2015年 04月 03日 ( 1 )

Cut!

c0210640_2103614.jpg
昨日の続きでありまして・・・

やっぱスターターモーターに噛んでますギヤは、スペーサー扱いでした・・・

ボルトのスレッド部分が短く、思い切り締めても締まらず・・・

こういうトコ、ちゃんと見ておかないとアブナイですからね。

ホイールベアリングやブレーキ周り等、ひと通りチェックさせて頂き、

乗り心地は回復しました。

最低でも2年に1回、車検毎には足回りのチェックをした方が良いですね。




c0210640_2103768.jpg
さて、本日は更にバルブシートカット、「1発3面カットくん」のご紹介です。

毎日のように行うバルブのシートカット、

みなさんどうされてますか??

突き出しを合わせるのにそんなに削らなきゃダメなの!?

もう手首が腱鞘炎になっちゃうよ!

今日はそんなお悩みを1発で解消致します!




c0210640_2103188.jpg
バルブフェイスというのは全体が当たるワケではなく、このナナメの部分の幅の中で当たり幅を決めます。

このような針みたいので径を測るのですが、例えばなるべく外周に近いところでセットすれば、

それはバルブ径を大きくしたのと同じ事だということ。

ということは理論上、そのバルブの性能を100%発揮するためには、

線のような細い幅で当たるのが理想となります。何回も言いますけど、径が大きくなったのと同義ですから。

しかし当たり幅は広いほど接触する表面積が増えるので、

熱を逃がす効率が上がり、少々のカーボンを噛み込んでもヘコタレない強い人になります。

なので、ちょーどええ幅を選択致します。




c0210640_2103330.jpg
そしたらばコレはバルブシートをカットするカッターです。

この角度、良く見ると3面です。

バルブフェイスとバルブシートを接触させるには、

バルブフェイスとバルブシートを同じ角度にしてやれば良いワケです。

すると、その上下に違う角度を付けてやることでフェイスとシートは接触しなくなるワケで、

真ん中のフェイスと同じ角度の部分の幅を、何ミリに設定するのかが予め決まっている刃物、という事になります。

つまりは、当たり幅を刃物を交換することによって任意に選択出来、

更に刃物の位置を調整することで、様々な径のバルブに対応出来る、と。


c0210640_2103353.jpg

あとはフライス盤にシリンダーヘッドをセットし、

パイロット(バルブシートのセンターを確実に捉えるためのガイド棒)を中心に回転させ、カットするだけです。

これの素晴らしい点は、「同じ当たり幅で」「そのまま掘り進める事でバルブの突き出しを任意に設定出来る」という点。

要は、「前後のバルブシートを簡単に同条件にすることが出来る」というワケです。

あとね、キレイ。




c0210640_2103557.jpg
こうやってカットされたバルブシートは、

スパンスパンと軽ゥ~い摺り合わせでピッタリと密着。

エンジンの調子を左右するヘッドワーク。

リトルウイングエンジニアリングでは、社長自らガイドの入れ替え、シートカット、場合によってはバルブシートの交換を行っております。

どうぞ、見学はご自由に。

お客様の笑顔がモチベーションです。







[PR]
by lwe31x | 2015-04-03 22:27 | Information