カテゴリ:M/C For Sale( 25 )

M/C For Sale!

c0210640_20293612.jpg


突然ですが欲しい人居ませんかのコーナー。

というよりむしろ販売車両のお知らせです。

ベースはスプリンガーソフテイル。

「こーいうの乗りたかったんだー」というアナタはラッキーです。

パーツ、めっちゃ付いてます。


c0210640_20293784.jpg


S&Sのトップエンドで武装。

ハイパフォーマンスな社外品に交換するのには、

結構費用が掛かります・・・。

でも乗って歴然。

パワフルです。




c0210640_20293779.jpg

トランスミッションはBAKERの6速!

キック付き!

スプロケ交換して、

アレやってコレやって・・・と夢は膨らみます。
c0210640_20293724.jpg

そこはお約束っぽいのだけれど

「お高いんでしょう?」的な、

スターター付きオープンベルト。

チラリと映ってますが、JBのフォアコンも入っております。


c0210640_20293806.jpg

おお!やった!チェーンに変わってるじゃん!

純正はベルトドライブなので、

サクサクとスプロケット変えてみたい、試してみたい方にはチェーン化をオススメします。

フェンダーストラットをマウントするサブフレームはカットされ、

タイヤとのクリアランスが狭いフェンダーにシーシーバー。

ご連絡、お待ちしてます。



c0210640_20293872.jpg

さて、作業Pickup編。

リンカートのエアクリーナーのバッキングプレートを留める、このスクリュー。

適当なのねじ込んじゃダメです。

ここは#12-24というサイズです。

あんまり使うサイズじゃないので、その辺には転がってないかも知れません。

オーバーサイズでもいいのですが・・・
c0210640_20293873.jpg

ここはヘリサートで直します。

ネジ山がダメになっても、今までと同じスクリューが使えるという修理の方法でありまして、

こんなネジ山を専用のツールを使ってブッ込みます。

リンカートのボディは柔らかいので、

ちょっとナナメになっちゃったり、

カーボンで真っ黒の汚れたスクリューをそのまま締めたりすると、

意外と容易く破壊出来るのです。



c0210640_20293909.jpg

修理完了!

これでスペシャルなスクリューが使えるようになりました。

「ボクのエアクリーナー、確か2本くらいで留まってた」

と思い出した方、

リトルウイングエンジニアリングがお待ち申し上げております。

ではでは。








さて、ご無沙汰の方もそうでない方も、こんばんは。本日も暑かったですね。

体調管理を万全に、更に邁進する所存のNoriですが、今日は皆様にお知らせがあります。

Noriの先輩であり、このハーレー旧車の世界にどぷ~んと浸かるきっかけをつくって下さった方が、

埼玉の鶴瀬という場所でお店をオープンしました。


お近くにお寄りの際は是非。

鶴瀬といえば私、非常に懐かしい場所なのでございまして、確か2年くらい住んでました。

通っていた大学と、当時通いつめた音楽スタジオが近かった事もあり、

青春時代は埼玉県の鶴ヶ島、川越、志木、朝霞なんかを中心に過ごした次第です。

鶴瀬のアパートは、リビングの窓を開けると真っ赤なハイドラグライドが見えるゴージャスな作り。

酔っ払ってギター弾きながら窓を開け放ち、「俺のパンヘッドー」と歌うのが至福の時であり、

若さって大切なんだなと今更ながらに実感します。

ある日、お家に帰るとリビングの窓が割られていて、ノートパソコンと持っていたCDが忽然と消えていた事があります。

CDは中身だけ抜かれており、結構な枚数あったんですけども、

1枚1枚中身を抜いてくという犯人の余裕さというか、若干ナメられている感じが未だに許せません。

CD返して下さい。思い出したらムカついてきました。

ホントCD返して下さい。



鶴瀬はいい街です。

Noriのブログを見て来たと言ってくだされば、たぶんきっと笑顔で出迎えてくれる事でしょう。

じゃあこれでイイっすかね?

合言葉の「NoriさんのCD探してます」を受付時に伝えれば、何と指名料が無料に!

