<   2012年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

Spring Cleaning.

c0210640_4211871.jpg
決めた!来年から大盛りはヤメます(笑)

というワケで、すき家の牛丼メガ盛り。

何故か余ってしまった牛丼特盛を少し頂いたので、結果「ギガ盛り」となりました。

おっさんもう、そーいうのヤメないと・・・。

大掃除中にまだお客だったNori青年の写真を見つけたんですが、

超痩せてんの。

意外と大きなショックを受けまして、来年からはちょっとスリムな自分探しの旅に出ます。






c0210640_4212346.jpg
大掃除中に突如襲来、Hammer Sycle代表のハマダ先輩。

知らない人だったら絶対に近寄りたくない感じですが、とても良い先輩です。

非常に真面目な性格からも伺えるように、仕事きっちり。

素晴らしい先輩です。

また飲みにご一緒させてください!





c0210640_4212789.jpg

大掃除は結局日付またいでしまいましたが(笑)、お手伝い頂いた皆様には感謝の言葉もございません。

近くの庄屋で打ち上げの図。

思い切り働いて頂いた2名、来年もよろしくお願いします。


残すところあと僅かとなりましたが、

本年も大変お世話になりました。

それでは皆さん、良いお年を!!!

[PR]
by lwe31x | 2012-12-29 23:20 | Information

Greetings From The End Of The Year.

みなさんこんばんは。

僕の食生活について、予想以上にいろんな方からのご意見を頂きまして恐縮であります。

さあ、2012年もあとわずか。

そう簡単に地球は終わらなかったワケで。

今年の弊社営業日もあと1日となりました。

明日は大掃除と題しまして、毎日お世話になった機械や道具に感謝すると共に、

2階の部品置き場スペースを何とかするという、いわばお祭り的なイベントであります。

毎年、様々な方からのサポートを受けて、このイベントを乗り越えて来ました。

というワケで、今年もよろしくお願いします、ね(笑)



c0210640_0195815.jpg
今年6月より開始させて頂きましたNoriブログも、気づけば半年が経ち。

「営業日は毎日更新する」という鉄の掟のもとに、やらせて頂きました。

途中、入院するというアクシデントにも見舞われましたが、ボスの力強いサポートのもと、

遂に2012年を終えようとしています。

上昇するアクセス数にビビりながらも続けて来れたのは、全て応援して下さった皆様のおかげです。





c0210640_0264042.jpg

たくさん直してたくさん乗って、何よりたくさん食った半年。

これを、皆様へ発信できた事。

ブログを応援して頂いた、たくさんの皆様への感謝でいっぱいです。

正直、リトルウイングのブログというものを、自分なんかが書いて良いものかと悩みました。

100人が見れば、きっと100人の受け取り方があると思います。

見る方によっては気分を害される内容となったり、また、納車を大変お待たせしているお客様には、

非常に苛立たしく感じられる文面もあったかと存じます。




c0210640_041824.jpg

しかし、このようなカタチで、例えばお会いしたこともなく遠方の方と接点を持つことが出来たり、

古いハーレーやインディアンといったオートバイの魅力の断片をお伝え出来たり、

何より、リトルウイングエンジニアリングというショップがどういう店なのかを知って頂く機会をもてた事には、

非常に意味のある行為であったと信じて疑いません。




c0210640_0463991.jpg

今年も、本当にお世話になりました。

至らない部分も多い自分を寛大な心で受け止めて下さったお客様には、感謝の言葉もありません。

修理し、調子を取り戻した愛車に跨るお客様の笑顔が、自分の活力であり、

向上するための強いチカラとなっています。

そして、その日を夢にまで見てお待ち頂いているお客様の、未だ完了していないご依頼につきまして、

我々は大変申し訳なく思っています。

お待たせしているインディアンのお客様とハーレーのお客様、更には外注に出して頂いております

業者様には、このような場で述べるべき言葉として適切でないとは存じますが、

深くお詫び申し上げます。

そして来年が、皆様にとって良い年になりますことをお祈り致しまして、

少し早いですが年末のご挨拶とさせて頂きます。


それでは明日、若干酔っ払ってブログを書けることを楽しみにしております。

大掃除・・・みんな頑張ろうぜ!!(笑)

[PR]
by lwe31x | 2012-12-28 23:11 | Information

Information.

