Side Valve.

c0210640_20374333.jpg

懐かしのレーサー、街乗り仕様のため車検で入庫~。

久々に乗りましたけども、Uとは思えない吹け上がりの良さ。

ボスの手が隅々まで入っている、素晴らしいエンジンに脱帽・・・

さらに足回りの変更で軽快そのもの。

Uターンする時に、「おっ」とか言ってしまいました。

峠行きたい~~!






c0210640_20375888.jpg

こちらもレアな(笑)リトルウイング・オリジナルマフラーを装備。

これを付けるだけでバカみたいに吹け上がるようになるという品(笑)

昔、アニマルボートさんの社員が自分のYAMAHA XSに付けてたんですが、

すげーイイ音になってビビリました。

車体に合わせて受注生産になりますが、Noriのオススメであります。




c0210640_20374193.jpg

ご存知、リトルウイング・オリジナルスパルトテール。

25000円に消費税で、うっとりするような輝きを貴方に。

これはNoriも取り付けて10年以上が経過しますが、一度も電球が切れてません。

何なんでしょうか。もう10年頑張ってみます(笑)

ポリッシュの他にブラストもありますよ~!






c0210640_2038368.jpg

さて、何やら怪しさ満点な光景ですが・・・

腐海に迷い込んだボスは、マスク無しでは呼吸もままなりません。

で、何を何に乗っけてるのでしょうか?







c0210640_2038559.jpg

ああ~なるほど。って分からない。ナニコレ?(笑)

天秤式のハカリです。

重りスライドさせて、釣り合うところがその重さ。ほほう。

かなり正確に量れるようです。

重さを「計る」場合は、「量る」を使うことが多いらしいですね。また余談ですけど(笑)そんなん使ったことないや。







c0210640_20392038.jpg

ポップアップ仕様のヘッド、削って加工するんですが・・・

例えば1グラムというのは約1円玉1枚分。

この小さな燃焼室内でそんだけの容積、前後で差がでてしまうと・・・かなり変わりますよね。

元の重さをメモりつつ、何グラム削ったのかをチェックしながら同じになるよう合わせます。





c0210640_2040114.jpg

面研もオッケー!

研磨の研なんですけども、面研っていうと「仮面研究会」的なオカルトチックなサークルを連想して、いつも震えます。







c0210640_2040954.jpg

ガスケット合わせるとこんな感じ。

出来ればLWE的にはピストンも加工が必要なんですが、そちらは実際にお店で御覧下さいませ。

サイドバルブ、最近すげー気になります・・・

[PR]
by lwe31x | 2014-01-23 22:36 | Information
<< Welcome To Japan. Case... >>