風が接近しているようですが、皆様どうかお気をつけて・・・。

[PR]
by lwe31x | 2014-07-08 23:47 | Information

Chinko-Suko.

c0210640_1945980.jpg

久々に晴れました!

ご来店誠にありがとうございます。

こちらMr.ボンネビル・マグネトーのU君。

整備にて調子良くなり、一安心。

リンカートは定期的にお掃除すると良いですね。





c0210640_19451078.jpg

こちらは福島よりお越しのお客様。

現在オーバーホールでお預かりしているパンヘッドの調子を見に、

わざわざ福島よりお越し頂きまして光栄です。

組みたてホヤホヤの初期慣らしにつき神経尖らせて掛けておりますが、

音を聞いて頂けて良かったです。





c0210640_19451111.jpg

こっちは群馬県からオイル交換に来てくれた若いチカラのお客様。

仲間内で作ったバイクらしく、こういうの良いなぁと感じました。

しかし、群馬からお疲れ様です・・・

シャベルのリジットでは「ちょっとそこまでオイル交換」って感じでもないですよね・・


ありがとうございます!




c0210640_19451180.jpg

・・・・。

非常にたくさんのお客様でごった返したLWEですが、

宮古島のお土産にと頂いた・・・

ちんこすこう?

S様、ありがとうございます(笑)




c0210640_19451240.jpg

からの、ブシャアアーー!と吹き出すはサンドブラストの粉。

フレームの細かい穴から中へと入り込み、

ちょっとやそっと洗ったくらいじゃ取れません。

これちゃんと出しておかないと、

「穴から謎の粉を出すバイク」としてサイババ級の扱いを受けることになりますので注意が必要です。




c0210640_19451372.jpg

え~業務連絡。

アーリーシャベルのS様。

もう少しです。

お待たせしてしまい大変申し訳ありません。

火曜からのブログにて、またアップ致しますのでお待ちくださいませ。


[PR]
by lwe31x | 2014-07-06 23:40 | Information

Tank Tank Tank.

c0210640_20393470.jpg


やべえ!ストックが切れそうだ!

補充してください!





c0210640_20393583.jpg

近所の蕎麦屋なのですが、

今日はちゃんぽん。

うまいんだなコレ。

夕方には腹減っちゃうんだけども・・・。





c0210640_20393699.jpg

ブンブン回しております。

ドラム研磨及び加工もお任せ下さい。


最近・・・でもないのか?旋盤が新しくなりまして、

旋盤作業をするボスはなんだか嬉しそうです。





c0210640_20393618.jpg


旋盤無いと仕事にならないもんなぁ・・

業者様からのご依頼も多数頂きましてありがとうございます。




c0210640_20393728.jpg

デジタルカウンターも当然のように装備であります。

カラー製作、ブッシュのワンオフ製作、寸法加工・・・

フライスと併せて使えば、修理の範囲無限大です。






c0210640_20393843.jpg

んで、これバラしてみました。

リンカートは調整命。

まずはキレイにして・・・と。






c0210640_20393921.jpg


うわぁ・・

なんか黒くてベタベタしてる・・





c0210640_203940100.jpg


これは腐ってると言ってOKな感じが。

コルクがサクサクです。

要交換となりました。



サラミっぽい。

ビール飲みたくなってきた・・・





c0210640_20394094.jpg

・・・

なんか小さい。

なんでこんなに絞られてんの・・・?





c0210640_20394150.jpg

カワイイです。M741。

その名の通り、

741Scout用のリンカート。

500ccなのでこの大きさなんですね。

キッチリ直します。






明日は久々に晴れの予報。

お待ちしてますよ~!

んで、三重のサンビーム先生が動画をアップされたとの事で・・。


あの、タンク。

タンクが良く見えます(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=eqiUsq7ti58

[PR]
by lwe31x | 2014-07-05 23:39

Under Construction.

c0210640_2239064.jpg

純正グリップ。

ゴムっぽくなく、プラスティック製みたいな、ちょっと固いタイプ。

これは点火タイミングを進角させたり遅角させたりする左手側。

が、ハンドル変更と共に動かないよう固定されちゃってるので、インナースロットルとして復活させます。

まずはグリップを絶対壊さないように抜かなきゃいけないんですけども・・

ふーーん!!

