2013年 02月 16日 ( 1 )

Too Cold.

チワース、Noriでーす。

検索エンジンっつーんですか?

最近は調べたいことを打ち込むと、何でも調べられるんですね。

例えば「あれ?松葉くずし、って何だっけ?」と思ったら、すぐに答えが見つかるワケですよ。

いやあ、便利だ・・・・否ァァッ!!!

そんな簡単に調べられちゃったら、

「辿り着く過程において付与される、結構どうでもいい事」が欠落するでしょーが!!

そんなん飛行機にバイク積んで北海道に行くようなモンですよ。

漢ならフェリー。

ま、その辺は置いといて、

試しに「リトルウイング ハーレー」で画像検索。詳しくはwebで的な。

出るわ出るわ、ボスとかインディアンとか、あれ?シャア少佐?ドラえもん?

すいません。僕のせいで変なの出るようになっちゃいました。



c0210640_21465332.jpg

さて。

この車両、カムの軸がおかしい。

オーナーさんも、カバー外してクランキングすると、

どうやら軸がズレて回っているようだと気づいておられたのですが・・。

原因はクランクケース側、カムの軸受ニードルローラーベアリングの位置。

一度クラックが入ったであろうその部位を、溶接で直してあったのですが・・・

穴位置ズレてました。

これじゃいくらタペット調整しても意味が無いです。





c0210640_21463794.jpg

しかし、ズレてる軸受で、一体どうやってカムカバーを取り付けたの・・・?


おお。

ピンの穴がバカにされとる・・・。




c0210640_2145213.jpg

ケース側のノックピン、これとカムカバーのピン穴は鉄の掟シリーズですので。

「真っ直ぐじゃないとハマらない」穴を広げられて、

「真っ直ぐでなくとも入る仕様」に加工されてます。

こういう適当なのを修理とは呼べません。

カバーをボルトで固定しても、ノックピンがガタガタでは支障が出ます。

信頼性とコストを考慮した結果、

このカバーの楕円とクランクケースのズレた穴を修理するよりも、

ちゃんとしたケース&カバーへの交換となりましたが、

大切なパーツが人為的に破壊されているのは心が痛みます。

壁の穴をポスターで塞ぐのとはワケが違うのですから。





c0210640_22152376.jpg

「渋谷で偶然見かけた素敵なカップル!」と書かれた知らない人のブログを、

偶然発見しました。

・・・三重にお住まいの先生夫妻のようです。

先生!偶然撮られてます!(笑)

インターネットって、怖ッ。


コメント欄で、「これは何てバイクなのか」みたいなやり取りがありまして。

画像解析の結果、インディアンは正解が出てましたが、もう一台は誰もわかってません(笑)

サンビーム!それサンビーム!



[PR]
by lwe31x | 2013-02-16 21:44 | Information