2012年 11月 23日 ( 2 )

Omelette rice.

寝る前に読まないと不安になると評判のNoriブログ。

今夜もまた、楽しんで頂けたなら、これ幸いです。


今日は昼飯を外に食いに行ったのですが、
店の作りを見てボスが言いました。

「カウンターは、店を入って右手にあるのが良いらしい」、と。

ニンゲンは無意識に右へと行きたくなるらしいのですが・・・。

気になりまして調べましたところ、残念ながら詳細不明であります。


が、いくつかカウンターに関連する記述は見つけました。

『バーや居酒屋へ入ったら、店の人が、「ボックス席にしますか?、それともカウンター席にしますか?」と聞いてくるものですが、そのときに、彼が「カウンター席でいいよ」と言えば、あなたに対して大いに脈があり、親密になりたいと思っているのは間違いありません。』

いや、ボックスだろーがカウンターだろーが、誘った時点であなたに対して大いに脈ありです

布団かベッドかの違いくらい、些細なモノではないかと。

『一般的に人の表情が左右全く同じということはありません。心理学の考え方でも左半面が本音、右半面が建前とされていて、左半面の表情が裏の顔、右半面が表の顔となっています。
ですので男性の左側に座ることで、彼の本音を読み取る事が出来るのです』


・・・右側にも滲み出てそうなので気をつけます。





c0210640_23125118.jpg
というワケで、個人的にミッションのオーバーホールが大好きです。

「一箇所を100分台まで追い込んでも、トータルのバランスとして良くなければ意味が無い」

素晴らしいお言葉です。
全体を見て、良い状態に持って行くのが勘どころ。
頭でっかちのマニュアル野郎にならないように気をつけます。
カウンターでもボックス席でも、要はその後が良ければOKって事ですね。わかります。



c0210640_23125442.jpg
昨日のビューエルのレーサーと比較してみてください。

走り出したらトップにブチ込んで、延々と続く道を走り続ける為の耐久性、パワーの出方。
実にアメリカン。

北海道に持ち込んだパンヘッドが、異様に調子良かったのを思い出します。

いつかまた、2ヶ月くらい滞在したいです。







c0210640_2313262.jpg
そして、昼飯。

オレが作るオムライスの50倍はウマかったです。
トマトケチャップとデミグラスソース、自作してみようと心に決めました。


・・・毎度、引き出しの多さには頭が下がります。
また教えて下さいね。
ごちそうさまでした!





c0210640_2313877.jpg
デザートも極上。
コーヒーゼリーの上のソフトクリームが、さほど甘くないのがマル。

えっと、コレは何のブログ?(笑)





c0210640_23131167.jpg

ワケあって、夕飯はコレ。

オムライスとハンバーグとカレー。

子供か!
[PR]
by lwe31x | 2012-11-23 23:11 | Information

XBRR.

明日は雨だということで、そんで寒いということで、
みんな家でハーレーダビッドソン&マルボロマンでも観てるんじゃないかと思いますが。

LAに初めて行って、INDIANの神様みたいな方の工場を訪ねた時に知ったんですが。

アメリカって、鉄錆びないのね(笑)

サンドブラスト打ったシリンダーとかが、そのまんま置いてあるワケですよ。
日本じゃ速攻で真っ赤に錆びるようなのが、全然錆びてない。


c0210640_23585818.jpg
あのFXRのタンクには、そういったヒミツがあったんですね。

のっけから、どーでもいいハナシですが。




さて、今日は超個人的趣味のハナシでも。

基本、「速くなくちゃオートバイじゃない」と思ってるNoriですが、
「だってパンヘッドそんなにスピード出ねぇべ」と突っ込まれようが、
「オレのバイクは速い」むしろ「速くなくては」と考えます。

絶対的なスピードが欲しければ、カワサキのお店でZX14Rでも買えばいいのですが、
ここで声を大にしたいのが、絶対的と真逆の意味になる、相対的に、という意味合い。

初めて乗った、原チャリのスピード感。
ノーマルのSRにドキドキした、あの夏。
「なんだよゼファーχって」と、重いネイキッドの40馬力そこそこに酔い痴れた頃。
フロントが頼りなくなり、慌ててシフトアップした88のNSR。

全ては、あの疾走感の為に。

良く、「ハーレーはゆっくり走っても楽しい」と言いますが、間違ってないと思います。
でも、メーター振り切るほどに全開くれてる時の楽しさは、チョット国産には無いとも思います。

で。


c0210640_012224.jpg
空冷OHV最強最速。
ビューエルXBRR。
正直、このエンジン欲しいです(笑)





元々はハーレー社で働いてたエリック・ビューエルさんが、
ハーレー社のバックアップを受けて作ったオートバイ、ビューエル。

このレーサーは、三日三晩寝ないでデータ取りして完成したというカウリングだそう。
いや、3日で作ったという意味ではなく(笑)
そんでカラーリングはとりあえず置いといてください(笑)

もともとTZR250のシャシに、いじくり倒したスポーツのエンジンを載せようという、
「先生、やめてください」的なプロジェクトが発端だったようで・・・。

市販車両であるXB12Sの1,320mmというホイールベースは、
実にホンダのマグナ50と同じ寸法。気合入ってるゥゥゥゥ!

マスの集中を最優先したために、フレーム内にガソリン、
スイングアーム内にエンジンオイルという奇妙な構造を持ち、
「どんだけ曲がりたいんだよ」というヤル気まんまんな車体に、意外と心を動かされます。

c0210640_0312893.jpg
これ、超気になってたクランクの画像。
うわぁ・・・。
楽しそう・・。





c0210640_0322689.jpg
で、やっぱり燃焼室もこうなる。
これはチョット、「スポーツスターのエンジンでしょ?」とか気安く言えない感じですね。




9000まで回って、150馬力。
OHVだってここまでやれるのか的な、非常に興味深いエンジンです、ハイ。

フランダースやバードフォーク等にしか興味ない方にはツマラナイ内容だったかと思いますが、
コレは男のロマンです。絶対。


[PR]
by lwe31x | 2012-11-23 00:45 | Information