2013年 02月 06日 ( 1 )

It Rained Today....

ん~。

結構ワクワクして、朝窓を開ける訳ですよ。


って雨か!!

c0210640_22471743.jpg
ヅラが飛んじゃってるみたいに見えますけども、

そうではなく。

内心ワクワクしつつも、雪かきのことを思って少しブルーになってたのに。

前日からの「積雪激アツ演出」を外した時の、この切なさと言ったら。






c0210640_2253124.jpg
というワケで、前回撮り忘れたバルブシートを一気に3面カットする刃、です。

めっちゃラクなのと、シートの当たり幅を1発でキチっと揃えることが出来るのが強み。

仕上がりも美しいです。




c0210640_2253336.jpg
こういうツールでバルブ径を計測後、

フライスにセットしてカットして行きます。

最後はパンパンパンと擦り合わせればOKのスグレモノであります。










「ヘッドのオーバーホール」と言いましても何をやるのかで異なりますが・・・

例えばオイル下がりで白煙、プラグを20km毎に交換しなきゃいけない的な症状では、

ガタガタになったバルブガイド入れ替えて、シートカットして、

擦り合わせて、スプリングのセット長合わせて・・・という行程になるわけです。

まぁ、こういう症状では、必ず他の部分も劣化してますので、

トータルで見てやった方が良いです。これケチっちゃダメです。



自分でバラして組める方は、ヘッド&ロッカーのみ持ち込みでの修理もOKです。

何なりとご相談下さい。







c0210640_2254471.jpg
c0210640_13161341.jpg


本日は雪の予報に肩透かし食らいましたが、

業者様からの駆け込み加工&修理が多かったです。

コチラ、ベアリングレースをケースに圧入したいが大き過ぎて入らないとの事で、

0.1mmちょい外径を小さく削って欲しいとのご依頼で・・・

ボスはサクサク削ってますが、金属の丸いモンがガンガン回転する部分なので、

モチロンすっごい硬いです。

故に削れてるようでも刃がスリップし、狙った数字に追い込めないという事件が起きないよう、

細心の注意で使用する刃の特性を理解し、削って行きます。

削り過ぎたら終了。

シビアなお仕事ッス。




c0210640_2254712.jpg

旋盤に咥える時に、芯を確実に捉える事が重要なんですね。

例えば0.1mm曲がってセットしたならば、それだけで試合終了です。

真っ直ぐ削れません。

エンジンの修理って、奥が深いなぁ、と。

金属を削る刃物シリーズ、ちゃんと掘り下げると非常に面白いと思います。

ネタ撮り貯めて、いつの日か一気に放出したいです。

[PR]
by lwe31x | 2013-02-06 22:05 | Information