2015年 07月 11日 ( 1 )

Rescue.

c0210640_23584315.jpg三重の先生ことYさんからお便りが届きました。








このあとパンクするそうです・・・。

パンクは勘弁ですが、旧車でトライアル、ちょっと興味津々です。
c0210640_23584397.jpgんで、GSのレスキュー。



ちょっ、超カッコイイじゃん・・・。

そういえば、三宿辺りで見かけた日本の消防バイクはYAMAHAのセローでしたよ。
c0210640_23584349.jpg本日はクラッチの謎ということで。






「ぼくのオープンベルトなのに、なんかクラッチがヌルヌルする」

という方、(ヌルヌルってのはピッタリ貼り付いて剥がれない、ってのも含みます)このへんが原因では?
c0210640_23584341.jpgクラッチハブナットにはオイルシールが付いています。

昔はフェルトだったんですけど(昔の人はフェルトで何でも止まると思っていたに違いありません)、

今はミッションオイルの侵入を防ぐために、フェルトよりも高性能なオイルシールが入っております。

・・・ミッションオイル?
c0210640_23584452.jpgクラッチを切る動作でせり出してくる、クラッチのプッシュロッドはメインシャフトの中を通っております。

ハブナットのシールがダメになり、このメインシャフトの中を伝って侵入してくるミッションオイルが原因でクラッチがヌルヌルというワケです。

裏ワザとしまして、このシールを2連装するという、「そーいうスペースあるんじゃん」的な作戦を実行することで、アナタのクラッチはヌルヌルしづらくなるでありましょう。

これはもちろんクローズドのプライマリーでも同じことです。
c0210640_23584454.jpgそんで明日は第2日曜ということで、リトルウイングエンジニアリングお休みです。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

[PR]
by lwe31x | 2015-07-11 23:56 | Information