<   2012年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

Mazda.

いやあ台風すごいっすね。

オレん家、全壊しそうです。マジで。


c0210640_20234677.jpg

みなさん~お元気ですかァ?

大きなオトコの小さな車シリーズ。






c0210640_20284225.jpg

マツダが作った初めての乗用車とのことです。

可愛らしさ満点。

車体の規格もさることながら、このデザインは非常に素晴らしいですね。





c0210640_20323953.jpg

内装も素敵です。

でも後部座席には狭くて乗れそうにありません・・・。





c0210640_20335856.jpg

可愛らしい・・・




c0210640_20343512.jpg

この「ナショナル」のロゴ、すっごい懐かしいです。






え?

モチロンありますよ。

みんなが欲しかった写真(笑)









c0210640_2036496.jpg




ハイ。

ボス、シンクロ率120%です。





c0210640_20461360.jpg

V型2気筒、360cc。

16馬力ほどの出力ですが、必要にして十分。

エンジンフィールは最高です。





c0210640_20485873.jpg

INDIANも同じコイルですね。




c0210640_20505728.jpg

これはもしかして・・




c0210640_20514490.jpg

この穴からシャフトを通して、クランキングさせることによりエンジン始動可能らしいです・・。

キックスターター付き、みたいな(笑)




c0210640_20541452.jpg

失礼な言い方かも知れませんが、ご年配の先輩方がですよ、趣味のレベルを通り越して乗り物だけじゃなくホントに様々なモノの修理をしたり、レースで優勝したり、一緒にツーリングに行って100マイルで巡航したり。
ホントにホントに頭が下がるばかりです。

ファッション雑誌みたいなモーター誌読んで得た知識と、ネットでググッた結果だけを鵜呑みにする。
文字通りファッションの一部として乗り物に接し、古いが偉いみたいな風潮が根付き、このパーツはアッチが安いとか、eBayだと幾らでしたとか。

免許が無い医者が弄くり倒した患者がやがて死に至る事を知らずに、大切だと謳うその人はもう蘇生出来ない状態になっていて。




金で買ったワケなのでアナタのモノです。
楽しければ全てOK。

でも。

「何がカッコイイか」という基準が存在するのだとすれば、それはきっと、経験を積んでいる事の内包だと。
決してアピールする訳ではなく、しかし滲む。
なりたいな、と、確かに思う。

そんな、カッコイイ先輩方を見たことがないからきっと、上っ面にシビレる上っ面が量産されるワケですね。

技術と生き様を継がねばと、肝に銘じました。
LWEには、各地から本当にたくさんのジャンルの「そんな先輩方」がいらっしゃるのです。

毎度毎度、偉そうな事ばかり書きまして恐縮です。
次回は北海道でホモのガイジンに絡まれた話でも書こうかなと思っております。

では。
[PR]
by lwe31x | 2012-09-30 21:27 | Information

Sarvi-Car.

c0210640_2254490.jpg

出動!!

出動!!





来るぞ来るぞ~。

10月アタマ、アメリカから車両が届きます。

本日は・・・





c0210640_228133.jpg

ボスが仕入れてきたサービカーを、

あ、写真間違えた。





c0210640_2210538.jpg

1967 GE POLICEです。

For SALEです。

まんまケーサツ車両です。

逃走車両を追尾できるのかとか、そういうスペック的な事は置いといて、

これはそういう使い方じゃないんだという部分を記憶してください(笑)






c0210640_2218238.jpg

ホラ、駐禁を取り締まったり。




c0210640_2220164.jpg

あと、駐禁取り締まったり。




c0210640_22204081.jpg

「あの娘、カワイくね?」

「マジ?どれ?」

「ワオ。取り締まっちゃおうぜ。」





c0210640_22225594.jpg

「あのー!ちょっ、プラグ!プラグがカブったみたいなんですけどー!」




c0210640_2225595.jpg

この佇まい。

サイドカーでポリス的なイデタチのお父さん!

時代はサービカーですよ!





ノーヘルで白バイと並ぶ動画とか、撮れたらアップしたいと思うんですが(笑)

実用はモチロンのこと、店舗の看板車両やデリバリー車両等、

「とりあえず目立ちたい」アナタからのお問い合わせ、お待ち申し上げております。

[PR]
by lwe31x | 2012-09-29 22:36 | Information

Clutch.

