カテゴリ:Information( 857 )

My Push Rod.

c0210640_21252007.jpg
クラッチ清掃中!

何度も言いますが、シャベルのクラッチは乾式です。

乾いてないといけないのに、バラせばまずオイルでドロドロに・・・。

エンジンが産んだチカラをミッションへと繋ぐプライマリーチェーンを潤滑するため、チェーンには絶えずアツアツのエンジンオイルが滴り落ちる構造になっているからです。

回転してオイルのミストが充満するプライマリーケース内では、どうやってもクラッチへのエンジンオイルの侵入を防ぐ事は出来ません。





c0210640_21252021.jpg
クラッチが収まるクラッチシェルは、ご覧のようにドロドロです。

更に、シェル内にはミッションオイルの侵入もあるということをお忘れなく。

ドロドロの匂いを嗅いでみますと、硫黄のような、温泉ぽい匂いがするはずです。

ミッションオイルには添加剤として硫黄の成分が含まれる事が多く、これは高温高圧の状況下において、ギヤの表面に化学反応による皮膜を形成し、摩耗はもちろん、焼き付きや融着を防ぐという効果を狙ったものです。

「極圧添加剤」と呼ばれるこれらの硫黄やリンなどを主体とした添加剤を配合したギヤオイルには、「ハイポイドギヤオイル」という記載があるはずです。


c0210640_21252041.jpg
そんなミッションからのオイルを止めるためのシールがコレです。

クラッチハブのナットに取り付けられています。

昔はフェルトでしたが、オイルシールを用いることにより、クラッチ洗浄のサイクルを延ばしております。

このシールがイッちゃってると、メインシャフトとプッシュロッドの間からミッションオイルが侵入するのであります。

このシール、通常は1つですが、ナットには2つ入る余裕があります。

2つブッ込んで長持ち!





c0210640_21252114.jpg
メインシャフトからニョキッと出てるクラッチのプッシュロッド。

クラッチレバーを握ると、この棒がせり出して来まして、スプリングを縮めます。

するとクラッチ板とスチールプレートはバラけてクラッチは切れます。

クラッチレバーを離すと、棒は元の位置に戻り、スプリングのチカラでクラッチ板とスチールプレートが密着、クラッチは繋がります。

そんな大事な役割をしているこの棒。クラッチが切れるのはこの棒のお陰なのです。

・・・棒の真ん中に筋が2段階に付いてますね。

隙間からやってくるミッションオイルを止めるためのシールなんですが、このように棒を摩擦で細くします・・・。

新しいシールに交換しても、棒が細くちゃ意味無いですね。

頑張った棒は、新品に交換する時期ってのもあるのでございます。

アッセンブリでの交換頻度が低い(ダメになってるっぽいパーツだけを、お金がないからピンポイントで換えたい)ことや、社外品の精度が悪い(純正パーツが高いのは、それだけの精度を持っており、かつ材料が良いからであったりもします)ことで、「部品交換したのに、なんかいつまでたっても直んないですけど・・・」という声も多数聞かれます。

パーツチョイスってのは修理する側の責任であったりもするワケなので、そこんとこよ~く考えてご提案させて頂きます。

しょっちゅう開けるのイヤですもんね・・・。





c0210640_21252197.jpg
真夏のストーブ大作戦。

引っ越し準備しながらも、お仕事がんばります!

新兵器も続々登場、さらにワンステップ向上した、新生リトルウイングのオープンにご期待ください!

[PR]
by lwe31x | 2015-08-23 22:15 | Information

Oil Tank Repair.

c0210640_22084600.jpg



まっ、眩しい!!!

写真でもなんか眩しい気がするのは何故なんでしょうか?

