<   2012年 06月 ( 52 )   > この月の画像一覧

I' ve Been Waitin' For The SUMMER.

c0210640_7553272.jpg

先週、CHIEFの顔しか撮って無かったUくん。

「ダベりに来ました」とブログ見てます発言の後に、ドレンボルトは死守(笑)

CHIEFでゲートブリッジ、気持ち良さそうだなぁ・・





c0210640_802740.jpg


Eくんは約18年、エンジンを開けさせてくれません(笑)
LWEすげ~ヽ〔゚Д゚〕丿

ツーリングも2ケツでこなすベテランです。

その昔、Noriが事故って上野毛に入院している時、マスタングでお見舞いに来てくれた事がありまして。

桜咲く頃、病院の屋上でタバコを吸ってると聞こえてくるんですよ。

遠くから、ハーレー数台を引き連れた、アメ車の音が。

懐かしい・・・




c0210640_8152410.jpg


あ、Kさん!(笑)

ストバイのサツエイだったようで・・

帰りにガス欠したのは内緒にしときますねヽ(*´∀`)ノ




c0210640_8183410.jpg


こちらK様のbuell。
FCRで武装されております。

スポーツスターの可能性を感じさせてくれるこの車両。Noriは大好きです。




c0210640_8223198.jpg


これ、ハタから見たら絶対楽しそうだよね・・

チラッチラこっちを見ながら前を通るお姉さんには積極的に挨拶して行くNoriですが、愛想笑いと梅雨の空です(笑)

どんよりと、しかし夏への期待感・・・!

来るぞ!夏!
[PR]
by lwe31x | 2012-06-24 21:54 | Information

RHINEBECK NATIONAL MEET 2011 NY VOL1

c0210640_18482739.jpg
c0210640_18512134.jpg
c0210640_18543871.jpg
c0210640_1857503.jpg
c0210640_1901017.jpg
c0210640_1915733.jpg
c0210640_1955323.jpg
c0210640_1982196.jpg
c0210640_19112455.jpg
c0210640_19152316.jpg
c0210640_19221787.jpg
c0210640_19252665.jpg
c0210640_1927867.jpg
c0210640_1934269.jpg

TO BE CONT.......FOR MORE GREAT M/C'S SEE YOU!!!!!
[PR]
by lwe31x | 2012-06-24 19:38 | Information

Velocette & The Japanese Sprit.

「ムムッ!」
c0210640_1284915.jpg
S様のベロセット。
c0210640_0435954.jpg




c0210640_046938.jpg

ハーレーには無い雰囲気。何というか、繊細な感じ。



c0210640_047327.jpg
美しい。
c0210640_127356.jpg
c0210640_12859.jpg



c0210640_0491182.jpg

大田区で旋盤屋さんとして手腕を奮っている、S様。
アイリッシュ・ラリーにも参加した相棒の、美しさときたら。
僕らの先生です。



c0210640_0535220.jpg

このハブ、Sさんによる削り出しです。
V-Twinのカタログをパラパラめくって、PC叩いてオーダーってのの有り難さとか、「欲しいけど売ってないから作りました」的な、謂わば熱狂的なフリーク度数ってものの大切さとか。

技術っていうのは、僕らが継いで行かねばならんのですね。

昇華して、更に極まって、結果ジャパニーズの根性は世界で賞賛される、と。

大事なのは複製じゃなくて修理である事。
採算度外視は結果論。粋である事と、そろそろ見直さなきゃいけない本質と、純粋なキモチ。

ヒトの在り方をすら垣間見た気がします。



c0210640_125786.jpg






c0210640_173059.jpg

CHIEF納車です!

夏が楽しみな1枚。





c0210640_195975.jpg

ご近所会、結成!w

しかしオトナな感じのバイクなんですが・・・





c0210640_112634.jpg

すごく悪そうな雰囲気なのは何故でしょう(笑)




c0210640_115245.jpg

ELの吹け上がり、大好きです。

また峠走りましょうw





c0210640_118280.jpg

今日のテラさんは、66年で(´▽`)




さて、明日は日曜日。

思う存分、ダベりに来てください。

こっそりとオイルのドレンボルト、外しておきます(笑)

[PR]
by lwe31x | 2012-06-23 22:42 | Information

BBQ?

