<   2013年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

Scout!

c0210640_23374548.jpg

緑が丘の錦。

日替わり定食は中華丼&THE半ラーメン。

中華丼て、定食?(笑)

やっぱね、昼にガシーンと米食うと、午後のやる気が違います。





c0210640_23374915.jpg







そして車検あざっす!K様。

K様はスカイハイバーのナセル付きシャベルの頃の印象が強い・・・。

そんな昔のコト、誰も知らない(笑)






c0210640_2337539.jpg








スポーツスカウトといえば・・・

ドラムまわりの構造が独特。

回り止めのキー溝が、ネジ山を壊してしまう事も。

アクスルシャフト、24山、旋盤でねじ切りです。

・・・いろんなコト出来るんですね、旋盤。




c0210640_23375538.jpg





これフォークが少し・・・

741のフロント周りでバンク角を確保。

草レーサーづくりの流用カスタムのキホンがここにも。

こんなフォークでも、意外とコーナーイケるんですって。

市販車ながらハーレー社の工場レーサーに迫る性能は伊達じゃないッス。

「見せてもらおうか、スポーツスカウトの性能とやらを!」




c0210640_233828.jpg

バッチリできました~。

ハーレーと全然チガウ構造に「?」が連発するIndian。

まず資料があまり出回ってない事に始まり、パーツ供給他、「コレどーなってんの?」的なご質問が多数寄せられております。

「古いバイクだからこんなもんだろう」はキケンです。

特に足回り、重大事故に繋がる恐れだってあります。

キミのIndian、LWEで整備!

え~と、普通にハーレーもメインです(笑)

みっ、みんな集まれっ!

[PR]
by lwe31x | 2013-06-19 23:37 | Information

Please Come To The Little Wing Engineering.

c0210640_071016.jpg
暑い!!

これじゃ8月とかどーなっちゃうんだよ!

というワケで間違い探し。

何が間違ってるかなァ!?

いや、俺は間違ってないです。

答え俺じゃないですよ~(笑)




スイングアームのシャフト、ロックタブがクラッチハブ・ナットのモノで。

一応「緩み防止」ってなワケで、共通する目的はあるんですけども、

そちらの彼ではチョット不恰好かなぁと・・・。

「やるか・・・」




c0210640_0715100.jpg
とったどーーー!!!

最近すぐにスイングアームを外すクセがあるNoriですが、

ここって意外と面倒だから診てもらえない箇所の1つ(笑)

キホン、サス外してフリーな状態で動かしてみないと、

ベアリングのゴリゴリ感とか判断し辛いので。

もう外した方が早いべ、と。

こんなトコ1回ちゃんとやれば、そんなに頻繁にバラすとこじゃ無いですからね。

案の定、レースがゴリってましたので交換であります。





c0210640_071860.jpg

中華弁当で有名な四川屋台さんの冷やし担々麺を頂きます。

夏はどうも冷たい麺類に傾向しがち。

ビールを飲みたい気持ちをグッと堪えて、

今日も張り切って行きましょう。

最近、酸っぱい麺が好き。



c0210640_072233.jpg
写真ブレブレですが、

スポーツスカウト、カッコイイれす。

でもローラーマガジン誌の影響でしょうか、チーフの問い合わせ件数が増加しております。

ピンキリなんですが、安いにはワケがあると踏んで、やはりキチンとした車両を購入するのが吉。

信頼のおけるショップで・・・とか誌面には書いてありそうな文言ですが、

信頼出来るのかどうかなんて、ハッキリ言って分かります?(笑)

その店でINDIAN何台か買ってるならまだしも。

毎月お客様とのツーリングを行い、ガンガン走ってるチーフをちゃんと整備できる弊社にお任せください。

ノウハウを持っていないショップが、INDIANの性能を発揮する事は出来ません。

ハーレーと違うのですから。いろんなトコが。





c0210640_072545.jpg

30年代Chief発見!

