<   2012年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

After Finishing The Exercises.

c0210640_21151730.jpg

よいしょ、よいしょ。



何を縛っているのでしょうか?





c0210640_2121969.jpg


LWEパーカー(Lサイズは完売Mサイズ残りわずか)じゃないか!!




c0210640_2122526.jpg

特殊任務お疲れ様です!!

ツーリング行きましょう!ツーリング!

またいろんなハナシ、聞かせてください。





c0210640_213029100.jpg


Tシャツも、残りわずかですよ(笑)
[PR]
by lwe31x | 2012-08-30 22:14 | Information

S.Scout.

c0210640_22385645.jpg



チーフのようでチーフでない。




c0210640_224035.jpg

チーフのようで、チーフでない・・・。




c0210640_22405536.jpg


プランジャー・サス付きなのに・・




c0210640_2242188.jpg

激レア、1941年スポーツスカウト。

ちなみに、ChiefとScoutは、チーフとスカウトです。

シェフとスコットではありません。念のため(笑)






c0210640_22443566.jpg

ハイ、こうしてああして、コレがこうなって・・

さすがに左スロットルのハンドシフト。

レクチャー無しでは乗りこなせません。

納車後のこんなアフターサービスもLWEならでは!

「なんかどっかで買って来ました」みたいな方が、

リタード(遅角)したまま走ろうとしている光景をたまに見ます・・。

オペレーションミスで壊してしまっては勿体無いです。





c0210640_22485449.jpg

ホイホイ、発進出来るようになりました。

コツさえ掴めば、自由自在ですね。







正しい操作法、キチンと学んで愛車快調!!
[PR]
by lwe31x | 2012-08-29 22:54 | Information

Excitement.

c0210640_2132121.jpg

ヘッド夏祭り、

佳境を迎えております。

ガイド抜く、ガイド入れる、バルブ通す、

シートカットする、擦り合わせする・・





何せヘッドです。

「調子イイ!!」っつーのも。

「速い!」っつーのも。

バルブまわりは重要です。

「動けばいいじゃん」ってヒトも、

是非快調なハーレーに乗ってみてください。

騙されたと思って(笑)






c0210640_21394125.jpg

そんでこちらはXLのクランク芯出し。

旋盤でも可能ですが、より効率良く芯を出す為に、

芯出し台は必須です。

ピニオン側とスプロケ側で、

やはり2/1000インチ以内に収めたいところ。

芯出しもLWEにお任せください。






c0210640_21444935.jpg

ハイ、ぐるんぐるん。

高速でブン回るクランクですので、

振れが無いに越した事ないです。







最近思うんです。

すごい金額で古いハーレーを買うワケじゃないですか。

そんでこういうマフラーを付けたいとか、

あんなフェンダーがいいとか。

もちろん、みんなヴィジュアル的な部分先行で「乗りたい」と思うハズなので

外装云々のカスタムにお金を使いたいってのは当然。


最近思うんです。

ケムリ吐こうがオイル漏れようが、

調子良いってのは別次元のハナシ。



白煙モクモクでも、プラグがカブらないならOK。

オイル漏れ漏れでも、足しながら走れるならOK。

ガチャガチャ音が出ようが、それなりに気持ち良く、目的地まで運んでくれる乗り物ならば。


ノリが23歳のときに、1954年式のハイドラをリトルウイングで買いました。

それまでは新車のソフテイルに乗ってたんですが、どーしてもPanheadが欲しくて。

アメリカから来たそれは意外と調子良さそうだったので、「壊れるまで乗ろう」と、

エンジン開けずに3年乗りました。

どこへ行くにもパンヘッド。

当時はバイクの飲酒運転がOK(??)だったので、飲みに行く時はパンヘッド。

女の子引っ掛けるのも、パンヘッド。


更に「ライブにはハーレーで行かないとダメ」と勝手にルールを決め、

当時バンドマンだったノリは、スタジオからライブハウスまでパンヘッドでした。


しかしある時クランクから変な音がして、パンヘッドは動かなくなります。

「自分で直したい」という気持ちから、LWEのメカニックになり、現在に至るのですが。

今思えばちょっとイッちゃってますね。自分。


永い年月をかけて、クリスマスにはクランク・バランス。

大晦日にはヘッドを直し、ボスを何度も夜中まで手伝わせて出来上がったパンヘッド。

エンジンに火が入ったとき、素晴らしいエンジンフィールに正直、涙が出ました。


今まで出たことが無かった高速道路の追い越し車線を、悠々と走れる事。

ミッションのスプロケットを25丁にして、高速道路でビューエルを追い掛け回した事。

西伊豆スカイラインで、某MCのスポーツスターにカモられた事。

思い出話ばかりじゃナンなので、もっと走らなきゃ、と思うんですが・・・


あの感動を伝えたいからメカニックやってます。
[PR]
by lwe31x | 2012-08-28 22:39 | Information

Stand.

c0210640_1524695.jpg



コレ何でしょうクイズーー!!




c0210640_1533165.jpg



答えはァァァァ・・・!





c0210640_154595.jpg

スタンドッッッ!!






