<   2012年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

Piston Clearance.

ブタでもわかると評判の、LWE Nori Blog。

今回はシリンダーについてじゃ。

そもそも、ピストンとシリンダーの間にはどのくらいの隙間があるのじゃろう。

あっ、ホグホグ言うの忘れてた。ホグホグ。

このネタ知ってるヒトは、かなり熱心なHot Bike Japan読者じゃのう。



基本、君たちのハーレーには「鋳造された」、つまりは溶かされ型に流し込まれ形成された、アルミのピストンが入っておる。

これは、熱が入ると膨張する。

それを踏まえた上でのクリアランス(隙間)を取る、と。

ここであまり数字を出すとややこしい事になるので、あくまで簡潔に。

0.05ミリくらい(笑)


弊社のシリンダー・ボアゲージはインチ表記を使用しておりますゆえ、通常2/1000インチ、ということはつまり使用するピストンに対して0.002インチ大きくシリンダーの穴を掘ります。これが、ミリに直せば0.05ミリくらい、という事。


するってーと、暖気完了後に丁度いいクリアランスになる。


ホグホグ。


ちなみにS&SやKB、ワイセコなんかの「鍛造」ピストンは、鋳造と違いギッチギチに密度の濃い塊を削り出して作るので、熱が入った時の膨張率が、鋳造よりも大きい。

という事は、鋳造のピストンと同じクリアランスだと焼き付く、と。

じゃあ、どうして鍛造が良いとか言うの?

その1、鋳造に比べて、鍛造ピストンの方が強度がある。

その2、精度が良い。



そのくらいでしょうか。

対してデメリット。

その1、クリアランスを鋳造よりも多く取る事により、要は暖気が済むまではクリアランス過多。

音が出たり、オイルが上がったり、隙間が多い事によりピストンやシリンダーにダメージを与えたりする。

その2、重い。



さあ、果たしてストリートでの使用で、鍛造ピストンを使う必要があるのでしょうか?ホグ。

鋳造で充分、ですね。


でもって・・・


c0210640_06195.jpg

アメリカ帰りのボーリングマシーン。

刃物が回転し、固定されたシリンダーのボアを少しずつ削って行きます。

この時、ダミープレートと呼ばれるものを使い、エンジンが組まれている状態を作ると良いでしょう。

例えばショベルのヘッドボルトは、マニュアル上ではリヤのアクスルシャフト・ナットと同じトルクで締めます。
そんな大きな力で締め付けたら、如何に鉄といえども変形しますよね。

なので、「エンジンが組まれた状態にする」わけです。

それは、語弊があるといけないのですが、つまりは「歪ませる」と言う事。

特に画像のようなエボリューションのシリンダーはアルミですから、さらに変形するわけです。

そのまま掘って、そのまま使用なんて言語道断です。





c0210640_01732.jpg

さてさて、シャカシャカとボーリングしてみると、こんな風にシリンダーが減っている事に気づくハズ。

この傷が取れるところまで、地道に少しずつ削ってゆくワケです。

そうしたら、基本ハーレーは0.010インチごとに大きなピストンが用意されているので、使えるサイズを選択した後に、そのサイズより2/1000インチ大きくなるようにする、と。

ここで重要なのが、「ボーリングしたシリンダーには刃物の傷が付いているので、そのまま使えない」という事。

刃物の傷の深さを考えると、「使用するピストンと全く同じ大きさ」に削るに留め、残りの2/1000インチは「ホーニング」で仕上げるのが必須となります。

そのときに、「クロスハッチ」と呼ばれる「砥石によって付けられた網目」を意図的に残し(その深さは車種によって変わる。ナックルよりもエボと言った方向で網目の傷は浅くて良い)エンジンオイルが付着しやすいようにします。


これは、「冷却」「潤滑」「洗浄」という、エンジンオイルの3大使命を果たすために他なりません。

何故ナックルよりもエボの方が浅くて良いのか、わかりましたね??