いつもご覧頂きありがとうございます。

今日はボスの次女ちゃん1歳の誕生日ということでブログはお休みしようかと思ったんですが、

そーいうワケにもいかないので書くことにします。

Happy Birthday !

c0210640_21322493.jpg

正直もうクラッチとか飽き飽きでしょう?

でも強行します(笑)

プライマリーカバーを外すときは、オイルが年寄りの残尿の如く出ますので。

バット置いとくとGoodです。

※必ずバッテリーのマイナスを外してから作業しましょう。
不意にスターターが回り、指とか挟んで取れちゃう事があります。






c0210640_21434883.jpg

スクリューには長さの違うものもありますので、

このようなモノを自作しますと、相当アホなNORIでも間違えません。

絵心のある方は、リアルなカバーの絵を描いて頂いても可。





c0210640_21464020.jpg

チェーンは「少し緩いかな?」くらいで正解。

キツいくらいなら少し緩いほうが各部ダメージを与えません。

片伸びしていると、場所によってテンションが違うので、

クランキングさせてチェックし、必ず「キツい場所で合わせる」事。

緩い場所で合わせると、元々キツかったところではキッツキツのパンパンですよ。





c0210640_21501715.jpg

コレを失くすと大変なので気をつけて!

失くすと、人生に於いてのいろんなモノまで失くしかねません。

ドカンと飛び出すスターターギヤ及び、せり出そうとするシャフトを受け止めるヒトです。





c0210640_215430100.jpg

真ん中のを緩めます。

グーーッと力をかけず、しっかり支えてガッとインパクト重視で。






c0210640_2157367.jpg

マイナス頭のアジャストスクリューは、緩める前に「軽く」締めてみましょう。

クラッチレバーがパンパンで遊びが無かったアナタは、ココが完全に閉まりきっているハズ。

適度な遊びがレバーにあったヒトは、少しだけ締まるハズ。





c0210640_2232618.jpg

ロックナットを外したら、外径のデカいワッシャーを入れて、また締めます。

デカい径のワッシャーで、スプリングがバラバラにならないように押さえるワケです。






c0210640_2254487.jpg


グイグイと締め込むと、スプリングが縮みます。




c0210640_2264846.jpg

すると、初めてココのナットが緩められるワケですね。

3っつとも外したら、プレッシャープレートが外せます。





c0210640_2283950.jpg

外した順番に置きます。

同じように入れないとアタリが変わってしまう恐れがあるからです。

外したら、パーツクリーナー等で洗浄し、乾かします。





c0210640_22111546.jpg

クラッチ板はカドをペーパーで取ってやる程度で良いでしょう。

減りの酷いものは交換です。






c0210640_22125943.jpg

こんな風にクラッチ板とスチールプレートが張り付いてしまってると、

クラッチが切れるどころの騒ぎじゃないですね。

スチールプレートの切り欠きは、幅の広いのと狭いのを交互に組みましょう。






c0210640_2215383.jpg

元通り全部組み込んだら調整です。

マニュアル上では、ここは「1インチ」となってます。25.4mm。

しかし、ハンドクラッチの場合、1インチまで締め込むと若干クラッチが重くなるので、

LWEではクラッチが滑らないギリのトコ、かつレバーの握りが柔らかい27~28mm程度にしています。

均等になるようにナットを締めて調整してください。





c0210640_22181790.jpg

アジャストスクリューは、優しく締め込み、トンとプッシュロッドに先端が当たってから90度程度戻します。

ここは数字で覚えず、クラッチレバーを握り、実際に遊びを確かめると吉です。

ここで常にアジャストスクリューが締まりきっている状態だと、スローアウトベアリングが壊れます。

調整したら、ガッとインパクト重視でロックします。

クラッチを切り、手でプレッシャープレートを回すと、切れていればスルスルと回るハズです。





c0210640_22223232.jpg

スペシャルヒント。

まっすぐ押されて、プレッシャープレートがまっすぐ出てくれば、クラッチは気持ちよく切れます。

「ナナメに出たり」「クラッチハブとシェルのベアリングにガタがあったり」「アジャストスクリューの先端がナナメに減っていたり」・・・・「プレート自体が曲がっていたり」。
「スプリングのテンションが何個かだけ明らかに違っていたり」・・・・。

原因はたくさんありますね。

仕組みをよ~く理解して、確実にメンテしましょう。

「なんだか不安」な方は、一度手順をご覧になって下さい。

電話でのお問い合わせはご容赦願います・・・。

[PR]
by lwe31x | 2012-09-28 22:33 | Tech

Pump.