裸眼で見ちゃうと目玉が焼けちゃうので、

ちゃんとお面しましょう。

日焼けサロンばりにカラダも焼けちゃうので注意が必要です・・・
c0210640_22084630.jpg


ドレンホールのネジ山がダメになっちゃってまして。

昨日オイルタンクのチェックがどうのこうの書いてた矢先に・・・

何かの暗示だったのでしょうか。

あ、昨日の新品タンクとは違うものですので・・・。
c0210640_22084717.jpg

ネジ山破損の理由、

第1位は、「ナナメに入れちゃった・・」です。

詳しくは「ナナメに入ってるの知らないで工具使って締めちゃった」なんですけども、

漏れないようにと厚めに巻いたシールテープのせいで締まってる感触が曖昧になり、なんかキツイ感じするけどもまぁシールテープ巻いてるし・・・

締めちゃおーっと。

というワケですね。




c0210640_22084752.jpg

応急修理をしても、オイル交換毎にビクビクしながらドレン締める事にもなりかねません。

万が一にも出先でドレン外れちゃったら・・・

走行不能です。

完璧に直すために・・・オイルタンク外させて頂きます。

ついでにオイルタンク内洗浄、その他のクラックのチェック、どうせやらなきゃいけない部位でしたら、ついでにやっちゃいましょう。





c0210640_22084789.jpg
なんかオイルタンク、ドレンの裏っ側が汚れてるなーと思ったら、やはりちょっとクラック入ってました。

今回はドレンボルトと同じサイズのナットを溶接して修理致しましたが、

液体が入り、かつ圧が掛かる部分でもありますので、

確実な修理が求められます。

振動も多い古いバイクの部品ですので、ダメなものは直して快適に走りましょう。

更にこの気温、夏場にオーバーヒートしたオイルは本来の性能を失っております。

早めのオイル交換を!








[PR]
by lwe31x | 2015-08-22 23:09 | Information

Happy Birthday Mami-San.

c0210640_23114446.jpg


新品オイルタンクも漏れチェック。

新品ワーイとばかりにそのまま塗装に出すと、

えっ漏れてるじゃん・・・的なやり直しだけは勘弁です。

他の穴はフタしまして、あくまでも軽くエア吹いて下さい。

ある程度の圧は掛かる仕様なオイルタンク、その分厚みのある鉄板で構成されてますが、思い切りエア吹いたら割れちゃう可能性もあります。

洗剤を吹きかける等、空気が漏れるとブクブクとすぐに分かるような状態を保ちつつ、

全体的にくまなくチェックです。
c0210640_23114571.jpg


手で軽く締めたドレンボルトからは、ご覧のように泡が。

もしも小さな穴が開いていたら、このような泡パーティ。

今のうちに何とかしないと・・・

オイルタンクはインディアンのタンクと異なり、溶接修理オッケーです。

今回漏れはありませんでしたが、新品に気を許すと結構精神的ダメージでかいです・・・

塗装して早く搭載したいであります!
c0210640_23114554.jpg


さて、FXR。

エンジンオイル交換させて頂きます!

乗り出してから20年選手のベテラン様からのご依頼ですが、

なかなかどうして当時からこのカタチってのがイカしてますね・・・。

シャベル、FXのタンクが載っかってます。
c0210640_23114688.jpg


やっぱ便利なこのプライヤー(笑)

普通のプライヤーでツマミますと横に逃げちゃうんですが、

これはスッと開きますよ~。


c0210640_23114614.jpg

スイングアームが。

見たこと無いのが付いてますけど・・・

お客様に「これ、どこのっすかね?」と伺いますと、

20年くらい前に大平さんに作ってもらいました。

ナルホド・・・(笑)

昔はまだ新車で売っていたEvoを、バッキバキにカスタムしてたリトルウイングエンジニアリング。

「速い系」のが多かったみたいです。

もちろんかなり昔からインディアンも触っていて、不思議なお店だったのを覚えております(笑)



c0210640_23114741.jpg

お誕生日おめでとうございます!

本日はボスの奥様の誕生日という事で、

ご近所さんも参加でお食事して参りました。

右の彼、ちっちゃい時から知ってますが、

なんかオトナになっちゃったよな・・・。

久し振りに集まって、楽しいお誕生日会でございました!




[PR]
by lwe31x | 2015-08-21 23:57 | Information

Thanks Everyone.

c0210640_21043429.jpg

フロントフォークでもバラしますかね・・・

ローライダーって、ハーレー的にいろいろと変わる1977年っていう年式を通過するモデルでありまして、

しかも結局はパーツ変えられてる場合もあるので、

まぁ・・・現物チェックして慎重にパーツ発注しましょう。

という事で、コチラはSHOWAのフォークです。

前期FXのカヤバは、いろんなパーツ違うから注意してくださいませ・・・。

どちらもメイドインジャパン!















c0210640_21043482.jpg

1-3/8インチ。

もう分数キライ!!って言わずに郷に入れば郷に従う感じで(笑)

こんな巨大スパナ持ってる人あんま居ないでしょうし、

っていうかココ以外・・・このサイズあんま使わなくない?

