2013年 06月 13日 ( 1 )

Mr. Retainer!

c0210640_21463549.jpg

うおっ、久々に汚・・(笑)

もう乾式クラッチにオイルをブッかけてる仕様の事を悔やんでも仕方ないので。

こまめに洗う!コレに尽きますです。

何キロごとに?というご質問も多いですが、「素晴らしき状態」を体感していれば、その時は自ずと分かるはず。

コチラの車両、「なんかローギヤに入れてクラッチ切ってる時に、グッグッと前に出ようとする」という症状。

クラッチの遊びを少なくしても変わらないので、「ハハァーン、これはね、クラッチが汚れてますですよ」とアドバイス致しました。

お客様はすぐにお仕事を依頼して下さいまして、作業に移ります。

「ホラ、こんなに汚れてますよぉ」的な画像。



c0210640_214639100.jpg

洗う洗う。ボク洗う。

もうガシガシ洗います。

ご自宅で行われる際には、「安いパーツクリーナー」なんかを惜しみなく使うのが吉。

でも・・・安いのはあまり落ちない挙げ句、水が出るので。

よ~く乾燥させて下さいね。

LWEでは落ちと水分が出ないというパフォーマンスを両立させるため、ワコーズ様の高いパーツクリーナーを使用しております。

エンジン内に使うと、水ッ気あるのはダメなんです。

詳しくはワコーズさんに聞いて下さい(笑)



c0210640_21464283.jpg
キレイキレイにしまして組み付けて、エンジンかけてローに入れると・・・。

むう・・・・

グッグッて。切れてんだけども前に出ようとする。

オイ、直ってないじゃないか!!

これはもう納得行かないので原因を追求。

この「グッグッ」って現象、意外と経験されている方も多いのでは?

通常、「切れてない」が原因の症状なんですが、今回は違う。

クラッチ切って手でプレッシャープレート回すと、軽~く回る。

「???」

クラッチの仕組み、熟知していれば答えは出るハズ。

というワケで、「ラムジェットリテーナー」をブッ込みました。




c0210640_21464577.jpg
らむじぇっとりてーなー??

初めて聞いた時に意味がわからずに困惑した思い出が。

これがラムジェットリテーナー。

横の金属製の穴開いた円盤が、純正のモノ。

意外と安くてボクもビックリ。

まぁ、段付いたプラスチックの板ッ切れなんで。

お安く作って下さい。よろしくお願います。




c0210640_21465097.jpg





ラム??


c0210640_21465110.jpg




ジェット???





c0210640_21464975.jpg


「痛ぇなぁ!!!」





c0210640_2146484.jpg

要は、クラッチハブのベアリング及びハブ自体、シェルもついでに「減っている」と。

ここにガタがあると、図のようにナナメになります。

図はかな~り大げさに書いてありますが。

チェーンに引っ張られ、外にせり出した挙げ句ナナメ向いたシェルは、ガタってるベアリングを介して時折クラッチハブに食い込みます。

コレが原因。時々ベアリングが喰って、クラッチが繋がった状態になるのです。

これじゃ切れたまま、キレイに回りません。

ですので、「出て来ないで!」的なストッパーが必要になるんですね。

通常適正なクリアランス下では、シェルが外に飛び出してくる現象も少ないのですが。

V-Twinから出ている「オーバーサイズのベアリング」はずーっとバックオーダーで、

ハブやシェルを新品にするにはすごいコストで。

今のところ、安価にかつ安全に解消する手立てが、このラムジェットリテーナーというストッパー。

「ベルトにしたら付けるもの」的なイメージがお有りかと思いますが、実はこういう用途。

効果はテキメンです。スパっとクラッチ切れるようになりましたです。

K様、本日は有難うございました。

[PR]
by lwe31x | 2013-06-13 21:46 | Tech