<   2013年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

I Was Able To Alone.

c0210640_235958100.jpg

面研!面研!

みんなの憧れ、面研中。

ヘッドボルトが入る鋳込まれた穴が、長年の使用で上がって来てしまったり・・・

ガスケットが抜けて熱により変形したり・・・

とにかく面がビシッと出ていれば、それに勝るものナシって事で。

特に高圧のオイルラインが通る前期パンヘッド等は効果テキメンであります。

が。

あんまり研磨し過ぎるとシリンダーのボスの方が高くなって隙間が出ちゃったりするので、

必ずチェックしましょう。

余計ヘッドガスケット抜けるわ!的な状態でそのまま組むと恥ずかしいですよ~。



c0210640_0007.jpg

お。

デジタルカウンター付き!

モノをブン回して刃を固定し削る旋盤に対して、

モノを固定して刃を回転させ削るフライス盤。

今回のような面研や正確な穴開け、特に精度を要するヘッド周りなんかには必需品になって参ります。

バルブシートを入れ替えたり、内容は内燃機屋のソレですが。



c0210640_00422.jpg

ダイヤル使ってちゃんとチェックした後に削っていきます。

信用できる「面」を決めないと作業出来ないのでありますが・・・

要する手間はセット8割、削りに2割。

段取りが重要です。何にせよ、同じ事が言えるのであります。

いきなりホテルに誘ってもついて来ないのと似ていますね。

むしろその過程を楽しむくらいの心構えで臨んで下さい。

ん?面研のハナシですよ?



c0210640_00780.jpg

こりゃまた調子良さげですなァ。

気持ちがいいとはこの事です。

鋳鉄のシリンダーに対して、やはりアルミのヘッドは強度的に歪みやすく、

溶接され修理した経緯があったりすれば、熱による歪みは「ある」と思っていた方が良さそうです。

しかし別に。面研なんてしなくても走るんですよ。念のため。

でも長持ちします。歪んでるモノに比べれば、絶対調子イイです。

エンジンは、そういう小さな事の積み重ね。

変なとこに頭でっかちになって拘り過ぎるのは論外ですが、

知識として引き出しの中に入っているモノについては、組み立ててゆく過程での必要性の可否が、

明確なものとして掴めるはずです。



c0210640_001174.jpg

それハイッ!

これこれ!

これ出して!

なにこれワロスwww

ちょっ、ああ!出た!




c0210640_001462.jpg

センタースタンドの独り出しを会得し、ご満悦のU氏。

「付いてるけど一人で出せんの?」と言ったご質問多数の、

Indian Chiefのセンタースタンド。

引っ張り上げる方法では、相当力持ちの方でないとムリ!

ちょっとしたコツがあるんですね。

目からウロコとはこの事です。

Chief乗りは是非とも覚えて頂きたいのです。





さて、明日6月9日は第2日曜ということで定休日となります。

ご来店を予定されていたお客様には、大変ご迷惑をお掛け致します。

では、無事故無違反で!

[PR]
by lwe31x | 2013-06-08 23:59 | Information

Head Work.

c0210640_0335988.jpg

新品のバルブだからって。

そのまま使う子誰じゃあ!!

コレね、結構な頻度で偏心してたりヒン曲がってたりしますぜ。

どうすか。怖かろう。怖かろうて。

ああ!俺のは大丈夫なんだろうか!

かっ、確認したい!みたいな。

じゃあどうすんだよヽ(`Д´#)ノ



c0210640_034226.jpg

削れ具合を見やすいように、青ニス塗ったら弊社のMade In USAのバルブグラインダーにセット。

フェイスの角度を任意に変更できるスグレモノ。

カーボン喰ったボコボコフェイスの中古品でも、ステム減ってなきゃ再利用可。

と、普通は中古を蘇らせる為に使うかのようですが・・・

新品を「使える状態にしてやる」為にも必要なのです。

結果、バルブシートをザクザクとカットしなくて良いって寸法で、アナタのヘッドを長~く使う為にも是非。

任意に変更できるフェイスの角度ですが、突き出しが多くなってしまったシートを少しでも削らないようにするため、角度を変えてやることも致します。




c0210640_034518.jpg
わーい、イイ感じ!

