Anniversary.

c0210640_23451475.jpg

まっ待てぇえ!!

Indian、オーバードライブ。つまりは4速ミッション。

これ彼女取られちゃったのね。

すると追ってくるブタは・・・まぁハーレーだよね。うん。


アメリカンなこういうの、意外と好きです。






c0210640_23451513.jpg


で、パンヘッドはやっぱりスタッドがブッコ抜けるし・・。

これ、その昔誰かが直してあるトコ抜けちゃうとどーしたらいいのか・・。

持ち上がっちゃってパンカバー突き破ってベコンベコン言っちゃってました。


パンヘッドって・・・





c0210640_23451697.jpg

んで、コンビニにて。

もう止めようと誓ったミルクティー。

いや、見てるだけ。買わないよ。



・・・・!?






c0210640_23451835.jpg

あれっ!?

これ真ん中だけちょっと少なくね?

もうどーなってんだよ日本は!


というワケで・・・。







LWE Nori blog

2周年おめでとう!!

いやぁ、もう2年っすか。

思えばいろんな事がありました。毎日書いて、早2年。

同時にLWEにてメカニックをやらせて頂いてから、8年が過ぎました。

いろんな事あったなぁ。

これからもよろしくお願いします。ベロベロに酔っ払っても書き続けて行きたいと思います。






その昔、個人的にツーリングに行った先でオートバイの調子が悪くなり、

コンビニの駐車場でキャブのフロートをバラしました。

原因を解明し、復旧、帰路についたという何の変哲もないハナシには続きがあります。

後日、初めてお店にいらっしゃったお客様から、「この間の連休、Noriさん沼津のコンビニでキャブバラしてましたよね?」と聞かれたのです。

その頃はブログなんてやってませんし、何より、ちょっと遠くのツーリング先でのこっそりコンビニ修理が見られていたという驚愕の事実。

悪い事できないですなぁ、とか笑ってた内心、超怖いんですけどと震えた記憶があります。


立場と振る舞い、所属と責任。

決して、所属の中での没個性を謳うわけではありません。

しかし、最近そのことを考えさせられます。

長く携わっていれば慣れるものです。

毎日出し入れするうちに、400万円以上するオートバイを押しているのだという緊張も薄れ、

例えばボロいシャベルでも(赤いタンクの1984FXEの事ではないですよ)、お客様がどれだけ大切にしている愛車なのかという部分への認識も甘くなり。


工具もロクに持たずに走り出した若き日のツーリングの事を思い出す度、

初心に返らねばと強く思うのです。

しかし自分が何者であるのかを再認識して。




別に鍛造ピストンのクリアランスの事を語れずとも、1954年から採用されたジュビリー・ホーンを逃げるために、54からのリンカートの純正ステーが中を抜かれた丸い形をしている事を知らなくとも、ただただ、海を見るために走ったあの頃の自分は、とてもオートバイを楽しんでいたのだと思うのです。

眉間にシワ寄せて、妙に拘って、ああ残念、そこ純正じゃねーわ。
そりゃあ自分のバイクはカッコイイに越したことはないけれど。


根本的にオートバイが好きなわけで、

それはつまり雨上がりのアスファルトの匂いだとか、ほのかに薫る海の匂いだとか、橋の上、急に下る気温だとか、背中に当たるおっぱいとかなのです。

こんなに素晴らしい乗り物は他に無いと、信じて疑わないバカの集まり。だったハズ。

何度アスファルトに擦り付けられても、今度はもう少し速く曲がれるハズ、と思い込むナルシストの集まり。だったハズ。

もっと気楽に。あの頃を思い出して。

走る理由を探してる自分に、ちょっと喝を入れようと思った2周年記念でありました。


更に気を引き締めて、公私共々邁進してゆく所存であります。
[PR]
by lwe31x | 2014-06-03 23:45 | Information
<< Tappet Screen. Hole. >>