<   2013年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

Heavy Rain Warning.

c0210640_2214638.jpg

いやぁ、すごい雨ですな。

最近、なんだか地球おかしいぜ。

どうなってんだ地球。

で、フェンダーまわり、こんなんなりました。

LWEオリジナルのスパルトテール、やっぱカッコイイぜ!





c0210640_2214882.jpg

やっぱパンヘッドいいよねぇ~。

赤いハイドラ、下駄のように乗り回して、いろんな所に行ったのを思い出します。

昔、LWEに行くんで湾岸飛ばしてましたところ、

追いすがってきたKZ1000 MkⅡの兄ちゃんが横に並び、ずーっとコッチを見ていると思ったら「グッ」と親指を立て、すごいイイ音で抜き去って行ったのを何故か思い出しました。

あんなカッコイイ兄ちゃんになりたいです、とか思ってたらいつの間にかオジサンになってました。




c0210640_2215180.jpg

やっぱインディアンいいよねぇ~。

青いチーフ、初めてインディアンに乗った「モーターサイクル・クラシック」誌の取材を思い出します。

結構バカにしてたんですよ。

「フェンダーに顔とか付いてるバイク・・・」と思ってたんですが。

乗ったらヤラれました。

顔、伊達じゃねっす。

これは乗った人にしかわからないワケなんで、(文字で説明するのも野暮ってモンでしょう)気になる方は買って下さい(笑)




c0210640_2215622.jpg
フォッ!!

大雨警報出てますけど・・・。

しかし晴れのツーリングに備えて、1978年FLHのアニバーサリータンクの漏れを修理。

「ガス欠だ!U君助けて!」ってのがLWEツーリングの合言葉になりつつある昨今、

やっぱ5ガロンタンクってすごいなってのを再認識すると共に、漏れてちゃ困るワケです。

「あっオイU君先行ってるよ!」ってのが無いように、タンク小さい人はU君に抜かれないようにしなければなりません(笑)

でもU君速いです。みんながんばれ!(笑)





c0210640_2285918.jpg

して、今日は学芸大学のカレー屋さん!

超うまい。

しかもアレですよ。

「ごはん、おかわり自由ですから」ってそれ完全に俺に向かって言ってない?みたいな。

おいーーーーース!!

学芸大学駅より徒歩6分、イトキッチンへ急げ!

ん?もちろん帰り雨降って来たんですが。

ボスが運転するHONDA スーパーカブの後ろに乗ってまして、

「すごいでっかいウインドシールド」に近い効果で全然濡れませんでした(笑)

あざーーす!

[PR]
by lwe31x | 2013-04-06 22:01 | Information

The Calm Before The Spring Storm.

c0210640_0421771.jpg
FireStoneのANS。

初めて発注しましたが、なかなか良い感じのパターンですね。

タイヤのパターンによって、バイクが新しくも古くも見えるので不思議です。






c0210640_0422048.jpg
ロードホッパー、I様。

いつもいつも差し入れありがとうございます。

そしてご退院おめでとうございます。




c0210640_042245.jpg
んで、なんじゃこりゃ?

LWEには、たまに変わったエンジンも送られてきます。

だいたい変わったものと言えば三重の先生と相場は決まっているのですが・・

ええ。今回も先生です(笑)

そういえばエレベーターの部品直した事もあったなぁ。




c0210640_0422849.jpg
ボンネビル仕様のU君、ミッション修理で本日納車。

しかし何でこんなに速いんだIndhian。

しかもスペシャルグレードのボンネビル・マグネトー仕様。

空冷サイドバルブの最終形態がここに!

ボス、クラッチの遊び調整中。





c0210640_0423144.jpg
久々登場のM様。

前HotBike編集長様です。

至る所にボスのチューニング形跡が残るPanheadは、AVCCストッククラス優勝の経歴を持つM様の長年の愛車。

今ではスーサイドのチョッパーですが、何故か速そう(笑)

またお待ちしております。





c0210640_0423590.jpg
ホーニング!ホーニング!

