Mottainai.

c0210640_21322375.jpg
自撮り棒じゃなくて。

ヘッド固定用のジグであります。

六角形の棒の、両端がそれぞれ"B"プラグと"D"プラグに対応したサイズに加工されているものです。

これは何のために使うのかといいますと、例えばバルブの擦り合わせ。




c0210640_21322460.jpg

そのままバイスに咥えてバルブシートが水平になるように保持出来ます、と。

この状態でバルブフェイスにコンパウンドを塗布、スパンスパンと叩き付けるようにアタリを出すのです。

コンパウンドはもちろん、バルブ擦り合わせ用となっておりますモノを使うのでありますが、

荒目、細目といろいろありますです。

燃焼室の密閉性を向上させるために行うので、もちろん細目で仕上げて一丁あがり!




c0210640_2132251.jpg
ポート内に灯油を満たしまして、

密閉性をチェック致します。

別に灯油でなくとも良いのですが、

弊社の洗浄台からザブザブ出てるのは洗浄用の灯油です。




c0210640_21322666.jpg
軽く指でバルブを押さえて、

液体が漏れないようならOK。

先日のブログで書きました、シート面を計測するゲージで確認をしているものでしたら、

軽く擦り合わせるだけでピタッと漏れません。

「圧縮された混合気を逃さないようにする」という目的がバルブの役目の1つである以上、

ここはキッチリと作業したいものです。




c0210640_2132285.jpg
続いてこんなプラグホールのお話。

座面、つまりプラグをキッチリと締め込んで、

隙間が出るのか出ないのか。

これはつまり、「圧縮された混合気を逃さないようにする」という、

先ほどのバルブの役目の1つを邪魔しないようにしなきゃいけないという部分です。

ヘリサート、タイムサートなんかでプラグホールの修理をしたまんま、

特に何もして無ければ・・・・

だいたい手で立てたネジ山なんて、真っ直ぐ行ってるワケないんです。

少ォォォし斜め?ならばそれに合わせて座面を平らに。




c0210640_21322710.jpg
こんな特殊工具があるんですね・・・

ネジ山に対して垂直を出すためのカッターです。

プラグホールの周囲に、何か吹き出た跡があるヘッド、

これはもう圧縮漏れてるってワケですので、

是非ともそういう「勿体ない」を直すためにも、

リトルウイングに行って相談してみよう!

というワケで明日に続く・・・・・








[PR]
by lwe31x | 2015-04-07 23:33 | Information
<< Compensator. Shocks. >>