2014年 01月 19日 ( 1 )

I Love Oysters.

c0210640_2220354.jpg

1948年式Indian Chief。

インディアンのアレなところ。

「プラグが外しづらい」

いっつも褒めてばかりのインディアン。今日はちょっとアレだぞ。






c0210640_2220494.jpg

インディアンのアレなところ。

「フロントのプラグとか特殊なプラグレンチが無いと外せないじゃないか」

「熱い!熱ッ!」

「折れる!フィン折れる!」

まぁ、プラグなんか滅多に換えないので。今日のところは勘弁してやろう。








c0210640_22205245.jpg

インディアンのアレなところ。

「これ、タイヤどーやって外すんスか」

リヤフェンダーを見つめながら、しばし神様にお伺いを立てたことのある方もおられるでしょう。

ピカピカのインディアン、まずセンタースタンドが邪魔で、これこのままジャッキアップして良いものか否か・・・

まぁね、実は仕組みが分かれば超簡単。

要は「やり方」があるんで御座います。

ブログでバラすとなんか悔しいから、気になる方はリトルウイングまでお越し下さい(笑)







c0210640_22215513.jpg
インディアンのアレなところ。

「だからタイヤ交換がアレ」

フロント周りにも、巧妙な罠が仕掛けてあります。

「ハーレーの常識」で挑むとまかり通りません・・・。

それより何より、最近増えてる「フロントフェンダー外したいんですけども」というお問い合わせに・・








c0210640_22215986.jpg

インディアンのちょっとアレなところ。

「なんだよ嫌がらせかよ」

見てこの四角に抜かれた穴!(笑)

ドラム周りまで外さないとフェンダーは取れません・・・

しかもこれ例によってフォークに対してタイトなもんだから、傷つけないように外すのは巧みの技であります。

塗りたてのフェンダーを取り付ける時などは、1週間前から山にこもって集中力を高めておきます。

滝などに打たれますと更に良いでしょう。



とにかく、外装がメカニック泣かせ。

泣かないように気をつけます・・







c0210640_22223353.jpg

あんまアレアレ言っててもアレなんで(笑)

ホラ、ここスポーツスターよりも短いんだよぉ。

クランクケースもスポーツより薄いんだよぉ。

ホントに、この外装とは裏腹に、素晴らしいメカニズムを備えたバイクなんであります。

超、高級車とはコレのこと。





c0210640_22223881.jpg

更に、外側から見て取れる特長として、

「独立点火じゃん」とか、

「デスビじゃん」というような部分も挙げられます。

クルマ乗る人は分かるんだと思うのですが、ハーレーのアレは厳密に言うと「ディストリビューター」ではないワケで。

「分配器」なので独立点火はアタリマエなワケでして。始動性の良さには、こういう部分も一役買っております。

でも。

「コンデンサーがアレ」

デスビの裏側に剥き出しで付いてるんですが、熱々のエンジンを避けながら路肩でサクッと交換出来たらアナタもヒーローです(笑)







c0210640_222386.jpg

今日もカキフライ食って、ボク満足。

生まれ変わったら牡蠣になりたい。

[PR]
by lwe31x | 2014-01-19 23:58 | Information