Tengu.


c0210640_21383161.jpg

とりあえず全部抜いてみました。

そしてどうも、本日から復帰、Noriで御座います。

「テング熱にやられたんじゃないか」とか、「鞍馬山で見かけた」とか、「鼻が長かった」とか、誤報ばかりですけど本当にご迷惑おかけしました。

まずですね、全部抜いちゃおうと(笑)

これ温めたり(というか熱したり)スタッドプーラー使ったりと、意外とムズカシイです。

ロッカーボックス増し締めしたらブッコ抜けて来ちゃったお客様は、ご相談ください。




c0210640_21383259.jpg

ブッコ抜けてるワケですので、

やっぱりこのようにアルミを引っ張って来てしまいます。

こうなったら仕方ないので、キレイに壊してキレイに修理。

こんなモンで一緒に抜けちゃうのは、もうヘッドが悪いです。

よく見ると熱がかかるからなのか、やはりエキゾースト側に集中。






c0210640_2138333.jpg

3/8-16の、ヘリサートタップです。

デカイです。

際だとちょっと怖いですが、真っ直ぐ立てれば大丈夫。

誰でも簡単に真っ直ぐに入れるためには、ボール盤なんかを賢く使います。





c0210640_21383479.jpg

んで、面取り刃を使って、穴の縁をナナメに取ります。

これをやらないと、スタッド入れた時に縁が盛り上がってしまいます。

ガスケット破ったり、そこに乗っちゃってカタカタと面を出した意味が無くなったり、ロクなことないです・・






c0210640_21383520.jpg
ちなみに弊社常駐の面取り専用ボール盤。

回転スピードが極遅なので、刃を痛めませんし、キレイに切れます。

そのためだけに存在している特殊なヤツです。

LWEにはボール盤だけでも4機あり、それぞれ用途が違うのです。

う~ん、プロフェッショナル・・







c0210640_21383664.jpg

さあ、2箇所ヘリサートが入りましたが・・・

なかなか分かりづらいですね。

敬遠されがちなヘリサートですが、なんと理論的には面圧の増加が望める修理方法です。

しかし処理を施す人間の技量に左右される場合もままあります。

特にスタッドっていうのは少しキツく入っていないと意味が無いので・・・

是非、お任せ下さい!

[PR]
by lwe31x | 2014-09-02 22:09 | Information
<< Even A Worm Wil... New Pistons. >>