<   2013年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Too Cold.

チワース、Noriでーす。

検索エンジンっつーんですか?

最近は調べたいことを打ち込むと、何でも調べられるんですね。

例えば「あれ?松葉くずし、って何だっけ?」と思ったら、すぐに答えが見つかるワケですよ。

いやあ、便利だ・・・・否ァァッ!!!

そんな簡単に調べられちゃったら、

「辿り着く過程において付与される、結構どうでもいい事」が欠落するでしょーが!!

そんなん飛行機にバイク積んで北海道に行くようなモンですよ。

漢ならフェリー。

ま、その辺は置いといて、

試しに「リトルウイング ハーレー」で画像検索。詳しくはwebで的な。

出るわ出るわ、ボスとかインディアンとか、あれ?シャア少佐?ドラえもん?

すいません。僕のせいで変なの出るようになっちゃいました。



c0210640_21465332.jpg

さて。

この車両、カムの軸がおかしい。

オーナーさんも、カバー外してクランキングすると、

どうやら軸がズレて回っているようだと気づいておられたのですが・・。

原因はクランクケース側、カムの軸受ニードルローラーベアリングの位置。

一度クラックが入ったであろうその部位を、溶接で直してあったのですが・・・

穴位置ズレてました。

これじゃいくらタペット調整しても意味が無いです。





c0210640_21463794.jpg

しかし、ズレてる軸受で、一体どうやってカムカバーを取り付けたの・・・?


おお。

ピンの穴がバカにされとる・・・。




c0210640_2145213.jpg

ケース側のノックピン、これとカムカバーのピン穴は鉄の掟シリーズですので。

「真っ直ぐじゃないとハマらない」穴を広げられて、

「真っ直ぐでなくとも入る仕様」に加工されてます。

こういう適当なのを修理とは呼べません。

カバーをボルトで固定しても、ノックピンがガタガタでは支障が出ます。

信頼性とコストを考慮した結果、

このカバーの楕円とクランクケースのズレた穴を修理するよりも、

ちゃんとしたケース&カバーへの交換となりましたが、

大切なパーツが人為的に破壊されているのは心が痛みます。

壁の穴をポスターで塞ぐのとはワケが違うのですから。





c0210640_22152376.jpg

「渋谷で偶然見かけた素敵なカップル!」と書かれた知らない人のブログを、

偶然発見しました。

・・・三重にお住まいの先生夫妻のようです。

先生!偶然撮られてます!(笑)

インターネットって、怖ッ。


コメント欄で、「これは何てバイクなのか」みたいなやり取りがありまして。

画像解析の結果、インディアンは正解が出てましたが、もう一台は誰もわかってません(笑)

サンビーム!それサンビーム!



[PR]
by lwe31x | 2013-02-16 21:44 | Information

Timing.

ブログ見て、「食い過ぎ」とのお言葉を頂きました。

そんなに食って腹出ないのか?とご心配頂きましたが、大丈夫。

既に出てます。

今日は点火タイミング行ってみましょう。



※今回のオハナシは、あくまでも基本的かつマニュアルに沿った調整です。

車両によっては、敢えてタイミングを外す事により、その他に抱えたトラブルを回避する等の

帳尻合わせをしている場合があります。

まずはプロに診断してもらいましょう。




c0210640_21575029.jpg

そもそも、点火タイミングって何?

そういう専門的な事わからないんだよね。

ってなんかタイマープレートいじってない??