ってお客様ですが(笑)

イイ音してるなぁ・・

実際に見て、どんなもんか体感したい方は、どうぞお店にお越しください。

キーボード叩いても何も分かりませんぜ。

梅雨空が戻ってくる兆しですが、

LWEは毎日営業致しております。

ではではお店で(╹◡╹)

[PR]
by lwe31x | 2013-06-18 23:06 | Information

Thank You For Comin' From Tokushima.

c0210640_221256.jpg

おイーーーース!!

毎日ジメジメしてますが、お元気ですか?

お客様に「コレ何なの?」と聞かれた都合ご説明させて頂きます。

30年代のChiefやScout系に付いてる謎の筒。

右にくるりと回してライトが付く仕組みであります。

夜はアンメーターが見えないですからね。

スピードメーターのバックライトとは別に存在するライト。

オシャレに照らして下さいませ。

しかしオシャレだなぁ。

Noriのスピードメーターのバックライトは、かれこれ5年ほど光っていません・・・

バルブ換えろよ(笑)





c0210640_221517.jpg
ハイィィ!

入荷しましたシングル60番!

ナイトロプラス!

内藤じゃない!ナイトロ!

・・・ナイトロ?ナイトロって何スか?

ロイヤルパープル60番はレースユースにも耐え得る性能。

添加剤入ってますので思い切りブン回してください。




c0210640_221886.jpg

本日、徳島よりお越し頂きました!

Indianを見たいという気持ちだけで夜行バスに飛び乗る姿勢にシビレます。

ボク、仕事の帰りに「大鳥神社付近で火災、目黒通り環七から左折禁止」となっておりましたが大丈夫でした!?

寄生虫博物館、ご感想お待ちしてます(笑)






c0210640_2211018.jpg

そんな2人の熱いご要望にお答えするべく、Noriが走った。

日曜は中華弁当限定10個。

激しい争奪戦の末、なんとか勝ち取った4つの中華弁当。

こうしてブログをご覧の皆様憧れの中華弁当を・・・・

ハイ、なんだかすげー人気の中華弁当。

みんなで一緒に食べましょう(笑)

平日はたくさんありますよ。

コレ何のブログだ・・・。

[PR]
by lwe31x | 2013-06-16 21:59 | Information

It's Sultry Day.

c0210640_0135713.jpg

幻の小羽Tシャツ出た!

テラさん物持ち良すぎ(笑)

これは多分10年以上前に作られたモノで、Noriなんか当時Mサイズで「え?これホントに俺着てた?」みたいな切なさに涙。

しかし最近雨多くて電車で通っちゃったりしてんですけども、切符売場で千円入れたら「もう一度紙幣をお確かめの上、再度入れ直して下さい」とか「オマエがもう一度お確かめ下さい」的な憤りに遅刻寸前ですよ。

「ブタでもわかる」のTERA画伯がデザインに携わっただけあり、海外の方からも絶大な人気を博したこのTシャツ。

リトルウイング・マニアなら必ず持っていたい1枚。

再販しないかなぁ。







c0210640_014016.jpg

マグネティック・フォースで意のままにとうもろこしを食う俺。

こちらもTERAさん差し入れ。

いつもありがとうございます。

もろこし、北海道の方はとうきびって言いますよね。

茹でたて、非常に美味しゅうございました。




c0210640_014344.jpg
なんか今日すっげえ湿度だけど、今日もやるか・・・

「ホーニングオイルが臭い」とか、

「腕がパンパン」とか、

そういうのは組み上がってエンジン掛けた時の喜びに完全に打ち消されます。

バラしてホーンしてピストン仕上げて組んで、試乗から初期慣らしまで、メカニックがやるショップ。

それがLWEで御座います。

そんで汗だくです。

痩せるかな・・・?





c0210640_014626.jpg

GOODSONの砥石は200番。150グリットで荒削り。

さて、お分かりでしょうか?

シリンダーヘッド側、黒い部分が「削れてない部分」で御座います。

なんで?

