2015年 09月 08日 ( 1 )

She Looks As If Nothing Had Happened To Her.

c0210640_20325416.jpg


リトルウイングエンジニアリングは店舗移転に伴う業務のため、

2015年9月22日(火曜)~9月30日(水曜)までを休業とさせて頂きます。

また、2015年10月1日のリニューアルオープンより、営業時間を9:00~18:00、定休日を毎週日曜&第2月曜へと変更させて頂きますのでご了承くださいませ。

新店舗の住所、電話番号につきましては追ってお知らせさせて頂きますのでよろしくお願い致します。




c0210640_20325551.jpg

雨だとお引っ越しが進みづらいのであります。

だってC10、荷台に屋根付いてないもんね。

はやく晴れないかなーと天気予報を見るも、

台風来てんじゃん・・・

新しい職場で、それはもうガツガツと仕事したいのであります!

きっと快適なんだろうなぁ・・

期待に胸が膨らみますが、

現店舗の荷物の量を見ますと萎みます(笑)

じゅっ、従業員募集中!!




c0210640_20325504.jpg

さて、フィン欠け直して欲しいとのご依頼です。

シャベルのヘッドは材料が良いので、パンとかに比べて溶接しやすいとのこと。

折れちゃった所は潔く取り払いまして、

交流TIGのアルミ溶接にてバリバリと盛ります。

しかしこのように盛るの、言うのは簡単ですけどもレベル高いっすよね。

持てないくらいアツアツに温めてから作業するのも、アルミ溶接の基本パターンです。






c0210640_20325577.jpg

気合入った合コンのお姉ちゃんばりに盛られています。

こういう芸当が出来るのは職人と呼ばれて然りですね。

巣穴なんか無いんでございますよ。

ボスの溶接テクニックを盗もうとチラ見するんですが、


c0210640_21122782.jpg




目が!目がァァァァ!!





※溶接面を付けましょう。





c0210640_20325690.jpg

ホラ、もう直ってる(笑)

さっきのを削って、なんか何事も無かったかのようにします。

これはアレですね、面出すとこは出して、アール付けるとこは付けて・・・

鋳型から抜きっ放しの部分もありますし、

そっからグラインダーかけてる部分もあるので、

質感とか角度とか、折れてない同年式のお手本を見ながらやるのが吉と出ております。




c0210640_20325698.jpg

素晴らしい・・・。

落としたりプラグレンチを間違った感じで使ったり、

意外とフィンが折れてるやつ多いですね。

シリンダーは鋳物の鉄になるので若干難易度が増すらしいんですが、

あんまり分からないように直すことは可能です。

まずはご相談下さい。

インディアンのヘッドは薄いので、更に難易度上がります(笑)








[PR]
by lwe31x | 2015-09-08 21:24 | Information