2015年 06月 05日 ( 1 )

Fork!

c0210640_2059560.jpg
ボヨ~ンと。

今日は謎多きインディアン・チーフのガーターフォークをば。

各部ブッシュをチェックし、ダメなとこは交換してリーマー通してホーンして、

これ適当にやると真っ直ぐに掘れずに泣きます・・・

ラインで真っ直ぐ掘れるように工夫してくださいませ。



c0210640_2059680.jpg
超高速でグリスを塗るボス、みたいな感じの写真になりました(笑)

このトロンボーンみたいなので連結されているのですが、

要は締め過ぎると動かず緩すぎるとガタというのをイイ感じで調整するような機構が備わっております。




c0210640_2059735.jpg
上から見まして、向かって左側。

こっちはテーパーがハマるようになっております。

すなわち固定です。




c0210640_205988.jpg

んで、この100円玉みたいなワッシャー。

なんでギザギザ付いてるかというと、こうやってクルクル回すためです。

回るイコールクリアランスがある、という事。

さらに緩ければガタついてますので、すぐにクリアランスの有無を確認出来るというスグレモノです。




c0210640_2059940.jpg
反対側はアジャスト出来るようになっております。

シャフト回して締めたり緩めたり。

ロックナットで固定して完了です。

これが出来ていないフォークは、動かなかったりガタガタだったり、調子良く走れません。

ブッシュにガタが無い事が前提ですが、上手い事調整してみてください。

ブッシュでは無く、アフター&アップグレードパーツとしてのニードルローラーベアリングに交換されているフォークもありますので、

やはりグリス切れはダメです。




c0210640_2059983.jpg
その辺走るには(ちょっとのデコボコ道を含む)最高なフォークなんでありますが、

何よりも、メンテ不足でガタガタになっちゃってるのが多いこと多いこと。

アナタのフォーク、まだまだ秘めたポテンシャルがあるんではないでしょうか。


しかしながら、やはり設計は古いのでありまして・・・

構造上、最高速を狙うような走りにはやっぱテレスコの方に軍配が上がりますね・・・。

フォーク含む足回りの修理&調整で、気持よく走りましょう!
















[PR]
by lwe31x | 2015-06-05 21:32 | Information