一生のウチ何回フロントフォークをバラすのか・・・

でも!

ちゃんとした工具で仕事してもらえるリトルウイングエンジニアリングへGO!!





c0210640_21043453.jpg

ガタガタうるせえキャリパーには、

こんな感じでスポンジ貼るのも1つの手段でございます。

でもガッチガチに固めちゃうとキャリパーの逃げ道が無いというか、

精度が◯☓△というか、

少ぉし余裕持っときましょう。

あとは可動部分、パッドピンやらマウントボルトやら、その辺に過剰なグリスを塗布するのもダメです。

カラッカラでもスタックしちゃってダメなんですが、

デロッデロでもパッドのカスやらゴミやら付着して危ないんであります。

何事も、適度に。
c0210640_21043646.jpg

スタッドプーラー使ってどーしたの?

こんなとこのスタッドがダメんなってたら怖くて仕方ないッス。。。

しかもすんなり抜けるのか?的な精神的プレッシャーをモロに浴びながらのトライ。

ダメなら炙ったりいろいろやりまして、

なんとか抜いて行く次第であります。

怖っ。




c0210640_21043547.jpg

抜けました。

ちょうどナットが掛かる部分がダメで、ぶっ飛んだら事故に繋がる事も・・・あるかも知れないです。

用心に越したことはないという事で、交換!

しかし!

通常スタッドボルトってのは、土台にネジ込まれてる方が荒目になっていて、ナット掛ける方は細目ってのがセオリーです。

しっかり土台に食ってて欲しいので、ブッコ抜けを防ぐ意味があるのですが、

こちらのボトムケースのスタッドは、両方荒目。

5/16の18山が、両方に付いている。

「いや、18山とか良く分かんねーし」という声が聞こえましたが(笑)、

要はその辺に転がってる部品じゃないので、「パーツ待ちでちょっと作業中断」にもなりかねません。というワケです。

ヤバイところはフタせずに、全力で修理させていただきます!!





















今朝起きたらyoutubeからメールが来てました。

「チャンネル登録者数が100人になりました。」

マジか!

100人の方が、Noriが新作をアップロードする度にメールにてお知らせが来るという、素敵な状態。

せっせと動画撮ってせっせと編集した甲斐があったというワケですね。

登録してくださった皆様、本当にありがとうございます。

ハイ。わかってます。ボク、リトルウイングエンジニアリングのNoriであること。

更には、ゴローさんのおかげだという事も。

海よりも深く理解しております(笑)


凄いっすよね・・・

明らかに海外っぽいお名前の方とかも登録してくれてて、改めてその偉大さと人気ってのを痛感してる次第です。

今年も精鋭を集めて開催されたYellow Eagle Run 2nd、それにハーレーで参加してるヤツの頭にはカメラが付いていて、

シロートが編集した動画なんですが、臨場感アリというか、リアリティ溢れるドキュメントなんでありますよ。手前味噌ですけど(笑)

コアなgoro'sファンが穴の開くほど見てる的な動きをヒシヒシと感じましたし、ゴローさんが信頼していたウチのボスとその先輩、身につけているモノ、跨ってるバイク、話題性には事欠かない感じで。

ぶっちゃけyoutubeは「だれでも観られる」という特性上、編集してる時に「コレ絶対使えないわ(笑)」ってシーンってのがあったとか無かったとか・・・(笑)

Hot Bike Japan誌にてシラセさんも書いてましたが、・・・そーいう事です。

出来れば全てをお見せしたいのですが、その辺はまぁ、ご想像にお任せして・・・。

そのうちルートにギャラリー立つようになってもおかしくないイベントだと思いました。

カッコイイ先輩たちのバイクがまたイカしてるワケです。乗り込んでるその仕草とか、そーいうのもです。

というワケで、久々リンク貼らせて頂きます。

会員の会という謎の集団的には、HOSANNAを知らずして語れない事があるので、コチラも。


リトルウイングエンジニアリングのツーリング動画も、これまた結構な人気度なんでございますよ?(笑)
西伊豆スカイライン最高。



これはオマケ的な感じで・・・(笑)

では次回作にご期待くださいませ・・・



















[PR]
by lwe31x | 2015-08-20 23:03 | Information

Pistachio.

c0210640_20531032.jpg

ローライダー!