すいません、ダメですね。そーいうの勝手にやると怒られますから。

では、レッツゴー「雅」!

なんかいろいろ思い出して来たので、

そのうち「大冒険埼玉」編を書いてみようかなと思いました。ではまた明日。

[PR]
by lwe31x | 2015-07-28 22:54 | M/C For Sale

1958 FL & 1978 FXS.

c0210640_21350133.jpg


販売車両のお知らせでございます。


1958年式FLパンヘッド、いわゆる、「デュオ1発目」でございます。


オリジナル度高し!
c0210640_21350106.jpg

パンヘッドはいつ見てもカッコイイなぁ。。

パンヘッドは年式により様々な仕様変更がありまして、

1955年よりモータースプロケットにダンパーが付き~の、

1958年からフレームが変わりリヤサスが付き~の、

リヤは油圧ドラムに変わり~の・・・
c0210640_21350223.jpg


リヤサス最高!

まるで空飛ぶ絨毯な乗り心地。


アメリカ本国でも、デュオはオトナの乗り物として人気が高いです。
c0210640_21350276.jpg


このシルエット!

このままどこか遠くへ行ってしまいたい。

日曜日の午前中、そんな気持ちにさせてくれる1台です。

もしかしてだけど~

もしかしてだけど~

コレって本当はオリペンなんじゃないの~?♫

詳細はリトルウイングエンジニアリングまで。
c0210640_21350294.jpg

で、引き続きFXSでございます。

セルでエンジン掛かって調子良くて、超カッコいいハーレーといえば・・・これ。





晴れの日が少なくて、まともな写真撮れずにゴメンナサイね。
c0210640_21350360.jpg

Bキャブ付いてます。


詳細はリトルウイングエンジニアリングまで!


で、For Saleのチーフカスタムですが、お問い合わせめっっっちゃたくさん、ありがとうございます。本気の方、急いでください~!

[PR]
by lwe31x | 2015-07-08 22:06 | M/C For Sale

1978 FXS For Sale .

c0210640_21473001.jpgそういえばポイントいつ見たっけ・・・

そんなポイント君は・・・

もしかしたら接点はこんな乳首みたいになっちゃってるかも知れません・・・。

更にヒールはカムに何度も押し上げられて摩耗し、最悪接点が開閉しないなんてことにも。出先でヒールぶっ飛んだら・・・・?

ギッとタイラップでも巻いて、ヒールの代わりにしましょう。おお、タイラップ便利!
c0210640_21473181.jpgそんでガバナもチェック。

カタカタになったり錆びててギスギスになったりしてるとダメです。

コイツの動きが点火タイミングを司ります。

吹け上がりに変な感じがあれば、ここを疑っても良いかも知れません。

スポーツスターは、ビッグツインに比べて回転の上昇下降が頻繁な事もあり、ここのスプリングがイカれやすいです。

最悪スプリングがぶっ飛んだら、完全に開いた状態で固定。

例えば手動進角のパンヘッドやナックルなんかは、この状態で走ってるワケですね。

なるほど~!
c0210640_21473154.jpgそんでFor Sale車両です。

1978年のFXS。

ローライダーはやっぱカッコイイですね。
c0210640_21473225.jpgメッキのショートフェンダーに・・・

もちろんヤンキーウインカー。
c0210640_21473292.jpgカットされた純正マフラー。

オトナなカスタムです。
c0210640_21473275.jpg"Cycle"エアクリーナーにBキャブで完璧。

リトルウイングエンジニアリングにてエンジンオーバーホールしております。

詳細はお問い合わせください。
c0210640_21222074.jpgたくさんのお問い合わせありがとうございます。

とりあえず現物見に来てください。

For Saleのチーフボバー、めちゃくちゃカッコイイっす。




[PR]
by lwe31x | 2015-07-01 23:27 | M/C For Sale

Chief Bobber.

c0210640_19492131.jpg
気になってる方が多数の、

リトルウイングエンジニアリングがカスタムしました

インディアン・チーフでございます。

こちら、FOR SALEとなりますので、

このチャンスを逃さないよう、是非ともお早めにお問い合わせください。




c0210640_19492266.jpg

ナローなタンクにナローなバディシート。

ハンドルもワンオフであります。

なにせ車体が軽いので、これなら街に山に海に、もちろん彼女と2ケツでお出掛け出来ちゃいます。




c0210640_19492346.jpg
人気が高いリーフスプリング仕様ってのもチェックポイントです。

よく乗り味を聞かれるのですが、

そりゃあテレスコなんかに比べたらハード極まりないです(笑)

でも、カッコイイのでマル!

