<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

LWE Touring 2012.7.8

前回ツーリングの動画です。

「俺が映ってない!」とお嘆きの方もいらっしゃると思いますが、

アップロード出来ない理由がそこにあった、とご理解ください(笑)

LWE Touring.
[PR]
by lwe31x | 2012-07-11 22:41 | Touring

Nishiizu.

c0210640_23575227.jpg


なんだか懐かしい感じのこの写真。

別にアレですよ、ネタ切れな訳じゃないですよ。

たまには昔を振り返るのも必要かと(笑)




c0210640_093083.jpg


まだ足柄のSAは工事中でした。

どこに行くのか・・





c0210640_0111710.jpg


ここは・・!

憧れの「鯛丼」!





c0210640_0131417.jpg


みんなの憧れ、西伊豆です。

人生に疲れたとき、Noriはここで叫びます。





c0210640_015475.jpg


残念ながら現在休業中の、「牧場の家」。
キャンプ場は閉鎖中。
直火OKの希少なキャンプ場だったのですが・・

数年前にドイツ人のカメラマン、フランクさんに「良いキャンプ場がある」と教えてあげたのですが
「テント張ってたら警官に怒られた」
とのこと。

フランクさん、ごめん(笑)




c0210640_0204041.jpg


ここから見える「宇久須港」は、本当に素晴らしいです。

是非、女性とタンデムで来たいです。

夕暮れどきに連れてきたなら、もう泊まるしか選択肢がない感じなのもマル。




c0210640_0305832.jpg


画像荒いですが、西伊豆、岩地。

東洋のコートダジュールと呼ばれているとかいないとか(笑)

とにかくここは、びっくりするくらい綺麗な海と白い砂浜。

秋口に行って、若干名クラゲに刺されましたが。
とにかくロケーション最高。

ハタチの頃のNoriが、何故ゆえ西伊豆に通っていたのか、行けばきっとわかるはずです。


今年は行きたいな~と思っております。

海あり山あり空あり。

西伊豆、心の故郷よ。

みんなで風呂入って酒飲んで、防波堤で星を観ませんか?




[PR]
by lwe31x | 2012-07-10 23:43 | Touring

Doushi-michi & Mt.Fuji.

本日は誠にお疲れさまでした。


生憎の天候でしたが、強行突破もたまには吉と出る、と(笑)
「前が見えない霧」も、「突然ずぶ濡れ」も、辛い思い出ほど微笑ましく残るものです。



c0210640_0371183.jpg


まだ準備中ですか・・・




c0210640_0381516.jpg

あっ、ちょっダメダメ!

準備中だから!





c0210640_0394153.jpg

でもそこを何とか食べちゃう感じで・・(笑)




c0210640_0402095.jpgc0210640_0404252.jpg

リトルウイング・チーム、橋が大好きです。




c0210640_0433231.jpg

ここはもしかして・・





c0210640_0444424.jpg

めっちゃデカイです。このFLH。


あれ、サイドカーに搭載されてるのは・・





c0210640_0455432.jpg

なっ!?

電話じゃないか!!

いっ、いらねえ!!

もしもし~?アタシ!





c0210640_048388.jpg

あたし!アマゾネス!!


ワーゲンのエンジン積んでます。



c0210640_0503261.jpg

俺!ツバサファイター!!



ツバサというか、「ボラ」に似てる。



c0210640_0513999.jpg

インディアン嘘つかない。

「ベルトは動物の革で出来ています。」





c0210640_053443.jpg

ヘイ!ジャップ!おまえカッコイイぜ!
おまえだけ光ってるぜ!







なんか「もちや二輪会館」の回し者みたいになってますが、ここは楽しめますよ
知ってます?ツバサファイターですよ。ツバサファイター

受付には詳しいおじさんがいて、何でも答えてくれます

一通りウンチクを聞かされた後、チラリと外を見たときの、「えっ、・・!? インディアン走ってる!!」みたいなおじさんのリアクションがマルでした。

こちらも走る二輪会館として頑張ろうと思います。


走行シーンその他、編集してアップしますので、過度な期待をせずにお待ちください(笑)
[PR]
by lwe31x | 2012-07-08 20:32 | Touring

Tanabata. (Festival of Japan)

