2013年 03月 30日 ( 1 )

Cold Day.

c0210640_041522.jpg

春のォ~うらら~のォ~♫

って事で今日は本当に寒かったですが、ポカポカ陽気にサービカー2ケツの図。

すごいですねぇ。

箱に乗る感じですねぇ。

後ろ、意外と気持ちがいいんです。

リバース付きの3速ミッションに750ccのサイドバルブですが、

既に近所じゃ有名な調子良さ(笑)

ケツに乗りたい娘は寄っといで!



c0210640_041879.jpg

で、レッグシールドにはこんなステッカーが。

やっぱ熱こもるんですね・・・

さすがに真夏の渋滞は厳しそうです。

サイドカー装着のFLHには電動ファンが付いてたりしますが、

これもそういうの付けたら良さそう。

オルタネーター発電で軽トラ用バッテリー搭載ですので、

なんかいろいろと応用利きそうですね。



c0210640_04202.jpg

で、今日はソバ食った感じであります。

1時間後くらいに強烈な空腹感に襲われましたが、

そこは根性で乗り切りましたです。



病気でしょうか?(笑)




c0210640_042357.jpg

SUキャブ、バラバラ事件。

ゴム系は劣化してティクラーは働かず、ピストン固着のフロートはリベットガタガタで・・。

こうなるとキャブクリーナーでは用を足さず、エンジンコンディショナーに浸け置きしてようやっと見れる感じに。

キャブレターオーバーホールのご依頼も多数受けますが、

キャブによってメンテのツボがあります。

エンジンの状態が素晴らしくとも、キャブの調子によっては全然走らなくなるというワケなので、

特に放置してしまったものは念入りにチェックしましょう。





c0210640_042659.jpg

バラしてキレイにすると気持ちがイイです。

SUキャブは製造年代によっていくつかの種類がありますが、共通しているのは「マメなメンテナンスが必要」というトコロ。

負圧によってピストンが上下しますので、摺動部にはある程度のオイルっ気が必要です。

もちろんそれはガソリンや水分等で流れますので、キレイにしたらコンプレッサーオイル等の柔らかい油を塗布し、ピストンの動きを妨げないようにしましょう。

よくあるニードルの曲がりを回避するために、ピストンは慎重に扱ってくださいね。

ちなみにメインのアジャストスクリューは、ケイヒンバタフライ等とは逆で、

右に回すと濃くなり、左に回すと薄くなります。

最近装着率が下がっている感がありますが、

始動性、安定性共に抜群のキャブであります。

キャブレターでお困りの際もLWEへ!

明日は雨らしいですが・・・・・待ってますよ(笑)

ではではまた明日~!

[PR]
by lwe31x | 2013-03-30 23:03 | Information