このナナメの部分が全部当たるワケではありません。

バルブシートもカットして、この削れた範囲に入る、かつ外気味で効率良い幅に調整するのです。

これ細かく書きだすと朝になるのでまた今度(笑)

最近の内燃機はまるで線のように細い当たり幅なんですが、

そこはハーレー、そこは旧車。まぁ、バルブもデッカイですから。

当たり幅が増えれば接触面積が増えるということで、より多くの熱を逃がす事が出来るという都合上、少し広めにとると吉。

もちろんエキゾースト側の方がインテークより熱くなりまっせ。









c0210640_03481.jpg

んで、こちらはバルブガイド。

この中をバルブが高速移動。

ガイドはヘッドに圧入されているので、元々入っていたガイドの径を測り、更に抜くときのキツさ等からどのくらいの圧入しろだったのかをチェックしてオーバーサイズを研磨し・・・

つまりはワンオフなんです。

買ってきたのそのまま突っ込んじゃダメだぜ。

よーく見てチョーダイ。






c0210640_0341054.jpg
よーく見たら。

あれ、テーパーんなっとる。

上も下も。これもLWEオリジナル加工。

上はオイルが入り込まないよう流すため。

下は気体の流れに抵抗を与えないため。

ガイドも女体も、くびれがあったほうが良いと。

シュッと。こう、シュッと。

今回はステムシールなしで行きます。

あとは結構暖めたヘッドに圧入して、中をホーニング。




c0210640_0341239.jpg
光明丹でシートカット具合をチェック。

原始的な方法ですが、要はバルブのフェイスにオレンジ色が付くので、

確実に判断出来ます。

ヘッドのオーバーホールって、大変ですね。

内燃機屋に外注出せば待つだけ~ですが・・・

果たしてガイドの素材及びテーパーカットの角度、更にはバルブの当たり幅の指定やら許容突き出しのチェック、その他もろもろ・・・

思ったとおりにやってくれるんでしょうか。

自分の目で見て自分で行った方が、ノウハウを得ているメカニックは絶対安心です。

良くわかんなきゃ投げちゃうのも手ですが、それじゃ気持ちの良いエンジンは出来上がりません。




c0210640_0341527.jpg

さて、明日は土曜日。

ねぇ、ホントはまだ梅雨入りしてないんじゃない?

というワケで夏が来る前にサービカーをゲットしよう!(笑)

只今大売り出し中です。

お問い合わせはLWEまで!

[PR]
by lwe31x | 2013-06-07 23:33 | Information

Kiss.

c0210640_144756.jpg
サンドブラストかけたくないお客様もいらっしゃるワケで・・・。

しかしこれ、リンクル塗装の剥がれやすいとか剥がれにくいとか。

どーせ剥がれるなら全部取れちゃえばいいのに、微妙な感じで残るので塗装剥がすのに一苦労。

あまりキレイにしたくないので(っていうのも変なハナシですが)今回は剥離剤使わずに行きたいのであります。




c0210640_162663.jpg



これちょっと「ジーン・シモンズ」に似ている。





c0210640_145053.jpg
ってなワケで、長年愛用したグリメカのマスターシリンダー。

「なんか九州行ったらスッカスカになっちゃったんですよ」ってそれレバー&ホルダーの減り過ぎで、

ボヨーンとイっちゃったんですね。ボヨーンと。

HD純正と異なり、ピストンを止めているクリップは存在しないので、

レバーの遊びがデカくなるとピストンまで外にせり出してきます。

やがてフルード漏れて終了・・・・的な。

レバーを溶接肉盛りで直す事も可能なんですが、今回は「速い安い」の方向で。

ブレーキスイッチの取り付け部分を新たに1/4-28で切り直し、ボルトのストッパー&ロックナット。




c0210640_145370.jpg

昔のヤツはクリップじゃなくて、ここも若干調整効くようになってます。

なにせ押さえてるのがレバーだけなんで、調整によっては効きっぱの引きずり君になっちゃうのもこのマスターの恐ろしいトコロ。

必ずフロントはジャッキアップして確認したいものです。

ブレーキはおっかないッスからね。




c0210640_145549.jpg

して、完全に私事なのですが。

走るも走ったり、バフかかるぐらい乗ったので交換しようと。

ピカピカなんですけど減りすぎてベルト切れそうです。

フン!フン!外れない・・・。

プーラー掛けてインパクトで締め込み、ドカーン!と外れました。

Noriのは54年なので未だテーパーなんであります。

54年で50周年アニバーサリーやったのに、55年でスプロケットシャフトはスプラインになるわケースベアリングはテーパーローラーになるわ、あれ?またフロントフェンダーに違うバッチ付いてない?