欲しい人、そっこーリトルウイングエンジニアリングまでご連絡ください。

もうこれ電話番号書いちゃうよ。

リトルウイングエンジニアリング
03-3729-4007
9:00 OPEN
19:00 CLOSED
定休日は毎週月曜日と第2日曜日


1978年式FXS、ちょっとカスタムです。

Stop Lightファンの貴方も是非。


c0210640_21234631.jpg




よろしくお願いします!




c0210640_20531147.jpg

なんかちょっとバイオハザードっぽいですが、初公開!リトルウイング屋根裏です。

主にお客様からのお預かり部品や、中古パーツなんかを保管しておりました。

え?お宝?

どっちかといえば捨てなければいけない物が多いです(笑)

リトルウイングに入社致しますと、この辺の清掃と管理を任されます。

なんだか殺風景になっちゃって・・・

ありがとう屋根裏。さようなら屋根裏。

そーいや下北にそんなライブハウスがありましたね。


c0210640_20531151.jpg

棚空いた!棚空いたよ!!

まとめた部品を今度は運び込まねばなりません・・・

新店舗へ!

棚って素晴らしいですよね。

もう置くも置いたり、作るも作ったり。

棚が全てです(笑)

こういう業務用なんでしょうか?ガッチリしたやつは、

意外と高価なんですけど重量物もイケて最高です。
c0210640_21060966.jpg
う、う~ん・・・

まだまだありますね・・・。

引っ越した先で「アレどこ行ったよ・・」みたいな事態が起きないよう、しっかり整理して運ばねばなりませんね。

しかしこれ相当重いと思うんですけども(笑)

ボス手作りの店舗、耐久性ハンパないです。

さあ!

お手伝い要員、お待ちしてます!!(笑)

[PR]
by lwe31x | 2015-08-19 21:43 | Information

She Snaps Easily.

c0210640_21011181.jpg

本が多いっす・・・

毎月もしくは隔月で発売されるハーレー専門誌から、

ちょっとハーレーに関係無い雑誌まで、そりゃもうたくさんの雑誌がリトルウイング屋根裏部屋に格納されています・・・。

もう全部捨てるんだ~い!!

しかし待て、なんだこのメモリアルは(笑)

永久保存版じゃないっすか!(笑)

こうしてまた、引っ越しの際に持って行く荷物が増えるのであります・・

まぁ、この辺はいいよね。




c0210640_21011190.jpg



こっ、これは!!(笑)

オートバイ!!

ここまでストレートなネーミングは潔いの一言です。

不死身!!

大魔神Z2・・・

どーいう事なのか。

昔、よく読んでたなぁ・・・


c0210640_21011272.jpg

読んでみますと、おお・・・大魔神・・・。

1980年代も終わり頃、激しくバイクに狂い始めたボスの愛車が載ってました・・・。

めちゃくちゃ改造してある。

当時多分、もうGPZ900Rとか売ってるんですよ。

でもコレで気合入れてた心意気というか、

現在も生き続けてる「旧いの改造して速くするスピリット」にちょっと目頭を熱くします。

しかしここに「売りたい」旨を掲載してもらい、結果売れて新しいウエットスーツと1979年のローライダーを買ったというのは有名な話(笑)

当時ハーレーのローライダーは、かなり安かったとのこと。

この辺りからボスは、「そっちの方向」へ行ったようです・・・。



c0210640_21011211.jpg


さて、思い出も大切ですが、

ヒューズも大切です。

本日配線系のトラブルでお越し頂いたお客様がおりまして、

改めてちょっと怖いな、と感じたので少々書かせて頂きます。

これはいわゆるふつーの板のヒューズです。

対応するアンペア数が書いてあります。

キックオンリーの車両は15A、セルスターターが付いたモデルは大電流を流しますので30Aをメインに使いましょう。


c0210640_21011276.jpg
こういうのもあります。

ヒューズ全般に言えるのは、

もしもショートした時に回路を遮断し、過度の発熱や発火からお守りするという御役目でして、

もちろんショートしてないのに切れると言うのはダメ中のダメなんであります。

そういや最近はキレやすい若者的な言葉を聞きませんが、どうなんでしょう?キレづらくなったんでしょうか?

