2013年 06月 20日 ( 1 )

A Story And The Vegetables.

みなさんこんばんは。

毎日ジメジメで汗だくですが、どうやらLWEでは俺だけ暑がってるみたいで御座います。

なんすか?やっぱこう、少し痩せる方向で。

さて。

Noriブログも1周年記念を迎え、「1年って早いなぁ」みたいな感慨に浸ったりするのも束の間、

どーすかコレ。今年もあと半分ですよ。

後半戦、張り切って行きましょう!

ってコトで、「去年の今頃は何してたのかしら」と気になって、そーだ、俺には便利なブログがある的な、

ちょっとセンチメンタルな回想シリーズ。


違うよ?アニメが原作に追いついちゃって、「ドラゴンボール、前回のあらすじに15分使ってる・・・」みたいな、そーいうんじゃないですよ。


以下、昨年6月20日のブログの触りであります。





---------------------------------------------------------------------------------------------------------



c0210640_246379.jpg
大きな箱が届きました。

これは頑張ってる僕らへのご褒美でしょうか。

ワクワクしながら開けますと・・・




c0210640_2493639.jpg



仕事でした。
おもいきり。

LWEでは業者様からの外注修理も承っております。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------

といった感じで、「変わってるのは店のレイアウトだけ」みたいな状況に安堵を覚えつつも、

奇妙な偶然にNoriはドキリとします。

「ブログの内容は昼間っから考えてるのですか?」と良く聞かれます。

その通~り。

だって、仕事終わって帰ってきて、ビール飲みながら「今日は何書こう」とか考えてたら、

「あっ寝ちゃった!え!?夜中じゃん!」みたいな惨事が当たり前のように起こりますから。

大体の内容はシゴトしながら決めてまして、帰宅と同時に書くのが最近のパターンになっております。


というワケで、長い前置きを踏みつつ、本日のブログ、スタートです(笑)







c0210640_2220143.jpg

大きな箱が届きました。

これは頑張ってる僕らへのご褒美でしょうか。

ワクワクしながら開けますと・・・

「野菜!!」

って伝票に「野菜」って書いてあるんで、そんなにビックリはしないんで御座います。

「野菜」ってリトルウイングさんじゃ珍しいですね、と宅急便の兄ちゃんも笑顔。

一度、ハーレーの腰下丸ごとを発送しようとしまして、集荷に来た新人君に荷物を持たせたところ、

「産まれたての仔鹿」みたいにカクカクなってまして笑っちゃったのは全く関係無いハナシですが。

先日お越し頂いた徳島の方がオーガニックな農業やっておられまして。

お手紙も付いて、こういうの本当に嬉しいです。

ありがとうございます!

この黄色い野菜は何すか?(笑)





c0210640_2220112.jpg

ヘルシーな入りからはかけ離れた、今日も行っちゃった緑が丘の錦。

日替わりは生姜焼き。

やっぱ、たくさん食べないと暑くてシゴトにならないんだと思うんですよ。

店は冷房ガンガンで、癖になりそうです・・・






c0210640_2220970.jpg

そんで先日、夜中に謎の電気系トラブル。

ヘッドライトが突然点かなくなり、店に戻ると直りました・・・

なにこれ怖い。霊現象?





ハタチの頃、通っていた大学が埼玉の外れで、よく夜中に秩父方面に走りに行ったんです。

正丸トンネル手前を右折して、顔振峠というちょっとタイトな峠を攻めるのがお決まりのコース。

もちろん、1998FXSTCで(笑)

CCIのテーパード・マフラーをケツから鉄筋棒突っ込んで抜けを良くし、ドラッグバーで峠を爆走するのが楽しかった若き日の思い出。

いつものように仲間と峠を走るうち、いつの間にか東の空が白んで参りました。

そろそろ帰って寝るべ、と峠を下るうち、常時点灯しているはずのKさんのヘッドライトが消えたり点いたりするのです。

すると今度は勝手にウインカーが点いたりするようなので、一度停車してみました。

原因は不明で、きっとモジュールかアース不良だろうと決めつけて再度走り始めたのです。


しばらく下った後、民家も無いような切り立った崖の上に、人影が見えました。

それは今思い出しても鮮明で、忘れるにはインパクトが強すぎる光景だったのです。


男女2名、女性は布に包まれた赤ちゃんを抱き、崖下を悲しそうに見つめています。

2人とも着物。

・・・・?

スローダウンし、しげしげと眺めてしまうような、そんな違和感。

どう見ても出で立ちが明治か大正のそれであり、女性の髪型なんかはモロにそれです。

その近辺には民家なんて無いのですが。


朝の4時半、未だ蝉も眠る薄暗い真夏の峠で、5人が同時に見たそれは一体何だったのでしょうか。

無言で峠を下りきり、自販機の前でエンジンを切ると、全員が開口一番こう言いました。

「さっきの、見たか?」








うおっ、鳥肌立っちゃった。

ではまた明日(笑)

[PR]
by lwe31x | 2013-06-20 22:19 | Information