フロントのドラムはSRで効きを重視。




c0210640_19492529.jpg
リヤはトラのメッキフェンダーでオシャレに(笑)

ストラットもワンオフ。

かなり凝った作りにベテランも大満足。




c0210640_1949249.jpg
1200ccのサイドバルブにリンカート。

古そうなバッテリー載ってますが、

当時モンの中身をくり抜き、メンテナンスフリーの12V仕様!

Noriも欲しィィ!!

本気の方、どしどしお問い合わせ下さい。

現車見たい方は、リトルウイングエンジニアリングまでお越しくださいませ!




c0210640_19492661.jpg
三鷹のS様、

ごちそうさまです!

あんこ、うまいなぁ・・・

ありがとうございます。

[PR]
by lwe31x | 2015-06-27 20:36 | M/C For Sale

1938 Daytona Scout.

c0210640_21232399.jpg
みなさんこんばんは。

そろそろと言いながらも永らくお待たせしてしまい・・・

詳しくはアレなんですが、これレーサーなんで、日本でオートバイとして登録、

つまりは車検を受けてナンバーを取得するための手続きに手間取っておりまして。

しかし無事にアメリカの東から西への陸送も終わり、日本に向けて出港する段取りがつきました。

1938年式のIndian、DAYTONA SCOUTであります。

1938年のワンイヤーモデルです。




c0210640_2192761.jpg
インディアンを語る上で、1938年というのは欠かせないワケでして、

このサンパチから仕様が大きく変わるのであります。

エンジンはよりパワフルに。

1年しか採用されていないパーツも奢られ、他の年式とは明らかな差別化が図られているのです。




c0210640_2192648.jpg
しかもこのデイトナスカウトは、スポーツスカウトよりももっとホットな仕様。

明らかにオーラが違います・・・。

こんな車両でレースや街乗りを楽しめたら、それはとても幸運な事なのでしょう。




c0210640_21314859.jpg
いろんなカムが話題になり、

みなさん、こぞってボンネビルボンネビル言っておられるようなのですが・・

こんなに種類ありますよ~。

1番左上、デイトナカムってのがこの車両には入っておりまして・・・




c0210640_2192868.jpg
この頃のレースといえば、フラットなダートの上をバイクがケツ流して走るという例のアレですので、

もちろんそれに特化した出力が求められたワケです。

レーサーゆえ、快適な街乗りやツーリングを主体に考えられている方にはチョット乗りづらいかも知れません。

そもそもが1938年に製造されたオートバイです。

が、しかし。

この姿を見て、心惹かれるのは至極当然。

もうこんなの出ません(笑)

本気の方、お問い合わせお待ちしております。







[PR]
by lwe31x | 2015-02-07 22:38 | M/C For Sale

1948y Indian Chief.

c0210640_082961.jpg

おイーーーーーース!

じゃあ各部詳細掲載させて頂きます。

この色、カッコイイなぁ・・






c0210640_083015.jpg

みなさんご存知の通り、1948年からヘッドライトが変わります。

こちら純正はシェイプがホンのチョット違う気が・・





c0210640_083047.jpg

こんばんはーー(笑)

リアル・インディアンは真ん中に縦線アリ。

合わせ目c0210640_083788.jpg
、色もこんな感じ。

ツルッと白っぽいのも出回ってますが、どうしても純正がイイ!という方はご参考までに。

真ん中縦線アリのリプレイスも出ておりますが・・・




c0210640_08311.jpg

1948年からはメータードライブギヤがフロントへと変わります。

ここ、中身はニューパーツ出ます。

ギヤが削れて回らなくなっているものが多いので、バラしてチェック!