突然ですが告知をば。


弊社、12月30日より1月4日までお休みを頂きます。

1月5日(土)よりの営業となりますので、よろしくお願い致します。

尚、休業中のブログ更新につきましては、あまり期待しないでください(笑)




c0210640_3584147.jpg

さあ、今日の昼飯シリーズ始まるよ!

今日は環七沿いのラーメン屋、「ふくもり」のつけ麺です。

ええ。大盛りです。

辛口のバージョンで、なんか最近食った麺類で一番ウマイっす。

こんなにウマイならもっと早く頼んどけば良かった・・・

中華そばばっかり頼んでたんですが。

もちろん中華そばもオススメです。




c0210640_3584377.jpg

そして、今日の夜ご飯がこちら。

環七沿いのラーメン屋、「ふくもり」のつけ麺です。

夜は普通盛り。

辛口のバージョンで、なんか最近食った麺類で一番ウマイっす。

こんなにウマイならもっと早く頼んどけば良かった・・・

中華そばばっかり頼んでたんですが。

もちろん中華そばもオススメです。

「あっ、コイツまた来たよ」的な顔されましたが、いいの。

だってウマイんだもの。





で。
オイル粘度のハナシでも書いてから寝ます(笑)

20W-50、とかって、どーゆーこと??

20Wは低温粘度指数が20であることを表してます。

WはWinterの頭文字。低温側の粘度表示ってコトで。

そして50は高温側の粘度指数を表してます。

このような粘度表示をしているエンジンオイルをマルチグレードと呼びます。おお、そーだったのか。

数字が大きければ、それだけ硬いというイメージでOKです。

一方シングルグレードはSAE50のように高温粘度しか表示しておらず、実は自動車用のエンジンオイルとしては一般的ではありません。

コンプレッサーだったり、なんか農業用のエンジンだったり、現在自動車やバイクに使うなんてあり得ない感じの粘度なワケです。

低燃費!ってのをウリにしてたりする現在のクルマのエンジンオイルは、

0W-20なんてのが当たり前。

それだけ柔らかければ、冷感時の始動性の向上はもとより、更には物理的に掻き回す抵抗も減るわけで。

しかし旧車、特にハーレーに使うには柔らかすぎます。

熱量に応じて必要な油膜を保持できる硬さとは言えるハズがないワケです。

でも!最初から柔らかく、高温時にも出来るだけその粘度を保つ!というのがロイヤルパープルの精神なワケで、

一般的な鉱物油の同じ粘度よりも、冷えてる時は柔らかいです。

つまりは冬の始動性が良いというコト。

バッテリーにも優しいのです。

さあ、年末にオイル交換!


[PR]
by lwe31x | 2012-12-27 23:58 | Information

The Chopper.

c0210640_23494928.jpg

未だ点滴付いてますが、タンクも仕上がり出来は上々です。

ハイトンネルのピーナッツタンクを加工してロートンネル化してます。

「ハイトンネル」と変換すると、「廃トンネル」と候補が挙がりまして、なんだか非常に怖い感じです。

色がイイ(・∀・)!

弊社のストーブに乗ってるデッカイやかんが、丁度満タン入りましたので・・・

クチまでギリギリ入れて10リットル入る感じです。

これなら高速道路もOKですね^^






c0210640_23495218.jpg

ん~~。

絶対取り外せないハンドルが潔すぎてすみません。

一点の曲がりも無い、ストレートパイプ・ハンドルで御座います。

各部未だ煮詰め中ですが、そのアウトラインにウットリ。

クランクバランスと芯出し、トップエンドのオーバーホールに加えてミッションもオーバーホール。

マグネット点火のためキックスピード命。

絶対抜けないよう、キックギヤ周辺の念入りなチェックと組み付けで、

真冬の朝イチも1発始動。

疑う方は朝8時にリトルウイング集合で(笑)




c0210640_23495672.jpg

その昔、ジョー・ハントって誰だよとか思ってましたが、何スかこのカッコイイ部品は。

ケッチンでキックカバー割った事ありますが、コツさえ掴めばどうという事はないです。

あとケッチンで靴が遥か彼方へ飛ばされたこともありますが、

当たらなければどうという事はない(By シャア少佐)です。

フレミング左手の法則と電磁誘導を理解して、今日からキミもマグニート・マスター!

