Parts Of The Wing.

c0210640_20465476.jpg




こんばんは、隣のインディアンです。

こんなのもあるんですね。

もちろん年式は1953年以降ですけども・・・。







c0210640_2047381.jpg


というわけでカムを新品に交換。

カムブッシュ(ケース側)もチェックの後ちょいと加工してOK。

エンドプレイもバッチリです。





c0210640_2047435.jpg


そうこうしているうちに、今日はカレーチャーハン(笑)

ナンがでかい。

俺満足。

カレーって素敵な食べ物だなぁ・・・





c0210640_2047453.jpg



ギヤが組み合わさって、気持ちの良いパンヘッドが走ります。

コーンモーターのシャベルに比べると、余計なモンがいっぱい付いてますね(笑)

ブリーザーバルブギヤも、昔はシムが一体になったモノでした。

開けたらいろいろ交換されちゃってるのが多い旧車ですが、

当時の部品を見つけると嬉しくなります。

やはり、コストかかってるモノが多いですね。





c0210640_2047523.jpg


エンジン始動後、静かになったパンヘッド。

エンジンの異音をチェックしておりますが、

当たり前ですけどもカム及びタペットまわりからの音は皆無。

大事に至らずに良かったです。





c0210640_2047693.jpg


ところでこの車両、純正度が高めでありまして。

例えば1949年のみに装着されたフロントフェンダー。

マウント部がリベットではなく溶接。


まぁ、溶接だと取れちゃうからリベットにしたんではないかと思われますが・・

これは全然平気。

One yearモノ、奥が深いです・・・

[PR]
by lwe31x | 2014-05-16 23:46 | Information
<< Antenna Bar MC. Roller. >>