「先生ーーー!!」

「先生ーーーーーーー!!」









c0210640_157545.jpg





c0210640_253079.jpg





c0210640_291917.jpg






リトルウイング、何でも直します。

擬音は気にしないでください。

[PR]
by lwe31x | 2012-08-26 23:16 | Information

Norton.

c0210640_213526.jpg





しもた!!

リトルウイングにデジカメ忘れてきた!!

これじゃブログ書けんて!

ブログ書けんて!!





c0210640_2147485.jpg




アカン・・・

デジカメ忘れてもうた・・・・・








c0210640_21575332.jpg

というわけで、



みんな大好きイギリス車、MANXのシリンダー・スリーブの入れ替えをば。

完全に番外編ですが・・・。

既に内径は仕上げてあります。

暖めて膨張させて・・・

アルミに圧入するときは、暖め必須です。





c0210640_2243663.jpg

ツバ付きのスリーブを・・・

ライナーとも言います。

アメ車と英車では、各部呼び方に相違があったりして・・

インテークをインレット、と呼んだり、知らないと会話が滞ったりします(笑)





c0210640_227226.jpg

圧入しましたら・・・

青ニス塗って・・





c0210640_22807.jpg

こういう感じ・・。





c0210640_2285860.jpg

削りまして、ロッドの逃げも・・・




c0210640_2295475.jpg

こういう感じで削って行きまして・・
万が一にもカスッたら大変なので、図面を見ながら。





c0210640_22111048.jpg

素晴らしいですね。

あとは・・







ボーリング&ホーニングにて、使用可能な状態に。

※あくまでも番外編です。
車種問わず、全てのオーダーを受け付けているワケではありませんが、
内燃機加工ご相談ください。

[PR]
by lwe31x | 2012-08-25 22:20 | Information

Stop Light Co.

c0210640_4423945.jpg

やっぱ折れてました~!

シフトレバーがカクンカクンしてましたので・・。





c0210640_4453415.jpg

これ換えるには、インナープライマリーまで外さないといけません。

オープンベルトになってる方は、かなり楽チンですね。

ボスは「伊豆で換えたことある」と言ってましたが・・。

ウチのボスは路肩でかなりのとこまでやります(笑)





c0210640_4491481.jpg

いつもお世話になります!!





うおっ。

なんかすっごいカッコイイっすね、コレ。

拝見させて頂きました。

[PR]
by lwe31x | 2012-08-24 21:41 | Information

Bolts.

その日の作業を淡々と綴るブログでは、

皆さんはもちろん、ワタクシも飽き飽きしちゃうのでありまして。

見てくれた方が「ニヤリ」として頂けるブログ、

常連さんが「ナルホド」と感じてくれるブログを目指しております次第です。

で、今日は何故か誰も語らないボルトの話(笑)



c0210640_21464470.jpg
中古ボルトの箱を引っ掻き回してますと、
あらっ、いろんな・・これ。

めっちゃオシャレじゃん。

なにこれ。なにこれ。




c0210640_21471549.jpg

ネジなんてみんな同じと思いきや、

こんなにいろんな模様があるんですね。

危うくコレクションするとこでした。

こーいうの危ないです。意外とツボです。




c0210640_21473971.jpg

で、何か意味があるんでしょうか?

と言う事で。

真ん中と右のボルト、線が3本、放射状に付いているのが見えますでしょうか?

これ、「グレード5」です。

材質、強度なんかを表してます。

知ってました??





c0210640_21575793.jpg

ハイ、こちらは「グレード8」。

線の数、違いますね。

こっちのが強度アリです。

例えばブレーキ周り、エンジンの中、ボルトが伸びちゃマズイところ。

そんな場所に使われてます。

実際に、かけられるトルクが違うんです。





c0210640_2202848.jpg

コレ、実はマニュアルにも載っています。

意外と知られていない事実。

まあ、「何でココ、グレード5のボルト使うんですか!」とかお客さんに言われますと・・

すいません、すぐ変えます、的な(笑)






c0210640_2243023.jpg

チョイ見づらいですが、トルク値です。

エボなんかをバラすと、「ナルホド」という感じで使い分けられていて勉強になります。

またひとつ、ウンチクが増えましたね。

いやいや、うんちくんじゃなく。







んで。

「木原君、AKBにも会ったの?」と言われて。

????

メンバーの名前言えないし、ぶっちゃけ興味ないし。

まあ、「日替わりでもいいですか」的な意外と意欲的な感想が率直なところで・・。

しかし、「PVにインディアンが出てる」と。


c0210640_2221477.jpg

ちがうちがう。

ちがうけど・・なんか・・

これはもう見るヒトが見たらそう思うわな。




c0210640_22222160.jpg

[PR]
by lwe31x | 2012-08-23 22:24 | Information

Leak Down Tester.

c0210640_20481159.jpg

何故あれに乗るのかって?