笹の葉サーラサラァァ~~ 軒端に揺れるぅ~

c0210640_23341149.jpg

揺れるぅ~っつうか食ってるけども。

俺様のレンタル料は2年で1億を越えるらしいぜ。

しかも税金で支払われるらしいぜ。





パンダってそんなに必要?とか、そういう事は置いといて。

明日晴れるといいなあ・・。

c0210640_2339864.jpg


おお、取り付け完了であります。

前回のツーリングで動画を撮ってくださったオダジ様の私物をお借りしまして・・。
皆様の勇姿を撮影させて頂きたいと思いますです。

雨の予報を覆す、「弘法大師クラスの神通力の持ち主」、リトルウイングのボスは果たして・・

ツーリングレポート、あまり期待せずにお待ちください(笑)



ちなみに、七夕の話をWikiから抜粋。


こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られている。
織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。

夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである。
夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。

めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。

しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。

また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。







2人ともガン泣きじゃん。
[PR]
by lwe31x | 2012-07-07 23:57 | Information

Kick Gear.

c0210640_1104523.jpg


キックのクランクギアが欠けてしまっております。

今日は真面目に書こうと思ったり思わなかったり(笑)




c0210640_1133020.jpg


原因はここにもありそうです。
ラチェットギアのブッシュも欠けと言うよりはモゲちゃってます。




c0210640_1155697.jpg

ハイ、こちらはブッシュを入れ替え、メインシャフトがキツくなくユルくもなく通るよう加工しました。






普段何気なく踏んでるキックペダル。

キックでエンジンを掛けるのはカッコイイっすよね。

しかし、「キックする」とはどういうメカニズムなんでしょうか?

「そんなの知らなくてもキック踏めばエンジン掛かんだよ」とか言う人は・・・


c0210640_1212181.jpg

このラチェットギアの噛合せが減っちゃって、上手く噛まなくて滑り、

膝が曲がっちゃいけない方向に曲がればいいんだ。




キックする、というのは「ミッションのメインシャフトを回す」って事になるワケです。
すると、クラッチ・ハブも回り、プライマリーのチェーンもしくはベルトも回り、クランキングする。


クランキングすれば、ガソリンと空気を吸い込み圧縮し、丁度良いトコでプラグに火が飛び、エンジンが掛かる。

※という事は・・・
「エンジンが掛かっていれば、どんな時も常にメインシャフトはエンジンの回転数に合わせて回転している」という驚きの新事実。

基本エンジン回転数からプライマリー&トランスミッションを介して、減速された後に出力されるので、エンジン始動時、つまりキックを踏み下ろしメインシャフト側から回転させた場合、増速される事になる。

この辺は分かりづらいかと思われますが、またの機会に詳しく書かせて頂きます。

要は釣りのリールみたいなもんで・・・

リールのハンドルを1回転させると、スプールは何回転し、どのくらいの長さの糸を巻き取るのか、という。

余計分かりづらくなった???(笑)








キックカバーの中は、知らないことだらけ。


c0210640_131632.jpg

キックカバーを外して裏から見ると、こうなってます。




c0210640_1322626.jpg

ミッションケース側はこう。

イチバン外のギアは、メインシャフトにガッチリと固定されます。

テーパーにハマった上で、シャフトキーが入り、このギアを回す事がすなわち「メインシャフトを回す」という事。





ラチェットギアはキックアームを踏み下ろした際に、このようにスプリングで押し出されます。
c0210640_1393458.jpg




するとキックギアがドッキングし、クランクギアで回されクランキング出来るのです。




c0210640_142476.jpg
通常はクランクギアのヘリでラチェットギアは押し込まれ、キックギアは分離しているワケなんですね。

キックを踏むと・・




c0210640_155174.jpg
あっ、押し込まれていたヘリに「逃げ道」が!
ここでスプリングテンションによりキックギアが飛び出し、
c0210640_225343.jpg
パイルダー・オンするのです。

入口と出口は、だからこのように噛み込んだ跡が残っている場合があるんですね。





c0210640_1572124.jpg
ラチェットギアの跡がくっきり・・




c0210640_243381.jpg
このようにラチェットギアのカドを丸めて削ってやる事で、これは軽減出来ます。


常に高速回転しているメインシャフトで削られ、ブッシュが広がりガタガタになったラチェットギアはスプリングで斜めに押され・・・

クランクギアに噛んでしまいギアは欠けるわブッシュはモゲるわ。


今回のトラブル、開けないと中身は見られないワケですので。

キックの戻りが悪い等の「違和感」を感じたら、素直に開けてみる事でしか回避出来ません。

「乗れば減る」と(´;ω;`)




オマケ。c0210640_2115854.jpg


ハイ!こちら前期のスローアウトベアリング!

