2014年 12月 07日 ( 1 )

Hot Rod Show 2014.

c0210640_21163375.jpg
どうだいオレのこのクルマ。

なんかもう全自動でこれ介護車?的な動きでバイクを搬送。

レッカー呼んだ本人も、「こんなん来た!」と驚いていた様子。

レッカー会社の方もドヤ顔。

くっ、悔しくなんかないよ!

オレにはこの後背筋がある!

あ、ホットロッドショーお疲れ様でした!!





c0210640_21163441.jpg

オオウ・・・

改造具合すげえな・・

ボスが、「これ作ってみようかな」とボソリ。

本当に作りそうで怖いのでヤメてください(笑)

ランクルに海外から取り寄せたスーパーチャージャーを自ら組み込んだり、

やってみたくなったら止まらない性格なのをボクは知ってます(笑)




c0210640_21163541.jpg

本当に介護車ベースで、新車のハイエースもう1台買う以上の金額で改造してるらしいです。

こんだけフラットに降りてきたら、積むのも簡単そうですね。

で、昨日立ち寄って頂いた同業者様が、

「38インチオーバーのフロントフォーク付いたのを搬入したんですが、クルマとか乗らないんで自走して頂きました」

という言葉を思い出す。

ロングフォーク出店の業者様、ホットロッドショーお疲れ様でした!




c0210640_2116361.jpg

んでコレ、ハンドパワー全開!!

ボスが持ってるとあまり大きく見えないトルクレンチ。

長い。

超長いです。




c0210640_21163842.jpg

フンガーーー!!

マニュアル見ますとスプロケットシャフト・ナットの締め付けトルク、1981年の後期より後は、290~320ft-lbsとあります。

320ft-lbsってのは433.856Nmでありまして、掛ける係数は1.3558ですぞ。

そりゃこんな長いのでおもくそ締めないといけないワケですね・・・



本当はこんな大型トラック用みたいな工具が無いとトルク管理出来ないはずなんですけども・・

インパクトでガンガン締めて終わり!ってのは若干の不安が残ります。





c0210640_21163986.jpg

芯出しして、やっとこさケースに収めることが出来ます。

高速で回転する軸なので、各部クリアランスを確保した上でのシビアな組み立てと芯を出す技術が必要です。

クランクバランス云々よりも、まずはちゃんと芯が出ている事が前提なのです。

きちんとした組み立てが出来るショップにお任せして、快適なハーレー&インディアンライフを!

[PR]
by lwe31x | 2014-12-07 22:16 | Information