2013年 08月 30日 ( 1 )

Preparation Is O.K.

c0210640_2384637.jpg
最近、自分でやる子が増えてるってハナシ。

でも、どうやったらイイのか、イマイチよく分からないみたいなご相談を受ける事があったり無かったり。

組み立てホヤホヤのエンジン始動準備シリーーーズ!

まずはアレです。ポンプにオイルプレッシャー・スイッチ本チャンで付けちゃってる人居ないすか?

まだよ~まだよ~的な感じで、開けといて下さい。そんで、オイルタンクにエンジンオイル入れましょう。

そしたらウルトラ・キック!あ、プラグ外しとかないと疲れちゃいますよ。

何度もキックしてると、穴から汁出ます。エンジンオイルです。確認後、オイルプレッシャー・スイッチを取り付けましょう。








c0210640_2394240.jpg

コッチのチェックボールが入ってるトコを開放しておいても良いでしょう。

ナニをしてるかって言うと、ポンプ内のエア抜きです。

ここにエアが噛んでると、上手い事オイルが送られないワケです。

組み付けたばかりのオイルポンプはカラッカラですので、まずはオイルを回せるように内部をオイルで満たすのが正解。

何にせよ、空気入っちゃってイイ事は無いのであります。

ポンプ内をオイルで満たしたら、更にキック!!

親の仇の如くキック!!

もう、疲れたけどキック!

え?セルモーター付いてるって?早く言ってくださいよ・・・。






c0210640_2395817.jpg
c0210640_23454176.jpg

こっから出るまでキック・・・(*´Д`)ハァハァ



c0210640_23111395.jpg

確認後O-ring付けてから締めないと、

泣きっぱなしですよ。





c0210640_2326114.jpg
経路はこんな感じです。

ので、最終的にフロントのエキゾースト側のロッカーからオイルが出てくれば、他を通過して来たという事。

クランクへのオイル経路確認については過去のブログを確認して頂くとして、

こんだけキックしないとエンジン掛けられないのです。

これは昼飯前でも、後でも過酷な作業です。





c0210640_23114045.jpg
最終的にタンクに戻って来るとこまで確認してからエンジン始動で完璧!

真夏は水分補給を忘れずに(笑)

今回はシャベル編って事で、

パンはもちょっと複雑です。と脅してみる(笑)








c0210640_23121810.jpg
今日は店内にて雑誌の撮影もあり、

明日の週末に向けて時は加速してゆくのでした。

その昔、女性向けファッション誌の撮影があった時の事。

モデルの女の子のスカートが短すぎて、なんとかコレ、あっ、マジか!とかやっていたら、

すげー形相で睨まれた経験があります。



お疲れ様でーす!





[PR]
by lwe31x | 2013-08-30 23:11 | Information