<   2012年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

Clips.

c0210640_0543630.jpg


納豆!?チャーパンって何?






c0210640_1331449.jpg
そういえば聞いたことがある。
パンとチャーシュー、ネギや卵などを炒めて作る、中国4000年の・・・




c0210640_0543819.jpg
というワケで、ピストンピンのクリップには色んな種類アリ。

LWEでは脱落防止のため、通常は上から3番目を使います。
一番下の白いのは何かの洗浄剤でも怪しい固形物でも無く、

クリップの代わりに挟むカタチで仕様するものです。
「外れる心配」という点では、皆無。






c0210640_054416.jpg
2重に巻いた、ちょうどキーホルダーのリングみたいなカタチをしたもの。

純正採用されています。
ピストンキットを注文すると、付属してくる場合がほとんどです。
サークリップのタイプに比べて、格段に外れにくいです。入れにくい、という声もありますが(笑)

仮に外れたとすると、ピストンピンがシリンダーを削り、みるみるうちに白煙吐きまくりです。
恐ろしいですね・・・。



c0210640_0544314.jpg
「コレどーやって入れるスか!!!」という問い合わせも多数頂きます。

ピックツール等で入りますが、匠のワザを要するので。

こんな特殊工具を使い、パイプ状のモノに押し込みます。
クリップより少し内径が小さいので、キュッと縮みながら収納される感じ。





c0210640_0544613.jpg

こんな感じです。


んで、ピストンに押し当てて・・・。




c0210640_0544967.jpg
そいや!



c0210640_0545117.jpg

パチンとハマりました。

ええ。油断せずに、ちゃんと溝に収まっている事を確認してください。

マニュアル上では、外側の切れ目が下に来るよう力説しています。
それだけ外れた時のリスクがでっかいのです。
ホントです。







c0210640_1335739.jpg
そんなこんなでエンジン完成!

コレを持ち上げて、ズボンのケツが裂けた事が2度ほどあります。
笑うと重さに耐えられないので、ケツが破けたまま、黙々と搭載するのです。

腰下のみフレームに載せてから、そのままシリンダー、ヘッドと組んで行く場合もありますが、
なんか丸ごと1機ドカンと乗っけた方が、アメリカンチョッパーっぽくて好きなのはオレだけでしょうか。

フレームとのクリアランスがギリなので、神経使いますが・・・。

ってなワケで、明日も晴天ロッドショーの前にメンテメンテ!(笑)

「アイツ30分くらいキックしてるぜ」的な事が無いように、しっかりチェック!

ではまた~。

[PR]
by lwe31x | 2012-11-30 23:53 | Information

Many Questions.

ブログのログイン画面がマイナーチェンジされ、非常に見づらい感じです。
何とかしてください・・・。

さて、AKB48の話題でワイドショーは持ち切りですが、そもそも恋愛がNGなのであって、
「ちょっとやっちゃいました。別に好きとかそーいうんじゃないです」というのなら、
ギリでセーフなんじゃないかと思うNoriです。

だって夢があると思いませんか?
無いですか?すいません。

しかし。それがイタイ内容であれ、マーケティングとプロモーションの手段に転化出来るのは、やはりメディアに露出している方々の強みではないでしょうか。


それはさて置き・・・。

先日、1通のFAXが届いておりました。
ホームページ上にメールアドレスを載せていないので、たまにFAXによる質問が来るのですが。
手書きの文というのは、なかなかに良いものです。

キーボード叩いてハイ送信、ってのより、真剣味が伝わります。
メールをONにしていた頃は、それはもう毎日のように質問や車両問い合わせが届き、
中には名を名乗らない方、更にはハンドルネーム(笑)の方までいらっしゃる始末で・・・。

昔、コンビニのバイト面接を担当した時に、証明写真の欄にプリクラを貼ってきた女子高生が居たのを思い出しました。
まったく何を考えているのやら。
すごく可愛かったので、採用しましたが。

c0210640_2151107.jpg
地方のお客様がいます。
関西、中国地方、さらに東北・・・。

直接LWEにご来店出来ないお客様には、お電話等で対応させて頂きます。
陸送等の手段を使い、修理したい車両を運んでくれるお客様もおります。
エンジン降ろして送って下さるお客様もおります。