ちゃんと意味を理解してから調整しましょう・・・





c0210640_2214447.jpg

爆発。

燃え広がるまでには、相応の時間を要する事になります。

これを火炎伝播と言いますが、ピストンが圧縮を始め1番上に上がったところで着火しても、

時既に遅し、という訳です。

最高出力を得られるようなタイミングで火を付けないと、

エンジンはパワーをロスするばかりか、

それは異常燃焼というカタチで表れます。

症状はカリカリというノッキングや、アフターファイヤー等に代表されますが、

「排気量がデカいハーレーだから、それでも一応走る」という事をお忘れなく。




今回はシャベルヘッド編であり、「自分で調整してみたけど・・」という方へ。

c0210640_21421013.jpg
まずはガバナ(ウェイト・アドバンスユニット)。

コレ意外と何なのか知らない人が多い気がします。

分解図はLWEボス監修の「ショベルヘッド・マスターブックより抜粋。

コレすごく詳しく載ってますので、購入して下さい(笑)

プレミアついてるらしいですが、弊社わずかに在庫あります。




c0210640_21421350.jpg

こうやって動かしてみた事がある人、意外と少ないのでは?

パチンパチンと、開いたガバナはスプリングで元に戻ります。

戻らない、動き硬いってのはNGです。

スプリングを確認するとともに、清掃、給油してください。

あまり硬いグリスですと、余計動きを妨げます。

で。

この「反時計回りに回して、ウェイトが開いた状態」というのが走行時の状態。

何故なら、エンジンはアイドリングの状態よりも高速で回転し、強い遠心力でガバナは開かれるからであります。

という事は、「開いた状態で点火タイミングを合わせないと、走行時の状態にならない」ってのは、

イメージ出来ますでしょうか?








c0210640_21421538.jpg
1番最初に、まずはポイントギャップを合わせておいて頂きたいのですが、

シャベルのギャップ(隙間)は0.018インチ(≒0.46ミリ)で。

名刺とかはいい加減忘れて、ポイントカムに乗った時の隙間がこの値で、

接点がキレイなら火花が強く飛ぶと覚えましょう。

そしてタイミングマークを出した状態で、このようにポイントカムを反時計回りに回します。

車載にあるような安いプライヤーを削って、回しやすい工具を自作すると、

「デキル男」っぽい感じがします。


「反時計回りに回して、ウェイトが開ききった状態になる時に」

「ポイントの接点が初めて離れる」

「その位置になるように、タイマープレートを回して調整する」


なんでかと言うと、

「ポイントが離れる瞬間に火花が飛ぶ」からです。

その「瞬間」を見極めるには目視ではダメです。

タイミングテスターを持っていない場合は、

写真のようにタバコの箱に付いてるセロファンのような、ごく薄いものを予めポイントの接点に挟んでおき、

軽く引っ張るテンションをかけておけば、ポイントが離れる瞬間に「スッ」と抜けるハズです。

そして・・・





c0210640_22475576.jpg

「タイミングマーク」ってのは、

「ここで火花を飛ばして下さい」というのをご丁寧に教えてくれているマークであります。

シャベル後期は「I」ではなく「・」になってますので注意。

これも勘違いしがちなんですが、

あくまでも「圧縮上死点の手前」である事。

「排気上死点の手前」でも、ピストンが1番上になる手前なら、タイミングマークが出ます。

だから、意味を理解してないと混乱します。

排気してんのに火花飛ばしてもエンジンかかりません。

プラグ外してプラグホールを指で押さえクランキングすれば、

(その状態でキック踏んでもいいですし、ケツをジャッキアップしてギヤをトップに入れた後に

タイヤを進行方向に回してもいいです)

指に圧縮を感じられると思います。

圧縮を少し感じたら、そこからタイミングホールを覗きつつ、少しずつクランキングさせる、と。

もっと確実に見るなら、フロント・インテークのプッシュロッド・カバーを外してクランキングし、

プッシュロッドが持ち上がり(吸気バルブが開き)吸気した後に出てくるのが、

真のタイミングマークという事になるワケです。


中にはフライホイールを交換され、年式相応のタイミングマークではない印が出てくる車両もあるので、

一度確認してみることをオススメします。

文章で書くとすげー難しいですが、確実に合わせましょう。

まずはコレが決まってないと、キャブ調しても始まりません。

ダイナミック(エンジン始動後に)でタイミングを合わせるのは次のステップですので、

まずはスタチックで合わせてみましょう。


レッツ・トライ!っつー事でm(_ _)m


[PR]
by lwe31x | 2013-02-15 21:41 | Tech

Valentine's Day.