ホラ、ヘッドボルトの部分、つまりはトルク掛かって歪んでる、ワケです。

こんなんなるんだぜ。

ちょうどヘッドボルトの所で、キレイなお花のカタチの如く緩いアーチを描きながら歪んでます。

ヘッドボルトの部分は引っ張られて狭くなってるってコトであります。

結構削っても、まだ取れない。

がんばれ!がんばれ!





c0210640_0141143.jpg

横向けて分かりやすく。

エンジン組んだ状態にするためにダミープレートを取り付け、擬似的にトルクを掛けてるワケなんですが、

こんなにも歪むので御座います。

これダミー付けないでホーニングするショップの気が知れない。

だって万が一にも今はバッチリだったとして、組んだら歪むじゃん。

いいの?それ。

今日は言うよ。Nori言うよ。

折角オーバーホールしたのに、結局ガタガタじゃん。

ま、それでもハーレーは気にせず走るんですけど。

でも自分は、「ボクのはダミー付けてバッチリだもんね~」的な信頼度と満足感にしか金払いたくないス。

O様、ホーニング完了しましたです。




c0210640_0141413.jpg


Stop Light Co.代表、高山氏。

最近Indianがお気に入りの様子で・・

Mr.Low Riderも惚れるその魅力。

是非LWEにて御覧ください。





c0210640_0141814.jpg

今回も素敵な暴露話ありがとうございます(時効ってコトでw)。

故・佐藤由紀夫氏の1番弟子。

大大大先輩のご来店にちょっと緊張。

またお待ちしてます!

Yさんと話してると、NoriのPanのエンジン開けたくなります(笑)



さあ、明日は雨が止んだらLWEへ!

土日はワイワイと、ダベりに来て下さいね~!

[PR]
by lwe31x | 2013-06-16 00:13 | Information

Tonkastu Daisuki.

c0210640_22551893.jpg
フォォォォーーー!!!



もう特にコメントありません(笑)


一応、溶接面の具合をチェックしているトコロ。

非常に趣きのある画なので撮っときました(笑)





c0210640_22552259.jpg

で、わかりますか?

カムにシムかまして開いた状態で・・


基本的にドラムの内径測ってカム開いた状態で削って合わせて・・・

当たり出しして効くようにして行きます。

ライニングの種類も何種類かあるのでお問い合わせ下さい。



c0210640_225525100.jpg

新品ポン付けじゃ効くようになりません。

ディスクブレーキと違うトコですね。

バッキングプレートの強度や、そもそものライニングの表面積から「効き」ってのの限界も知らなければならないのですが。

過度な妄想を抱いておられる方も多いのではないかと・・・

あとは使い方。

ドラムには、ドラムの走りがある、ってコトで。

試しにキチンと調整された油圧のドラムを効かせてみると・・・

例えばリンクやペダル、もしくはワイヤーケーブル、いろんなとこにロスがあるのだなぁという事がわかります。

トータルで見直さなければ、決して効くようにはならないのであります。








c0210640_22552780.jpg
で、ボス測る。

ダブルチェックで間違いない数値。

トルクプレートの締め方や、削りたてホヤホヤのシリンダーにこもる熱によって、かな~り大きさ変わってきます。

時間をおいて冷却し、何度も何度も測る。

職人のワザであります。

ホーニング後、Noriが一番緊張する瞬間かも(笑)

妥協は認められません。

男の一発勝負。

良いエンジンになるか否かにおいて、非常に大きなウェイトを占めているのは言うまでもありません。





c0210640_22553011.jpg
今回ワイセコ鍛造&ストローカークランクってコトで、4/1000インチで。

鍛造ピストンは熱膨張デカイです。

故に暖気はしっかりと!








c0210640_22553335.jpg

わー!