その熱意を裏切ることの無いよう、誠意をもって対応させて頂きます。

また、遠方であっても、弊社で車両を購入して頂いたお客様には
出来る限り直接納車させて欲しいのです。
操作方法も複雑なヴィンテージを、陸送で「ハイよろしく」ではちょっと・・・というのが
理由です。





c0210640_2272557.jpg
よくある質問としましては、
「INDIANのスペアパーツはありますか?」という質問。
V-twinのカタログにはほとんど載っておりませんが、
チーフ1台組めるくらい、新品の社外パーツがあります。
無い部品は作りますので、現状、半永久的に修理して乗り続ける事が出来ます。
これは、ハーレーと何ら変わりません。

更に、「他所で買ったバイクは修理してもらえますか?」という質問。
これに関しましては、そう言って頂けるだけで幸せです。

自分が購入した店の悪口と共に、ボコボコのバイクを持って来られる方もいらっしゃいます。
語弊を招くといけないので先に断っておきますが、「保証を謳う商品を購入したのであれば」
一向に調子が回復しないバイクに憤る貴方は、決して悪くありません。
しかし、大変恐縮なのですが、それを購入したのは貴方です。
乗り続けたいのであれば、お手伝いさせて頂きます。

LWEは修理屋ですので、どこで購入されたバイクであっても、修理させて頂きます。
弊社の納車整備レベルにつきましては、それこそが修理屋の本性発揮と肝に銘じるよう教育されておりますので、ご安心くださいませ。





c0210640_22202576.jpg
「ヤフオク、もしくはイーベイで、気になる車両があるのですが・・・」

すいません。コレ全然わかりません。
基本、海外から信頼出来る人間を通して仕入れを行い、機会があれば出来るだけ現車を確認してからの
輸入をしておりますので、写真だけではわかりません。
吉と出るか凶と出るか。ギャンブル好きな方以外は何ともお答え出来かねます。
ただし、修理は致します。
ベース車両として、くらいに思っていた方が、ダメージは少ないかと思います。

某誌にて掲載された個人輸入の記事は、オーナー様が英語を話せることと、購入先が有名なINDIAN屋だという事を、もう一度良く踏まえた上で読み返してみてください。

更に掲載内容には、オークションが出品者の希望価格で落札されなかったため流れ、
その後、そのINDIAN屋と何度も何度も直接連絡を取り、不安な部分は質問し、
結果納得する条件で輸入した車両だということがフワッとした感じで掲載されているよう感じます・・・。

車両の程度が良かったのは、単なるラッキーでしょうか?


様々なご質問を頂きまして、ありがとうございます。
また、是非お店に遊びに来て頂ければ幸いです。
お待ち申し上げております。

[PR]
by lwe31x | 2012-11-29 22:47 | Information

Thanks Daichu-san

c0210640_2103514.jpg

c0210640_2103926.jpg

c0210640_2104454.jpg

c0210640_2104838.jpg

c0210640_2105291.jpg

c0210640_2105659.jpg

c0210640_211089.jpg

c0210640_11295750.jpg

c0210640_113018.jpg

c0210640_1130662.jpg

c0210640_11343726.jpg

c0210640_18112730.jpg

c0210640_18142349.jpg

[PR]
by lwe31x | 2012-11-29 02:07

Material.

カスタム車両の製作には

鉄やらアルミやらの材料が必要です。

エンジン内部の部品では無いので、必要以上に強度を求めた材料は要らないのですが・・・

「板を切り出す」「炙って曲げる」などの加工が必要なのと、

何より命を預けるオートバイの部品ということですので・・・。

「厚み」や「溶接方法」による部品の安全性が求められるところです。



c0210640_23161527.jpg

デカ過ぎるので、加工しやすい大きさに切ります(笑)

サンダーでは「金の卵」を何枚使うかわからないので、(金の卵はサンダーの刃の商品名です)

酸素使って溶断溶断ンン!!






c0210640_23161747.jpg
要は「溶かして液体にした金属を、吹き飛ばしてカットする」の図。

別にブログに載せるほどの高等技術ではないのですが。

画がキレイなので載せときます。

ボスは鼻歌混じりです。




c0210640_23161921.jpg

ハイ、使いやすい大きさにカットできました。

ちなみに、6mmの鉄板です。





という事で気になるシリーズ。

浅間ピストン様より、勝手にパクってきました。
ピストンはこうやって作られるんですね。

c0210640_0232596.gif


・・・・・ん~。



c0210640_0243112.gif


えっ?ちょっ、コレ、全然わかんない(笑)
おばさんがリングまでハメて出荷するのですね?
ん~・・「ガガッ」とか「ザッ」とかじゃ・・・。
そこ一番知りたいトコなんですけど・・・・。
勝手にパクって来て、ナンなんですけどもね。