ではまた明日。





c0210640_2181132.jpg

ブレストファイヤー出してお待ちしております。
[PR]
by lwe31x | 2012-07-06 23:09 | Tech

Nishiki.

c0210640_22301343.jpg

あっ、あっ・・




※本編とは何ら関係ございません。



c0210640_22393361.jpg




「えっ、わざわざ緑が丘の錦まで!?」




c0210640_22405014.jpg

日替わりランチがすごいんです。





c0210640_22431682.jpg

うめぇ!超うめぇ!!

やべっ、超うめぇ!

これっ、うめぇ!





洗足駅前店、なくなってしまって大変残念です。
非常に残念です。
・・・残念です。

[PR]
by lwe31x | 2012-07-06 22:51 | Information

Valve Guide.

ストーブ点けて、LWE夏の我慢大会、開催中!
c0210640_0203681.jpg





c0210640_0241856.jpg

バルブガイドを切削するときは、
必ず芯を出しましょう。





c0210640_026306.jpg

もちろん我が社の旋盤はデジタルカウンター付き!

更に、削り代を直径で見られるので便利!





c0210640_0293020.jpg

「やっぱり圧入するのに5/100は欲しいよね」ってトコなんですが、それより何より、バルブステムシールのハナシ。

こんな風にテーパーに削りまして、シールは打たない方向で。




c0210640_0342754.jpg

ペーパーで仕上げます。
※良い子はマネしちゃダメ!





c0210640_039136.jpg

キャブレターを介して混合気を吸気する際に、やはりインテークには注射器で引っ張るような「負圧」が働く。
バルブガイドとバルブの隙間から、オイルを吸っては大変だな。
モビルスーツのオイル下がりという状態になり、白煙を吹くぞ。


しかし、バルブステムシールを入れれば間違いない。
見せてもらおうか。最新のバルブステムシールの性能とやらを。




c0210640_049345.jpg


ちょっと待ってくれ。


パンヘッドや前期のショベルには最初からバルブステムシールが無いじゃないか。

どうしてオイルが下がらないんだ?




c0210640_0501890.jpg

ええい!白煙が吹いたらお客が「なんか調子悪いんじゃね?」とか思うではないか!

最新のステムシールさえ取り付けておけば、少々のガイドとバルブのガタなど気にしなくていいのだ!

吹いていた白煙も止まるぞ。




c0210640_0535114.jpg

それじゃ「臭いものにはフタ」じゃないか!

オイルポンプに傷が付いてオイルリターンが弱くなったり、ブリーザータイミングのズレから起こり得る「オイルが落ちない」という問題はどうするんだ?




c0210640_0595644.jpg

ララァ。きちっと修理されているショベル以前のエンジンには、どうやらステムシールは必要ないらしい。




c0210640_124541.jpg

ステムシールで完全にオイルを切ってしまうのも考えものだな。

柔らかく加工し易い、故に抱きつきのリスクが少ない快削鋼などのバルブガイドを使用しているエンジンは、シールがイカれたら即白煙じゃないか。

内燃機屋に出すと、必ずこの金色のガイドに自動車用のステムシールを付ける仕様で出来上がってくるんだよな・・・。

一体何回エンジンを開けさせる気だ?

鋳鉄のガイドにシール無し、オイル切れを良くするテーパー加工なら、適度に潤滑されたバルブステムと耐久性のあるガイドで、あと何年快適に走れるのだろう。





c0210640_1113760.jpg

「白煙イコールオイル上がりか下がり」しかイメージ出来なくては、旧車乗りとしてあまりにも情けないな。





c0210640_1203251.jpg

というワケでテーパーに削ったやつを・・・




c0210640_122013.jpg

温めて膨張させ・・・




c0210640_1233549.jpg

叩き入れてガイドの交換完了!


ヘッドワークもLWEにお任せください!
[PR]
by lwe31x | 2012-07-05 22:19 | Tech

Road Kill.