しかしカッコエエのう・・この部品。





c0210640_2350038.jpg

アーリーシャベルのキックカバーの鋳物の感じが好きです。

カムカバーも好きです。

パンに比べて明らかに元気な排気音をもたらすシャベルヘッド、乗った感じも一味違います。

シーシーバーに荷物を縦に積んで、西伊豆辺りまで流したいですね。

陽も暮れる頃、海の見える丘の上、コールマンの古いストーブをポンピングしながらふと見る愛車に・・・。

ああ・・。キャンプ行きたいッス。









本日ご来店して頂きました青年が言いました。

ハーレーが、ローライダーが欲しいです。お金を貯めて、今いろんな店を見てまわってます、と。

よくよく聞けば、StopLight高山さんのFXSに憧れて、と。

ハーレーに乗るきっかけとして全く同じであったウチのボスが、笑顔になる瞬間を見るのは気持ちが良いものです。

フタ開けたらそういう事なんですね。

しかし、幾つになっても誰かに影響を与えることが出来るオトナというのは、非常にカッコイイと思います。

同時に、ちょっと悔しいじゃないですか。

やっぱり高山さんですよ。また高山さんですよ。

「キハラ君、まだまだですよ!」とド突かれそうですが、やっぱりカッコイイもんなぁ。

自分も少しくらい若者に影響を与えられるような、そんなハーレー乗りに・・・

・・・来年の目標は決まったので敢えて言いませんが(笑)走り去る姿、ちょこっと信号待ちしてる仕草、キック踏んでる姿やジョッキーシフトのレバーを、グッと握るところ。

乗ってる方としては他愛もない操作に、若者であった自分は惹かれ、「カッコイイ!」と思ったものでした。

結論、コスプレライダーと、金にモノを言わせたレアパーツで固めたハーレーには、今の若者は全然惹かれない、と。


時代、なんスかね。

いや。そうじゃないと、自分は思うのであります。

ホラ、30代。僕らがカッコ良くないと。

ファッションではなくてスタイルだと。そういうハーレー乗りが、そういう30代が、後世に影響を与え続けなくてはいけないのだと。

こういう世界に、職業として身を置いている自分への叱咤と、いつしかシゴト~となってはいないか?自分、みたいな戒めと、あの頃の憧れと、そういうグチャグチャしたものを考えさせられる1日でした。

イチローは「野球とは?」という質問に、「趣味です」と答えたそうな。

「趣味だからこそ、こんなに一生懸命向上しようと考えたり、常に上を目指す事が出来る」、と。

「無人島に持って行くなら?」の質問に、「女の子」と即答したロッシと同じくらいカッコイイですな。
[PR]
by lwe31x | 2012-12-26 23:49 | Information

Solenoid.

c0210640_23311692.jpg

スターターソレノイドです!

自分、EVOのです!

アホな作りしてます!すいません!

スターターボタン押す、この丸い奴が電磁石により引っ張られる、

スターターギヤが飛び込むと同時に接点が触れる、モーターに電気行く、モーター回る。OK?

つまり、ここの接点が荒れていると、せっかくの13Vをキープしてるバッテリーの電圧が、

ちゃんとモーターまで行かないのであります。

しかも冬の朝イチ、寒いのでオイル硬い、重い、パワー不足・・・。

バッテリー弱くなる、電磁石の引っ張りがイマイチ、更に接点荒れる、の悪循環。







c0210640_23311994.jpg

パチパチと火花を散らしながら銅版が焼けて、接点はご覧の通り。

通常使用において、このくらいの焼けは普通なんですが、

やはり徐々にモーターへの電圧は下がって行きます。

バッテリーとモーターの状態が良いことが、接点劣化を防ぐ一番の方法なんですが・・・。

こう寒いと、そんなことも言ってられないです。

だって寒いから乗る頻度も少なくなるし、チョロッと走ったくらいじゃバッテリーはフル充電されません。

メンテナンスフリーバッテリー用の充電器ってのが、寿命伸ばす近道かも知れません。




c0210640_23312161.jpg

ハイ、丸いのもこの通り。

V-Twinで、ここらへんの接点丸ごと一式がキットになった、リペアキットってのが売ってます。

意外と安いです。

まずは接点を新品にして、バッテリーもチェック。

テスターで電圧はOKでも、ロードテストかけると(実際にセルを使うような負荷を擬似的にかけて、

電圧の落ち込み具合をチェックすることが出来ます)もう寿命の近いバッテリーだったりすることがありますので注意!




c0210640_23312422.jpg

やっぱ新品は違うぜ!