ハイ、で、仕組みですが、要は「融点が低い金属を使ってる」ワケです。

アツっ!となると、すぐに溶けやがるワケです。

ですので、ドロリと溶けてるのかパァーンと溶けてるのかによって、どういうショートの仕方なのかがある程度予測できたりもするワケですね。



c0210640_21011242.jpg
旧車にお馴染みの、このタイプですと、ドロリもパァーンも無いんですけども。

こっちはコタツと同じで、ある温度に達するとカチンとキレますが、しばらくして冷えますと、またカチンと戻ります。

温度で変形するバイメタルってのを使っているワケですね。

変形する(反り返る)ので接点が離れる、と。

意外とキッチリ!な金属が融解する温度に比べて、若干の曖昧なラインがあるこのサーキットブレーカーは、

ハイテックなコンピュータを使った乗り物には敬遠されるようです。

あと戻っちゃうので履歴的に追えないです。

スペアを持たなくて良いというのは嬉しいのですが、「原因」を排除せねば何回でもカッチンカッチン言ってやがて壊れます(笑)

人間と違い、「寝たら治った」というのはあり得ないのですから、いち早く原因を追求致しましょう。

ではまた明日!



[PR]
by lwe31x | 2015-08-18 22:33 | Information

We Will Move A New Shop.

c0210640_21013429.jpg
平気平気!

引っ越し手伝わせないからリトルウイングエンジニアリングへ遊びに行こう!(笑)

いやあ、来ましたね。ついにこの時が。

店舗移転というビッグイベントに向けて動き出すリトルウイング。

アレだ、3年使わなかったモノは捨てよう!のスローガンの下、「あっ、これ使えるじゃん・・・」とか、「あっ、コレ捨てるなら貰っていいですか?」的な流れを是非断ち切りたい!

しかし書類がまた多いこと・・・




c0210640_21013464.jpg

!!(笑)

これはもうヴィンテージパーツの域。

現在のスマホ事情なんて、当時は全く想像出来ませんでした・・・。

若い娘に見せたら笑われるどころか引かれるくらいの物体であります。









c0210640_21013527.jpgc0210640_21344130.jpg











さよなら!!


ゴスッ!

全然壊れねえ!!

iPhoneと比較しますと脅威の耐久性。

なんでこの辺は退化しちゃってんだろう。

ちょっぴり切なくなりました。








c0210640_21013765.jpg

新兵器の具合も確認します。

お客様に全ての面で満足頂けるよう、

メカニック及びマシーンの向上も忘れません。

外注オシゴトもガンガン受けて行く所存です。

でも内燃機屋ではございませんので、フツーにオイル交換しに来て下さい(笑)

あとIndian専門店じゃないですからね!(笑)

ハーレーの皆様もどしどしお越しください。






c0210640_21013514.jpg

vaio発見(笑)

古っ・・・いけどコレ、カメラとか付いちゃって何だかハイテック。

いろんな物が進化してるんだなぁ・・・

移転に伴う「希望の鉄槌」にて、ハードディスクを破壊した後に破棄致しました(笑)

個人情報の保護も怠りません。

しかし。バンバン新しいモデルが出て、買い換えて、捨てて・・・

50年も60年も前のオートバイを直して乗り続けることのエコってやつが、もっと良い待遇を受けてもいいんじゃないでしょうか。

長く大切に乗ってると、税金アップするのはどうも頂けません。

一方でバッテリーがイッたら捨てちゃうハイブリッド車は減税されたりして、一体どの辺がエコなんでしょうか。

鉄槌じゃああ!!





c0210640_21013659.jpg

懐かしい写真も発見される、お決まりのコースです(笑)

イケメン発見と思ったら、1988年。当時まだボス10代・・・?

しかし既にVanson着てエンジニアブーツ。

愛車はCB750のFでしょうか?

