Sand Blast.

c0210640_21281144.jpg

チラッしゃいませぇーー!!

オイル焼けちゃって汚いシリンダーヘッド。

チラッしゃいませぇーー!

これから皆さんが大好きなサンドブラストです。

ガスケットが挟まる部分にはブラスト当てたらダメですので、ガムテープ等でマスキング。

ブラストはゴムっぽいモノにはめっきりと弱いので、液体ガスケットは最初に剥がしておくと作業効率が良いです。

ちなみにサンドブラストってのは細かい砂やガラスのビーズをエアの圧で飛ばして、材料の表面を剥離させる機械のことです。

故にガスケット面に当たると面が出なくなる可能性アリです。






c0210640_21281482.jpg
するってーと、こんなにキレイに。

見た目キレイにするのにも使うんですが、

本当は燃焼室のカーボンを除去したり、それによってクラックの有無を確認したり・・・

内燃機の中身的に必要な機械だったりします。

ガラスのコップにマスキングした上でブラスト当てて絵を書いたり、

ジーパンに当てて色落ちさせたり、いろんな使い方があるようです。


ちなみに。

WPCとかもサンドブラストとかショットピーニングの親戚みたいなもんでありまして、

多分、弊社が使用しておりますのと同じ機械を使って専用メディアを・・・・






c0210640_21281467.jpg

で、ぶしゃああ!!

リトルウイングには高圧高温(皮膚が切れたり火傷したりするレベル)の洗浄機があります。

サンドブラストのメディア(ガラスビーズや砂等の噴射するモノ)は細かいのでなかなか落ちません。

パーツクリーナーでは無理です。

お湯で油分ごと洗い流し、後に食器洗う中性の洗剤で洗います。

これ本当にキチンとやらないと、細かい砂が残ったまま・・・

オイルラインに詰まり、傷を付け・・・

最悪な結果に。









c0210640_21281295.jpg

と、ここで一通のメールが。

素敵なPanhead。

男の憧れ、ハイドラグライドであります。

やっぱりハイドラだよね的な個人的納得の後に、次の画像が。








c0210640_21281379.jpg


おお~

物持ちいい~~(笑)

そうです。

やはり明後日は、リトルウイングエンジニアリングの20周年記念でありました。

貴重なものを見せて頂きありがとうございます。

最近九州に行っちゃったE氏より、送って頂きました。






c0210640_21281646.jpg

そして今年も近所の子供達が・・

カワイイですね。

こんなオジサンたちの巣窟に来てくれてありがとう・・・

去年はお菓子を用意してなくて、「やべえ、ビールしか無いっす」とか言ったらしいのですが(笑)

今年はそんなこともあろうかとボスがお菓子を用意。

ハッピーハロウィン!!

[PR]
by lwe31x | 2014-10-30 22:50 | Information
<< Trick or Treat. Replacement Pro... >>