リムも素晴らしい・・・







c0210640_083247.jpg



このスタッズのパターン、個人的に好きです。

1940年代のスタッズマニアにはたまらない品かと(笑)

しかし革って、長持ちするんですね。

ボクの革ジャンやらブーツやら、ちゃんとメンテしようと思いました・・・





c0210640_083322.jpg

とか言いつつ、シートは割れてます(笑)

バディシートは座るものなので、やはり劣化が激しいのであります。

しかしなんだこのカッコ良さは・・・






c0210640_083310.jpg

このミラー。

この留め方。

オシャレすぎて震えます。





c0210640_083416.jpg
多分、実走行。

メーターまわりも1948年から変更。

アンメーターが廃止され、警告灯に変わったのは、カットアウトからレギュレーターになったためッスかね。






c0210640_083533.jpg

アルミのオイルポンプは、中身の構造自体が別物。

これも1948年から。






c0210640_083620.jpg
で、ツールボックスから出てきたライセンスホルダー的なモノと、いつのか分からない鉛筆、

なんか不思議な匂いのする布(笑)

タイムカプセルっすか!!






c0210640_083788.jpg

これね、もう個人的に欲しいです(笑)

超カッコイイ!!

なんだよ・・

昔は「顔の付いたバイクなんて欲しくないぜ」と思ってたのに(笑)

乗ったらハマった。

バラして納得。

Indian、素晴らしいオートバイ。

こちらの極上車両、For Saleです!

[PR]
by lwe31x | 2014-10-22 23:59 | M/C For Sale

1948.

1948年。昭和、23年。

今から66年前のこと。


1月28日。 関西汽船「女王丸」が瀬戸内海で触雷沈没(死者22名・行方不明161名)。

2月16日。朝鮮民主主義人民共和国樹立宣言。
同日、天王星の衛星ミランダが発見される。

3月17日。イギリス、オランダ、フランス、ベルギー、ルクセンブルクにより、ソヴィエト連邦に対抗するブリュッセル条約締結(NATOの前身)。
同日、米国カリフォルニア州で、「ヘルズ・エンジェルス」創設。

6月13日。太宰治が玉川上水で入水自殺。

7月31日。 ニューヨーク国際空港(後のジョン・F・ケネディ国際空港)開港。

9月24日。本田技研工業設立。

10月1日。警視庁が犯罪専用電話「110番」設置。

11月2日。米国大統領選挙でトルーマンが当選。

12月23日。内閣不信任案可決。衆議院解散(馴れ合い解散)。
同日、東京裁判により、巣鴨プリズンで死刑囚7名に絞首刑執行。

1948年生まれの著名人としては、スティーヴン・タイラー、オジー・オズボーン。
舛添要一、ジャン・レノ、林家パー子、さらに由紀さおり、さいたまんぞう・・・
桂文珍や角野卓造・・・

c0210640_17582017.jpg



とあるアメリカ人男性が、新車で購入したINDIAN・CHIEF。

メーターダッシュが新しくなり、カットアウトリレーを廃止したジェネレーターにはレギュレーターが搭載され、安定した直流6Vをバッテリーへと供給。

吐出量を増やし、かつ軽量化を図るため鋳鉄製よりアルミニウム製へと変わるオイルポンプ。










c0210640_17582131.jpg


父の所有する新車のINDIAN。

まだ革も新しく硬いバディシートは、この子お気に入りのベンチであったかも知れない。



1945年(昭和20年)7月26日に、アメリカ合衆国大統領、イギリス首相、中華民国主席の名において、大日本帝国に対して発された、「全日本軍の無条件降伏」等を求めた全13か条から成る宣言を、ポツダム宣言と呼ぶ。