なんか歯?というか歯茎?が痛くて、ほっぺたが腫れて顔の形変わってきたNoriです。

汚い手で、「なんか変だな」といじくり倒したのが原因でしょうか?

今日はバレンタインなので、

すれ違う人に、「あの人そんなにたくさんチョコもらったのかしら」とか思われないか心配です。


c0210640_22102622.jpg

さあ、今日は四川屋台のパーコー担々麺です。

中華弁当の店ですが、これすげー美味いです。

大岡山駅前にGO!



c0210640_22102922.jpg
「GO!」じゃねぇよというワケで、

45ミッション。

45ってのは750ccモデルの事。

45キュービックインチ、であります。





c0210640_22103328.jpg

45のミッション、フタは本当にフタ。

シフタードラムもケースに組み込まれています。

コンパクトさを追求する余りちょこっと耐久性に欠ける感があり・・・

シフターフォークは曲がりやすいので注意です。

ここでまた「女性に触れるようにシフトして」とか書くと、

ならば、とガンガンやる方もおられると思いますので。

あくまでも、ソフトに。




c0210640_22103528.jpg

ハンマー持ってるとなんか怖いス。



c0210640_22103788.jpg

ボス、バルブガイド打ち込んでます。

こちらも45シリンダーです。

サイドバルブはオイル下がりが無いので、OHVのようにシールを打ったり、

テーパーに削ったりはしなくてOKです。



c0210640_22104079.jpg

一応液体ガスケットを塗布した上で挿入。

しかしハーレーのサイドバルブ、整備性良いですね。

こういうところ、メカニック的に惹かれます。

インディアンばかり褒めちぎってた感があるので、

ハーレーのサイドバルブについても、今後掘り下げてゆきたい所存です。


では、ハッピーバレンタイン!!

[PR]
by lwe31x | 2013-02-14 22:10 | Information

Brake.

ブレーキのハナシ。

c0210640_22132925.jpg
最近、ハーレーも100年の沈黙を破り、ブレンボとかニッシンとかになりましたね。

お客様の2008年式ロードキングに乗ってビックリしたんですが、

効くの効かないのって、やっぱブレンボ効くんスよ。

ボクのハイドラの前ブレーキのつもりで握ったらコケるくらいに。


さて、みんな大好きドラムブレーキですが、

今時こんなんをワイヤーで引いてるバイクはありません・・・。

しかしキチンとメンテして調整すれば、ドラムは効くという事を知って頂きたいのです。

コレ言うと信じてもらえない事が多いんですが、

「ドラムブレーキの方がディスクブレーキよりも制動力で勝る」、です。ハイ。





c0210640_22133245.jpg

回転方向に対して食い込むカタチでライニングが開くドラムブレーキは、

板を挟み込む方式のディスクブレーキに比べて効きは良いとされます。

セルフサーボ(自己倍力作用)と言いまして、「食い込み」っつーのはやっぱすげえワケです。

調整されてないモノは、ドラムとかディスクとかいう前に論外ですが。

しかし熱がこもりやすいドラムブレーキは、連続使用時の効きの劣化が早いです。

峠でガツガツやってると、すぐに効かなくなります。

ライニングの減りもバラさないとわからないので、

ブレーキダストが溜まりやすいという仕様を考慮しても、

やはり頻繁にタイヤを外す事でトラブルを回避出来ますね。





c0210640_22133442.jpg

コレが「カッ」っと食い込む訳ですが、

大切なのは「ライニングの全面がドラムに当たるようにする」事。

更に、「チカラを逃がさない」事。

新品のライニングでも、当たる所と当たらない所があっては、本来の制動力を得られませんので、

均一に当たるよう、ライニングを削るなどして当たり出しをしなければなりません。

あとは細いケーブルよりは、伸びない太いケーブル、もしくは伸びづらい素材のケーブルを使うというアップグレード。

更にタブにガタが出ているため、そこでチカラが逃げている場合なんかもあります。



コントローラブルなのはディスクですが、

大型車にディスクブレーキが普及していない事でもわかるように、

生産コストと制動力ではドラムの勝ち!というのを理解して、

カッコイイドラムブレーキで疾走しようではありませんか!

