Convert.

c0210640_21261720.jpg
ハーレーでもお馴染みのサイクル・エレクトリック社のジェネレーターです。

通常、インディアンが販売されていた時代というのは6Vのバッテリーが主流で、

もちろんヘッドライトも6Vの電圧で光るような、「6V用」ってのを使っております。

これを12Vのバッテリーに繋ぐと・・・

超明るく輝いて死にます(笑)

このジェネレーターは、6V→12Vへの変換用なんですね。

その辺で6Vの電球が売ってない、とか、バッテリーも売ってない、とか。

12Vに変換しちゃえばそのような悩みからは開放されるのです。

しかしながら・・・・このジェネレーターの見た目を気にする方もいらっしゃるのが事実。




c0210640_21261783.jpg
そこで登場!

昔のまんま、6Vの純正ジェネレーターのボディに、12Vを発生するコイル。

コレさえ付ければ、見た目を気にせずに12V化することが出来るって寸法。

「純正」なので、見た目では分かりません。

プレートに小さく「12V」って打刻されてはいるのですが。

なんかいろいろこだわってるインディアン乗りの方はお問い合わせ下さいませ。

しかもコイツはレギュレーター仕様のメンテナンスフリー。

ほっ、欲しくなってきた!!




c0210640_21261558.jpg

もちろん、イグニッションコイルも12Vのものに交換せねばなりません。

ジェネレーター(発電機)とバッテリーだけ交換してもダメなんですね・・・

しかし、例えば旧いクルマ、フォルクスワーゲンなんかを扱うお店には必ず置いてあります。

12V化したインディアンに使えるイグニッションコイルが。

バッテリーそのものや電球なんかもその辺で売ってますし、出先での対応は非常に良くなりますね・・・




c0210640_21261574.jpg

忘れちゃいけないコンデンサー。

これも最新の(??)コンデンサーに交換しましょう。

コレだって、ちょっと旧いのやってるハーレー屋さんに行けば手に入ります。

まぁ、予備パーツごっそり持って走る方は、

6Vで充分なのかも知れませんが・・・




c0210640_21261438.jpg
ちょっ、俺も俺も!

ってことで、顔面の中の電球も12Vに換えましょうね。

そのままだと、

インディアン超輝いた後、光らなくなります(笑)

パァッ!!




c0210640_21261688.jpg
んで、皆さん1番悩まれるのがこのホーンだったり。

新品は付けたくないし、でも6Vだと使えないでしょ?という。

しかし。

ず~~っと鳴らしっぱでなければ、一応大丈夫です。

どうしても鳴らすなら一瞬。

もちろん、電球と同じように、コチラは音量がデカくなります(笑)

鳴らし続けると、やがて焼けて壊れますが、そこは「ジェネレーターの見た目は純正で12Vにしたい」というマニアックなアナタのこと。

せっかく付いてた純正があるのであれば、そのままのがいーんじゃないかと・・・。

コダワリ派に大人気のジェネレーター、お問い合せはリトルウイングエンジニアリングまで!











[PR]
by lwe31x | 2015-02-04 21:53 | Information
<< I've Finished! Rear Shocks. >>