なんでコレ、ポート研磨してあんの?

出たよ。何?ヴィクトリー・カムって。

そんな1954年式が大好きです・・・。






さて、今年ももう半分が・・・とか文字に書いちゃうとおっかないのでヤメときますが。

ブログと共に気合い入れてお仕事に励んでおります故、大変お待たせしておりますお客様の車両が、少しづつ完成してきております。

しかしながら、「俺のはまだなのか」とお叱りを受けることもあります。ごもっともでありまして、誠に申し訳ありません。

元リトルウイングのイチ顧客として青春時代を過ごしたNoriには、痛いほど理解出来ている気持ちなのだとは自負しておりますが、事実ご迷惑をお掛けしてしまっているお客様のため、更に気を引き締めて修理屋稼業に徹する所存でございます。

従業員はNori独り、ボスに師事し外注無しで拘る反動としての納期の遅れは全く理由にならないとは存じ上げておりますが、大変長らくお待たせしてしまっているお客様が居られるのも事実。



ブログ見る限り楽しそうな毎日が繰り広げられている感じですが、実際作業的にはハードにこなしております。

コレ、愚痴でもなければお詫びでもないのですが、クオリティに対してのスピードが、良い方向にお客様のご期待を裏切るのでなければいけないと、常々考えております。

そこへ金額的な満足度をプラス出来れば、理想のカタチが出来上がると信じております。

現在、新たにお受けするご依頼を、そういった理由の元で、「そんなに掛かるのかよ」という納期を提示させて頂かなければならない都合がございまして、結果的にはお断りさせて頂く事もしばしば。

もう少し、あとひと頑張りでという状況を、誠に勝手ではございますが、ご新規様にお伝えしなければならない辛い状態がございます。

皆様にはご迷惑ばかりお掛けしますが、今後ともリトルウイングエンジニアリングを、どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by lwe31x | 2013-06-06 23:04 | Information

Overflow.

c0210640_231364.jpg
えー。

トイレのタンクです。

が。キャブのフロートボールってだいたいこんなんです(笑)

国産に慣れ親しんだ方はフロートチャンバーと言うのでしょうか。





c0210640_23111452.jpg
ね?(笑)

①はフロート。②がニードルバルブ。

②③にゴミなどが詰まって、トイレのタンクから水が溢れてしまうのがオーバーフロー。

トイレの方を見て頂き、オーバーフロー管ってのがございますね?

オーバーフローすると、ここからガソリンがダクダクと出てしまいます。






c0210640_23172253.jpg
これはバッテリーの関係にも似ています。

バッテリーというタンクに溜められた電気を使い、量が減らないように常に補充。

溢れないように、レギュレーターで制御。





このタンク内に溜まっている量が重要であり、もちろん少ないとウンコが流れません。

でもトイレと決定的に違うのは、使い切ってからの補充では無いというトコロ。






c0210640_22483725.jpg
厄介なのは、このキャブみたいにオーバーフロー管が外に出ていないタイプ。

エアクリーナーが付いていると、一見して漏れているのは分かりません。

どーなるかっていうと、インテークマニホールドを通って、ダクダクと流れ出るガソリンがヘッドへ流れ込みます。

バルブが開いていれば燃焼室に入り込み、まぁ、前後共に圧縮上死点ってのはあり得ないので、まず間違いなくガソリンが燃焼室に流れ込み、シリンダーを抜け、クランクケースへと到達。

そこからポンプを通り、無事(?)オイルタンクへと戻って来るのです。

ええ!!?




c0210640_22484030.jpg

ガソリン混ざってもうオイルがシャバシャバです。

お腹の調子が悪い場合に似たサラサラ感。

今日なんか汚い話ですみません・・・。

このまま乗ったら間違いなく焼き付きます。

ベアリングも必ず砕けます。

予期せぬオーバーフローに備えて、乗らない時は必ずガソリンコックをOFFにしましょう。

乗車前のオイル量及び状態の確認も大切ですね。

負圧のコックってのはこういうトラブルを引き起こさないようにするためにあるのですね。

壊れてガソリン落ちないと腹立ちますが・・・。

外出しのオーバーフロー管が付いている、S&Sやケイヒン・バタフライ等は、漏れてるのが目視しやすいのですが、気づかずに朝乗ろうとしたらタンク空で巨大な水たまり(ガソリン)なんてのもあるので注意ですね。





c0210640_22484396.jpg

30年代リジット&板バネに、40年代エンジンの無敵な組み合わせ。

長らくお待たせしてしまいましたが近日納車です。

しかしインディアン、カッコイイなぁ。

良い話たくさん聞けてありがたき幸せでした。

是非、一緒に走りに行きましょう!