格段に下がった気温の中、未だ暖気もままならないエンジンを急に起こさぬよう、静かにスロットルを開ける。

信号待ち、アイドリングは少し高め。

ふと、ビシャビシャという音の方へ目をやると、電柱に片手をついてお姉さんが嘔吐している。


もちろん、平日の午前7時55分に本格的に吐いているお姉さんを見るのは初めてだ。

当然のリアクションというか、青信号を前に、やはり少しだけ固まってしまったのだけれど。しかし。

全員集合!でのカトちゃん以外に、あんなにも洗練された「電柱片手吐き」を見たことが無い僕は、とても感動してしまったのだ。

オトコがドキドキするのに、理由なんか要らない。


もうすぐ35歳。

大人になったものだと、僕は少し誇らしい気持ちになった。






というわけで、今日はINDIAN CHIEFのオイルポンプを見てみましょう。

c0210640_0183994.jpg

左にはポンプギアが収納されます。

右側は、ギヤを介してディストリビューターへ。

合理的かつ美しいポンプ・ユニット。

1948年から、写真のアルミボディへとアップグレードされます。

ちなみにカットアウト・リレーからレギュレーターへと移行し、

スピードメーター・ギアがリヤからフロントになるのも1948年から。

ハーレーは夢のアルミヘッドOHV、パンヘッドへと切り替わる時期です。





c0210640_0501785.jpg

ポンプギヤはこのような配置。

ハーレーは、とかく長いシャフトで動力を取ろうとしていますが、

ポンプにしろデスビにしろ、はたまたプライマリーにしろ、

各部の配置を最短距離でシンプルに設計されたエンジンは、ロスが少なく丈夫です。

ラグジュアリーな外見とは裏腹に、素晴らしいパワーを秘めています。






c0210640_0572734.jpg

こちら、カムカバー。

ここにポンプが被さるカタチで取り付けられるのですが、

非常にシンプル。

右側でポンプギヤを回し、左のギヤでポイントカムを回します。





c0210640_142723.jpg

何らかの異常でオイルプレッシャーが上がり過ぎたときに、

圧力を開放するプレッシャーリリーフは、このような板バネです。

プレッシャーリリーフのトラブルで油圧が下がるといったトラブルは、

ハーレーのようなスクリューの締め込みによる調整も必要ないので

起こり難いのではないでしょうか。






決してハーレーがダメなわけでは無いのですが、

比べるほどに魅かれてゆくメカニズムが、インディアンには確かにあります。

チーフのポンプがどーのこーの言ってるブログも少ないと思いますので、

写真と共にアップさせて頂きました。







c0210640_1171914.jpg

「フェンダーに顔が付いているな。」

「大佐、顔面なんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。」




[PR]
by lwe31x | 2012-09-27 22:16 | Information

Correction Device.

c0210640_0341686.jpg

これは何だろう・・・・




c0210640_0393424.jpg

これはスプリンガーフォークの曲がりをチェック&修正するモノです。





こういうモノを使って曲がりをチェックすれば、あとは同装置に固定して修正するのみです。

すごいですね、これ。





c0210640_139684.jpg

何でも直す、スーパーなE様手作りの装置です。

緻密な設計と精度には、毎度頭が下がりっぱなしです。

これこそ新品を購入すればOKな代物なのかも知れませんが、

金属疲労の限界を超える曲がり角度の範疇であれば、

やはり修正して使用するのが良いでしょう。

直せるというのは素晴らしい事ですね。







そして・・・




c0210640_1591587.jpg

三重の先生宅からお便りが届きました。

どうやら741の配線が、どこかでリークしてバッテリーがすぐに上がってしまうとの事。

しかし自作ガレージが立派過ぎです・・・。





c0210640_224740.jpg

お約束のタンク外して配線チェック(笑)

もうなんか朝飯前な様子が心強いです。

配線をチェックするも異常なし。

更にチェックすると、アンメーターのマウント部にて電気がボディに流れてしまっているのを発見!