LWEでは、「自分でバラしてきました」的なプライベーター様から、「ソッコーで上げてください」的な業者様からのご依頼まで、シリンダーのボーリングとホーニングを受け付けております。

スポーツスターの883から1200へのボア・アップなどもご相談くださいませ。

[PR]
by lwe31x | 2012-08-20 00:38 | Tech

Restoration.

c0210640_213721.jpg

あらららららららら。




c0210640_21374911.jpg

おろろろろろろr。




c0210640_21383878.jpg

大切な大切な車両でした。

昔のように、また走りたい、と。





c0210640_21402557.jpg

しかし。

オフッ。





c0210640_21415100.jpg

なんかハミ出とるし。




c0210640_2142318.jpg

年季入ってますね。





c0210640_21433316.jpg

とりあえず、ムキ身(笑)









そして、リトルウイングによるレストアの日々が続きました。

雨の日も、風の日も、なんかちょっと気分が乗らない日も。

あっ、今日って合コンの日じゃない?みたいな日にも。








ゴゴゴゴゴゴ・・・・・
c0210640_21482740.jpg




c0210640_21494121.jpg

ピッカピカですね。

ピッカピカ。





c0210640_21512618.jpg

おおおおお・・

分解してキレイにしました。





c0210640_21523934.jpg
c0210640_21531135.jpg

この輝き、アナタにも伝えたいです。




c0210640_2154851.jpg

さよなら~!

さようなら~!

そしてレストアされたIndian Scoutは、

韓国のサムスン・ミュージアムへと運ばれて行くのでした。

そういえば、どこにあるんだろう。サムスン・ミュージアム・・・。

いやいや、それは「素敵なサムシング」であって秋葉原です。

[PR]
by lwe31x | 2012-08-18 21:59 | Information

Heat!!

c0210640_225641.jpg


闇夜に浮かぶ、光る顔。



c0210640_2256499.jpg

これは本当にあった世にも恐ろしい話です。






c0210640_2321344.jpg


コイル、割れてるゥゥゥゥゥゥゥリィィィ!!


メインをオンにしたら、コイルから煙出てきたそうです。

他にもコイル飛んだとの報告多数あり。

みんな!気温35℃のトーキョーは、旧車の限界を軽く超えてますぞ。

それはもう迅速にエンジン冷やしてください。

ホントにヤバイですよ。






c0210640_238611.jpg

昨日はハンバーガー屋さんだったのに。

すげえな軽トラ。





c0210640_23105264.jpg

で、「今日のタペットスクリーンさん」は、

東京都にお住まいのAさん。

エンジンオーバーホール後、500km走行。

結構出てますぜ。結構出てますぜ、旦那。





c0210640_23151273.jpg

写真がウマくないですが、機械式レギュレーターの接点不良も勃発。

ダメになったバッテリーは、レギュレーターを誤作動させ、ショートし接点が張り付きます。

これはハーレーも同じです。

「バッテリーのプラス端子は接続されたまま、外したマイナス端子をバッテリーのマイナスにチッチッと触れさせると・・・

パチパチ火花を散らせるのは車体にプラスが流れてショートしている証」です。


セキュリティーシステム等の、メインスイッチがオフでも電源を使っている車両以外は、そのように見分けて下さい。

機械式レギュレーターの人は、たまに接点をチェックしてみましょう。






冬に多いのがバッテリー劣化などの電気トラブルと思われがちですが。

電子機器に熱は大敵です。

最近ホントに暑い日本の夏。

なるべく風を当てて、なるべくヒートさせずに・・・

出来る事なら涼しい時間帯に乗りましょうね~~!

[PR]
by lwe31x | 2012-08-17 23:28 | Information

Hamburgers.

c0210640_045176.jpg

空は秋の彩り。(気温35℃)




c0210640_0464270.jpg

オシャレな人とオシャレなバイクは、

問答無用でアップします。





c0210640_0482019.jpg


・・・・・。





c0210640_0491421.jpg

「お盆とは、ビーフ100%とみつけたり」




c0210640_051877.jpg

「リトル・ノリ・バーガー」(ビッグ)出来上がり!

食べたい人は週末に500円握り締めて、リトルウイングへ行こう!(マジ?)





c0210640_0573792.jpg

軽トラが厨房、ハイ、すごいですね~
軽トラ!