LWEでは、更にスターターモーターのオーバーホルも行っております。

「セルが回らない」「回りが重い」「冬の朝イチ、どうやってエンジンかけるのが理想?」

「暖気はどのくらいするの?」「エンジンオイルはどのくらいの硬さのを使うの?」

初歩的過ぎて聞きづらい質問、そう思ってるのは貴方だけですよ~。

意外と知らない人ばかり。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。

みんな良く知らないんだから、誰も笑いません。

また新しいバッテリー買いますか?それもまたすぐ死んじゃうんじゃ・・・・。

疑問はどしどし、LWEまで。

寒い冬だからこそ、快適に乗って欲しいのです。


あ、メリークリスマス!(笑)

[PR]
by lwe31x | 2012-12-25 23:30 | Information

Only Remaining.

c0210640_22233297.jpg
オイルフィルターが無いINDIANは(リターンラインのエンドに被せるタイプは存在しますが、

オイルの戻りを視覚的に確認しづらいため、あまり使用しません)、タンク内の清掃をこまめに行いましょう。

マグネットにペーパーウェスを巻きつけ輪ゴム等で落ちないようにし、

細かな鉄粉等を取り除くと安心です。





c0210640_2223361.jpg
オイルタンク・ドレンのすぐ下にエンジンがあるので、

このようなオイル交換用トレー(自在に曲がり、カタチを付けられます)を用意すると楽です。

オイルドレンはテーパーネジですので、ガンガン閉め込むとドレンホールを痛める原因になります。

「なんか僕のはガバガバだなぁ」という方は、オイルタンク・キャップを外し上から吸い出すのも手です。

オイル交換後はエンジンを掛け、必ずオイルの戻りを確認してください。

サイドスタンドをかけたままだと、稀にリターンしづらい場合があるのは、

オイルポンプが車体右側に付いている事にも関連性があります。

INDIANはサイドスタンドかけながら暖気するのは禁止にして頂きたいです・・・。






c0210640_22233878.jpg

プライマリーとミッションは通常、後期のモデル以外は繋がっています。

クラッチは湿式ですので、ハーレーで言うところのスポーツスターのようなイメージで差し支えありません。

必ず「鉱物油」を使って下さい。

化学合成油で浸透性の良いものでは、クラッチが滑ります。

ハーレー用プライマリーオイルでOKです。

画像はプライマリードレンが無いタイプ。

まずミッション側のドレンを外す。ミッションケースにもオイルが入っていた事を確認し、次にプライマリードレンを外す。

入れる際はまずプライマリードレンを締め、カバー上部よりプライマリーオイルを入れる。

開けたままのミッションドレンよりオイルが出てくるのを確認し、確実にミッションまでオイルが来ているのを見てからミッションドレンを締める。

あとはレベルチェックホールよりオイルが出てくるレベルまでオイルを入れて完了。






c0210640_22234157.jpg
やはり組みたてはブッシュの削れが多いですね。

エンジンオイル共々、早めのサイクルでオイルを換えた方が良いです。

最近INDIANを扱う店舗が増えてきました。

Noriも実際触るまでは「だいたい同じだろ」とか思ってたんですが、

全然違いました(笑)

構造を理解せずに触れる店があるのも謎ですが、

独自の方法で行う的外れなメンテナンス(とは呼べないと思いますが・・)は、壊す事と同義です。

弊社へのINDIANに対する質問や相談の電話、メールは、毎日絶える事がありません。

変な秘密主義は無いので聞いて頂いて構わないのですが・・・

ちゃんと見てもらいたい方は弊社へお越しください。




c0210640_22234488.jpg
で。

今日はやきそば!

いつもいつもありがとうございます。

今日も美味かったッス!!





c0210640_22234797.jpg

遠目から見ると・・・。

すいません、なんか軽トラと相まって炊き出し感が・・(笑)






c0210640_22235152.jpg

エンジンも無事始動でラストスパート!ですね。

直管2インチ極厚パイプ。ロマンチックな音がしました!

