<   2013年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Yoi-Otoshiwo...

c0210640_17264493.jpg
ハイ、蕎麦食って・・・

(ラーメン大盛りっつったら「今日はラーメンありません」と言われ・・)

※半カツ丼付きです。



c0210640_17274071.jpg
懐かしの家族も全員集合。

久しぶりに会えて嬉しかったです。





c0210640_17281265.jpg

1~2歳の頃から知ってるんですが、しかしイケメンに育って・・・

身長185cm!?

Nori、抜かれました・・・。

LWE&HOSANNAコラボワークシャツでご満悦。

よし、飲み行くぞー!(笑)




c0210640_17282570.jpg

今年も1年間、誠にお世話になりました。

LWEは1月10日(金曜)より営業致します。

どうか皆様、事故や怪我の無いよう、素敵なお正月バイクライフをご満喫くださいませ。

Noriは寝る間も惜しんで遊びます。

街で見かけましたら、石などお投げになりませんよう、宜しくお願い致します。

では、皆様、良いお年を!!

[PR]
by lwe31x | 2013-12-31 22:00 | Information

The End Of The year.

c0210640_55146.jpg

素敵な飾りを付けた、素敵なバイク。

そうです、1年が終わろうとしています・・・

今年もめちゃめちゃハーレー直しました。

特に大きな怪我もなく、元気にお仕事出来ましたのは、応援して下さる皆様のお陰であります。

ありがとうございました!








c0210640_5264887.jpg
からの~、

この昼飯風景も見納めなのか・・!?

いや、31日がある!

LWEでは、大掃除要員及び、今年最後のお昼ごはん要員も募集しております(笑)





c0210640_5262155.jpg

そしてすげえなコレ・・・

走ります?走りますゥ?

的なバイクに乗って・・・





c0210640_5273490.jpg

大御所登場。

ホグホリック横溝さまと、

年末はいつもご挨拶に来て頂ける、ハマーサイクル浜田先輩。

お話できまして光栄です!

来年もよろしくお願いします!

[PR]
by lwe31x | 2013-12-29 23:05 | Information

Oil Supply.

c0210640_2545480.jpg

これいろんな厚みが選びたい放題だし。

1954年のビッグツインまでは、スプロケットシャフト側のケースベアリングもニードルローラーなので。

フライホイールとベアリングの間にシムを入れまして、遊びの調整を致します。

まずは、ピニオン側でクランクケースに対してのコンロッドのセンターをシムで調整。

そこから約0.3ミリ程度の遊びが出るように、スプロケットシャフト側のシムを選択。

仮組みして遊びを確認したらOKであります。

難しくない、難しくない(笑)





c0210640_2541256.jpg


コレに決~めた。

お米みたいなワッシャー。





c0210640_2555232.jpg
で、なにこれ??

黒っぽいのはロイヤルパープル、ですな。







c0210640_2561880.jpg

夢のスモール・オイルタンク、素晴らしいシステム(笑)

シリンダーをぶっ込む前に、

クランクピンへのオイル供給をチェックしたいのだがしかし。

ポンプからオイル送って実際に目視しないと分かりづらいワケです。

組んじゃうと見えないので、今のうちにチェックしないと・・

万が一、初期の段階でクランクが焼き付いたとしても、オイルが来てたのか来てなかったのかさえ分からなくては、直しようがありませんね。







c0210640_2564494.jpg

おお~来た来た!

コレを見ないと組めません。

安心感が違います。





c0210640_2572913.jpg

さてさて、あとはヘッドを載せるばかりとなりました。

う~~ん、年末!


[PR]
by lwe31x | 2013-12-28 23:53 | Information

Lunch...

c0210640_214361.jpg


きたなシュランなお店、やまちゃんに行く。

汚いのだけれど、美味しい。

おばちゃんの人が良い。

なんかすげえな、大岡山。





c0210640_2142063.jpg

ごはん大盛りっつったらコレですよ。

お新香がね、とても懐かしい味で、ちょっと婆ちゃんが漬けてた白菜の漬物石の重さを思い出した年末でした。






c0210640_215849.jpg

出前の蕎麦屋さん、「一力」のラーメン&半カツ丼セットもよく注文しました。

たぶん、年間3万円は使っているはずだ。このセットに。

一力さん、なんか下さい(笑)

蕎麦屋なのにラーメンしか頼まない俺・・・・。






c0210640_215277.jpg

中華弁当も死ぬほど食ってますね。

いつもありがとう御座います。

たぶん、このブログのお陰で売上伸びてるハズ(笑)

四川屋台さん、今年もお世話になりました。





c0210640_2163477.jpg

錦!