さすが先生。アンメーターの端子を絶縁処理して事無きを得ました。

更に「英車慣れ」した過去の失敗から学び・・・・・





c0210640_285591.jpg

「心得」をメモ書きすることも忘れていません(笑)



こんな素敵なバッテリー見たこと無いです(笑)


好きこそモノの上手なれ、といったところでしょうか。

敏腕プライベーター様たちの気合の入り具合、素晴らしいの一言!

[PR]
by lwe31x | 2012-09-26 23:33 | Information

The Prevention.

c0210640_023411.jpg

今日はこんなんとか。




c0210640_031252.jpg

こんなんとか。




しっかしオレ、手が汚いですね。

これね、毎晩繰り広げられる合コンで困るんですよ。

「洗っても落ちないんだゾ」とかクレヨンしんちゃんみたいに言ってみても、

女性からは結構引かれる場面が多くてですね。いや、モノマネに引いてるのそれ?

「魅かれる」だったら良いのですけど。



c0210640_0103224.jpg

 「この手を見てくだされ。ジル様と同じ病じゃ…
   あと半年もすれば石と同じになってしまう……
   じゃがわしらの姫さまはこの手を好きだとゆうてくれる。
   働き者のきれいな手だとゆうてくれましたわい。」






ナウシカ見習って(笑)








ハイ。という訳でですね。

今日のお言葉。

「EVOのキャリパーは限界までパッドを使わない」


これです。

意外と厚いんですよ。パッド。いや、女性に向けて言ってるワケじゃないですよ?


限界まで使うと、ピストンが出すぎちゃうのです。それ、製品としてオカシクね?

出過ぎると、ナナメになって、スタックします・・・。

ブレーキ引きずったり、最悪ロックしたりします。

今回のお客様も、エア噛んでスッカスカになっちゃってました。

よ~く覗いて、危なくなる前に換えましょうね~。

「どっから危ないの?」という方、お待ちしてますぜ。








c0210640_0174911.jpg

さて、タペットローラーがガタガタです。

縦にも横にも・・・。

ローラー部分も虫食いがありまして、このまま放っておくと、

ベアリングがバラけてオイルポンプに噛んで終了的な、

なんとも切ない状況になりますです。





c0210640_020481.jpg

挟んで。




c0210640_0212436.jpg

もんで。




c0210640_0223467.jpg

ヌイちゃうわけです。




c0210640_0231271.jpg

傷だらけのローラ。

(今日のお言葉その2)





c0210640_025404.jpg

ガッとカシメて。




c0210640_0263974.jpg

ハイ、ガタなしのスルスルです。

タペットユニットはもちろん新品も売ってますが・・・。

直せるのに換えること無い、ッスよね?

モチロン、ボディが減っちゃって使い物にならないモノは交換します。

しかし「壊れてバラけたらアウト」な部分ですので、予防交換が必要な部品ということで、

都度新品をブチ込んでたら勿体無いですもんね。





ブレーキパッドしかり、日頃の健康診断が重要なのですね。

早期発見、早期治療!

つまりはコストダウン!

エコロジーなワケですね。

いきなり寒くなりましたが、皆様、お風邪などお召しになられぬようご自愛くださいませ。

[PR]
by lwe31x | 2012-09-25 22:01 | Information

Motor.

c0210640_062134.jpg

死亡しているかと思われたスターターモーター。

モーターって何だ?

知ってるようで知らない、モーターの世界。

スターター・モーターに興味が無い旧車乗りも、ジェネレーターには興味あるんではないでしょうか。





まずはココ↓で勉強してください(笑)

あなたは18歳以上?

YESYESYES!!


