I Love CR.

c0210640_19442861.jpg

むう、なんかカッコイイじゃないっすか・・・

やはりと言うか何と言うか、XLCR触ってると、「おっCRっすか!」とか、「CRですね」とか、

みんなの食い付きがハンパないです。

確かにワンオフばりに専用設計の部品が多いし、2年しか作られてないし、なんか頭良さそうだし、

Kawasakiの人には戦いを挑まれるし。

力の入れようというか、溺愛ぶりが皆様のハートを掴んで離さないのでしょう。

いつか・・いつか1977年式が欲しいです。

ガレージに入ってるとテンション上がる1台ではないでしょうか。





c0210640_19442729.jpg

ということで、やはりソレノイドが原因のスターター回りっぱなし事件。

4~5年換えてないというバッテリーも交換しまして完治致しました。

大きな声では言えませんが・・・

XLCRの電装系パーツを交換するのって、なんだかムズカシイというか、奥まっててアクセスし辛いのであります。

レギュレーター然り、ソレノイドもレベル高し(笑)

まぁ、そこがまた何故か購買意欲を掻き立てる要素になるんですが(笑)

なんか独特の音がするスターターモーターも、かなりそそります・・






c0210640_19442918.jpg

そして、今日もネジを探す・・・・

このネジを探してる時間って、非常に勿体ないと思うんですが(笑)


ですので発見しやすいようサイズや種類ごとには分けてるんですけども・・・

微妙な長さとか、中古使う場合は汚れ具合とか、

ピカピカバイクにはボロボロのボルト使えないですし、逆もまた然りで御座います。

う~~ん・・・

ネジの夢見ますよ。見つからない!!的な(笑)





c0210640_19443050.jpg

そういうネジたちを使って、今日もダイナモ再生(笑)

噂の純正12V仕様。

プーリー側から見ると、チーフはクロックワイズ(時計回り)、スカウトはアンチ・クロックワイズ(反時計回り)で発電します。

何らかの理由でショートしたりすると、極性が逆転しちゃうことがありまして、回せば回すほど電気を喰う悪魔の仕様へと・・・(笑)

モータリングという方法で極性を戻し、修理することが可能です。

「これはダイナモ交換ですね」という判断を下す前に、一度ご相談下さい。





c0210640_19442697.jpg

純正部品を購入するためにディーラーさんへ!

かっこいいなぁ・・

ディーラーカッコイイなぁ・・

ここ、新生陸友モータース様は、ハーレー社が送り込んだガイジン・デザイナーによる店舗デザイン。

まるでアメリカのディーラーに来たような気分。

カッコイイなぁ・・



c0210640_19442773.jpg

2015年のニューモデルは何処に・・・

電気のハーレーとかもあるんスか!?

気になって仕方ないのですが、確認出来ず(笑)


う~ん、残念・・・

[PR]
by lwe31x | 2014-09-30 22:35 | Information
<< 20th Anniversary. Happy Birth Day. >>