2013年 07月 28日 ( 4 )

1948y Indian Chief.

c0210640_2214280.jpg

1948年Indian Chief。

48年からダッシュ周りが変更されます。

カットアウトからレギュレーターを採用するに至り、アンメーターを廃止。

バッテリー電圧が発電量を上回ると点灯するランプが中央に鎮座し、高性能を醸し出す。



c0210640_22145512.jpg
これぞIndianカラーな例の小豆色。

48年より鋳鉄のオイルポンプがアルミ製へと変更。いろんなとこの信頼性が上がってます。

バディシートで2人乗りもOK。




c0210640_22155459.jpg
ヘッドライトも48年から変更されたパーツのひとつ。

ツーリングカテゴリ内にてNoriが乗りながら撮ってるChiefも48年。

乗り味、シビレます。





c0210640_22164868.jpg

Indianは完全独立点火。

大径のキックギヤも手伝って、素晴らしい始動性。

ヨンパチ、どうすか?

[PR]
by lwe31x | 2013-07-28 22:29 | M/C For Sale

1946y Indian Chief No.2.

c0210640_22093.jpg
1946年Indian Chief。

チーフです。シェフではありません。

真ん中スピードメーター、左上アンメーター、右上イグニッションスイッチ(Key)。

見事。

右のタンクは仕切りが付いていて、前方にオイルタンクを備えたカタチ。

カッコ良すぎです。




c0210640_2203497.jpg
今回サイドカーを取り外した「単車」での販売になります。

「単車」の語源はコレだという説も・・。

しかし側車もカッコイイなぁ。







c0210640_2205049.jpg
こちらは右スロットル仕様。

左は点火タイミングを変更するグリップ。

取っ付きづらそうですが、慣れちゃえばヘッチャラですよ。




c0210640_2211065.jpg

12V換装済みと思われます。

発電系がアップグレードされていれば鬼に金棒です。

とにかく調子の良いIndianをお探しの方は、是非LWEまで!

[PR]
by lwe31x | 2013-07-28 22:12 | M/C For Sale

1946y Indian Chief No.1.

c0210640_21435882.jpg

1946年式Chief。チーフです。シェフではありません。

ちょっと個性的なアレですが、そこはオートバイ。

貴方色に染めて下さい。




c0210640_21442831.jpg

左スロットル、12V仕様と思われます。

佇まいが◯。

右スロットルへの換装は可能ですが、「だが断る」というフリークが存在するのも確か。

ボスはじめ、お客様も左スロットルで乗りこなす方多数。



c0210640_21451436.jpg

アメリカのナンバー付いてるだけでカッコイイのは何故?



c0210640_2146739.jpg

ウインドシールドは、アメリカでは結構ポピュラー。

クラッシュガードのフォグランプも良い雰囲気です。


[PR]
by lwe31x | 2013-07-28 21:56 | M/C For Sale

1942y 741Scout.

c0210640_20434523.jpg
1942年741Scout。

スカウトです。スコットではありません。

500ccの排気量は、しかし必要にして十分なパワーで貴方を運びます。

女性でも簡単に踏み下ろすことが出来るキックペダルで、憧れのインディアンライフを満喫して下さい。




c0210640_2043616.jpg

そういやIndianのタイミングマークはハーレーの「|」や「・」と異なり、

「$」マーク。

やられた!!

日本語で言うなら「粋」です。




c0210640_20424363.jpg
レーサーにも流用されるフロント&リヤセクションで、スポーツスカウトよりも少々高い車高が魅力。

余裕の走破性は深いバンク角を生み、下りの峠で真価を発揮することでしょう。

どこまでも吹け上がるエンジンに、必ずや魅了されてゆくのです。




c0210640_20422155.jpg

右スロットルのレギュレーター仕様。

ボスがしこたま試乗して「オッケー」な1台。

是非現車を御覧ください。




[PR]
by lwe31x | 2013-07-28 21:43 | M/C For Sale