Oil Supply.

c0210640_21403015.jpg
お客様各位

明日1月10日(日)は午後1時過ぎからのオープンとなります。

第2日曜ということでイベントごとを行っております都合、開店時間に若干のズレが生じる場合がございますが、ご了承くださいませ。

みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。

画像は特に関連ございませんので流してやって下さい。







c0210640_21403119.jpg
さあ、エンジン&ミッションのフルオーバーホールってことで、組み上がってから初期慣らし中のシャベルチョッパー。

でもね。

なんかロッカーのオイルラインからオイル漏れるんですわ・・・

ちょっと変わったパーツ付いてるもんね。







c0210640_21403166.jpg
んだよコイツ、フニャフニャしやがって!

通常、パイプなんです。

パイプをゴムでシールして、結構高圧なオイルをロッカーアーム&バルブまわりにブシャー!と送っているのですが、

ゴムが劣化しますと漏れます。

それを避けるためのメッシュホースではあると思うのですが、・・・壊れてます。

フレキシブルになっている、フィッティングのとこから漏れるんです。

これはもう修理不可能。





c0210640_21403241.jpg
という事で、純正タイプに換えさせて頂きました。

先程も書きましたが、ここのオイルってかなりの高圧で送られておりまして、

油圧を保持するために細いラインを使っているワケです。

つまり、漏れやすい、と。

しかし、ここが漏れていなければ、エンジンは意外とキレイなハズ・・・。






c0210640_21403235.jpg

このように、締めた状態で隙間が出来るのが正解。

フィッティングが閉まりきっている状態では、中に入っているゴム(オイルラインスリーブ)が潰れることが出来ずにシール性を失っているということになります。

オイルラインスリーブが収納されているメス側のタッパを詰めて、より深く締め込めるようにすることで、このトラブルは解消されます。

以前ブログに書いたと思いますが、

「社外品そのまま付けたら絶対漏れる」と思って間違いないです。

細かいところですが、ちゃんと潰して行きましょう!

あと。

テーパーのフィッティングは、締め込みすぎるとロッカーボックスを破壊するので注意です・・・。


[PR]
by lwe31x | 2015-01-10 22:08 | Information
<< Lunch Run "... Spokes. >>