Right Hand.

c0210640_213385.jpg

1936年、インディアン・チーフ。

調子良く乗られていたのですが、電気系にマイナートラブル発生。

しかしキレイな車両にウットリであります。






c0210640_2133751.jpg

純正ダイナモのボディを使用、中身を交換して12Vとなっている素晴らしきパーツ。

カットアウトっぽいですが、こちらもダイオード入ってるレギュレーター。

つまりはメンテナンス・フリー。

滅多に壊れないので、こちらに交換。

カッコ良く12V化したい方、お問い合わせ下さい。

フィン付きのサイクルエレクトリック社製と、要は同じと思ってください。

見た目は違うけど・・・ヌフフ・・







c0210640_2133636.jpg

この年式、左スロットルが通常。

するってーと、必然的にシフターは右側。

これを右スロットルに換装する場合、シフターも左へと移設したいのですが・・

フレーム形状も異なる30年代の車両は、ミッションのタワーからダイレクトにアームが出ているのでありまして・・

そのままサクサクとは行けないのが厳しいトコロ。





c0210640_2133622.jpg

こんな感じで、ここからニョキっと生えております。

左に換えるとキャブやら何やらに当たる!

ダイナモ・カバーにも当たる!

ので、それ専用のパーツが出ております(笑)

なるほど・・





c0210640_2133745.jpg

おお~~

イカす!

これで操作しやすくなりました。



c0210640_213354.jpg


IK Works様、この度はありがとうございました。

Lキャブ用ジェット、めちゃめちゃ素晴らしいです。

こういう無いモノしっかり作る姿勢、本当に素晴らしいですよね・・

よし、セッティング開始!

[PR]
by lwe31x | 2014-06-10 22:32 | Information
<< Red Panhead. Seal! >>