食べ物ランキングでNoriの1位を維持する牡蠣。

この時期の岩牡蠣は最高なのだと、お魚マイスター様に聞きました(笑)



c0210640_22553673.jpg

仕事終わりにとんかつ食いに連れて行って頂きまして、もう大満足です。

昼飯を「ゲソ天ソバ大盛り」にセーブして正解(笑)

塩で頂きつつ日本酒ってのが「日本人で良かった」的な瞬間・・・。

ありがとうございます!



c0210640_2255382.jpg

キャベツもちゃんと食べるよ!(笑)


週末お天気微妙ですが、ご来店心よりお待ち申し上げておりますm(_ _)m
[PR]
by lwe31x | 2013-06-14 22:54 | Information

Mr. Retainer!

c0210640_21463549.jpg

うおっ、久々に汚・・(笑)

もう乾式クラッチにオイルをブッかけてる仕様の事を悔やんでも仕方ないので。

こまめに洗う!コレに尽きますです。

何キロごとに?というご質問も多いですが、「素晴らしき状態」を体感していれば、その時は自ずと分かるはず。

コチラの車両、「なんかローギヤに入れてクラッチ切ってる時に、グッグッと前に出ようとする」という症状。

クラッチの遊びを少なくしても変わらないので、「ハハァーン、これはね、クラッチが汚れてますですよ」とアドバイス致しました。

お客様はすぐにお仕事を依頼して下さいまして、作業に移ります。

「ホラ、こんなに汚れてますよぉ」的な画像。



c0210640_214639100.jpg

洗う洗う。ボク洗う。

もうガシガシ洗います。

ご自宅で行われる際には、「安いパーツクリーナー」なんかを惜しみなく使うのが吉。

でも・・・安いのはあまり落ちない挙げ句、水が出るので。

よ~く乾燥させて下さいね。

LWEでは落ちと水分が出ないというパフォーマンスを両立させるため、ワコーズ様の高いパーツクリーナーを使用しております。

エンジン内に使うと、水ッ気あるのはダメなんです。

詳しくはワコーズさんに聞いて下さい(笑)



c0210640_21464283.jpg
キレイキレイにしまして組み付けて、エンジンかけてローに入れると・・・。

むう・・・・

グッグッて。切れてんだけども前に出ようとする。

オイ、直ってないじゃないか!!

これはもう納得行かないので原因を追求。

この「グッグッ」って現象、意外と経験されている方も多いのでは?

通常、「切れてない」が原因の症状なんですが、今回は違う。

クラッチ切って手でプレッシャープレート回すと、軽~く回る。

「???」

クラッチの仕組み、熟知していれば答えは出るハズ。

というワケで、「ラムジェットリテーナー」をブッ込みました。




c0210640_21464577.jpg
らむじぇっとりてーなー??

初めて聞いた時に意味がわからずに困惑した思い出が。

これがラムジェットリテーナー。

横の金属製の穴開いた円盤が、純正のモノ。

意外と安くてボクもビックリ。

まぁ、段付いたプラスチックの板ッ切れなんで。

お安く作って下さい。よろしくお願います。




c0210640_21465097.jpg





ラム??


c0210640_21465110.jpg




ジェット???





c0210640_21464975.jpg


「痛ぇなぁ!!!」





c0210640_2146484.jpg

要は、クラッチハブのベアリング及びハブ自体、シェルもついでに「減っている」と。

ここにガタがあると、図のようにナナメになります。

図はかな~り大げさに書いてありますが。

チェーンに引っ張られ、外にせり出した挙げ句ナナメ向いたシェルは、ガタってるベアリングを介して時折クラッチハブに食い込みます。

コレが原因。時々ベアリングが喰って、クラッチが繋がった状態になるのです。

これじゃ切れたまま、キレイに回りません。

ですので、「出て来ないで!」的なストッパーが必要になるんですね。

通常適正なクリアランス下では、シェルが外に飛び出してくる現象も少ないのですが。

V-Twinから出ている「オーバーサイズのベアリング」はずーっとバックオーダーで、

ハブやシェルを新品にするにはすごいコストで。

今のところ、安価にかつ安全に解消する手立てが、このラムジェットリテーナーというストッパー。

「ベルトにしたら付けるもの」的なイメージがお有りかと思いますが、実はこういう用途。

効果はテキメンです。スパっとクラッチ切れるようになりましたです。

K様、本日は有難うございました。

[PR]
by lwe31x | 2013-06-13 21:46 | Tech

Swing Arm.

c0210640_23422116.jpg
とれたどーーー!!

