Engine.

c0210640_2234594.jpg
おーい!

Left Side組めたぞー!

的なトコからスタート。1955年のパンから、跨って左側、スプロケットシャフト側のベアリングがテーパーローラーになったので、スラスト見なくて良くなった。

なんのこっちゃ?まぁ、簡単っつーことで(笑)

あ、前期後期でちょこっと形状が違うので注意です。

間違えると焼き付きます(笑)




c0210640_22352783.jpg

クランクケースを合体させる前に、カムのニードルベアリング換えときます。

この患者さんはピニオンレースもラッピングしてるので、素晴らしくカチッとした印象。

早くエンジンかけたいっす。

サクサク進めます。





c0210640_22365858.jpg
ドーン!

コレが毎分何千回転もするっちゅうんだからスゴイっすね。

通常はシリンダー&ピストンをブッ込むまで作業台で行い、

その後、ズボンのケツが破けないよう気を付けながらフレームに搭載。

ヘッド載せて、キャブ付けて・・・ってな流れ。




c0210640_22362093.jpg
ケース組んでポンプ付けて、ピニオンギヤも装着、

ブリーザーバルブギヤにカムギヤ。

シャベルって、たまに「こんだけ?」とか思います(笑)

しかしこの三角関係にガタがあると、それはタペット音に似た音として響きます。

コツコツ・・・と。

実はピニオンギヤ&カムギヤには、微妙にギヤ径がチガウものが存在してまして、

大きさを色分けしてあるのです。

緩い!ガタい!って場合は、大きさを組み合わせてビシっとさせましょう。

静かになります。





c0210640_22372774.jpg
ハイ!(笑)

キホン的に各部オーバーホールが済んでいる状態のものを組んでゆくだけだとすれば、異様に早いし簡単。

内燃機作業、例えばシリンダーのボーリングからバルブガイドの打ち替え、シートカットなんかを自社でやってるLWEは、そこに至るまでの苦労を知っております・・・。

外注に頼らず、そこにハーレー&インディアンの修理屋として、プロの経験がフィードバックすれば、素晴らしきエンジンに。

乗り比べればわかりますです。





c0210640_2239234.jpg
新しいオイル入れて、神棚に手を合わせたら、いざエンジン始動!

一撃で火が入った時の快感は、申し訳ないですがボクだけのもの(笑)

これ味わっちゃうとヤメられません。

もう普通のでは満足できなくなるような快感を貴方に。

いや~エンジン触ってる時って楽しいなぁ。。。

これがライダーを遠くまで運ぶワケです。楽しく無いわけがない。

[PR]
by lwe31x | 2013-09-05 23:32 | Information
<< Othello. Smell. >>