緑が丘の錦は、ちょっとレアな昼食メニューです。

「日替わり大盛り~半ラーメン!」の定番メニューが光ります。

普通の人は食い切れないらしいです。

おお、なんか腹減ってきた!






c0210640_2163748.jpg

というワケで昼飯を振り返ってみましたが、今日仕事納めだった方も多いのでは?

しっ、仕事終わらねぇ!!(´;ω;`)ウッ…

ほぉら、ナックルのバルブガイドですよぉ。

でもそ~んなんじゃダーメな、恋愛サーキュレーション。




c0210640_2161837.jpg

こんなふうに削ります。

ステムシールとか、ナックル様には無用。

それより何より、ガイドにかかるオイルをどのように回収するのかを考えたら解決策が見つかるはず。

臭いものにフタしないで、根本を正しましょう、ね。






c0210640_2171546.jpg

「仮組み仮組み」とサクサクやってのけるボス曰く、

マニュアルも大事だけど、臨機応変に対応しつつベーシックなメカニズムを深く理解することが大切とのこと。

「マニュアルにはこう書いてあるけど、これってなんかヤバくない?」というのが多いのは旧車の運命。

そりゃあ60年も前に書かれた説明書、最近じゃいろんなとこの材料も進化してるし、もちろん交通事情も違うし・・・

理解して対応すれば、素晴らしいエンジンが出来上がるのであります。

あああ~

今年終わるぅー!

[PR]
by lwe31x | 2013-12-27 23:13 | Information

Speedometers.

c0210640_20561734.jpg

真っ赤に輝く素敵なシートベース・・・

でも30年代のスカウト用。

これはチーフに付けられない匂いがしますね。

インディアンの場合、ハーレーと違って各部の知名度が低いので・・

「これは・・・」と悩む場面も多いのではないでしょうか?

そんなとき、LWEなら安心です。

ボスに聞きますから(笑)





c0210640_20563294.jpg




こっちが正解。

Noriは最初、裏表を逆に取り付け「??」となっておりました。

ハーレーに慣れすぎるのも考えものですね。

大丈夫、ボスに聞きますから(笑)







c0210640_20565371.jpg
そして1930年代のスピードメーター。

130マイル表示に文字盤がめくれて、異様にオシャレ。

このトリップの数字のとこ、見てくださいよ。

すげえ。インディアンすげえ。

赤い針は、そのメーターが刻んだ最高速で止まっているという代物。

130×1.6=208km/h・・・・・

マジか!?(笑)





c0210640_20565630.jpg





これはボスの1947年のチーフに付いているもの。

あれっ、さっきのがオシャレ・・・






c0210640_20574974.jpg

これは741、ミリタリー・スカウトのメーター。

100マイルは160キロ。そんだけ振ってあれば充分でしょう・・

質実剛健、シンプルが1番。

戦争にオシャレは必要ないぜ、な仕様。



c0210640_20581092.jpg

1938年、この年のモデルにだけ採用された、通称「レッドフェイス」。

メッチャレア。


これ書くと、僕のは38年だからこのメーターが欲しい!絶対欲しい!とかなるワケですよ。

う~ん・・・。メーター高いよなぁ・・。

ブラとパンティが異なっていても、Noriはあんまり気にしません。

調子良ければオッケー!