[PR]
by lwe31x | 2013-06-05 22:48

Good Conditions.

c0210640_21365935.jpg

おいーーーース!

なんか最近、「一度LWEで診て欲しくて・・・」という感じの成り行きで開けたら、いつもこんなんだったりするッス。

どーもこーも無く、ステムシールがイッちゃってるのでありました。

何度も何度も言いますが、これでシールだけ打ち替えてフタすりゃ、相当ガタガタじゃない限り白煙は止まります。

ガスケット換えてオイル漏れも一旦は止まり、「オーバーホール完了でぇす」と言われたら。

「おお、止まっているじゃないか」とお客様も満足。なんか調子イイ気もする。

いいのか!?それでいいのか!?

とりあえずそんなんで良ければ、バイク屋に出す必要無いッスよね。

マニュアル見ながらとりあえずご自分で組んで頂ければ、意外と走ると思います。

「やっぱプロは違うよなァ」ってのを、ご自分でヤル方にこそ体感して頂きたい。

それでこそのエンジニアリングで御座います。




c0210640_2137163.jpg
なんかのっけからアツくなっちゃってスミマセン・・・

というワケで、ナイトライダーよろしく運ばれて来た883R。

弊社提携の任意保険にご加入されているお客様は、もしものトラブルの時に呼べるレッカーサービスが、

なんと50kmまで無料!

もちろん何度でもご利用頂けます。

更にはガス欠こいても持って来てくれますし、レッカー後の交通費も負担してもらえます。





c0210640_2137470.jpg

コレ、伸ばしたらコンテナよりデッカイじゃないスか(笑)

こんな立派なレッカー車にバイク1台ってのは・・

非常にゴージャスな気分ですね。

ま、宣伝でも何でも無くて、やっぱりこういうサービスに加入してると気持ちが楽チンですよね。不安無く出掛けられますです。

初めてのハーレーだったり、旧車だったり、「なんで止まった!?」的な状況から離脱するには相当な経験値が必要なのです。

ボスのように表参道でヘッドガスケット交換したり、高速のインターでオイルポンプ全バラにしたりとか、普通はムリですから・・・(笑)

純粋に楽しむために、こういうサービス付帯の任意保険っていうのは有難いなぁと。





c0210640_2137656.jpg

で、最初のバイクに戻りますが、時折鳴る異音の正体見つけたり!

タペットローラーがガッタガタです。

打ち替えて再利用。

完全に砕ける前で良かった!



c0210640_213792.jpg
コレ程度イイですね・・・

いろんなとこが手付かずの大自然(笑)

ピストンSTDだしバルブも純正。

何度かバラしてガスケット換えたりした痕跡はありますが、まだまだこういう素性の良いバイクはあるんですね。

ちょっと感動しました。




c0210640_21371186.jpg

ちょこっとアドバイス。

ここのデルタ地帯(笑)

ピニオンギヤとカムギヤとブリーザーバルブギヤ。

3人が良い関係で居てくれないと、コツコツと異音が出ます。

静かなエンジンは、カムを斜め左下に押し下げようとした時、ビシっとしてます。

音が出るエンジンは、ちょこっとカタカタします。

ピニオンギヤとカムギヤには数種類の大きさがありまして、それぞれ色分けされているんですが・・・

青いの見えますか?

ギヤの大きさを合わせてキツくなくガタが無いようにしなければなりません。

もちろん、カムカバー側のブッシュがしっかりとしていること、ロッカーアームのブッシュがガタって無いこと、更にはタペット調整がキッチリしていることが前提ですが。

稀に、ピニオンシャフトのベアリングレース(クランクケースに鋳込んであるもの)が動いてるモノがあったりして・・・。

ピニオンシャフト持って上下に振ると、動いちゃうモノがそれなんですが。

こうなるとケースご臨終な場合が多いので、よーくチェック。

レース以前にケースベアリングがガタでも音出ますよ~。

ホラ、めちゃくちゃあるんです。チェック項目。

任せて安心、LWE!