ふーーーん!!

っ全然抜けねえ!!(笑)

で、あれこれと知恵を絞って試みます。





c0210640_2239143.jpg

あーーー・・・。

これエポキシ系の接着剤で完全に固められてるじゃないスか・・

抜けた時、妙に気持ち良かったですけども。

これでやっと加工できます。


グリップ部分にインナースロットルの機構を設けるため、エンドをカットしてから溶接しなくてはイケマセン。






c0210640_2239270.jpg

溶接するエンド、ちょっと長いので、ちょっとカット。

こんな切り方が出来るコンターマシン、大好きです(笑)

これサンダーで全部切ってた時代を思い出すと・・・

神です。この機械。






c0210640_2239537.jpg

溶接完了。

ちっちゃい穴は、ケーブルのアウターを固定するためのもの。

ここが動いちゃうと、遊びが大きくなって動きが悪いです。

見えないですが、反対側にスライドする「欠き」があります。





c0210640_2239324.jpg

チェーンガードも製作中。

いろんなオイルがドライブチェーンにかかるので、

白いTシャツなんか着れないのがパンヘッド(笑)

しかしこんな感じのガードがあれば、飛び跳ねを軽減できます。




c0210640_2239597.jpg

夜にはS様ご来店。

初対面でしたがブログ読んでてくれているようで・・

なんだかいろいろ知られていると恥ずかしいです(笑)

またフラッと寄って下さいね~!












ホントに毎日ジメジメして嫌ですね。

バイクに乗りたいのに乗れない。

バッテリーは大丈夫かな・・

こないだ乗ったのは先々週か? いや、もっと前?

クランクケースにオイル落っこちちゃってると面倒だなぁ。

そういえばもうタイヤも無いんだっけ。

あれっ、車検、いつ?


素晴らしい季節を迎えるために、僕らには済ませなきゃいけない多くの事がある。

愚痴っても悪態ついても、変わらないなら前向いて、非現実的であっても想像することに制限は無い。

更には、そんな非現実的な想像を手助けしてくれるツールが、僕らの周りには溢れている。


「オートバイとは?」

純正ウィッシュボーンにサイドカーマウントが無い事に落胆し、

Wesco履いてMchalに憧れるだけがオートバイではない。


非現実を現実にしてくれるのがオートバイであり、

Riding With The Wind.

Little Wingで旅に出よう。


的な動画貼ってみます(笑)

なんだこのアツい気持ちは!(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=-thaXVIDGUo




https://www.youtube.com/watch?v=gu4v2mZqg18&src_vid=-thaXVIDGUo&feature=iv&annotation_id=channel%3A53942942-0000-2bed-a167-001a11c15ddc
[PR]
by lwe31x | 2014-07-04 23:37 | Information

Tractor.

c0210640_23431936.jpg

本日は、お礼を言わせてください!(笑)

U君いつもありがとうございます。

ボス邸にて美味しくいただきました!

ずっしり。

なんか肉ずっしり。






c0210640_23431747.jpg

で、昼はカレーチャーハンを例の店で。

お店の近くなんですが、これお気に入り。





c0210640_23431888.jpg

そして夕方、またT様より差し入れのメンチカツ・・・

なにこれ。

美味しいィィィ!!

すみません。いつもありがとうございます。




c0210640_23431612.jpg

食ってばっかいないでお仕事なんですが・・

何故か2台ともヘッドライトのレンズだけ無し。

なんだかこうやって見ると変な感じっすね(笑)

2台とももうすぐ納車予定。

お待たせしております。申し訳ありません。









c0210640_0324111.jpg


おお~い!

なんで止まってんの?

早く行っておくれ~!







c0210640_0332650.jpg

北千束祭り、今月の参加車両(笑)

ユニックがおもいきり引っかかってます・・・

みんなも高さに気をつけようね~!

[PR]
by lwe31x | 2014-07-03 23:42 | Information

741 Scout.

c0210640_23174468.jpg

最近蕎麦がうまい。

ヘルシー志向?