[PR]
by lwe31x | 2012-12-23 22:23 | Information

TERA Chan House.

c0210640_0077.jpg
グッ。イモネジ入ってやがる・・・。

クランクケース、オイルポンプの付く場所です。

1981年から、以前のブログでも書いたと思うんですが、

ポンプの形状と共に穴の数が変わりまして・・・。

このケースは1980年以前なんですが、それ以降もしくはS&Sのポンプが使えるように

穴を追加してありました。

ラッキー!とばかりに後期のポンプを付けようとしたところ。

ん。一応穴がちゃんと通っているか確認。

オイ、なんか塞がってるよ・・。

の、図。です。



c0210640_001050.jpg

コレね。

ガスケットも穴の位置を確認。

ちゃんと確認しないとエンジンに大ダメージを与えるトラブルを巻き起こします。

ポンプ、ホントに怖いので、慎重にチェック!






c0210640_00139.jpg

で、ポンプ取り付けるボルトも前期後期でピッチが違ったり・・・

「なんか硬てぇなぁ」とかブツブツ言いながら、ガンガンねじ込んで行ったりすると最悪です。

年式で変更されている箇所を把握すれば、逆に言えば流用及びアップグレードが可能ってコトで。

パーツリストとにらめっこしながら、よ~くチェックしましょう。







c0210640_001519.jpg

して、非常にムカつくこの外側のリング。

根気とテクでサッとハメたいところですが・・・

この子、なかなかハメさせてくれません。

どーいう事でしょうか。

がんばれ、がんばれ(笑)






c0210640_001814.jpg

本日はTERAさん家にお邪魔してきましたよ~!





c0210640_002089.jpg
一週間煮込んだモツ煮。

すっげぇ美味かったです。

TERAさんありがとうございます。

しかし、TERAさん家、すごく「良い雰囲気。




c0210640_002389.jpg
酒が進みまくって、少し意識が混濁しました(笑)

師走の中の、ちょっと息抜き。




c0210640_00265.jpg

いつもの感じで、いつもみたいに笑って、幸せです。

ウマそうに食いますね、先輩(笑)


[PR]
by lwe31x | 2012-12-22 23:59 | Information

Thank You Very Much.

c0210640_4224220.jpg
最近出てこないとのご要望にお答えしまして、「本日の中華弁当」です。

別にそこの店から何か頂いてるワケじゃないんですが(笑)

お勧めの弁当ランキング上位をキープするボリュームと味は、私が保証致します。

あ、コレご飯をボスに分けてもらってますからね?

こんな大盛りじゃないですよ?

なんか!米が溢れてくるよ!





c0210640_4224414.jpg
そして、U様差し入れありがとうございます。

これのお陰で仕事頑張れました。

お気遣いと優しさが身に沁みます・・・。




c0210640_4224733.jpg
作業も大詰め!

オーナー様に確認して頂きながら、ポジションを煮詰めて行きます。

だんだんと全貌が見えてきて、ドキドキのワクワクですね。

遅くまでお付き合い頂き、申し訳ありませんでした。

差し入れも恐縮です。ありがとうございました!




c0210640_4225082.jpg

そしてお客様でブログ仲間のS様より、今年も頂き物をしまして感謝感激です。

お手製の燻製と、酒!

燻製ってすごく大変そうですが、Noriもチャレンジしてみたいです。

いつも本当にありがとうございます。




このような場で御礼を述べさせて頂くことしか出来ませんが、

皆様方からのお気持ち、毎度恐縮しながらも非常に有り難く思っております。

本当に嬉しいので、茶化す事なく素直に書きました(笑)

今年もあと僅かですが、ラストスパートかけて行きます。

明日はお天気微妙そうですが、皆様お誘い合わせの上、是非遊びに来てください。

では。

[PR]
by lwe31x | 2012-12-21 22:21 | Information

Tank,Photos & Sake.

c0210640_21443626.jpg

おお、これはS山さんのタンクじゃないスか。

E様の秘密工場にてリペアされていました。

しかしアルファベットでNさんとかKくんとかって、「アレかな?」とか「あの人かな?」とか、

いろいろ想像出来て楽しいですね。

まぁ、「O平さん」は読んでそのまま・・・



c0210640_2144398.jpg

で、突然ですが。

誰かロングフォークのPanhead欲しい人いませんか?

