2014年 08月 05日 ( 1 )

Cicada.

c0210640_2134514.jpg


女性と付き合う時もそうですが、まずその人はどんな人なのか、それを知る必要があります。

女性はいろいろしてみないと分かりませんが、しかしミッションはこのジグを取り付けるだけでOKというお手軽さ。

そんならもうソッコーで付けてこーぜという事で。





c0210640_2134673.jpg

こういう感じでフタに乗せます。

フタとか言いましたけどもミッションのトップであり、たまに僕ら「ピックツール」のことを「先っぽトンガリくん」とか、

「エアラチェット」のことを「ビュンビュンーってやつ」とか呼んだりしますけども、正式名称の件で突っ込むのはやめてください(笑)





c0210640_2134765.jpg

何をする道具かというと、ニュートラルの位置を出すためのもの。

こうやって同じ径の棒をガイドに、このトップのニュートラル位置を記憶させるのであります。

そりゃあハーレーですので、十人十色といいますか・・・(笑)

個体差があったりするので、都度合わせなければいけません。





c0210640_2134854.jpg

んでこれ、ミッション(ギヤ付きシフターフォーク無し)に乗せます。

すると、ニュートラルの位置でギヤがどうなってるのかが丸わかり。





c0210640_213492.jpg

マジすか・・・

こちらカウンターシャフト側にある、シフトクラッチ。

これは1速と2速を切り替える役のヒト。

おもくそ左に寄ってますね。

左は2速。

するってーと、1速にしたときに、掛かりが甘いと。

最悪抜けたりします。





c0210640_2135040.jpg

あら、写真逆さまになっちゃった・・

ここはシム調整で真ん中を出せる仕組みになってまして。

このように真ん中を出してやればOK。

これで1速と2速がキチンと噛み合います。

これが出来てないミッションが非常に多いのです。

つまり・・

無理なシフト、例えばクラッチが切れないのにゴリゴリと入れようとした時には、

この切り替え君、シフターフォークが曲がるワケです。

すると、せっかく真ん中だったモノが真ん中じゃ無くなる。

そりゃギヤ入らなくなりますね・・・




c0210640_2135128.jpg

あとはこのミッション、

水に浸かってたらしく、ベアリングも錆びてゴリゴリです。

V-twinで注文すると安い中国製が来ますが、こればっかりはゴミにもならないので日本製を使いましょう。

サイズ計って探せば見つかるはずです。

最近V-twinのホイールベアリングも、ティムケンから中国製に変わっちゃいまして・・

なんか嫌だなぁ。

中国が嫌いなワケではないですよ。

個人的な統計の上で、すぐぶっ壊れるモノが多いので。




c0210640_2135297.jpg

さあ帰るか・・と・・!!

うおっ

蝉がいる!!(笑)





c0210640_2135469.jpg

これ、ドアのとこに!!


どこにいるか分かります?(笑)

気持ち悪っとかいってたら、

Yさんが素手で捕まえて逃してくれました(笑)

Yさんありがとうございます。

子供の頃は触ったり捕まえたりした虫が、おっさんになると苦手になるのは何故だろう・・・

[PR]
by lwe31x | 2014-08-05 22:55 | Information