ふと、前を行くセダンが対向車線を大きく割って何かを避けた。

犬であろうか、猫であろうか。
僕はその動物の事を考えた。

血の色と内臓の色、飛び出した眼球。
もしかしたら、鳥かも知れない。

前方に放置されているであろう「物体」の事を考える。
魂在る有機物を構成するパーツというのは、何故あんなにもグロテスクなのだろう。

鉱物油にまみれたギヤ、ベアリング。
比べるまでもなく僕はこっちの方が好きだ。

しかし比べるように連想したそれは、思考的回避であると、僕は知っていた。

出来れば見たくもないし、連想する事すら避けたい。
誤って乗り上げてしまった時の、あの感触は筆舌に尽くし難い。

前のセダンに続いて僕も大きく「何か」を避ける。
見たくはない。が、横たわっているのは、とても黒いものに見えた。









































































プレステ2かよ(怒)
[PR]
by lwe31x | 2012-07-04 23:31 | Information

Seal Chain.

c0210640_0272241.jpg
木原を上位に食い込ませるのやめてください(笑)











今日は・・・c0210640_032502.jpg

ドロドロの・・・




c0210640_0333749.jpg

ゲロゲロも・・・




c0210640_0343041.jpg

サンドブラストでキレイになりました。




c0210640_0352456.jpg

LWEのFXRプロジェクト、のんびり発動中!

高年式のバイクもやりますよ~!
旧いのだけじゃないんですよ~!


※サンドブラストは、洗浄が命です。
そのまま組むなんて言語道断。
LWEでは熱湯が出る高圧洗浄機で洗浄しておりますので安心です。
火傷するほどの熱湯と、出血する程の高圧です。
試してみたい方は是非(笑)












さあ!近いぞツーリング!
c0210640_0402261.jpg


「ツーリング前にチェーンを交換しようと思いまして」




c0210640_0572367.jpg

「ララァ、Iさんは賢いな。」



c0210640_055639.jpg






その昔はみんな、チェーンをオイルで煮て、長持ちさせようとしました。

みなさんの愛するハーレーは、エンジンオイルを直でブッかけて潤滑。
「ベルトにしたからいいじゃん」的な考えなのか、未だにハブダンパーはありません・・・。

ケミカルの進化により、優れたチェーン・ルブが登場し、更に現在はシール無しのチェーンと同じくらいの幅のシール(O-ring)チェーンが発売されています。

Stop&Goが多いトーキョーで、しかも信号が青になる度にウルトラ・ローギヤードな発進、重い車体。
「安かろう伸びかろう」なチェーンも味ですが、騙されたと思って使ってみてください。

チェーン長持ち、燃費も向上、結果コストパフォーマンスに優れていると感じて頂けるでしょう。


きっちり整備で、楽しいツーリングを。
[PR]
by lwe31x | 2012-07-04 22:26 | Information

Milling machine.

アクセス数がガン増えしている今日この頃。

もうガンガンガン速です。


一応、その日のアクセス数とか、リンク先とか、何て検索してこのページに飛んで来てるかとかを見る事が出来るのですが・・・。

c0210640_2351408.jpg
「四川屋台」
じゃねぇよ(笑)


中華弁当売ってるお店ですから。これ。




さらに。










c0210640_23515947.jpg

名指しやめてください(笑)

っていうか「木原」で、ココ来れんの??(-_-;)







というワケで、再度登場フライスマシーン
c0210640_23263283.jpg


Panheadです。

サクサクサクサクと削られているのは、マフラー外して「薄っ」と驚愕する、例のエキゾーストフランジ。

銅板巻いて誤魔化しても、そのうち更に薄くなります。

こうしてフライスで削り込み、リングを圧入、更に溶接点付けでカンペキ!

これぞ修理!

ガンガン熱かけて溶接すると、ヘッド歪みます・・・。



c0210640_0550100.jpg


コレを。




c0210640_065012.jpg

こうです。






そして・・・
c0210640_083876.jpg


バルブシートのカットもフライスで。
「オトコは手でカット」とか言わないで・・・





c0210640_0104150.jpg

見てくださいこの「一発三面カット」!!

31°、46°、60°とジャパネットたかたが負担します!

「45°じゃないのかよ」という方は、LWEまでヘッドのオーバーホール依頼お待ち申し上げております。

そんなアナタにLWE!(笑)





シャッシャッシャッ・・・・
c0210640_0243572.jpg


ケースのボーリングもフライスで!

c0210640_0261539.jpg

夢の3-5/8ボアが、純正ケースでアナタのモノに!!




c0210640_0274115.jpg

フライスって、偉いなぁ。

業者様からのご依頼及び、大田区北千束付近で評判のお弁当屋の情報等、幅広く受け付けております。

[PR]
by lwe31x | 2012-07-03 23:25 | Tech