「ほう、これがLWE軍の新兵器か・・・」
c0210640_022359.jpg





焼いてないのにもかかわらず人気のBBQグリル。

そろそろ焼きますか・・ヽ(*´∀`)ノ

[PR]
by lwe31x | 2012-06-23 20:20 | Information

Wauseon Ohio meet 2011 vol 2

c0210640_145564.jpg
c0210640_1483294.jpg
c0210640_14105422.jpg
c0210640_14134951.jpg
c0210640_14163646.jpg
c0210640_14202015.jpg
c0210640_1423076.jpg
c0210640_1426066.jpg
c0210640_1429157.jpg
c0210640_14321531.jpg
c0210640_1435095.jpg
c0210640_14383995.jpg
c0210640_14432887.jpg

つづく的な。
[PR]
by lwe31x | 2012-06-22 14:48 | Information

Super Cub.

c0210640_13492053.jpg


懐かしのカブ・ツーリングの写真を発見しました。

小さなバイクで、ちょっとだけ遠くへ出掛ける。

気持ち和らぐショートトリップ。

うまいもの食べられたら最高です。

[PR]
by lwe31x | 2012-06-22 13:52 | Information

2011 Wauseon Part 1

c0210640_0343491.jpg



俺たち!

お肉ダイスキーー!!





c0210640_0491755.jpg
もうすぐ1年。

オハイオのWauseonで開催されたスワップミートに連れて行ってもらった。
初めてのバイクイベントに、心が躍った。






懐かしみつつ、何枚か載せてみようと思います。



c0210640_0532550.jpg

とりあえず、セブンがカッコイイ



c0210640_0552499.jpg

レンタカーなんスけど。

ファッキン…ジャップ…?(笑)



c0210640_12657.jpg

Waffle HouseはBossのお気に入り。
すごくカワイイ店内に、ウマイ朝飯は最高です。



c0210640_135527.jpg

こんな感じなら、毎朝でもいいです(笑)




c0210640_195886.jpg

食う!



c0210640_1111771.jpg

また食う!



c0210640_1145647.jpg

寝る!




c0210640_1172131.jpg

スワップミート本編は、また次回!(笑)
[PR]
by lwe31x | 2012-06-21 22:28 | Information

BBQ !

c0210640_12423653.jpg


我が社に導入された新兵器の存在が、ここまで作業効率を上げようとは。

あ、昼にはアップされないと思っていた人のために、今日は昼間にアップしますw




c0210640_12462872.jpg

BBQ最高!ヒーーーハ!




c0210640_1250211.jpg

ホラホラ、すごいウマそう。

そんでオシャレ。

環七だけど一気にアメリカな空気に。




c0210640_12544612.jpg

肉も簡単に燃えるぜぇ。

ワイルドだろぉ?




c0210640_12571033.jpg
超寝起きの朝だって。

フタさえ開ければ一気にホリデー!


っていうか今フトンから出た感バリバリの顔ですね。ボク。

さ、仕事仕事・・・




E様、ありがとうございました!!
[PR]
by lwe31x | 2012-06-21 13:01 | Information

Mr. Honig.

c0210640_246379.jpg
大きな箱が届きました。

これは頑張ってる僕らへのご褒美でしょうか。

ワクワクしながら開けますと・・・




c0210640_2493639.jpg



仕事でした。
おもいきり。

LWEでは業者様からの外注修理も承っております。


c0210640_2522935.jpg

NEWピストンは、まだ入りません。




c0210640_254010.jpg
このくらいの位置で・・

ピストンは実は台形で、かつ進行方向に広い楕円形をしているのです。
ゆえに、ここで測ります。



c0210640_2545497.jpg
測りまして・・

3.497インチ。
1200ccのショベルヘッド、スタンダードよりも+0.060インチの
オーバーサイズ・ピストンだという事がわかります。


これは1340ccスタンダードのボア経と一緒です。
+0.060インチオーバーというのは、1200ccスタンダードよりも、
約1.53ミリも直径が大きい事になります。

オーバーサイズ・ピストンにて修理を繰り返し、ここまで来た感じです。

あっ、眠くなってないすか?



c0210640_312495.jpg

軽く抱きつき起こしてますね。



c0210640_3135355.jpg

先ほど測ったピストン経に
シリンダーボアゲージを合わせ・・・





c0210640_3151180.jpg
コイツはインチの計測機器でありまして。
目盛は1つが1/1000インチです。
「0」のところがピストンと同径ということになります。