あ、箱の中はビールじゃないですからね。って書くと怪しいですが。

ホントにスプライトです。念のため。




c0210640_0593299.jpg

いただきまーーーす!!





c0210640_102547.jpg

ん~~。マヨネーズが足りないかな。




c0210640_111590.jpg

んがぁぁぁぁ!!!




c0210640_12051.jpg

なんかマヨネーズが足りないかな。





c0210640_125050.jpg

Yさんも食べます!




c0210640_133570.jpg


ラララ~ララ~ラ~ラ~♪
[PR]
by lwe31x | 2012-08-16 22:43 | Information

Indian Primary & T/M.

インディアンのミッションがどうなっているのか、

そのへん気になりますね。


c0210640_1483861.jpg

おお、クラッチサイドはボールベアリング!




c0210640_1503881.jpg


おお。

こっちもボールベアリング・・・。






そりゃあ軽く回りますな・・。

ハーレーで、「こうなってたらイイのに」ってのが実践されてる車両です。

インディアンの真骨頂はソコだと思うのです。

でっかいフェンダーやインディアンの顔が有名ですが。





c0210640_5575573.jpg

プライマリーはこんな感じです。

クランクシャフトとミッションのメインシャフトまでの距離が、

同年式のハーレーに比べて短いですね。

ハーレーは未だテンショナーも無ければカバーもペラペラな時代に・・・さすが。





c0210640_633451.jpg

湿式クラッチです。

大きさこそハーレーより小さいですが、一歩先を行く感じです。





c0210640_610815.jpg

ミッションの部品点数、めちゃくちゃ少ないです。

次回、そこんとこ中心に見ていきましょう!

[PR]
by lwe31x | 2012-08-15 22:47 | Information

Japanese "BON".

c0210640_2358396.jpg

あ~もう。

今日はお盆真っ最中でネタが無いから、

シーシーバー被っちゃおう。


ひらめけ~~。

そういえば、ノリの知ってる「あばれはっちゃく」は

逆立ちではなくブリッジしてました。


※基本、鼻づまりです。






本日ご来店されたお客様、見て頂いてありがとうございます。

「ブログ見てます」と言われると非常に恥ずかしくなるのは何故でしょうか。

常連様でなければないほど、非常に恥ずかしい。

バイク見ていろいろ話したり、少しシリアスな感じの後で言われる「ブログ見てます」は特に。

いくらカッコつけても「この人が書いてるのか」という心情が伝わり・・・

穴があったら入りたいです。

というワケで、


c0210640_0165473.jpg

こんなふうにしてリフレクター部分を削ります。

(既出ネタかよ)




c0210640_0214186.jpg

実は楕円のアウターチューブ。

ここらへんまで落としたら、あとは手作業。

「フェンダーもブレーキもいらねえぜ」というハードコアな方には、

双方のマウントを削り落として差し上げる事も可能です。





c0210640_0261274.jpg

メッキかと思ったとは、

最高の褒め言葉で御座います。







さて、みなさんお盆は帰省ですか?旅行ですか?

ぼく、「毎日が日曜日」的なフィーバーを期待してたんですが。

さっ、寂しいじゃん!

遊び来て下さい。







最近思うのです。

「優作」さん、というお名前の方

もしもこのブログをご覧になっておられましたら大変恐縮なのですが。

アメリカ人に名乗るとき緊張しませんか?
[PR]
by lwe31x | 2012-08-14 22:57 | Information

Mr. Hamada.

c0210640_805265.jpg
江戸川の方をパトロール。

バイクも乗り方も、非常に慣れていて一体感がありますね。

ノリもこう在りたいと思います。


ご来店、誠にありがとうございます。





c0210640_834339.jpg

そしてこれが。




c0210640_843899.jpg

こうなって。



c0210640_851358.jpg

こんなんなったりしてると・・









ハマダ先輩ぃぃぃぃぃぃぃ!!!
c0210640_862238.jpg

ナッコォ絶好調ッスね。


c0210640_811215.jpg


で、ボスと3人で久し振りのオリエンタル。

いつ来ても最高!お世話になります!





c0210640_8133358.jpg

ンマイよコレ!!


ハイボォォル!!







スラング含め、大変為になるお話たくさん聞けましたです。

突然の大先輩のご来店と、ナックルのレアパーツぶりに目が泳ぎましたが、

ノリは非常にお勉強になったのでした。

オリエンタルの店員さんもすごく良い子ばかりで・・・





c0210640_8191851.jpg

ニュータイプばりの反応速度に脱帽。
[PR]
by lwe31x | 2012-08-12 23:54 | Information

Petcock.