詳細はLWEまでご連絡ください。

もちろんバッチリ仕上げます。







c0210640_21444159.jpg

して、この写真。

んん~?

少し昔の写真のようですが、何の写真なのでしょうか?



c0210640_21444491.jpg
コレダ、セルツイン!

コレダ??

空冷2stパラレルツイン125cc 変速段数4段
最高出力 10ps/8000rpm
最大トルク  0.98kgm/6000rpm
最大速度 110km/h

1959年発売。メッキのガソリンタンク。
工具スペースとバッテリーケースになっているサイドカバーを一体に繋ぐ
ジェットラインと呼ばれたサイドビューが特徴的。

世界初の2スト125ccは、スズキが発売したこのコレダなのであります。

で、このカタログのモデルは、みんなの知ってるあの人。

すっげーカッコイイ・・・これはモテモテに違いありません・・・。

ご本人の了承を得て掲載しております(最近このくだり多いな)。

c0210640_21444613.jpg

そして、E様の秘密工場にて塗り上がったタンクは搭載され車検へ。

ん~。

素晴らしい。

メタリックは色合せが難しいのだと思いますが、同じ色が入っているリヤフェンダーと見比べても、

すいません、全然わかりません・・・。

それだけバッチリ色が合ってるって事ですね。

いつも、ありがとうございます。






c0210640_21444920.jpg

濁った日本酒大好きのNoriです・・・・。

Y様、ありがとうございます!

これで正月が更に楽しみになりました。

朝から飲んでコタツでマリオカートとかやりたいです。

さて、あと10日で・・・今年も・・・ぬううう・・

がっ、頑張ります!

[PR]
by lwe31x | 2012-12-20 21:44 | Information

Thanx For Waiting.

c0210640_22383842.jpg

ボスが削りに削ったアルミが、こんなん出ました。

鋳物っぽく見せるテクとか、口径デカいSuper-Eのファンネル形状とか、

明日の昼飯の事とか、いろいろ考えて出来上がったカタチです。



c0210640_22384214.jpg
外装とのマッチング見て若干の変更があるかも知れませんが、

とりあえずこの状態でタンクやフェンダーなどの塗装待ち。

機能性に惹かれるところがエンジニアリングとしての性でしょうか。

この大口径キャブに小さいエアクリーナー付けてる方を見かけますが、

例えるなら「ライス大盛り無料」なのに「ライス小ください」と注文するようなものです。

全然方向ズレた例えに、自分でもビックリです。

要は、勿体無い、と(笑)







c0210640_22384591.jpg
んで、違う車両なんですが・・・。

間違い探し。

さあ、ドコが間違ってるでしょうか?









チーーーン。

赤と緑の線が入れ替わってますね。

何で?どうしてこうなった?(笑)

ちなみに、茶色と紫も入れ替わってますが、これは正常に機能していたのでヨシ!(笑)

たぶん、その辺の微妙な配線が間違いを引き起こす原因かと。

純正配線では、「紫→左」「茶色→右」でウインカー配線です。

覚えておくと便利かも・・・。


で、赤と緑はテールランプの線なんですが、これではライトオンでブレーキランプ点灯、

ブレーキかけるとポジションが光る仕様に。

故に夜はブレーキングを後続車両に知らせる事が出来なくなってしまいます。

「アイツ、ブレーキかけっぱだぜ」的な、チキン野郎だと思われたら癪ですので直しました。




c0210640_22384866.jpg
そしてN様、永らくお待たせ致しました。

慣らしには丁度いい・・・というか寒いスね・・すみません。

じっくり慣らして、ツーリングでは一緒に全開くれましょう!(╹◡╹)





c0210640_22385053.jpg

悪そうなバイクっすね・・・。

エンジンオーバーホール後、初期のアタリ出し及びチェックのため乗らせて頂きましたが、

久しぶりのエイプ、こんなに気持ちいいモノだとは。

寒くてガタガタ震えながらの試乗でも、何故だか遠くへ行きたくなりました。

その昔、ディーラーで当時新車の1998年式ビューエルを2時間試乗して怒られた事を思い出しましたです。








c0210640_22385318.jpg




「むう。ここで、こう。」











c0210640_22485918.jpg



たまにはこういうバイクも作りたくなりました。

電人ザボーガー、リメイク版の車両だそうです・・・。

[PR]
by lwe31x | 2012-12-19 22:38 | Information