2015年 06月 04日 ( 1 )

Change Rocker Box G/S.

c0210640_2134888.jpg
オラァ!!

オラァ!!

エンジンがラバーマウントされたモデルの・・・

エンジンマウントの上側外しまして、プライマリーに乗っかるとエンジンがブルンブルン動きますです。

リトルウイングに行ってみよう!と初めてお越し頂いたお客様へ。

メカニックがブルンブルンとエンジンに乗っかってても驚かないでください。




c0210640_2134041.jpg

EVOのロッカーは、エンジンを積んだまま分解出来る素晴らしい出来。

それまではヘッドを降ろさないと分解出来ませんでした。

ここのゴムのガスケットは、ちょっと厚めのゴムなだけに劣化が心配なのと、組み方によって変な段差が出てしまう、つまりは積み木を真っ直ぐ積めてないという、

ちょっと見りゃ分かるじゃん的な珍事件を巻き起こすワケであります。

しかし、いくらエンジンを載せたままで脱着可能と言っても、余裕のスペースがあるのはフロント側だけで・・・




c0210640_2134521.jpg
リヤはこれ狭い。

ロッカーカバーのボルトが抜けないので、抜くための丸い穴が空いているフレームもあります。

しかしこのフレームは穴空いてないやつなので、

こんな短く加工したヘックスレンチを使ったりするのです。

しかし、やはりボルトが抜けません・・・

というワケで、1番上の画像へ。

タイダウンなんかでエンジンを引っ張ってズラす手段もあるのですが、あとほんのチョイ!的な感じでしたので(笑)




c0210640_21335410.jpg
さて、最近、これはもう個人的になのですが、

ホワイトウォールのタイヤ履いたバイク、あんまり見ないな~と。

かくいうワタクシも昔は、コッカーのダブルリボンにしようかな、とか言ってたのですが、

今じゃ廃棄寸前の、だがしかし比較的状態の良さそうな中古タイヤへ交換(なんか糸が見えちゃってるからまだコッチの方がマシ)するようになってしまい・・・

別にメーカーとかあんまり関係なく前後バラバラ・・・

カッチカチのヴィンテージタイヤ(?)を履いている古いオートバイの方、

もうスパァン!とリヤもフロントも抜けますよ(笑)

いくら見た目が重要でも、カッチカチのひび割れタイヤよりも、

オイオイ、リジットなのにタイヤこんなトコまで使ってるよ、の方が絶対カッコイイと思うのですが。

あ、白を保護する青いマスキングは、単純に水やお湯で落とすのが早いですよ~。

ではまた明日~












[PR]
by lwe31x | 2015-06-04 22:25 | Information