と外されたスイングアーム。こちらは前期の丸スイングアーム。

モチロン鉄・・・。おっ、重いぞ~~!

で、みなさん軽視しがちな(?)スイングアームのベアリング。

たまに見ないとゴリゴリですぜ。

まぁ、外すの面倒くさいッスからね・・・

LWEにお越し頂ければ、サクサク外させて頂きます。




c0210640_23422362.jpg
だいたいイッてるベアリングとレースをチェック。

テーパーローラーなんですがディスタンスカラーは無いので、締め込む程に動きは硬くなります。

が、緩いのは絶対ダメ。

テキサスの変なオジサンRJも、「ここは締めといてクダサーイ」とよく言っておりました。

ガタると挙動出ます。

水が入りやすく、走行時の負担も大きい。そんでチェックするのが面倒な場所。

こりゃ鉄板ですね。





c0210640_23422696.jpg

裏側にはグリース・ニップルがあります。

ここにグリースをガンガン入れまして、ベアリングを常にキレイな状態にしたいものです。

この筒の中にガンガン入って行くので、満タンにするには結構な量が必要。

見たことすら無い方、いませんか・・・?




c0210640_23422882.jpg
こんな感じでガンガン入ります。

取り付けている状態ではコレを見ることが出来ないので、バラしてる時に是非(笑)

外側にはオイルシールが入り、ゴミやら水やらの侵入を防ぎます。

しかし。リヤタイヤで巻き上げられた雨やら泥やらが、ダイレクトに掛かる部分でもあるんスよね・・・




c0210640_23423130.jpg

入れすぎた、と言うか古いグリースは押し出され、この2つの小さな穴から外へ出ます。

という事は、ここから汚ねぇグリスが出てくるまで送り続ける、と。

そうやって何とか長持ちさせて、しかしベアリングがダメになった時には、出来ればレースごと交換。

ここが気持ちよく動くと、走りが変わります!




で、前回お世話になりました、広瀬屋旅館のブログ

いつまでも変わらぬサービスで、今回もお世話になりました!

[PR]
by lwe31x | 2013-06-12 23:42 | Information

Special.

c0210640_2323242.jpg

ハイハーイ!

ピストントップをバフして、カーボン付きづらくしましょう。

まぁ、付くんですけどね・・・。

飛びやすいっていうか、付きづらいっていうか。

前後の重量を合わせたり、少しでも軽くしたり。

バフっていうのは強度UPにも繋がります。

クラック等は、「キッカケ」のある場所から入ります。それを消す「磨き」は効果大なのです。



c0210640_2323624.jpg

今回ストローカークランクを組み込んだので、ピストンのスカートがフライホイールやシリンダーに干渉しないかどうか念入りにチェック。

本チャンで組んじゃって、「あ、当たりますね」では情けないので・・・

キチンと数字で出す!

これは非常に重要です。

感覚っていうのは非常にアバウトなんで、数字という根拠の元にOKサインを出さねば。

何でもかんでも数字!というやり方が遠回りになる場合もありますが、まずは数字ありきという事で。




c0210640_23231138.jpg

ピストンは現在ポン付け君がカタログ落ちしてるので、手に入るモノを若干加工。

上死点でどこまで上がるのか。

通常、「通常の」セットアップでは絶対当たらないよう設計されてるワケですが、

今回のように変則的な組み合わせかつパワー出して行こう的なギリギリな感じのチョイスでは特に念入りに。

バルブを開いた状態で(ちゃんとその状態にするツールが存在します)、ピストントップに粘土を盛ってヘッドを乗せてみると、バルブがどこまでピストンに迫っているのかが分かります。

すると、つまりはリセスの形状までも変える必要性がある、とか、「本当にこれで火を入れて大丈夫なのか」がチェック出来るワケです。

フタとなる面板をヘッドにセットして、燃焼室内に液体を満たし、燃焼室容量を測り前後を揃えるってのも、レーサー的なエンジンを作る上では重要。

毎度行うスプリングセット長の調整ですが、そこで揃えても結局修理を重ねてバルブシートを削り、突き出しが多くなった状態で・・・

更にそれがバラバラであるとすると、果たして燃焼室の容量は前後同じなのでしょうか?