身長高いので400ccっぽい・・・






c0210640_21013682.jpg
からの、Aさん。

懐かしい・・・

Noriもお客として参加してる、リトルウイングのツーリングでの1コマ。

やたら速いAさん、バイク復活を心待ちにしております。










・・・これもうリトルウイング前でガレージセールとかやった方がいいんじゃないかと(笑)

開催の際には告知致しまーす!








[PR]
by lwe31x | 2015-08-16 22:05 | Information

Today, I Went On A Trip To Little Wing Engineering For Obon Vacation.

c0210640_20375292.jpgお久し振りでーーす!

みなさま夏バテしてませんでしょうか?

暑い日が続きますが水分塩分摂取してがんばりましょう!

というワケで本日1発目、ボスとは昔ながらのお付き合い、個性的なこのシャベルヘッドでございます。

もう顔面からして個性的。

プロジェクターにHIDにLEDのハイテック・・・!






c0210640_20375223.jpg
タイヤも太い・・・

純正流用の200!

その昔、ソフテイルフレームにワイドタイヤを履かせるキットが出た!ということで、

初っ端出たばっかの話題のキットが奢られております。

モチロン補強を施され、折れない仕様に。

やっぱ折れるんだ、コレ・・・
c0210640_20375307.jpg














なにこのメーター・・・?

ソフテイルフレームにビッグボア&ストローカーのシャベルが搭載されているだけでも個性的なんですが、

オーナー様はマフラーにO2センサーを取り付けて、ご覧の通りの空燃費計を装着。

キャブ車なんですが、見ながらマメにセッティングされているとのこと。

要はガスの濃い薄いを数字で見られるメーターといえば分かりやすいでしょうか?

気温の変化でも如実にセッティングが狂うのが分かってしまうので逆に気になって仕方ないとの事なんですが・・・なんか、恐れ入ります(笑)

c0210640_20375482.jpg









さあ!お昼はカレー!

なんかもう出前の蕎麦屋も飽きちゃったし、お盆でどこもやってないので、CoCo壱番屋のカレーをデリバリー。

暑いので買いに行く気も起きませんもの(笑)

なんか洒落た箱に入ってくる。

c0210640_20375355.jpg
さあみんなでカレー!

「別々に会計出来ますゥ?」

「別個は勘弁して下さい」

お決まりのやりとりが(笑)

まぁ今日は人数多かったので・・・。


c0210640_20375442.jpg
通常の辛さから10段階上に辛さを指定できるのですが・・・

半分だから5辛でもイケるんじゃないかと、

ボスとNoriのみ5辛を注文。

オイ。激辛じゃないか・・・

汗だくです。
c0210640_20375509.jpg
なんかCoCo壱番屋の説明をするブログみたいだな・・・

食ったら作業。

いつものようにギャラリー多し(笑)

リトルウイングエンジニアリング、作業風景をご覧頂きたいお客様もWelcomeです。

見られることに慣れ過ぎて、もはや快感すら覚えます(笑)
c0210640_20375514.jpg
さて、お久しぶりのEさん・・・

こないだ産まれたばかりだったのに、

成長は早いのであります。

オジサンとはお話してくれなかったけど(笑)
c0210640_20375629.jpg
九州に単身赴任されているEさんは、

おいしそうなお土産を。

いつもありがとうございます。

またツーリング行けるといいっすね~。

早くそんな日が来るのを心待ちにしております!






明日はお盆休み最終日、って方も多いと思いますが・・・

リトルウイングエンジニアリングは営業中!

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

[PR]
by lwe31x | 2015-08-15 21:56 | Information

Soy!

c0210640_21565911.jpg

夏だ!海だ!ロイヤルパープルだ!

入荷しておりますシングルグレードの60番。

100%化学合成のナイトロ・プラス!なんだナイトロって。

とにかく添加剤入り!(笑)

性能はNoriもPanに入れて実証済みです。

なんと取り扱いはリトルウイングエンジニアリングのみ!