消防車のポンプのエンジンだそうで。

こんな2ストのエンジンなんですね。

何でも直すLWE!(笑)

これでまた火を消せますです。





c0210640_0423889.jpg

夜は急遽Tさん家に。

しかしここオシャレだなぁ。

ブタでもわかるくらいアーティスティックな家に、なんだか癒されます。

春は、いいですね。

春の嵐が来るようですが、週末はLWEに行こう!(╹◡╹)

[PR]
by lwe31x | 2013-04-05 22:42 | Information

Rice.

c0210640_23282125.jpg
おいーーーーース!!

真・中華弁当!



うん。お母さんごめん。また食っちゃったよ。

今回は「ご飯が勝手に増える様子」をカメラに収めることに成功。

これがその写真です。何か上空から湧き出るようなカタチでご飯が増えてます。

発見!LWEの奥地に、真の中華弁当は存在した!

ハイ。ブログはじめます。





c0210640_23282443.jpg

焼いたらアルミも食えるんじゃないかみたいな、そんな夜。

アルミは温めると大っきくなるんだゾ。

各所に圧入されている鉄のレース等を抜く時、または入れる時は、アルミに唾を( ゚д゚)、ペッと吐いたらコロコロと転がるくらいに温めましょう。

汚い?しっ、仕方ないじゃないか!

しかし弊社、非接触レーザー温度計を完備しております(えっ・・)。

LWEに夏でもストーブがあるのはいろんな部品を温めるためなんですね。。


コレ、このストーブで餅とか焼いてますけども、ちゃんとキレイにしてるので勧められても露骨にやな顔しないでくださいね(笑)





c0210640_23282777.jpg

でかっ。

どちらもローギヤ。つまり1速です。

スーパー・クロスレシオのギヤを注文してみました。

ノーマルFLの3.00から、2.24へ。

ハーレーって1速がすぐに吹け切っちゃうじゃないですか。

あっ、もうクラッチ切ってぇ、2速に入れてぇ・・・ってやってる間にスクーターに抜かれるんですよ。

なんかものすごい腹立つ時あるんですよね。

チャリンコで言うところの、「なんかすっごい軽いギヤでシャカシャカ漕いでる子供」みたいな感じですよ。

通常、もうちょっと小さめなトコがベストだと思うんですが、

「どうせ食うなら大盛りで」みたいな例の思考回路が働きまして。

良く相談されますのが、「もっと高速道路で回転を抑えたい」っていう悩み。

これはトップギヤの話なので、スプロケットの丁数をイジる事で改善されます。

しかし「ゼロヨンで負けたくない」的なハナシになると、これはギヤを変えて行く事になりますです。

例えば峠で、「3速だとノッキングしそうだけども、2速に落とすとグーーーンとエンブレ効いちゃって何コレどうする!?どうする!?あっ!3速抜けた!」という悩みからも解消される事になります。

僕ら日本人は、走り出したらトップギヤまでかき上げて、そのままフリーウェイで500マイルとかいう乗り方しませんよね?

信号待ちの度にクラッチ切って、ツーリング行けばダートもあれば登り坂もあるし。

レアパーツやオリジナルペイントはオーナー様にお任せしますが、信号青で遠ざかるパンヘッドに「僕のは何でこんなに遅いんだ!」と嘆く旧車乗りのお手伝いが出来れば幸いです。

何でもご相談下さい。

写真少なくてすみません・・・。

では、花の金曜日、ご来店お待ち申し上げております。




[PR]
by lwe31x | 2013-04-04 23:28 | Information

After The Rain.

c0210640_315458.jpg

おいーーーーース!!