調整はLWEまで!

[PR]
by lwe31x | 2013-02-13 22:12 | Information

Improved Heads.

c0210640_22482955.jpg

休み明けのウォーミングアップとしまして、

今日は「さつまっこ」のネギラーメン大盛りと豚めし(小)で勘弁してやります。

で、さっき帰宅しまして、明日は雨だからと自分のバイクにカバーをかけてたんですが、

ササッと何かが横切りました。

小さい頭、フッサフサの尻尾、色はこげ茶色で、大きさは猫くらい。

猫じゃないかと思ったんですが、あんなリスみたいな猫は居ません・・・。

そう。「すげーでかいリス」ってのが適当な表現方法なんですが。

サッと茂みに消えました。

一体何なんだ!!! 

超気になる!



c0210640_22483158.jpg
新品のパンヘッド。

ポートのツノが素敵です。



アメリカから届いたニューパンヘッドは、バルブも組み込まれ、ステムシールも装着済み。




c0210640_22483353.jpg

が、しかしシートカットのみで、やはり擦り合わせされていません。



c0210640_22483524.jpg

勢い良くバラバラにして、擦り合わせ完了。

残念ですが、ステムシールは新品に交換です。

しかしあのリスみたいのは何だったんだろう。

セット長も確認して、一手間かける気持ちが調子のいいバイクを作ります。




c0210640_22483833.jpg
ドンがらインディアン。

エンジン載ってないと、なんだか寂しいっす。




c0210640_22484075.jpg
フンッと持ち上げるボス。

正直コレは持ちたくないです(笑)





c0210640_22484315.jpg

テクがあれば、タンクも外さずに丸ごと降ろす事が可能。

コレ、ちなみにエンジン&ミッション、プライマリーもついてる状態です。

小さいなぁ・・・コンパクトだなぁ。

しかしあのリスみたいのは・・・




c0210640_22484621.jpg

あまりお目にかかれない「真上インディアン」でございます。

カッコ良くてすみません。

風の抜けとか考えてそうで怖いです。

しかしホントにコンパクトっすね。

ちょうどこのくらいでした。あのリスみたいな謎の生き物。

尻尾がファサーって。




[PR]
by lwe31x | 2013-02-12 22:48 | Information

Cold!!

明日は第2日曜のため、弊社定休日となります。

オイル交換等ご検討されていたお客様、申し訳ありません。


c0210640_23583856.jpg

ケースにクランク収めたら・・・

ロッドの曲がりも確認しましょう。

意外と多いぞ曲がってるヒト。




c0210640_23584061.jpg
そして本日も名古屋からお疲れ様中華弁当(笑)

おみやげ、ありがとうございました。

遠路はるばる嬉しいですね。





c0210640_23584222.jpg

H田先輩改め、覆面レスラー「ダイナマイト長崎」氏も中華弁当です。

今は昼食時なのでマスク外してます。

そのスキル、余すところなく発揮して頂けるよう、

自分、サポートさせて頂きますです。



c0210640_23584572.jpg

これはもしかして・・・

M田さんの・・・



c0210640_23584742.jpg

何やら楽しそうですね。

オトナがおもちゃで遊ぶ姿を見るのが好きです。

まだ寒いですが、どこか遠くへ行きたいです。





ヘルメットにカメラ固定してツーリングに行くのが流行っているようで。

クルマにもドライブレコーダー付けてるヒトがたくさんいますね。

LWEツーリングを撮影して編集してyoutubeにアップしてるんですが、

一応誰でも見られる設定になっております。

再生回数も少しずつ伸びていて、中にはコメントが書かれてたりする動画があったり。

誰かが観て、「またバイクに乗ろう」というキッカケになったのでしたら嬉しいです。


理由もなく乗り始め、気づいたら降りていた、と。

どんな理由があったとしても、

心には焼き付いているはず。

それは、離れれば、離れる程に鮮明に。
[PR]
by lwe31x | 2013-02-09 23:57 | Information

Senpai.