激動の時代を生き抜く日本人の目に、当時何が映っていたのかは知る由もないが、

それはたったの。約70年ほど前の話なのだ。




しかしながら、現在に至るまでのこの歴史は、あまりにも大きい。







c0210640_17582268.jpg


以来、誰の手に渡ることもなく、フロントフェンダーに鎮座するインディアンは微笑み続けている。

心変わりだろうか。

何がしかの、決意であろうか。

それは決して諦めではなく、再び走るという、その機械に与えられた使命なのであろうと信じたい。




もうすぐ日本へ向けて旅立つ、この車両を。

出来る事であれば、この機械をヴィンテージのジーンズや時計と同列とみなす、そんな心なき日本人に。

ここぞとばかりに金のチカラで何とかされたくはないという、たかがオートバイ屋としてのジレンマ。



全てのハーレー・インディアン乗りが、常に良い状態で愛車を走らせることが出来るよう務めるのが仕事です。

車両売買も我々が飯を食うための手段であり、それが仕事。

「素晴らしい茄子だ。これは誰にも売るわけにはいかない」とのたまう八百屋が居ないように、

やっぱ美味しく美味しく、食べて頂きたい的な?

っつーかコレ、僕も知らなかったんですけども、めちゃくちゃヒストリーある車両ですね・・・





c0210640_23534631.jpg

どうか、どうかこのインディアンに、

日本という国の、素晴らしき景色を見せてやってはくれないか?





認めたくないものだな。

自分自身の、若さ故の過ちというものを。

これ、だっ、台無しじゃないか。

[PR]
by lwe31x | 2014-08-29 23:57 | M/C For Sale

42WLA BOBBER FORSALE

在庫車両です。本気でご興味のある腹積もりのある方、ご連絡お待ちしております。
マグ&オープンチェーン&メカジョッキー&スーサイドクラッチ!!
現状、機関、始動性良好です!!
12Vダイナモ発電良好!
早い者勝ち!!

c0210640_9394972.jpg

c0210640_9395068.jpg

c0210640_9395029.jpg


c0210640_9395278.jpg

c0210640_9395240.jpg

c0210640_9395348.jpg


c0210640_9395431.jpg

c0210640_9395514.jpg

c0210640_9395526.jpg


c0210640_9395616.jpg

c0210640_9395749.jpg


c0210640_9395893.jpg

c0210640_9395940.jpg

[PR]
by lwe31x | 2014-07-12 19:22 | M/C For Sale

42WLA For Sale.

c0210640_1573130.jpg

車両情報のご案内であります。

1942年式WLAカスタム。

750ccにして改造多数。

詳細はお問い合わせ下さい。





c0210640_1573278.jpg

マグネトー点火、フロントフォーク換装済。

前後タイヤサイズも変更されています。

タンク、フェンダー、他、ノーマルどこですか的な変わり様。





c0210640_157331.jpg

シングルクレードルのフレームに、ジョッキーシフト。

オイルタンク変更、もう言うことありません(笑)







c0210640_1573443.jpg

現在アメリカから日本に向かっております。

ご興味あります方はお問い合わせください。

あ、写真の車は付いて来ませんのであしからず(笑)

[PR]
by lwe31x | 2014-04-22 23:57 | M/C For Sale

1948y Indian Chief.

c0210640_2214280.jpg

1948年Indian Chief。

48年からダッシュ周りが変更されます。

カットアウトからレギュレーターを採用するに至り、アンメーターを廃止。

バッテリー電圧が発電量を上回ると点灯するランプが中央に鎮座し、高性能を醸し出す。



c0210640_22145512.jpg
これぞIndianカラーな例の小豆色。

48年より鋳鉄のオイルポンプがアルミ製へと変更。いろんなとこの信頼性が上がってます。

バディシートで2人乗りもOK。




c0210640_22155459.jpg
ヘッドライトも48年から変更されたパーツのひとつ。

ツーリングカテゴリ内にてNoriが乗りながら撮ってるChiefも48年。

乗り味、シビレます。





c0210640_22164868.jpg

Indianは完全独立点火。

大径のキックギヤも手伝って、素晴らしい始動性。

ヨンパチ、どうすか?

[PR]
by lwe31x | 2013-07-28 22:29 | M/C For Sale