このギザギザは回すために付いてるんだぜ。

Chiefのフロントフォークですが、この中はシャフトが貫通してまして、

可動部分はブッシュだったりベアリングだったりしてます。




c0210640_315982.jpg
ギザギザが回らないという事は、思い切り締まってるって事で、

もちろんフォーク動かなくなりますです。

逆に緩ければ走行中妙な挙動になって表れますので注意。




c0210640_32584.jpg

しっかりグリスアップ、しっかり調整で気持ちの良いツーリングを。

年代物の機構ですが、ちゃんと調整すれば大丈夫。

ハーレーのスプリンガーにも言えますが、フォークの動きが悪い車両が多い気がします・・

バンバン跳ねるなんてのは要調整ですよ~!




c0210640_321086.jpg

んで、ついでにブレーキもチェック。

ドラムブレーキはバラさないとライニングの残りをチェック出来ません。

粉状に削れたライニングを飛ばしてキレイにするだけで、効きも違いますよ~!

ジャッキアップ必須なので、ジャッキ持ってない人はLWEにGo!



c0210640_321643.jpg

アクスルシャフトの減りもチェック。

Chiefはドラム側にもベアリングが内蔵されており、シャフトの摩耗とベアリングの状態を良い状態に保つ必要があります。




c0210640_322013.jpg
チェック箇所多くて大変ですが、

ちゃんと見てやれば、ドラムのみでもずーと回ってます。

素晴らしい転がりに、ちょっぴりジェラシー。

足回りの整備、体感出来る違いにビックリです。



c0210640_322749.jpg

わかる方にはわかる感じで、アップグレード進行中。

んん~楽しみ。

雨も止んで明日は暖かいかなぁ。

おいーーーーース!!

[PR]
by lwe31x | 2013-04-03 22:00 | Information

Wonderful Indian.

c0210640_2123270.jpg

「おいーーーーース!!」

先日お袋からメールがありました。

「ブログ見ています」というのに付け加え、

「お前の食生活を見ていると心配でなりません」、と。

母さん、俺、気をつけるよ。





というワケで、そんな小さな悩みなんか吹き飛ばす動画を見つけたので紹介。

地球にデッカイ隕石が落ちたらどうなるのか。




c0210640_2122554.jpg

え~。すみません。前半バイク全く関係ない感じですね。

でもみんなバイクばっかりだと飽きちゃいますもんね。

飽きそうになったらINDIAN(笑)

ホラ、プライマリーチェーンは4連ですよォ。

未だに純正(!)付いてる車両がありまして、さすがに偏った伸び方をしていたので交換。




c0210640_21215565.jpg
プライマリーカバーの中はこんなんなってますです。

1947年の車両です。

ハーレー社と言えば、「グライドフォークとかちょっと間に合ってないけど、とりあえず来年からパンヘッドで行きます」という、ソフト●ンクばりの見切り発車でペラペラのプライマリーカバー(チェーンテンショナー無し)だった頃。

しかもエンジンオイルを垂れ流してチェーンを潤滑し、ミッションオイルはシール無しのメインドライブギヤからプライマリーカバーの中に捨てている。

スタンド掛けりゃプライマリー内に溜まった色んなオイルが道に捨てられ、「漏れてんじゃないの。捨ててんの」という至って前向きな姿勢。

だけれど完全乾式クラッチ・・・。

クソぉぉ!インディアンめ!!(笑)

ちなみにINDIANは湿式クラッチ。

70年代のアイアンスポーツに良く似ております。








c0210640_21214550.jpg

ミッションはこんな感じ。

3速です。

メインシャフトとカウンターシャフトが縦に並び、

シフトクラッチを兼ねるギヤがスライドします。

ギヤはオーバードライブしてまして全体的にハイギヤードな印象ながら、

どこまでも伸びるトップギヤに自然と笑顔がこぼれます。

一度乗ったら病み付きですね。




さて、明日も雨だとか・・・

頑張って行きましょう!

ブログ読んでるアナタ、お店にはいつでも遊びに来て下さいね。

[PR]
by lwe31x | 2013-04-02 21:21 | Information