否!

メインは生姜焼き!(笑)






c0210640_2317459.jpg

ちゅうことで組んでます。

ボスの手が入ると741は更に小さく見えますが。

腰下、ちっちゃくてカワイイですね。







c0210640_23174671.jpg
オイルポンプはなんと、スカウトもチーフも共通。

なので異様にデカく見えるわけですね。

インディアンのポンプは高性能なのでありました。






c0210640_23174614.jpg

もちろんロッドの曲がりをチェック。

こういうのも「知らなかった」「見てませんでした」と曲がったまま組まれてるケースがありますよ。

別に走るんですよ。曲がってても。

でも・・・

こういう細かい所の積み重ねは、必ずや答えてくれるハズです。




c0210640_23174765.jpg


そんでこれ。

リング取り付け済みにてピストン半分挿入。

この状態で、ふんぬと持ち上げピストンピンを挿入、ピンをロックするリテーニングリングを取り付けて、

と言った感じ。

この方法だと、腰下を降ろさずに腰上のリペアが可能です。


相方が居ると尚スムーズ。






c0210640_23174850.jpg


おいーーーす!

片方終わり~。

今度フロントです。

しかし、インテークポート狭いっすね・・

スポーツスカウトはもっと広いです。

排気量も増して、パワフルに。

しかし741には様々な可能性があると考えます。





c0210640_23174859.jpg

フロントも取り付けて・・


あんまり見ない角度から激写(笑)

なんか、カッコイイぜ!




c0210640_23174956.jpg

あとはフレームに搭載しまして、ヘッド(と言ってもフタですが・・)を取り付けます。

600cc、どんなもんか早くエンジン掛けたいです!




[PR]
by lwe31x | 2014-07-02 23:59 | Information

Shakedown.

c0210640_22381013.jpg

キレイなピストンに僕ドキドキ。

どうもこんばんは。

Noriブログです。

火曜日は何となく、プレッシャーがあります。

ということで、本日もよろしくお願いします!





c0210640_22381034.jpg

741、大詰めであります。

Noriがハーレーやってる横でボスがインディアンやってるという光景は、

LWEでは良く見られるのですが・・

なんか気になります。

楽しそうにインディアンのエンジンを組むボスを見てると気になります(笑)






c0210640_22381233.jpg

したらばオイラ、パンヘッド組んじゃうよ!

っと待て!

プッシュロッドが!

プッシュロッドの長さが違うじゃないか!

いやいやいや、

何度も言いますが、違くていいの。





c0210640_22535796.jpg

こんな感じかな。

番号順に、プッシュロッドは長くなります。

なんでか?

よぉ~く見て頂きますと、1本のカムシャフトに配置されているカムの順番と、そこからロッカーへの距離が見えて来ると思われます。

この画像でいうところの、①と②が同じで、③<④という感じで長くなっているプッシュロッドキットが普通です。

順番間違えると、④のアジャストスクリューが超伸びてたり、あれっ、①にプッシュロッド入らないぞ・・

と、なったり。

外したら長さをチェックしておこう!





c0210640_22381385.jpg

んで、やっとこさカタチになりました。

こうなってくると、早くエンジン掛けたくて仕方ないのであります。

オイルは大丈夫かな。

ポンプのエアも抜いたしロッカーからの戻りも見たし。

ガスコック開けて、オーバーフローも無し。

まぁ今さっきフロート開けてチェックしたので(笑)

さて、と。

いざ掛けるとなると緊張する瞬間であります。






c0210640_22381491.jpg

組みたての1発目・・・・

キックを踏む前に。

実はこっそり神棚に手を合わせるのでありました(笑)





早くかけろよ的な(笑)






c0210640_22381514.jpg

無事に始動を終えて、エンジンをゆっくり冷まします。

今のところ問題なし。調子イイです。

こっから掛けては冷やしての繰り返し。

増し締めして、また掛けて・・・

ようやく走れる状態になるのであります。

大変お待たせ致しまして、本当に申し訳ありません。




・・・しかし並べてみると、オレのバイク汚いな(笑)

[PR]
by lwe31x | 2014-07-01 23:19 | Information