むか~しむかし、あるところに・・・


おじいさんと、おばあさんがおりました。

おじいさんは山へ芝刈りに、あの、芝って山に生えてる感じっスか?

おばあさんは何だかガス落ちが悪いみたいなので、

ガスコックを交換しに行きました。

おばあさんが10年そのままのコックを取り外してみると・・・


c0210640_2295846.jpg





なんかすごいサビが出てきました。

おばあさん「すっごぉい(笑)」






おじいさんは心機一転、取れたてのPINGELに交換すると、

ものっすごいガス落ちです。


おばあさん「すっごぉい(笑)」


清掃でOKだとは思うのですが、ゴミはさておき、

劣化して落ちたり落ちなかったりみたいなガスコックが一番タチ悪いです。

ポイント、コイル、コンデンサーにプラグコード、バッテリーにガバナのスプリングまで変えて・・・

電気って見えないから疑いがちなんでしょうが、意外と・・

ガソリン来てないっていうのが原因だったりします。

電気疑う前に、まずはガス落ち、キャブの油面、ジェットは詰まってませんか?



c0210640_2222819.jpg

いやあ、細いのカッコイイ。

ノリも真似したいです。

細いのカッコイイ。

メチャメチャかっこいいッス。

[PR]
by lwe31x | 2012-08-11 22:25 | Information

Keep Out.

c0210640_23444346.jpg


もちろん引き返しましたよ。

だって通行止めですから。





c0210640_2326062.jpg

で、ようやく辿り着いて。

「レッドスネイク、カモン」みたいな現象が・・

若者に分かりやすく言うと、

モンハンの麒麟出ちゃってます。足だけ。


オレ、なんかメッチャ笑顔ですけど。

楽しかったんですね、焚き火。






そういう感じでちょこっと旅に出てました。留守にしちゃってすみません。

これ毎日のアクセス数が減ってないのが嬉しいですね。

本日も、「ブログ全部読んで来ました」というツワモノがご来店されたりして。

書いてる方としては、これ以上のお言葉はありません。

ありがとうございます。

これからも頑張ります。

[PR]
by lwe31x | 2012-08-10 23:58 | Information

Rebuild Kit.

マスター(シリンダー)の、ちょっといい話。


c0210640_014199.jpg


ねぇねぇ、お母さんお母さん、


エアが全然抜けないよ。





c0210640_015338.jpg

おめぇコレ、リビルドキット適当に組んだだけじゃ

エアさ抜げねぞ。



ピストンの長さハァ、ちゃんと測ったんかこんヌケ作が。




c0210640_0194015.jpg

小せぇ方の、フルード送る穴さあんべ?

これカップ(ゴム)のケツさチョコッとかかるぐらいの位置でねぇと。

組んだ状態で小せぇ方の穴、針みてぇな細いモンで突いてみろ。

あっ、こんヌケ作が!もっと優しぐ突けて!

ホラ、塞がってんべ。

ピストンのタッパさ旋盤で少し削って、位置さ調節しろ。
0.1ミリとかそんなもんの場合が多いんで、良い子はリトルウイングにやってもらえよぉ。















c0210640_0274854.jpgだがらオメぇは3日もエア抜きしてんだ。こんヌケ作が。



※製品によってはピストンのハイトにバラつきがあります。
仕組みを理解しないと、リビルドキットが役に立ちません。

キャリパー・ピストンの戻りが悪いものについては、エアが抜けていても上手くピストンが出て来ず(出切らずにすぐ戻ってしまう)レバーのタッチもフニャフニャで効かず、と言う事もしばしば。

そういう場合はバナナキャリパーのボルト4本を少しだけ緩めてレバーを握り、ピストンが出た所でボルトを締めます。

手勘や経験で対処せざるを得ないブレーキシステムに憤りを覚えつつも、仕組みを理解する事で必要にして充分な制動力を得られるのも確かです。

「なんかおかしい」人は(ブレーキが)、是非、診断させてください。

[PR]
by lwe31x | 2012-08-10 23:58 | Information