20th Anniversary.

c0210640_2194019.jpg

トランスミッション、メインドライブギヤのシールが上手く取れない。

もう何個取って入れて取って入れてしたか覚えてないくらいの部品であり、至極当然のようにサクサク入れ替えていたもの、なのにである。

んだよコレよぉ・・

抜けないじゃんよ・・・

抜く時に使う特殊工具もあるのだが、全く用を足さない。

何故か。






c0210640_2194151.jpg

「裏表逆に入ってんじゃんよ・・・」

これっ、誰が入れたか知りませんが、表裏くらい見りゃ分かるだろうに。

だから抜けなかったのか・・・

いきなりシールが分離したの初めてだったからちょっと焦りました(笑)




c0210640_2194220.jpg

c0210640_2194514.jpg

ボクは朱美ちゃんの前のバイク屋さんみたいに、

シールを裏から入れたりはしないよ。


だからさぁ、ねぇ、いいじゃないのぉ。





c0210640_219433.jpg

まぁ、そんな感じで毎日仕事してるワケなんですが、

これ・・・

ブリーザー完全に塞がってる。

液体ガスケットの使い方は特に注意しましょう。

ミッションオイルがダクダク吹いてる原因はコレだったのね・・





c0210640_2194394.jpg

キレイに取り除いて装着するも・・・

穴の位置・・

これじゃ抜けてんだか抜けてないんだか。




c0210640_2194488.jpg

リトルウイングに転がってた同じボルト見てみますと。

穴位置全然違うじゃん(笑)

純正部品だと思うんですよ、最初から付いていた、穴位置低いブリーザーボルトは。

いくら純正って言っても、役立たずじゃ仕方ないです。

交換交換。

これでオイルがダクダクのミッションとはオサラバですね。





c0210640_21453684.jpg

Indianもガスガスやってます。

バルブ周りもスパンスパンやってます。




c0210640_21461220.jpg

良いアタリしてます。

必要に応じてシートカットから擦り合わせまで。

ハーレーのみならず、インディアンの修理も行っております。

ご相談下さい。










本日、リトルウイングエンジニアリングは20周年を迎えました。

このような永きに渡り営業して来れましたのは、ひとえに皆様のおかげであります。

旧車を取り巻く環境も随分と変わりました。

様々な理由でバイクを降りられた方、未だ走られている方、全ての方に感謝致します。

これからも、リトルウイングエンジニアリングを、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by lwe31x | 2014-10-01 22:01 | Information
<< Excuse Me. I Love CR. >>