2012年 07月 05日 ( 1 )

Valve Guide.

ストーブ点けて、LWE夏の我慢大会、開催中!
c0210640_0203681.jpg





c0210640_0241856.jpg

バルブガイドを切削するときは、
必ず芯を出しましょう。





c0210640_026306.jpg

もちろん我が社の旋盤はデジタルカウンター付き!

更に、削り代を直径で見られるので便利!





c0210640_0293020.jpg

「やっぱり圧入するのに5/100は欲しいよね」ってトコなんですが、それより何より、バルブステムシールのハナシ。

こんな風にテーパーに削りまして、シールは打たない方向で。




c0210640_0342754.jpg

ペーパーで仕上げます。
※良い子はマネしちゃダメ!





c0210640_039136.jpg

キャブレターを介して混合気を吸気する際に、やはりインテークには注射器で引っ張るような「負圧」が働く。
バルブガイドとバルブの隙間から、オイルを吸っては大変だな。
モビルスーツのオイル下がりという状態になり、白煙を吹くぞ。


しかし、バルブステムシールを入れれば間違いない。
見せてもらおうか。最新のバルブステムシールの性能とやらを。




c0210640_049345.jpg


ちょっと待ってくれ。


パンヘッドや前期のショベルには最初からバルブステムシールが無いじゃないか。

どうしてオイルが下がらないんだ?




c0210640_0501890.jpg

ええい!白煙が吹いたらお客が「なんか調子悪いんじゃね?」とか思うではないか!

最新のステムシールさえ取り付けておけば、少々のガイドとバルブのガタなど気にしなくていいのだ!

吹いていた白煙も止まるぞ。




c0210640_0535114.jpg

それじゃ「臭いものにはフタ」じゃないか!

オイルポンプに傷が付いてオイルリターンが弱くなったり、ブリーザータイミングのズレから起こり得る「オイルが落ちない」という問題はどうするんだ?




c0210640_0595644.jpg

ララァ。きちっと修理されているショベル以前のエンジンには、どうやらステムシールは必要ないらしい。




c0210640_124541.jpg

ステムシールで完全にオイルを切ってしまうのも考えものだな。

柔らかく加工し易い、故に抱きつきのリスクが少ない快削鋼などのバルブガイドを使用しているエンジンは、シールがイカれたら即白煙じゃないか。

内燃機屋に出すと、必ずこの金色のガイドに自動車用のステムシールを付ける仕様で出来上がってくるんだよな・・・。

一体何回エンジンを開けさせる気だ?

鋳鉄のガイドにシール無し、オイル切れを良くするテーパー加工なら、適度に潤滑されたバルブステムと耐久性のあるガイドで、あと何年快適に走れるのだろう。





c0210640_1113760.jpg

「白煙イコールオイル上がりか下がり」しかイメージ出来なくては、旧車乗りとしてあまりにも情けないな。





c0210640_1203251.jpg

というワケでテーパーに削ったやつを・・・




c0210640_122013.jpg

温めて膨張させ・・・




c0210640_1233549.jpg

叩き入れてガイドの交換完了!


ヘッドワークもLWEにお任せください!
[PR]
by lwe31x | 2012-07-05 22:19 | Tech