[PR]
by lwe31x | 2013-06-04 21:36 | Information

Fine Maintenance.

c0210640_23342211.jpg

このブレーキラインからフルードが出るのを止めとく道具、とても良いです。

メンテナンスがスピーディーかつ確実になりますです。

というワケで、バナナキャリパーの方、注目!





c0210640_23342520.jpg
コイツが前期バナナキャリパーのピストン。

不思議ですね・・・

バネ付いてやがります。

通常ブレーキのピストンってやつは、ゴムのチカラで戻るものなのです。

そこはハーレー社のブレーキ。

少し外径大きめのアルミの円盤がキャリパーに食って、戻りはピストンに付いてるバネ。

不思議な作りです・・





c0210640_23342784.jpg
という事は、このようにキャリパー側に段がつきやすいって事。

#1000から#1500番のペーパーで、可能な限り段をとってやりましょう。

段が深いと、そこにピストンが長期滞在してしまい(笑)

何度か握ってるとレバーにテンションかかってくるけども、最初は握りが深すぎという状態に。

仕組みを理解すれば、どうすればいいのかがわかるはず。




c0210640_23343077.jpg
で、発電不良のバイクはこんな事になってました・・

普段見えない部分は定期的にチェック。

ステーターのショートによって、レギュレーターまでもが壊れ、端子は腐食したようです。






c0210640_23343485.jpg

しかしEvoは簡単にステーター変えられるのでラッキー!

なんで最初からこうしないんだ(笑)

カラッカラの?梅雨を抜けたら夏が来ます。

バイクにも人間にも厳しいけど、夏はバイクの季節。

特に、最近見てなかった電気系統をリフレッシュして、暑い夏を待ちましょう!

[PR]
by lwe31x | 2013-06-02 23:34 | Information

First Anniversary.

c0210640_2122469.jpg
行って参りました。大井競馬場、東京部品交換会。

ANIMAL BOATさんともお隣で、お天気も良く朗らかな1日。

早起きすると気持ちがいいですね~!

場所が近いこともあり、知ってる顔がたくさん(笑)

皆様、お疲れ様でした!





c0210640_2122713.jpg
しかし、意気揚々と乗り込むつもりが、会場手前100mの所で「バチン!」という炸裂音。

おっギヤが抜けッ・・・な、なにィィ!?

ミッションがイッたかと一瞬青ざめましたが、サービカーのドライブチェーンが切れるという情けないトラブル。

搬入を急がねばならないので、とりあえず押す!押す!(笑)

飛び乗ってサイレン鳴らすも、車速に応じて鳴る仕組みなので、非常にショボイ(笑)

すいませーん!坂道ムリっす!!

で、極めつけにC10で牽引(笑)

ここ!ここでサイレン鳴らして登場の予定だったのに!

ぐああああ!!(禁断症状)







c0210640_2123021.jpg

「車載工具ぅ~~!」

ドッ、ドラえもん!チェーンは!?

何言ってるんだいNori太くん。

ここは部品交換会だろう?買えばいいじゃないか。

だっ誰か!530のけっこー長いチェーン持ってませんか~ッ!?

無いよなぁ~と思ったら、ナイスタイミングで中古チェーンを持っていた方をボスが見つけ・・・




c0210640_212341.jpg
「モォーー!モォォーー!」







がんばれぇ!がんばれぇ花子ォ!

ホレェ!頭さ出できたぞォ!

元気な仔牛、産まれて来っぞォ!!








c0210640_2123631.jpg



「モォーー!モォォーー!」

もう少しだァ!!

花子ォ!産まれっぞォ!




お客様の視線を一手に集め、その場で修理。

嗚呼、バイク屋で良かった・・・。

無事にチェーンを繋げ、帰りは大音量で会場を後にしたということです。

お問い合わせ多数頂きましてありがとうございます。

ご購入の意志が固まりました際には、LWEまでご連絡お待ち申し上げております。



c0210640_2123989.jpg


その頃、S藤様は箱根までツーリングされていたようで・・・

またまたお土産頂きました。

日本酒、美味いぞシリーズですね。

いつもすみません。

分配会議の結果、イカちゃんはボスのお家に向かいましたです(笑)

ありがとうございます!











あ、本日でLWE Nori Blog、開始させて頂きましてからジャスト1年でございます。

イベントに出向く度に「ブログ見てるぞー!」とお声を掛けて頂き光栄です。

女性からの声援が少ないのが疑問なんですが、これからも続けて行きたいと思います。

毎日観て下さっている皆様、本当にありがとうございます。

感謝の気持でいっぱいです。

これからもどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by lwe31x | 2013-06-01 21:01 | Information