いい質問だ。






乗る事に、意義がある。





c0210640_20565273.jpg

「あれ」っつってもコレじゃないよ。

いい質問だ。







というワケで。

最近すごく多いのが、タペット調整の質問。

要はプッシュロッドの調整です。

まずは自分のバイクが、

どんな方式でタペットクリアランスを保っているのかを知ってください。

油圧なのか、ソリッドなのか。

こればっかりは現物見て確認するしか無いのですが・・

Evolutionは基本油圧だと思ってください。

今回は、エボのアジャスタブル・プッシュロッドのハナシ。
c0210640_2142051.jpg


まずはフロントから行きましょう。

バルブが吸気、排気共に閉まるトコロを出します。

プラグを外して後輪をジャッキアップし、ギアをトップに入れます。

プッシュロッド・カバーを外し、後輪を進行方向に回せば、ギアが入っているのでクランキングし、プッシュロッドが動くはずです。

インテークのプッシュロッドが上がり、ロッカーアームを介してバルブを開けます。

もうチョイ回せば、プッシュロッドが降り、インテーク・バルブが閉まります。

「インテークのプッシュロッドが、上がって下がりきったところ、からほんのチョイ進め」が、

吸気及び排気バルブが閉まっている所、です。

間違ってはいけないのは、この場所でエキゾースト(排気側)も調整するという事。

エキゾースト側のプッシュロッドが上がって、下がったトコロは、

オーバーラップでインテークが開いている場合があります。

ここでインテークを調整してはいけません。




c0210640_21184693.jpg

ここで登場。

リークダウン・テスター。





c0210640_21193969.jpg

装置解説・・・。

プラグホールからエアを送ります。

両方のバルブが閉まっている、かつバルブとシートの状態が良好であれば、空気は行き場を失い、燃焼室内の圧が上がります。

これを数字で見られるわけです。

エボの油圧ユニットは、オイルが入った状態でテンションをかけると、規定値になるまで時間をかけてゆっくりと縮みます。

これを「ブリードさせる」と言うのですが・・。

オイルがゆっくり抜けて行き、開いていたバルブがゆっくりと閉まって行くワケです。

少しずつプッシュロッドを延ばして行き、これ以上縮まない限界、つまりバルブが開きっ放しになる少し手前に調整します。


ここが正解の調整値です。

時間がかかりますが、ゆっくり焦らずに。

調整し終えたら、何度かクランキングして、再度チェック。

エボの純正プッシュロッドは長さが調整出来ないので、ゆっくりオイルを抜きながら組み込んで終了ですが、ハイカムの組み込み等でアジャスタブルのプッシュロッドを使う場合、リークダウン・テスターは必須だと思います。

テキトーにやっても調子良くはなりません。


ちなみに、「僕のバイク、圧縮抜けてる?」というヒトのチェックにもつかえます。もちろん。

電話じゃナンなんで、とりあえず遊びに来て下さい(笑)

わからないヒトは、自分で調整しちゃダメですよ。


c0210640_213422.jpg

[PR]
by lwe31x | 2012-08-22 21:38 | Information

Clutch Hub.

c0210640_2318266.jpg

ふむ。

ロックタブ入ってないですね・・

これ忘れちゃうと・・

如何に逆ネジといえども、緩んじゃうと最悪ですよ~~






c0210640_23205097.jpg

入れても爪折らないとダメっすよぉ~

最初に出せっつった割引券を、後で出すみたいな・・

ん?ちょっと違うな。

「割引券が財布に入ったまま出されない」

これだ(笑)





c0210640_23241165.jpg

あっ、くるくるくるくる・・・・

回ります。回ります。回っちゃいけないトコが。

クラッチの掃除、いろんな発見がありますね。

ハブを回すと「キュルキュル」言いますので・・

ここのグリスアップも必要です。





c0210640_23272192.jpg

クラッチハブ・スタッドのカシメツール、

通称「カシ丸君」(ノリ命名)を使い、ポンチでカシメます。

いや、ポンチ。ポ~ン~チ。

ノリブログは下ネタ禁止です。

スタッドに段付きが無いのと、純正だったので・・

カシ丸君、出しました。





c0210640_23312062.jpg

クラッチ板も、洗って乾燥乾燥ゥゥ!!

あとはLWEマル秘調整術で、

スパスパ切れて軽いクラッチの出来上がりです。

構造考えて調整すれば、キチンと切れます。

まずはお越しください。

そんで、作業を見てください。

乗って納得、理解したらアナタにも出来ます。

ショベル以前のクラッチは、頻繁に掃除しましょう!

[PR]
by lwe31x | 2012-08-21 23:38 | Information

1952 EL Panhead Chopper

c0210640_039546.jpg
c0210640_0401716.jpg




1952 EL 改、パンヘッドのチョッパーです。

ELクランクにFLピストン、シリンダーはELを使用。

腰下からLWEにてオーバーホール済み。

外装特筆点として、純正リジットフレームに純正ガスタンク、キャップ、エンブレム、純正メーター、純正12Vジェネレーター(リビルド済)にカットアウトルックのレギュレーターを使用した12V仕様等。

フレームは加工無しですので、ハイドラグライドへと戻す楽しみもあります。

詳細はLWEまでお問い合わせ下さい。

[PR]
by lwe31x | 2012-08-20 00:52 | M/C For Sale