2014年 06月 05日 ( 1 )

HOSANNA.

c0210640_23255410.jpg


楽しみにしてたHOSANNAの財布、やっとこさゲット!

逸る気持ちを抑えつつ、仕事に励みますです。






c0210640_23254958.jpg

こちら、少し前に新調されたバルブグラインダー。

これはもうバルブのフェイスを研磨するためだけに生まれてきた機械。

こういう1つのこと専門な機械って、妙に惹かれるんですけど・・

「アタイ、これしか出来ないから・・」的な。





c0210640_23255028.jpg

バルブを真芯で捉えてガリガリと。

オイル掛けながら、温度が上がらないように削ります。

角度は任意に調整可能。

ということは、46°とか30°とか、いろいろ出来るワケですね。

ここで、ん??46°?とか思った方は結構マニアック。





c0210640_23255199.jpg

キホン、ステムが減ってなきゃカーボン噛んだフェイスは削って再利用可能なワケです。

この機械、中古再生用と思いきや、しかし新品のフェイス・・・そんなに信用しちゃって大丈夫?

新品ももちろん、ヒミツの角度で仕上げて合わせます。

こんだけバルブがデカイと、そんなにシビアに出ない気もするのですが・・

意外とシビア。圧縮漏れはイヤですもんね~





c0210640_23255224.jpg

いちばん手前が研磨済。

青ニス塗って、研磨の状態を確認。

これはもう新品よりイイ感じです。





c0210640_23255334.jpg

したらばガイドにパイロット立てて、

コリコリとシートカットしてゆきます。

ここは外注出してるお店が多いんでは無いでしょうか。

道具も高いし、スキルを要するからです。

場合によっては機械にセットして3面カットを行う事もあります。

ご予算とチューニングメニューに準ずる感じです。




c0210640_232554100.jpg

こういうシートカッターを使います。

これ1つで46°と31°にカット可能。

ん?31°??

まぁまぁ・・

カットしたら擦り合わせして、セット長測ってシム調整して組付け。

こういう細かい労力は、必ずやエンジンの寿命として還元される事でしょう。

どうせやるなら、こだわって手間かけて、長持ちする素晴らしいエンジンに。









c0210640_23255580.jpg

さてさて・・・

カッコイイっすね、さすがHOSANNA。

財布の長さが、お札を折らなくて済む最小限の長さなので、ケツのポケットからのはみ出しが少なく使いやすいです。

これはチェーンもキーパーもオリジナルのプレミアムライン。





c0210640_23255668.jpg

キーパーもカッコイイ・・・

スナップもシルバー。HOSANNAの刻印入り。

これは財布本体のスナップと同じもの。





c0210640_23255713.jpg

財布側もカッコイイなぁ・・

このくらいの太さのチェーンなら、ゴツ過ぎず大人の振る舞い。


早く味が出るといいです。





c0210640_2325584.jpg
この作り込みはハンパじゃない感じ。

大変人気の品ですので、オーダー後ちょっと時間を頂ければ納品可能との事です。

個人的にはレアすぎるので「やっときたー!」っていう感動がありました。

お問い合せはLWEキハラまで!

[PR]
by lwe31x | 2014-06-05 23:24 | Information