要は、皆さんが使っている「フツーのピストン」は、このような「鋳造」のタイプ。
対して、ワイセコなんかに代表される、「鍛造」ピストンがあります。

「型に流して冷やす」鋳造と、「型に入れた後、何トンもの圧力を掛けて押し出す」鍛造というのが、製造行程の違い。

「どっちがいいの?鍛造でしょ?」という質問が多い気がするので・・・


「鋳造」ピストン。長所と短所。

☆大量生産に向いているので、鍛造より安い。

☆高圧鋳造などで、最近では鍛造のような強度を持たせる事も可能になった。

☆鍛造に比べて、ピストンクリアランスを小さく出来る。

★圧縮バリバリに上げて、レース用燃料などを使うシチュエーションでは、強度的に不満。

★「ボクのはワイセコだから」というハッタリが効かない。


「鍛造」ピストン。長所と短所。

☆強度があるので軽く出来る。

☆強度があるので、鋳造よりも更に高圧縮のピストントップ形状へと加工可能。

☆「鍛造ですけど、何か?」的なハッタリが効く(効くのか?)

★「軽く出来る」とか言ってるけども、特にハーレーのは量ってみるとそれほど軽くないと、思う。

★「強度がある」イコール「密度が高い」という事で「熱による膨張率」が大きい。
 ゆえに、鋳造よりも冷間時のピストンクリアランスを大きくしなければならない。
 という事は、暖機運転をしっかりしないと、「クリアランスでかい」という事で、
 オイル上がったり音が出たり。ちゃんと暖気しないと最悪ピストンが抱きついたりする。

ハイ。
「良い子は鋳造で」。というお話でした。
近所の目を気にしながら暖気もそこそこに、
休みの日にツーリングへと出かける僕らが・・・。

わざわざリスク背負って鍛造ピストンを入れる必要性が無い、と。

「それでもオレは、速くしたいんだ」というお客様には、バキバキにハイコンプな鍛造ピストンを入れて差し上げます。
壊しても、泣かないように(笑)

[PR]
by lwe31x | 2012-11-27 23:15 | Information

Winter has come.

おっす!オラNori!
なんか超寒いっす。
バイク乗るヒトには厳しい季節到来。
エンジンには優しいですが・・・

ちゃんと暖気してね~!


c0210640_101360.jpg

ウワサの80キュービック、ボンネビル仕様。
ボス試運転の図。

「超速い。」とは、ツーリング冬季休業の間に、こっそり自分のエンジンチューニングを試みたいという
ボスの願望の表れでしょうか(笑)

相当パワフルみたいです。これ。

早く慣らしを終わらせて、全開にしたいですね。






c0210640_055533.jpg

ん~~。
潔い感じでカッコイイっす。

ボバーもいいけれど、チョッパーもいいっす。

カスタムも楽しいっすね。







c0210640_055109.jpg
年末に向けて。

お世話になった愛車をメンテナンスするのは、

オトナもコドモも同じです。

手下的な野郎どもがサクサクと手伝います(笑)


爺ちゃんに買ってもらった、フロントに仮面ライダーの顔が付いた自転車。

補助輪外して練習中に、壁に激突して顔面大破した思い出が脳裏を過ぎります。

Nori、4歳の思い出。

仮面ライダーになりたくて、毎日長靴を履いてました。

35歳になりましたが、あまり変わっておりません・・・。








c0210640_0551820.jpg

1948年のUL。オーナーさんとお客様。
フランダースに交換して、ポジションもグッと良くなりました。

アメリカで試乗して日本に持って来て、

毎日元気に走っているようで・・・。

このバイクを見ると、広い空を思い出します。




寒いけれど、鼻水拭いながらガンガン走りましょう!
空気の密度も濃くなり、エンジン絶好調!

年末に向けてのオイル交換等、週末は若干の混雑が予想されます。
作業依頼はお手数ですがお電話頂ければ幸いです。

さて、来週末はホットロッドショー。
また一週間、気合入れて行きましょう(^_^)

[PR]
by lwe31x | 2012-11-25 23:54 | Information

Party night!

c0210640_133145.jpg
風が吹くと桶屋が儲かる、じゃないですが。
寒くなると電装系がイカれます・・・。

これはスターターソレノイドの接点です。

見事に焼けてます。




c0210640_133490.jpg
寒くて硬くなったオイル、弱ったバッテリー。

「ギュッ・・」と言ってから一呼吸置いて回り始めるスターターモーター。

回らないのにスターターボタンを押し続けると・・・

負荷がかかって簡単に焼けてしまいます。

最悪の場合溶着してしまい、通電しっぱなしになる恐れも。

元気なバッテリーで、モーターやソレノイドの寿命を伸ばしましょう!




c0210640_133649.jpg
で、寒いのでテラさん家で鍋!