c0210640_251922.jpg
緑が丘の「錦」です。

洗足の駅前にあった錦がなくなってしまい、非常に辛い日々を過ごしました。

しかし緑が丘の駅近にも発見し、小躍りした次第であります。

大盛りプラス半ラーメンで、夜中まで乗り切れるポテンシャルを発揮。

米最高!米最高!





c0210640_252285.jpg
「ミルクティの減りがめちゃめちゃ速いんですよ」とは、商品補充に来た業者さんのお言葉。

気を利かせてミルクティが2列になりました。

あざっす!あざっす!

アレっすよ、オレだけが飲んでる訳じゃないっすよ。

7が揃えばもう一本な自販機なんですが、

ただ一人当てた方がいらっしゃいます。

以来、誰も当たりません・・・。

寒い雨の中、ピピピ~ってスロット止まるまで待ってる自分が少し悲しいです(笑)




c0210640_252512.jpg
そして、「魂を抜かれる」とばかりに写真を嫌う先輩を、見事捕らえた1枚がコレ。

ロウ付けに集中しているので、滅多なことではブレません。

溶接とは異なり、「規模のデカいハンダ付け」みたいな感じっす。

しかし、職人の佇まいですなァ。




c0210640_252841.jpg
このクオリティ。

見たこと無いカッコ良さです。

先輩のパンヘッドもカッコイイです。

LWEの従業員は、ボスも含めてパンヘッド率が高いです。

今夜も軽く一杯やりながらのパンヘッド談義。

参考になりました。




c0210640_253043.jpg

コレ、マジですごいなぁ。

さすがです。先輩。

明日もよろしくお願いします!

[PR]
by lwe31x | 2013-02-08 23:04 | Information

Wiseco.

c0210640_21401795.jpg
高級感溢れる、ワイセコ鍛造ピストンであります。

最近、「鍛造」とか「KB」とか、「焼き付く」とか、

そういう類の検索で飛んで来られる方が多いです。

「鍛造って何よ」ってのは過去のブログを見て頂くとして・・・

こんな袋に入ってんですね。

女性ウケも良さそうです。





c0210640_21402039.jpg
c0210640_22224761.jpg

見て下さいこの輝き!

そしてお値段なんと!

鍛造鍛造鍛造ーーー!!




c0210640_21402385.jpg
ワイセコだと、製品のバラ付きはほとんど無いですが、

一応両方測って誤差を確認。

こうやって、予めどっちに入れるか書いておくと良いでしょう。




c0210640_214026100.jpg

今回は社外品のシリンダーかつパンヘッドです。

ダミープレートは装着必至。




c0210640_21402960.jpg
ピストンは、このへんを測ります。

鉄の掟です。





c0210640_21403259.jpg
マイクロゲージに、このようにボアゲージを合わせ、目盛をゼロにします。

つまり、ボアゲージのゼロが、ピストンと同じ大きさというワケです。




c0210640_21403640.jpg
今回、クリアランスはこのくらい取りました。

3/1000インチ、ちょい手前。
7/100ミリ程度が無難かと。

鍛造は、鋳造と同じクリアランスだと焼き付きます。


詳しくはコチラ、過去に書かせて頂いたものです。




c0210640_21404267.jpg

完成したら、ちゃんとピストン入れて確認確認!