ちなみに、最高速を記録する針はリセット効きますんで(笑)

しかしオシャレだな・・30年代。




c0210640_2058572.jpg

これは1948年のメーター。

この年からメーターダッシュが変更になり、メーターもコレに。

カットアウトリレーからレギュレーターになり、アンメーターの廃止とともにジェネレーターの警告灯が配置され、オイルポンプのアップデートなど、細かな部分が変わる年式です。

う~ん、インディアン、カッコイイなぁ・・・

[PR]
by lwe31x | 2013-12-26 23:55 | Information

Merry Christmas.

c0210640_20271895.jpg

ポートのバリも取りまして・・・

鋳物抜いたまんまなので、少なからずバリ立ってる吸気&排気ポート。

別に走るんですよ。

やらなくても走るんですよ。

しかしながら、エンジンはバランス。小さなことの積み重ね。

それが大きな体感に変わるのでした、というお話。

メリークリスマス!!!

今年もバイクいじってるぜ!だって、だってバイク屋だもん!




c0210640_2027304.jpg
ほォ~ら、ホーニングもバッチリ。

ナックルにS&Sのストローカークランク、ピストンは80キュービックのSTDボア。

何のことやら・・・?

排気量上げて、力強いナックルってことです。

いろんなとこを見直して、調子良くしますです。

メリークリスマス!!

キリストの誕生日ですからね。







c0210640_20274617.jpg
材料バッチリ、あとはクランク芯出しして、バルブガイドぶっ込んでシートカットして・・・

もうちょいもうちょい。

エンジンいじってる時って、何でこんなに幸せなんでしょうか・・

メリークリスマス!!(笑)




c0210640_2031189.jpg

オイィィィ!!

えー。1.8グラムとか・・・。

1円玉、約2枚分も違う・・・。

同じサイズのピストンで、なんでこうも違いが生まれるんでしょうか・・・。

メッう、メリークリスマス・・

重量アワセはしっかり行いたいものです。

だって、前の人と後ろの人が重さの違うものをブンブン振ってたら、不公平なのでありまして。

走るんスよ?1.8グラム違おうが、エンジンかかって走るんスよ?しかし。




c0210640_20313236.jpg
ハイ、後ろの人、こんだけ抜きました。

1グラムがどれだけ重いのか、これを見るとよくわかります。

「なんかこれ調子いい」とか、「当たりだね、このエンジン」とか。

理由があるのであります。

大量生産の品ですので、「そこまでやってたらメッチャ高価なモンになっちゃうよ」ということでして。

しかしそこをトータルで見直すことは、つまり「長持ち」にも繋がるということですね。

レーサー作るんじゃないんだから、そこまでシビアなのは要らないのですが。




c0210640_20321765.jpg

っちゅうことで、メリークリスマス!

今年もお世話になりました。

LWE、31日まで営業です。

年始は10日からです。

[PR]
by lwe31x | 2013-12-25 23:26 | Information

MARUGOTO Indian.

c0210640_011367.jpg
出来たー!!

ので載せま~~す!!

丸ごとインディアン、こりゃあ相当な重さですよ。

ファイト!ボス、ファイトー!

・・・・。

ボス!前全開っす!!







c0210640_0111932.jpg

ちゃんと前閉めて、と。




※あまりの重さに、丸ごとエンジンを載せる時はケツが破れたり前が開いたりします。

本人かなり必死なので、終わってから突っ込んで下さい。






c0210640_0125935.jpg

というワケで、今年もあとわずか。

弊社、年内オイル交換等の軽微なメンテンナンスを除く作業のご依頼を、

誠に勝手ではございますが、明日12月25日をもちまして締め切らせて頂きます。

営業は12月31日まで、元旦より1月9日までを冬季休業とさせて頂きますのでご了承下さい。

年末大掃除要員も募集しております(笑)

[PR]
by lwe31x | 2013-12-24 22:10 | Information

Gasket.

c0210640_18183592.jpg
Noriさんの、ガスケット講座ッ!!

えーと、アレです、バイク屋さんたるもの、全ての年式の全ての車種のガスケットを在庫していなくてはいけま・・・そんなのキツいっすよ!

ボス、このガスケット5年ぐらい使ってませんぜ。とか、

ボス、なんかこのガスケット、せんべいみたいにパリパリですぜ。とか。

賞味期限じゃないけれど、経年劣化したものなんかお客様に使うワケにもゆかず。

しかもそーいう材料って年々良くなっていて、え?まだそんなの使ってるの?的な商品も少なからずあるわけで。

何よりも、「厚けりゃ漏れない」とか思ってませんか??

