2015年 07月 29日 ( 1 )

Soy!

c0210640_21565911.jpg

夏だ!海だ!ロイヤルパープルだ!

入荷しておりますシングルグレードの60番。

100%化学合成のナイトロ・プラス!なんだナイトロって。

とにかく添加剤入り!(笑)

性能はNoriもPanに入れて実証済みです。

なんと取り扱いはリトルウイングエンジニアリングのみ!

お客様にも入れさせて頂き、ツーリングでは殿のNoriさん曰く、

c0210640_22272293.jpg


なんか目が痛い・・・

なんかレースみたいな匂いする・・・
c0210640_21565944.jpg

というワケで、夏の日。どこまでもブン回るエンジンを思い出しながらのブリーフィング。

店舗移転に向けての作戦会議が行われております。

Iさん、お団子ありがとうございます。

大豆と小豆が大好きです。

おまめさん、大好きです。

しかし大豆ってすごいですよね。

味噌も醤油も豆腐も納豆も枝豆もきな粉も、大豆。

ソイ!!





c0210640_21570049.jpg

さあ、まずはフロントブレーキ周りをば。

最初に身も蓋も無いこと言っちゃいますと、

この頃のハーレー、ブレーキも自社で頑張ってますので、

まぁ、いろいろ勘弁して下さい・・・。

ブレンボのラジアルポンプみたいなタッチにはなりませんが、

ちゃんと整備で必要にして充分な性能は発揮致します。




c0210640_21570064.jpg

おお・・・

漏れてますね。




c0210640_21570153.jpg

ブレーキフルードは塗装を痛めます。

リトルウイングエンジニアリングではブレーキの分解清掃の有無に関わらず、

こういったタンクカバーやフェンダーカバーを使用し、

お客様の大切な車両を守ります。




c0210640_21570157.jpg

漏れはO-ringの劣化、マスターシリンダー本体のダメージ等・・・まずはバラさないと始まりませぬ。

フィッティングはフルードの漏れやナットのナメを防止するために、

しっかりとした工具を使って緩めて下さいませ。





c0210640_21570115.jpg

このような形状のフレアレンチを使用して、

フィッティングの工具による痛みを防止しましょう。

スパナでもイケるっちゃイケるんですが、真鍮にメッキの純正フィッティングは、ちょっとした事でダメージを受けます。

そこはほら、お金払ってプロに任せてるワケですから、

最高の道具でお仕事させて頂きます。




c0210640_21570285.jpg

まぁ、だいたいこんな感じですよ・・・

なんかヘドロみたいの溜まってますね。

キレイキレイにしまして、シリンダー部分をチェック!




c0210640_21570241.jpg

いくらO-ringを新品にしようが、

シリンダーの中がガリガリではシール出来ません。

よぉーく中身をチェック。

軽い腐蝕でしたら、ホーニングして均します。

軽ゥいホーニングで取れない傷や段付き、腐蝕があった場合には、

残念ながら交換となりますです・・・。

やべっ、指が抜けない!(笑)


中身を新品にしてフルード入れて、

さあエア抜き!って全然エア抜けないんですけども・・・

なんてのは日常茶飯事なシャベルのマスターシリンダー。

若干のコツがありますので、大事なブレーキ周りは、まずプロに相談した方が良さそうです・・・。

ではまた明日!








[PR]
by lwe31x | 2015-07-29 23:20 | Information