NO.





c0210640_0184283.jpg

ハイ。でっかいマブチモーターだと思ってください(笑)

70年代から、フォークはSHOWA、モーターはHITACHI。

日本のパーツ多いですね。

100年守り抜いた自社製ブレーキも、ようやくBremboとNissinに変わり、

性能はアップしたんだろうけども・・・

ちょっと寂しい花一匁。(いちもんめ)

いちもんめ、ってのは花を買うときの単位なんだそうだが、どのくらいの量を一匁というのだろう・・





c0210640_0272939.jpg

コミテーターは旋盤でごく少量削り、一皮剥きます。

溝はヤスリ等で目立てます。





c0210640_0291969.jpg

ブラシも傷だらけだったので・・




c0210640_0304576.jpg

ペーパーで傷を取ってやります。

あまりキツいアールで磨くと、コミテーターにカタチが沿わなくなるので注意。






これだけで、ウンともスンとも言わなかったモーターが回るようになります。

ただし、あからさまに焼けているもの、断線しているものはダメです。

リプレイスのモーターが売っているという状況から判断して、

あまりにも劣化が酷いモーターは買い替えが得策なのかも知れませんが。

直して使えるものは使いたいですね。



セルの回りが重い車両は・・・

①バッテリーをチェック。

テスターで12Vちょい出ていても、負荷をかけるとガクンと下がるバッテリーは寿命です。
LWEでは試験的に負荷をかけられる「ロードテスター」を用いてチェックできます。
※バッテリー容量は重要です。元気なバッテリーであっても、スターター・モーターを回す為には著しく容量が不足した、小さなバッテリーは軽やかにモーターを回せません。
純正のバッテリー若しくは、それに準ずる容量のバッテリーを使いましょう。

②スターター・モーターをダイレクトにチェック。
クラッチケーブルが繋がっているミッションのリリースアームのすぐそばに、モーターのプラス端子があります。
まず、ソレノイドの下側の端子に繋がる、この太い線を外し、元気なバッテリーのプラスを直接繋ぎます(ジャンプケーブル等の太い線で)。
次にモーター本体に同じバッテリーからマイナスを落としてアースしてやればモーターのみが回ります。
この状態だとソレノイドを介していないので、クランキングはせず、モーターのみが回ります。
回りが重い場合は、モーターの不良です。

③スターター・ソレノイドの接点焼け、動作不良をチェック。
ソレノイドの1番上の太い端子(バッテリーに直接繋がっているもの)と、
真ん中の細い端子(スターターリレーに繋がっているもので、純正は緑の配線)を直結すると、
メイン電源、スターター・スイッチ、スターター・リレーを無視してスターター・モーターを回し、クランキングさせる事が出来ます。
①と②をクリアしたにもかかわらず、③でモーターの回りが重いようであればソレノイドの接点不良も視野に入れてください。

①②③全て正常、なのに回りが重い、回らないという場合。
スターター・スイッチの不良、若しくは配線の劣化、アース不良、スターター・リレーの不良などが挙げられます。
しかし、スターター・ドライブシャフトとプライマリーカバーのクリアランス及びアライメント不良、更にはスターター・ドライブギアとクラッチシェルのスターター・リングギアの噛み合わせに問題があり、物理的に重い場合もありますので注意が必要です。
電気系統を全て潰したのであれば、その辺が疑わしくなります。


セル付きは便利だなぁ・・・
せっかく付いてるんだから、元気に回したいものです。

ではでは、また次回。

[PR]
by lwe31x | 2012-09-23 22:05 | Tech

End Of Summer.

ようやく涼しい1日がやって参りましたね。
思えば今年の夏は異常な気温に渋滞朝立ち(ゲリラ豪雨)and more...

間違いなく、貴方のハーレーは大きなダメージを受けています。
というかむしろ、オレが大きなダメージを受けています。

もういいです。夏、もういいです。

夏の終わりの寂しさが好きでした。
森山直太朗のモノマネで、「夏のオ〇ニ~♪」と歌っちゃうくらい好きでした。

でも最近、いきなり秋になります。
大好きな「夏の終わり」が消失し、ボクの心には突然の秋に対応できない困惑だけが残ります。

小説、「彼のオートバイ、彼女の島」にて、主人公のコオも言っております。
バイク乗りにとって、夏の終わりがいかに大切なのか。

まぁ、

c0210640_23452179.jpg

夏の暑さがこんな風にしてくれちゃうワケです。

「食ってる!コレ食ってるよお母さん!!」






c0210640_23454762.jpg
「ウチの子、こんなに痩せ細っちゃって・・・」

ってコレはすごいな・・伸びてるし。長さ(笑)