面がしっかり出ていれば、ガスケットは薄い方が良いのです。

某ドイツのバイクなんか、ガスケットさえ使わない箇所があったりするのですぞ。

というワケで、今日はオリジナルのガスケットを製作してみましょう。




c0210640_18191590.jpg

ハイ、コンコンコン・・・

上の画像にある、「丸く切れるカッター」を使用してシリンダー内径を抜いたら、

こんな感じでコンコン・・・

エッジを軽く叩いてガスケットを切ってゆきます。

プラハンか、軽い板金ハンマーみたいなモノが良いでしょう。

カッターでも良いのですが、曲線は難しいです。こっちのがキレイだし早い。




c0210640_18193691.jpg

ハイ、コンコンコンコン・・・・

根気が要るワケですよ。


少しでも圧縮を上げるために、ヘッドガスケット使わずに組む場合もあるんで御座います。

あ、サイドバルブの話ね。

あとはオイルポンプのガスケットなんかも、本当は薄いペラッペラの方が良いのです。

プレッシャーが変わってくる程の違いが出たりします。


c0210640_18195738.jpg

抜けたー!

ガスケットシートってのが売ってますので、自作すれば10枚も入ってるパックを買わなくて済みます(笑)

ただ、オイルラインがあるものについては、絶対穴の場所間違えないように。

「その穴ちがう!」的な恥ずかしい事になりかねません。

んー。

しかしボス、細かい仕事も得意ですね。大きいのに。



c0210640_1820121.jpg

シリンダースタッドの通る穴も開けて、完成であります。

薄い方が良い理由として、

●トルク値をちゃんと管理できる。

●ガスケット痩せによる、頻繁な増し締めからの開放。

●オイルライン同士の接合部を近くすることにより、プレッシャーの逃げを防ぐ。

●面の荒れをごまかさず、キチッとした組み付けに繋がる。

みたいな感じでしょうか。

あとは、それこそいろんな種類が出ている液体ガスケットですが・・・

塗り過ぎは逆効果。

オイルラインを塞いじゃったり、ロクなことありませんぜ。

出来れば使わない方向でやりたいものです。

昔、RJおじさんが駐車場にてケロッグのコーンフレークの空き箱を使って、アメ車のオイルパンだかのガスケットを自作して無事に帰って来れたという話を聞いたことがありますが、

原宿の路上でパンヘッドのエンジンをバラし、銅板買ってきてヘッドガスケットを作って直したボスも恐るべしという事で(笑)













え~、ワタクシ、かれこれ1年半、営業日は毎日ブログ更新の決意で生きて参りました。

正直、ベロンベロンに酔っ払って書いてる日もありますし、ノートパソコン抱えて寝ちゃった日もあります。

ラブホテルのベッドで、おもむろにノートパソコンを開き、「ちょっ、ごめんね、オレ、ブログだけ書かないといけないんだわ」と、それは女の子完全に引くだろうと思われるセリフを吐いた事もあります。



何が言いたいのか。

アクセス数の事であります。

このブログ、記事ごとのアクセスランキングが見られるワケなんですが・・・。

1年半の踏ん張りを、ボスがアップしたたった2枚の写真に軽々と抜かれたという件(笑)

しかしこの2枚については、悔しいとか、全くもってそういうんではありません。

実に当然で、嬉しくもあり、自分が置かれている立場や生き方や、振り返って思い出す若い頃の記憶や、

どんなふうに死にたいのかという事まで考えさせられる、そんな2枚。



西伊豆のワインディング。

海と空と山を見ながら、みんなで一服。

あの頃、自分にとってのツーリングは基本ロングだった。何も持たずに四国行ったり、キャンプしながら下道で九州行ったり。

日帰りの西伊豆なんて初めて来たし、特に何にも無いし、峠を速く走る旧いハーレーはカッコイイけど、顔が付いてるバイクなんてカッコ悪いな、と思ってた。


 「つらい事、たくさんあったよ。でもね、つらい時にもインディアンはいつも笑ってた。」


フェンダーのマスコットを見ながらそう話してくれたのは、オレが初めて参加したリトルウイングのツーリングだった。

今じゃ西伊豆が大好き。なーんにも無いけど。
[PR]
by lwe31x | 2013-12-22 23:58 | Tech

Dummy.