カワイイ感じのストーブには、カレー鍋が。




c0210640_13399.jpg
オシャレなオウチに、暖かい鍋。

冬はニガテですが、鍋と日本酒と牡蠣は大好きです(笑)




c0210640_13427.jpg
箱入り生牡蠣を狂ったように喰うの図。

Uくん、今年もありがとうございます。

Aさんと牡蠣剥きについて熱く語りました(笑)




c0210640_134491.jpg

名古屋からKくんも参戦。

「笑顔教室」を開いたら、生徒めっちゃ集まるであろう良い笑顔。

冬は大勢で囲む鍋に限りますね。

[PR]
by lwe31x | 2012-11-24 23:02 | Information

Omelette rice.

寝る前に読まないと不安になると評判のNoriブログ。

今夜もまた、楽しんで頂けたなら、これ幸いです。


今日は昼飯を外に食いに行ったのですが、
店の作りを見てボスが言いました。

「カウンターは、店を入って右手にあるのが良いらしい」、と。

ニンゲンは無意識に右へと行きたくなるらしいのですが・・・。

気になりまして調べましたところ、残念ながら詳細不明であります。


が、いくつかカウンターに関連する記述は見つけました。

『バーや居酒屋へ入ったら、店の人が、「ボックス席にしますか?、それともカウンター席にしますか?」と聞いてくるものですが、そのときに、彼が「カウンター席でいいよ」と言えば、あなたに対して大いに脈があり、親密になりたいと思っているのは間違いありません。』

いや、ボックスだろーがカウンターだろーが、誘った時点であなたに対して大いに脈ありです

布団かベッドかの違いくらい、些細なモノではないかと。

『一般的に人の表情が左右全く同じということはありません。心理学の考え方でも左半面が本音、右半面が建前とされていて、左半面の表情が裏の顔、右半面が表の顔となっています。
ですので男性の左側に座ることで、彼の本音を読み取る事が出来るのです』


・・・右側にも滲み出てそうなので気をつけます。





c0210640_23125118.jpg
というワケで、個人的にミッションのオーバーホールが大好きです。

「一箇所を100分台まで追い込んでも、トータルのバランスとして良くなければ意味が無い」

素晴らしいお言葉です。
全体を見て、良い状態に持って行くのが勘どころ。
頭でっかちのマニュアル野郎にならないように気をつけます。
カウンターでもボックス席でも、要はその後が良ければOKって事ですね。わかります。



c0210640_23125442.jpg
昨日のビューエルのレーサーと比較してみてください。

走り出したらトップにブチ込んで、延々と続く道を走り続ける為の耐久性、パワーの出方。
実にアメリカン。

北海道に持ち込んだパンヘッドが、異様に調子良かったのを思い出します。

いつかまた、2ヶ月くらい滞在したいです。







c0210640_2313262.jpg
そして、昼飯。

オレが作るオムライスの50倍はウマかったです。
トマトケチャップとデミグラスソース、自作してみようと心に決めました。


・・・毎度、引き出しの多さには頭が下がります。
また教えて下さいね。
ごちそうさまでした!





c0210640_2313877.jpg
デザートも極上。
コーヒーゼリーの上のソフトクリームが、さほど甘くないのがマル。

えっと、コレは何のブログ?(笑)





c0210640_23131167.jpg

ワケあって、夕飯はコレ。

オムライスとハンバーグとカレー。

子供か!
[PR]
by lwe31x | 2012-11-23 23:11 | Information

XBRR.