いきなりジャダり始めた原因はコレでした。

コレです。コレが夏の終わりですね。





c0210640_052440.jpg

ベルトもこんな感じでペロ~ンと。

「キュッキュッ」と鳴いてましたので、いつ切れてもおかしくありません。

切れる、というよりはこの場合、山がモゲます。きっと。

この車両はクローズドのベルトでしたので、熱のこもり具合が相当なレベルに達すると思われます。

ハブ・ベアリングのグリースは溶け出しベアリングは削られ、ベルトは裂け、
いつ走行不能になっても不思議ではないレベルでした。

最悪の事態になる前に、チェックチェック、です。





折角の日曜が雨だなんて、なんだか切ないですが・・・

明日は気温も低いようですので、カッパ着てリトルウイング集合。

問答無用で着いた順にオイルタンクのドレンボルト外しますので、

みなさん夏の暑さで劣化したオイルを交換しましょう(笑)
[PR]
by lwe31x | 2012-09-23 00:25 | Information

Head Bolt.

c0210640_0453961.jpg

あらららr??

もしかして、スロットル急開による「ピッ!ピッ!」って音は・・・





c0210640_0465493.jpg

コレのせいじゃないんですか??

ヘッドボルトのアタマが・・・

どっか行っちゃってますね、K様。






c0210640_0493944.jpg

折れたね!?

親父にも折れた事ないのに!





c0210640_0514613.jpg



開けてみました。

というか、開けられて良かったです。

変なトコで折れてたら、ヘッド外せずにエンジン降ろす事になってましたので(汗)





c0210640_0532128.jpg

丁度、ツラで折れてます・・・

ヘッド外れたはイイんですけど、次なる関門。

アタマが1ミリも出てないので、掴んで回す事は不可能。

しかも結構なトルクで締まってます。

ドウスル!?





c0210640_0562640.jpg

先生はサクサクやるんですが、相当な技術ですよ、コレ。

ナットを溶接します。

折れたボルトのアタマだけに。

間違ってシリンダーまで溶接されちゃうと、泣くに泣けません。





c0210640_0584183.jpg

まっ、回ったぁぁぁああ!!




c0210640_0594960.jpg

ってなワケで、ボルト全部「グレード8」に交換して、完了です。

アタマ削って線は消しちゃってますが。









これでバッチリですね、K様。

次回は弊社ツーリングへのご参加、お待ち申し上げております(笑)

[PR]
by lwe31x | 2012-09-21 23:44 | Information

Fork !

c0210640_22193369.jpg


フロントフォークのなんでだろう~~!!




c0210640_22202798.jpg

フォークシール&オイル換えようとしただけなのに、

インナチューブ曲がってるのなんでだろう~~~。





っつーか、マジなんでだろう。







先生~~!
先生ぇぇぇ~~~~!!





c0210640_2224516.jpg

このくらいで新品注文してたら、修理屋の名が泣きます。

っちゅーことで修正修正ィィィ!

あ、A君の電柱に突っ込んだフォークは修正不能でした・・・(汗)

しかも84年だからどこにもパーツ無いの。





c0210640_22303194.jpg
c0210640_22452037.jpg










あぁ。間違いない。
10トンだ。





c0210640_22492558.jpg

う~~ん・・もうちょっと。




c0210640_22503548.jpg

更にプレス!

良い子は慎重に曲げてくださいね。





c0210640_22522070.jpg

今回は41mm用、「曲げる君」(名称特許出願中)にて修正を行いました。

ボトムケース側で曲がってしまったモノや、

曲がるというよりも折れるに近いものは修正困難ですが、

トリプルツリー側での若干の曲がりはオッケーです。








c0210640_233799.jpg

コレでバッチリ!

これ以上のエコがありますでしょうか?

すいません、エコ・バイクってコトで減税してくれないっすかね?(笑)

修理全般、リトルウイングにお任せ下さい!





c0210640_23195359.jpg

そのための、リトルウイングです。
[PR]
by lwe31x | 2012-09-20 23:22 | Information