お客様にも入れさせて頂き、ツーリングでは殿のNoriさん曰く、

c0210640_22272293.jpg


なんか目が痛い・・・

なんかレースみたいな匂いする・・・
c0210640_21565944.jpg

というワケで、夏の日。どこまでもブン回るエンジンを思い出しながらのブリーフィング。

店舗移転に向けての作戦会議が行われております。

Iさん、お団子ありがとうございます。

大豆と小豆が大好きです。

おまめさん、大好きです。

しかし大豆ってすごいですよね。

味噌も醤油も豆腐も納豆も枝豆もきな粉も、大豆。

ソイ!!





c0210640_21570049.jpg

さあ、まずはフロントブレーキ周りをば。

最初に身も蓋も無いこと言っちゃいますと、

この頃のハーレー、ブレーキも自社で頑張ってますので、

まぁ、いろいろ勘弁して下さい・・・。

ブレンボのラジアルポンプみたいなタッチにはなりませんが、

ちゃんと整備で必要にして充分な性能は発揮致します。




c0210640_21570064.jpg

おお・・・

漏れてますね。




c0210640_21570153.jpg

ブレーキフルードは塗装を痛めます。

リトルウイングエンジニアリングではブレーキの分解清掃の有無に関わらず、

こういったタンクカバーやフェンダーカバーを使用し、

お客様の大切な車両を守ります。




c0210640_21570157.jpg

漏れはO-ringの劣化、マスターシリンダー本体のダメージ等・・・まずはバラさないと始まりませぬ。

フィッティングはフルードの漏れやナットのナメを防止するために、

しっかりとした工具を使って緩めて下さいませ。





c0210640_21570115.jpg

このような形状のフレアレンチを使用して、

フィッティングの工具による痛みを防止しましょう。

スパナでもイケるっちゃイケるんですが、真鍮にメッキの純正フィッティングは、ちょっとした事でダメージを受けます。

そこはほら、お金払ってプロに任せてるワケですから、

最高の道具でお仕事させて頂きます。




c0210640_21570285.jpg

まぁ、だいたいこんな感じですよ・・・

なんかヘドロみたいの溜まってますね。

キレイキレイにしまして、シリンダー部分をチェック!




c0210640_21570241.jpg

いくらO-ringを新品にしようが、

シリンダーの中がガリガリではシール出来ません。

よぉーく中身をチェック。

軽い腐蝕でしたら、ホーニングして均します。

軽ゥいホーニングで取れない傷や段付き、腐蝕があった場合には、

残念ながら交換となりますです・・・。

やべっ、指が抜けない!(笑)


中身を新品にしてフルード入れて、

さあエア抜き!って全然エア抜けないんですけども・・・

なんてのは日常茶飯事なシャベルのマスターシリンダー。

若干のコツがありますので、大事なブレーキ周りは、まずプロに相談した方が良さそうです・・・。

ではまた明日!








[PR]
by lwe31x | 2015-07-29 23:20 | Information

Rainbow.

c0210640_20242842.jpg


最近は何コレ、未来の電球発見。

なんかツブツブしたのが放射状に付いてて、若干キモいです。

何でもかんでもLEDになっちまって…とかオジサン嘆いたりもしたけれど、結局アナタ昔のマグライトとか使えますか?という背に腹は代えられないという実情もあります…


c0210640_20242886.jpg

うおーツブツブだー

コレ、そのままソケットに収まるように作られてます。

オーナー様曰く、そのまま付けたらハイフラッシャーみたいになったりしたとの事。

オーナー様はご自分でコンデンサーをかまして対応しているとのお話でしたが、対応しているリレーを使用するなど何がしかの対策をされた方が良いかも知れません。



c0210640_20242960.jpg


そして、噂のたぬき丼です。

勇者I様がご注文されました。

意外と美味いとの事でしたが、ネーミングに若干の引き具合が…(笑)



c0210640_20242985.jpg


たぬき丼を食べたらタイヤ交換!

で、見た事無いチューブ出ましたけど、まさか。

まさか純正?

タイヤも純正だし…


c0210640_20243069.jpg


バルブキャップも純正だし…

これはさすがオリペンワンオーナーだけの事はあるぜ…

素晴らしい車両を整備させて頂き光栄であります。



c0210640_20243066.jpg



作業完了!

虹とイケメンとチーフ。

ダブルレインボウで良い事あるかなー。

明日も皆様お待ちしております(^_^)


[PR]
by lwe31x | 2015-07-18 20:36 | Information