こんなクリアランスの物が、すごい速さで動いてるってのは・・・

ピストン様、いつもご苦労さまです。ガンガン回してすみません・・。



c0210640_21404760.jpg

で、ダミー外して測ってみると・・

やはり純正シリンダーよりも歪みが大きい気がします。

詳しくはコチラ。



c0210640_21405075.jpg


今回もバッチリです。

しかし、KBのピストンが焼き付くってのは・・・。

鍛造の方をすごく小さいクリアランスで使ってるんではないかと・・・。

アレ、V-Twinのカタログにフツーに載ってるのは鍛造です。

確かCCIのカタログには、KBの鋳造ピストンが載ってます。

コレは良さそうですね。

今日の新品社外シリンダーは、

ダミー付けずにスタンダードのピストン径と同じサイズに掘ってありました。

シリンダー&ピストン、新品頼んでもそのまま組めませんのであしからず・・・。

ボーリング&ホーニングのご依頼、お待ち申し上げております。


[PR]
by lwe31x | 2013-02-07 21:39 | Information

It Rained Today....

ん~。

結構ワクワクして、朝窓を開ける訳ですよ。


って雨か!!

c0210640_22471743.jpg
ヅラが飛んじゃってるみたいに見えますけども、

そうではなく。

内心ワクワクしつつも、雪かきのことを思って少しブルーになってたのに。

前日からの「積雪激アツ演出」を外した時の、この切なさと言ったら。






c0210640_2253124.jpg
というワケで、前回撮り忘れたバルブシートを一気に3面カットする刃、です。

めっちゃラクなのと、シートの当たり幅を1発でキチっと揃えることが出来るのが強み。

仕上がりも美しいです。




c0210640_2253336.jpg
こういうツールでバルブ径を計測後、

フライスにセットしてカットして行きます。

最後はパンパンパンと擦り合わせればOKのスグレモノであります。










「ヘッドのオーバーホール」と言いましても何をやるのかで異なりますが・・・

例えばオイル下がりで白煙、プラグを20km毎に交換しなきゃいけない的な症状では、

ガタガタになったバルブガイド入れ替えて、シートカットして、

擦り合わせて、スプリングのセット長合わせて・・・という行程になるわけです。

まぁ、こういう症状では、必ず他の部分も劣化してますので、

トータルで見てやった方が良いです。これケチっちゃダメです。



自分でバラして組める方は、ヘッド&ロッカーのみ持ち込みでの修理もOKです。

何なりとご相談下さい。







c0210640_2254471.jpg
c0210640_13161341.jpg


本日は雪の予報に肩透かし食らいましたが、

業者様からの駆け込み加工&修理が多かったです。

コチラ、ベアリングレースをケースに圧入したいが大き過ぎて入らないとの事で、

0.1mmちょい外径を小さく削って欲しいとのご依頼で・・・

ボスはサクサク削ってますが、金属の丸いモンがガンガン回転する部分なので、

モチロンすっごい硬いです。

故に削れてるようでも刃がスリップし、狙った数字に追い込めないという事件が起きないよう、

細心の注意で使用する刃の特性を理解し、削って行きます。

削り過ぎたら終了。

シビアなお仕事ッス。




c0210640_2254712.jpg

旋盤に咥える時に、芯を確実に捉える事が重要なんですね。

例えば0.1mm曲がってセットしたならば、それだけで試合終了です。

真っ直ぐ削れません。

エンジンの修理って、奥が深いなぁ、と。

金属を削る刃物シリーズ、ちゃんと掘り下げると非常に面白いと思います。

ネタ撮り貯めて、いつの日か一気に放出したいです。

[PR]
by lwe31x | 2013-02-06 22:05 | Information

It May Snow Tomorrow.

c0210640_018687.jpg
フライスってすげぇなぁ・・・

って何をやってるのかと申しますと、

極めて見てくれ的な要素なんですが・・・。





c0210640_018920.jpg
ちょっと見づらいですが、クランクケースの皮剥いて、

見た目を純正っぽく・・・

削った後は、鋳物の風合いを出してこーぜ的な加工(??)