明日は雨だということで、そんで寒いということで、
みんな家でハーレーダビッドソン&マルボロマンでも観てるんじゃないかと思いますが。

LAに初めて行って、INDIANの神様みたいな方の工場を訪ねた時に知ったんですが。

アメリカって、鉄錆びないのね(笑)

サンドブラスト打ったシリンダーとかが、そのまんま置いてあるワケですよ。
日本じゃ速攻で真っ赤に錆びるようなのが、全然錆びてない。


c0210640_23585818.jpg
あのFXRのタンクには、そういったヒミツがあったんですね。

のっけから、どーでもいいハナシですが。




さて、今日は超個人的趣味のハナシでも。

基本、「速くなくちゃオートバイじゃない」と思ってるNoriですが、
「だってパンヘッドそんなにスピード出ねぇべ」と突っ込まれようが、
「オレのバイクは速い」むしろ「速くなくては」と考えます。

絶対的なスピードが欲しければ、カワサキのお店でZX14Rでも買えばいいのですが、
ここで声を大にしたいのが、絶対的と真逆の意味になる、相対的に、という意味合い。

初めて乗った、原チャリのスピード感。
ノーマルのSRにドキドキした、あの夏。
「なんだよゼファーχって」と、重いネイキッドの40馬力そこそこに酔い痴れた頃。
フロントが頼りなくなり、慌ててシフトアップした88のNSR。

全ては、あの疾走感の為に。

良く、「ハーレーはゆっくり走っても楽しい」と言いますが、間違ってないと思います。
でも、メーター振り切るほどに全開くれてる時の楽しさは、チョット国産には無いとも思います。

で。


c0210640_012224.jpg
空冷OHV最強最速。
ビューエルXBRR。
正直、このエンジン欲しいです(笑)





元々はハーレー社で働いてたエリック・ビューエルさんが、
ハーレー社のバックアップを受けて作ったオートバイ、ビューエル。

このレーサーは、三日三晩寝ないでデータ取りして完成したというカウリングだそう。
いや、3日で作ったという意味ではなく(笑)
そんでカラーリングはとりあえず置いといてください(笑)

もともとTZR250のシャシに、いじくり倒したスポーツのエンジンを載せようという、
「先生、やめてください」的なプロジェクトが発端だったようで・・・。

市販車両であるXB12Sの1,320mmというホイールベースは、
実にホンダのマグナ50と同じ寸法。気合入ってるゥゥゥゥ!

マスの集中を最優先したために、フレーム内にガソリン、
スイングアーム内にエンジンオイルという奇妙な構造を持ち、
「どんだけ曲がりたいんだよ」というヤル気まんまんな車体に、意外と心を動かされます。

c0210640_0312893.jpg
これ、超気になってたクランクの画像。
うわぁ・・・。
楽しそう・・。





c0210640_0322689.jpg
で、やっぱり燃焼室もこうなる。
これはチョット、「スポーツスターのエンジンでしょ?」とか気安く言えない感じですね。




9000まで回って、150馬力。
OHVだってここまでやれるのか的な、非常に興味深いエンジンです、ハイ。

フランダースやバードフォーク等にしか興味ない方にはツマラナイ内容だったかと思いますが、
コレは男のロマンです。絶対。


[PR]
by lwe31x | 2012-11-23 00:45 | Information

Doraemon.

c0210640_23381346.jpg


「またミクスチャー・スクリュー抜かれてる・・・。」

「一体誰がこんなお手軽かつ悪質なイタズラをするんだ!」





c0210640_23393325.jpg

「よいしょっと。」

「ドラえもん!」

「明日ツーリングなんだけど、何を持って行ったらいいかな?」





c0210640_23414845.jpg

「どうせ使えない工具をお守りみたいに持って行くなら、

クレジットカードだけ持って行けばいいんじゃないか?」





c0210640_23434095.jpg

「それヒドくね?」

「なんかメカニックお勧めの車載工具とか無いの?」





c0210640_23452665.jpg

「オマエなんか、プラグレンチとプラグだけあればいいんだよ。」





c0210640_2347991.jpg

「レギュレーターがパンクしたらどうすんのさ!」



c0210640_23481013.jpg

「どうしてレギュレーターがパンクしたってわかるのさ。」

「テスターのプラス&マイナスをバッテリーの端子にそれぞれ当てて、
2000回転付近で一定にしつつ、約14Vを振っているか見れるのかい?」




c0210640_2351546.jpg
「そうやってチェックするのか・・・」
「じゃあ電圧が上がらなかったらレギュレーターを換えればいいんだね?」




c0210640_2354372.jpg
「ステーターが壊れてたら、レギュレーター換えても意味ないよ。」

「シャベルなんかのステーター・コイルは交流を発電するから、
端子にテスター突っ込んでアンペアを見なきゃ。」

「ダメだったら使い切り覚悟でバッテリー買って、電池仕様で帰っておいで。」





c0210640_2357492.jpg

「ステーター逝ってたら、レッカー呼ぶ。」
「50kmまで無料のに入ってるから・・。」




c0210640_23593492.jpg

「そうやって、スペアパーツを交換するためにどんな工具が必要なのかを考えれば、
おのずと必要な車載工具が絞られるよね。」

「ボクの110キュービックのウルトラはコンピューターだらけだから、
持って行くのはクレジットカードだけだよ。」





c0210640_015166.jpg
「トラブルシュートが出来ないと、諦めのタイミングすらわからずに、
闇雲に全ての電装パーツを交換して何が悪かったのかさえ分からないままだね。」



