2013年 05月 28日 ( 1 )

Practice.

c0210640_21252440.jpg

む。ホーンが鳴らない。

「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」

信長の非情さを表す句としてあまりにも有名ではありますが。


「鳴かぬなら つけ麺大盛り ホトトギス」

(訳:鳴かないのであれば、ちょっと「ふくもり」で辛太つけ麺の大盛りを食べて来よう。
ただいま~。えっ!?鳴いた!?マジ鳴いちゃった!?)

というNoriさんの力強くも優しい生き様を表した句をご存知だろうか。





c0210640_21483015.jpg

鳴~らないホーンがあるものか~♫




c0210640_21252848.jpg
錆び喰って固着するような場所に付いてるのは何故なのか、メーカーに問い合わせたい気持ちでいっぱいなんですが・・・

とりあえずWD40(潤滑剤)を中身にガンガン吹いて、少し放置。

その間につけ麺でも食えば尚よろしい。

裏側からプラハンでコンコン叩きつつ、電気入れてみます。

あとは、この調整スクリューの存在をお忘れなく。

閉め込んだり緩めたりして、振動する加減を調整します。

やがて「プゥ~」と鳴りました。

鳴かぬので殺してしまう前に、ちょっと調整してみては?





c0210640_21253071.jpg

という訳で。

本日納車のINDIAN CHIEF。

C10に載せられてショートトリップ。

お客様のもとまで、無事にたどり着けるのでしょうか(笑)

大丈夫です。職質受ける事はあっても。

O様、左スロットルでカッコ良く乗り付けてくださいね。




c0210640_21253254.jpg
その間にNoriは害虫じゃないや、外注モノを。

このトルクプレート、ご親切にトルク値が書いてあります。

何回も何回も締めてりゃ自然に覚える数字であります。

フットポンドなので、ニュートンメーターに換算する場合は1.3558を掛けて下さいませ。

Evoとシャベル、両方使えます。パン・ナックルはまた別のモノを使いますです。




c0210640_21253597.jpg
実際組まれているトルクをかける事により、

シリンダーはこんなにも歪むのかという事を思い知らされるワケです。

組まれた状態でホーニングすれば、歪み見越した精度でバッチリです。

オーバーサイズのピストンと一緒に送って頂ければ、すぐにやらせて頂きますです。

五角形に配置されたヘッドボルトは、4~5回に分けて星形に締める事。

こういう「組み方」がオカシイと、せっかくのスペシャルなホーニングが死んでしまいます。

とりあえず自分でバラしてみた的なプライベーターの方も持ち込まれますが、

ホントに組み方で変わっちゃいますよ。

自信無い場合はお任せ下さいませ。









c0210640_21253810.jpg
Noriの愛機として戦績を収めているのは、Made in Japanのホーニングマシーン。

アメリカ製?こちとら回転速度もダイヤルで任意に変えられるニッポン製じゃい!

ちょっと日本人向けなのか高さが無くて腰に負担がかかり気味ですが(笑)

マンドレルはアメリカ製のものがそのまま使えるワケです。

c0210640_19151711.jpg



ちなみに二号機の方は本家アメリカ製サンネン社のホーニングマシーンであります。タッパ高いでしょ!!



シリンダーを固定してバッコンバッコン掘る機械を内燃機屋では良く目にしますが、

やはり人間の手が、手首が、腕が、「振り」をフレキシブルに吸収し精度を出してゆくタイプのホーニングマシーンが良いのです。






c0210640_21254070.jpg


c0210640_22334969.jpg


一方そのころ・・・

O様練習中。

なんか広いトコ見つけましたね。どこでしょうかココ。自販機の前のギャラリー、ガン見してますが・・・

スポーンと納車して終わりなお店も多いと聞きます。

他店で購入してLWEまで乗ってきたのに、「実はエンジンの掛け方とか良くわかんないス」とか言われると悲しくなります・・

大丈夫。LWEは掛け方から乗り方まで、キチンとレクチャー致しますよ。

知らないと壊しちゃいますので・・・






して、仕事も終わり帰路につき、ブログ書こうかな~と思っているとボスからメール。

緊急事態か!?と確認すると・・・

c0210640_21254424.jpg

う~ん。

何かの暗号か・・・?

5番目は発芽させると逮捕される植物ですね。

7番目もダメな植物じゃないかと(笑)

七味って、こんな構成だったのか・・

というわけでまた明日~

[PR]
by lwe31x | 2013-05-28 21:24 | Information