すると前後の圧縮比の違いがもたらす不都合とは?

何にせよ、「感覚だけじゃダメ」という事ですね。

まぁ、ハーレーはそんな状態でもとりあえず走るんですけど(笑)



c0210640_23231426.jpg

エンジンは理論に基づいて、キチンと計算された上で成り立っております。

アバウトっぽく見えるハーレーのエンジンも、こうした数字的に揃えられた状態での「カチッと感」には目を見張るモノがあります。

妄想や迷信では速くなりませんです・・・機械って正直。

ボスはこのへんチョー細かいので(笑)素晴らしいエンジンが出来上がるんですね。

通常のオーバーホールとは異なるスペシャルオーダーも受け付けております。

排気量アップから吸排気系チューン、何でもご相談下さい。


[PR]
by lwe31x | 2013-06-11 23:21 | Information

OKUTAMA RUN Vol.2

お疲れ様でした~

っつう事で更に写真UP。


c0210640_19322072.jpg


猿橋。毎度おなじみ。


c0210640_19322215.jpg


久々登場のRくん。



c0210640_19322793.jpg

橋からの眺め。結構高いス。




c0210640_19323037.jpg

またまた来ました~1年ぶり!




c0210640_19323435.jpg


お天気良くてサイコー!



c0210640_19323670.jpg

Noriはトンカツ!もちろん大盛り(笑)




c0210640_19323980.jpg

奥多摩にて謎の検問。




c0210640_19324236.jpg


判断基準がわからん。
何も知らない方々にバイクをチェックされる(笑)

「オイこれすごい錆びてるぞ」「あっ何だこの集団、みんなウインカー付いてないじゃないか!」



c0210640_19324560.jpg

Noriのバイクは「イッテヨシ!」だそうで。ちょっ、俺のもチェックしてくれよう!
高回転域の抜けを追求したNoriオリジナルマフラーはスルー(笑)





c0210640_19324888.jpg


違法改造摘発ゥ?触媒付きの年式しか眼中に無い模様。

マフラー換えてる高年式のスーパースポーツが、数台違反切符切られてました。
・・・無意味。

モチロンLWEチームは全員合格(笑)


しかし。事故もなく、お天気も最高で、6月なのに素晴らしいツーリングでした。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございます!
また行きましょうね~(╹◡╹)
[PR]
by lwe31x | 2013-06-09 19:31 | Touring

OKUTAMA RUN

老若男女 総勢28台 お疲れ様でした。
c0210640_18471113.jpg

c0210640_18471279.jpg

c0210640_18471354.jpg

c0210640_18471539.jpg

c0210640_18471547.jpg

c0210640_18471670.jpg

c0210640_18471768.jpg

c0210640_18471878.jpg

c0210640_18471835.jpg

c0210640_18472197.jpg

c0210640_18472282.jpg

c0210640_18472291.jpg

c0210640_1847237.jpg

c0210640_18472481.jpg

c0210640_18472569.jpg

c0210640_18472645.jpg

c0210640_18472795.jpg

c0210640_18472840.jpg

c0210640_18472850.jpg

c0210640_18472926.jpg

c0210640_18473089.jpg

c0210640_18473193.jpg

c0210640_18473250.jpg

c0210640_18473278.jpg

c0210640_18473397.jpg

c0210640_18473440.jpg

c0210640_18473560.jpg

c0210640_18473522.jpg

[PR]
by lwe31x | 2013-06-09 18:41