眠くなってないすか?(笑)




c0210640_321215.jpg
現状は・・



c0210640_3222148.jpg
「10」の目盛のところが、+0.050インチオーバーサイズ。
という事は、+0.040のピストンを使用しており、クリアランスが9/1000インチにもなっている、
と考えるのが妥当でしょうか?





c0210640_3301138.jpg
左側が、ダミープレート
(トルクプレート)装着済のシリンダー。


エンジンが組まれた状態のトルクをかけております。
これでシリンダーは均等にトルクをかけられ、何も装着していない時に比べて若干歪みます。
しかし、これが組まれた状態の真の姿なのです。

何も取り付けない状態で先にホーニングしてしまうと、組んだ時に歪む、ってことですね。




c0210640_3314194.jpg

いよいよ出ました、ホーニングマシーン!

見た目カワイイです。
ロボ的な。

ん~ボクのお鼻に、シリンダーを入れなよ~!
ホーニングしてあげるよ~!





c0210640_3332048.jpg
ホーニング・オイルをかけながら、少しづつ少しづつ削り、
ピストンよりも2/1000インチ大きくなるように削ります。




ヌルヌルの汗だくです。

あと、ホーニングオイル、臭いです。
嗅いでみたい方、お待ちしてます(笑)





c0210640_3404473.jpg
ハイ、来ました。

通常、鋳物のピストンは2/1000インチのクリアランスで仕上げます。
+0.010インチ刻みでオーバーサイズピストンはラインナップされており(1000ccのELは+0.020刻み)、
1オーバーサイズならホーニングのみで追う事が多いです。
縦横、約3箇所ずつで計測し、真円になるように削るには、これまた熟練の技術が必要です。




c0210640_3472481.jpg
クロス・ハッチが見えますでしょうか?
網目の角度と深さが重要です。
細かい溝にオイルが溜まり、冷却&潤滑&清掃という、オイルが持つ3つのお仕事を遂行出来るのです。






c0210640_3541157.jpg

この感触です。
ちなみに、NoriのPCは、「かんしょく」と変換すると、
まず最初に候補に上がるのが「完食」です。

どういう事でしょうか?



新車の感じを堪能してください!

業者様からのご依頼もお待ち申し上げております。
[PR]
by lwe31x | 2012-06-20 21:46 | Tech

Welding !

「マフラー止めてるとこのボルトを下さい」

シャベル乗りは皆、クチを揃えてそう言った。

ボルトもそうだけども、ネジ山も無いよ。

そう告げた時の顔を即座に撮影し、アルバムにしたら良いと思う。



ヘリサートも良いけれど、それでもダメな時があります。

ヘリサートを毛嫌いする方もおられるようですが・・

基本的に「面圧が増える」という点では、強度アップに繋がります。
母材の劣化、ヘリサートの挿入方法によっては(下穴経の選択ミス等)期待通りの結果を得られない場合もあるのですが・・・





というわけで今回は、溶接修理編です。

まずは、荒い刃のビットを付けたリューター等で・・


c0210640_2330416.jpg

そんなにイっちゃっていいんですか?くらい削り取ります。




c0210640_2333127.jpg


このくらいでいいかな・・・




で、溶接します。
先生!先生ーーー!!

c0210640_23354854.jpg

後ろのT野くんのように、意識的に視線を逸らさないと、目をやられます。



c0210640_23385993.jpg

モリモリです。

この状態まで、「巣」が出来ないように溶接し肉盛するには、熟練の溶接技術が必要です。
中に空気を取り込んだままカタチだけの溶接になっていると、ポロリもあるよ、という事なのです。



c0210640_23435134.jpg

あとは整形して・・



c0210640_2350569.jpg


鋳物の感じを出してやると、よりリアルです。



c0210640_23512635.jpg

下穴を開けて、タップを立てて、修理完了!

マフラーの取り付け方法が、マフラーフランジに負担をかけているかも知れませんよ?

最悪の場合は、LWEが溶接修理致します


※「溶接の熱でバルブシートが落ちる」という2次災害を防ぐ為にも、修理は確かな技術のお店で。
[PR]
by lwe31x | 2012-06-19 22:01 | Tech