c0210640_18583964.jpg

さて、ダミーダミーと呼んではおりますが、何がダミーなのか。

別名をトルクプレートと申しまして、擬似的にエンジンを組んだ状態の圧力をシリンダーに与えるのがお仕事。






c0210640_18584899.jpg


ちゃんとガスケットも使用してくださいね。

本番さながらですから。

本番さながらですから。

シリンダーベースは47ニュートンメーターっていうトルク値で。



c0210640_18591599.jpg

ヘッドガスケットもキチンと使用。

こちらは、88ニュートンメーターってトルク値で、

5つのヘッドボルトを星形に、何回かに分けてトルクを入れて締めます。

これでシリンダーが歪み、組んだ状態でホーニングすることに成功するワケですね。




c0210640_18593321.jpg

そしたら最初の状態をキチンと計っておきましょう。

大体が偏って減っているワケです。

まっすぐ掘って、調子のよいエンジン。



c0210640_18591615.jpg


よっしゃ掘るぞー!

意外と気合い入れます。

ピストンはセットで同じ大きさじゃないことも多々ありますので、こっちはフロント、こっちはリヤって感じで、ちゃんと合わせましょう。



c0210640_1901175.jpg


ハイ。

素晴らしいクロスハッチを付けまして、ホーニング完了!

早く組みたい!

乗ってみたい!

ってことで、お仕事お待ちしておりますよ~!

[PR]
by lwe31x | 2013-12-21 18:57 | Information

XL T/M.

c0210640_21195576.jpg
ドンガラドンガラー!

以前ローギヤがシフターフォークと共に粉砕したスポーツスター。

サクサクと直さねばなりますまい。

なんかさ、1998年ぐらいから2003年までのスポーツって、ローギヤとかシフターフォーク弱くない?

気のせいだといいんですけども。ねえ?ハーレーダビットソンさん?






c0210640_21201053.jpg

ほぉら、スッカスカ。

Kモデルのとある年式から、このトラップドア式になるんですけども、

それまではミッションやるのにクランクケースごとバラさなきゃいけなかったという、

身の毛もよだつお話があります。

怖っ。

さぁて、サクサク組むぞー。



c0210640_21201939.jpg

出来あがったものが、こちらになります(笑)




c0210640_21203932.jpg
これ、下に置いてある削れたシフターフォーク。

上が新品で御座います。

なんか・・・新品材料違わない?気のせい?

気のせいだよね。うん。




c0210640_21205244.jpg

一目瞭然、砕けたローギヤ。

・・・こんなに砕けるか?




c0210640_21213075.jpg

で、いいブツ入りましたぜ・・・。


c0210640_21212838.jpg
こちらのリテーニングリングは、毎回交換しましょうとのお達し。

さすがに3万円とかすると毎回換えられないですが、安いので交換するのが吉と出ています。




c0210640_21221231.jpg

あとは、いつも「何ミリだっけ?」とマニュアルを見返してしまうココの調整。

そりゃ0.1ミリでもズレたらシフト出来なくなるというモノではありませんが、

この数字にしとけばスムーズに回るってんだから大人しく従って下さいませ(笑)

要はそのくらいのクリアランスが無いと稼働しないってコトですね。



c0210640_21221449.jpg

絵じゃわかり辛いって??

こんな感じで合わせましょう。

キッチリお仕事、気持ちの良いミッション。

※トランスミッションはテキトーにやると車輪がロックして転んだ挙句、通行人をなぎ倒しながら停車しているフェラーリに突っ込むといった悲惨な事故を引き起こしかねません。
必ず、経験を積んだプロに依頼してください。

って事で、今年もあと10日・・・!?

早ッ!!

[PR]
by lwe31x | 2013-12-20 23:50 | Tech