c0210640_061431.jpg

「明日のツーリング、最低ヘッドガスケット交換出来る工具持って来いよ。」

「ちゃんと直さないと、ジャイアンのEVOは何度もヘッドガスケット抜けてるじゃないか・・・」

「なんだと!?俺のシリンダースタッドが伸びてるっつーのかよ!?」






自分で書いててワケがわからなくなりましたが、
また明日(笑)

みなさん、ごきげんよう~。

[PR]
by lwe31x | 2012-11-22 00:13 | Information

Panhead.

みなさんこんばんは。

本日は良いお天気で、しかし冬の足音も一層近くに聞こえるようになり。
「ああ、今年終わっちゃうぞ」みたいな強迫観念症に悩まされる日々で御座います。


初めてLWEにお越し頂いたお客様が、「ブログ見てます」と言って下さいますと、非常に照れます。
今日もINDIANを見に来られた方とお話させて頂いたんですが。
変な感じですよね。
コレ見られてるって・・・。

遠方からお越し頂きありがとうございました!

・・・照れると言うよりは。
なんかベッドの下のエロ本が見つかってしまった時の切なさに似た、
「これからは、ちゃんとしよう」という反省の色の方が濃いでしょうか。

まあ、あまりにも真面目にというのはガラじゃないので、これからも気楽に書かせて頂きます。



ハイ!
最近インディアンばっか書いちゃったので、たまにはハーレー(笑)





c0210640_23213615.jpg
ホラホラ、なんかちっちゃいですケド、パンヘッドですよ。
初めてのアルミ・ヘッド。初めてテレスコのフォークが採用されたモデルでもあります。
更に油圧でタペットクリアランスを調整する高級なシステムや、
改善された(?)オイルライン。
「金持ってんド!!」というアメリカの時代背景がモロに出た、
憧れの'50s。

「FLH」!ってのも、パンから。





c0210640_23214848.jpg
シュワちゃんじゃないよ。デフォーだよ。
というワケで、映画「THE LOVELESS」。
1955年のハイドラグライドは、気合入れまくりのハイパフォーマンス仕様。

1954年で「50周年アニバーサリー」をリリースしたのに、
翌年には更にカムとかケースベアリングとかピニオンとかを変えて来やがりました。
それに加えて55年だけポート研磨してたり、ちょっとヒドくない?と思うのです。
54年のハイドラ・オーナーとしては(笑)

50周年アニバーサリーって、一体何なんだよ・・・。






戦争が終わり、一気に加速するアメリカの経済。
1955年というのは特別な年なのか、ハーレーだけに留まらず、クルマなんかでもこの年を堺に
劇的に変わっているモノが多いですね。

毎年色んな事を試してる感があるパンヘッドは、正直おりこうさんとは言い難いメカニズムですが・・
間違いなく当時最先端な材料と機構、「俺、やってやんよ」という前向きな姿勢が大好きです。

細かに改善(?)され、同じように見えても何種類ものパーツがありますので、調べてみてはどうでしょうか?(教えてくれないのかよ・・)

みんなみんな、パンヘッドに憧れたものです。
ボスも昔はパンヘッドでした。
ハマダ先輩もホンダ先輩もパンヘッドでした。

チョッパーでもストックでも、チョット高嶺の花、ハンドシフトにドキドキです。








c0210640_231950100.jpg


というわけで、13年前のダベンポート。
懐かしのハイドラグライド。50周年アニバーサリーモデル。







c0210640_23195258.jpg

というワケで、まだ若かったボスとボク(笑)

なんか、超痩せてね・・・??

後ろにチラっと、ロン毛のU野くん・・・

みんなみんな変わったのかな・・。

でも乗り続けている事、乗り続けられる幸せ。

[PR]
by lwe31x | 2012-11-20 23:19 | Information