どーいう事??





c0210640_0181120.jpg
本日車検で入庫致しましたロードホッパーです。

O様、ありがとうございました。

コチラの車両、株式会社PLOT様が制作しております車両です。

いろいろなラインナップがあるのですが、

こちらのモデルはS&Sのコンプリートエンジン(シャベルタイプ)を搭載。






c0210640_0181454.jpg
ロッカーシャフトのエンドナットは無いし、

ロッカーへ行くオイルラインは無いし、

最初Noriは、「んふぅ」と唸ったものでした。

バラせばいきなりローラーロッカーが飛び出すわ、CVキャブとか付いてるわ、

なにせハイテック。

完全自社設計と謳うスプリンガーや、アルミのタンク等、

輸入車という扱いでありながら各種規制をクリアし、

なかなかに拘って作ってあるのです。





c0210640_018165.jpg
クランクケースももちろんS&S。

このケース、ぶ厚くて信頼性抜群なんです。

が、ですよ。

「どーしても純正っぽく見せたい」とか、

「S&Sってデッカク書き過ぎじゃね?」とか、

そういう方の為に上記のような加工を施しました。

ってワケです。




c0210640_018184.jpg

話は飛びますが、簡易塗装ブースにて(笑)

LWE、なんでもやります!

※集塵器のホース持ってるのはH田先輩です。



c0210640_0182191.jpg

明日の雪にビビりながら、夜はカレーチャーハン食いました。

「ちょっと辛めに」と調子こいたら、

「んふぅ」と唸るほどの辛さに・・・。

美味かったです。

ごちそうさまでした!

明日の朝はコケないように気をつけて!

まぁた雪かきッスね。












最近、「ブログを見て電話したのですが」というお客様が増えておりまして、
内容や、付随する技術的な質問、車両在庫状況まで様々なご質問を受けます。

Little Wing Engineeringの看板背負って書いているという事が、
一体どれ程の影響力をもっているのかという事を思い知らされると同時に、
自分がほんの片隅に書いたような小さな部分にまで目を通して頂いている現状を
非常に嬉しく思っております。

インターネットとそれを取り巻く環境、その状況。
個人的に、嫌いでした。
そして、個人的に、怖いものだと思っておりました。

そこに当たり前のように蔓延る匿名性を笠に着た輩の傍若無人ぶりに恐怖する、というよりは、
何よりも誹謗中傷のターゲットとして確立してしまうことこそが恐怖であると考えていたからです。

それなりの理由がなければ、そのような対象になることなど無いのでしょうが。

知らないふりをして手を出さず、やり過ごすこと。
例えば疲れ果て、小さな無人島で外界を遮断しつつエンジンを組む様な、そんな職人で在りたいと思う反面、
何よりも望むべくは、お客様とハーレーまたはインディアンを通しての楽しみを共有したいという想いであり、
故に、実際にお会いして会話させて頂きたく、更にはご自慢のバイクを見せて頂きたく思っています。

そのきっかけの1つとして、このブログが存在しているのだとすれば幸いです。


子供の頃から2月3日が大嫌いでした。
親父とお袋の結婚記念日で、毎年お袋は泣いていました。
思い出すのも憂鬱な、お袋を元気づける日だったからです。

しかし先日、親父から生まれて初めてケータイにメッセージが届き、
そこには絵文字も何もない、ただただ単調な言い回しで、

「40周年を迎えることができました。たくさん迷惑をかけましたけども、ありがとう。」
と、だけ。
一時は顔も見たくなかった、大嫌いだった親父からのメッセージに、不覚にも目頭が熱くなりまして。

ケータイもインターネットも、無いほうが良かったと思うこともありますが、
本当に何かのきっかけとして、自分が前進するための、飛び込むための手段になるのであれば、
たまには良い物だなと思った次第です。

要は使い方だと思うのですが、
これからも毎日真面目に書いてゆこうと誓いまして、本日の記事をシメさせて頂きます。
[PR]
by lwe31x | 2013-02-05 23:17 | Information